Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ヒューゴの不思議な発明


Category: 映画 は行   Tags: ---
“ジョルジュ”の不思議な発明

Hugo

【Story】
1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【簡易感想】
原題は『HUGO』で特に気にならないが、邦題は『ヒューゴの不思議な発明』。“不思議な発明”だけに、先日行われたアカデミー賞では技術部門5冠を達成した本作だが、映画を観ていてヒューゴって“不思議な発明”したっけ?とついつい思ってしまった。言うならば、ジョルジュの不思議な発明だろう。話としては父親(ジュード・ロウ)を亡くし叔父に引き取られることになった少年ヒューゴ(エイサ・バターフィ-ルド)がある日、駅構内の玩具屋で、ネズミの玩具を盗もうとし、店主のジョルジュ(ベン・キングズレー)に捕り、父の遺したノートを取り上げられてしまうというところから始まる。このノートに描かれていたのがヒューゴの父が遺した“機械人形”の修理方法であり、ジョルジュこそがこの人形の製作者なのだ。ジョルジュと言えば、少し映画に詳しい人なら気付くだろうが、マリー=ジョルジュ=ジャン・メリエス、世界初の映画監督であり、SFXの創始者。劇中では彼の代表作『月世界旅行』のワンシーンなんかも出てくる。そんな彼の実話を、ヒューゴのフィクションと混ぜながら物語は構成されていく。映画ファンには嬉しい 映画の父リュミエール兄弟の『列車の到着』なんかもでてくるから、多々の映画好きのための演出は流石スコセッシだとは感じるが、どうも映画好きのための映画への偏重が見えすぎるせいか、映画愛は感じられても映画としての全体の面白さが少し物足りなさを感じてしまった。ヒューゴへのフォーカスも、余りにジョルジュの物語が壮大なせいか薄れてしまっており、彼の心の成長の部分の描きの甘さがどうしても気になった作品だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 HUGO
製作年度 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 126分
監督 マーティン・スコセッシ
製作 グレアム・キング、ティム・ヘディントン、マーティン・スコセッシ、ジョニー・デップ
製作総指揮 エマ・ティリンジャー・コスコフ、デヴィッド・クロケット、ジョージア・カカンデス、クリスティ・デンブロウスキー、バーバラ・デ・フィーナ
原作 ブライアン・セルズニック
脚本 ジョン・ローガン
撮影 ロバート・リチャードソン
視覚効果監修 ロブ・レガト
プロダクションデザイン ダンテ・フェレッティ
衣装デザイン サンディ・パウエル
編集 セルマ・スクーンメイカー
音楽 ハワード・ショア
音楽監修 ランドール・ポスター
出演 ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、マイケル・スタールバーグ、フランシス・デ・ラ・トゥーア、リチャード・グリフィス、サシャ・バロン・コーエン

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

<<ストーリー>> 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む 孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、 亡き父が残した機械人形だった。壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
素晴らしきかな世界。  
機械仕掛けの夢と儚さ 公式サイト。原題:Hugo。ブライアン・セルズニック原作、マーティン・スコセッシ監督。エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ ...
ヒューゴの不思議な発明 オリジナル・サウンドトラック (Howard Shore / Hugo - original soundtrack) [日本語帯付輸入盤]クチコミを見る◆プチレビュー◆巨匠スコセッシが描く大人のためのファン ...
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説、 「ユゴーの不思議な発明」をマーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て劇...
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
ヒューゴって発明してたっけ?
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は...
原題 HUGO 製作年度 2011年 上映時間 126分 原作 ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』(アスペクト刊) 脚本 ジョン・ローガン 監督 マーティン・スコセッシ 出演 ベン・キングズレー/ジュード・ロウ/エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ...
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一?...
 アメリカ  アドベンチャー&ファンタジー  監督:マーティン・スコセッシ  出演:ベン・キングズレー      サシャ・バロン・コーエン      エイサ・バターフィー ...
(原題:HUGO) 【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 第37回LA映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッティ)受賞。 第69回ゴールデングローブ賞、監督賞(マーティン・スコセッシ)受賞。 第17回放送映画批評家協会賞、美術賞(ダンテ・フェレッ?...
第84回アカデミー賞で5部門受賞に輝いたマーティン・スコセッシ監督の話題作。 時計台に隠れ住みながら父の残した機械人形をコツコツと修理する日々を送る孤独な少年ヒューゴは、玩具屋ジョルジュとその養女イザベルに出会う。イザベルが持っていたあるアイテムにより動?...
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろうイメージが惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった...
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが ヒューゴやヒューゴの父親が発明し?...
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。 映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。 だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?
1930年代のパリを舞台に父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の物語です。
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
HUGO ヒューゴの<夢の発明>にあなたは驚き、涙する 映時間 126分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2012/03/01 ジャンル アドベンチャー/ファンタジー 映倫 G 【解説】 ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッド...
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・コー...
「ヒューゴの不思議な発明」★★★☆ エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、 ジュード・ロウ、ベン・キングスレー、 サシャ・バロン・コーエン、クリストファー・リー出演 マーティン・スコセッシ監督、 126分、2012年3月1日公開 2011,アメリカ,パラマ...
ヒューゴの不思議な発明 ★★★★★(★満点!) ライラの冒険や、ナルニア国物語のようなファンタジーを想像していったのですが、まったくもって予習不足でした。 じ~んと来るセリフがいくつもあって、泣かされましたよ。。。 初めて映画を観た時の感動がキーになっ?...
本日「ヒューゴの不思議な発明」3D字幕版で鑑賞しました@TOHOシネマズ海老名 監督がマーティン・スコセッシなのは勿論知っていましたが、 プロデューサーがジョニー・デップであることをエンドロールで知りました。 マーティン・スコセッシ監督はワンシーンだけカメ...
先日深夜のTV番組で「カイロ博物館」の特集を放送しておりました。 ここは行ったことがある!と見ていたら、画面が2分割で同じ画像が二つになっていました。 どこか変なボタンを押してしまったのかしら?とあれこれコントローラーのボタンを見たのですが そのような形...
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画とい?...
 HUGO  少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、パリ駅構内の時計台裏に住み、 亡き父(ジュード・ロウ)が遺した機械人形を修理する日々。ある日彼は、イザ ベル(クロエ・グレー...
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
面白い映画には愛を捧げ、そうでない映画には鉄槌を下す てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のちょい気になることシネ言 「とある映画のCM、『好きだ、ばか!』に萎える・・・・」 シネトーク104 『ヒューゴの不思議な発明』
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす...
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
ブログネタ:疲れてる? 参加中 季節の変わり目のせいか、 帰宅すると、いつの間にか寝ていたりします。(>_<) で、夜中に目が覚めて、、、 というのが、ここ最近続いてます。 やらなければならないことを優先的にしなければ行けないのですが、 こんなときこ
更新が遅くなりましたが、先週『ドラゴン・タトゥーの女』と同じ日に観てきた『ヒューゴの不思議な発明』の感想を。 とても評価の高い作品でもあるし、予告からして面白そうだったので、めちゃくちゃ期待し...
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
12-28.ヒューゴの不思議な発明 3D■原題:Hugo■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:126分■観賞日:3月24日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:マーティン・
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) −監督− マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 −製作− *マーティン・スコセッシ *...
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども〜^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、
名作「タクシードライバー」や、「レイジング・ブル」「シャッターアイランド」などの作品で知られる米映画界の鬼才、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを執った詩情あふれるヒ...

Comments


daiさん

こんばんは~
ほほう、、、
daiさんはフツウかぁ、、、

実は監督やってる弟がいちばんこれ酷評してて
どこが面白いの、脚本もつまらないし粗いしって。
まぁたしかにだらだらしてたりするんだよね。

>映画愛は感じられても映画としての全体の面白さが少し物足りなさを感じてしまった。

daiさんのこの気持ちもわからなくもないけど
やっぱりこの世界にはまっちゃえるか、かなぁ。
サシャがうるさいのが気になったけど。
 

migさんへ

こんにちは。

> どこが面白いの、脚本もつまらないし粗いしって。
> まぁたしかにだらだらしてたりするんだよね。

弟さんと結構似た意見ですね。映画愛だけしか感じられず、
自己満足のような感じに思えてしまいました。
 
こんばんわ
映画としての面白さを問われれば、確かに脚本はつまらんですね。
というか、ヒューゴの出演時間をもっとカットして、その分ジョルジュ・メリエスを描いてくれ!って思いましたもん。

それにしてもこのセンスのない邦題。
配給会社ももう少し勉強してくださいな。
 

にゃむばななさんへ

本当に描くのでしたらジョルジュに最大限にフォーカスして描くべきでしたね。
ヒューゴが居る分、子供向けのように演出せざるを得ない部分が
脚本の甘さを際立てていたと思いました。

> それにしてもこのセンスのない邦題。
> 配給会社ももう少し勉強してくださいな。

これは興行だけを狙って子供から大人までを狙った酷い手法ですよ。
 

daiさん、こんばんは。

邦題がオカシイですね~勘違いしちゃいそう^^
『アーティスト』と一騎打で期待しましたが、リスペクトは伝わるものの、同じく「面白い!」と思えるストーリーではなかったです。
まず、小さい子が観て楽しめるとは思えませんね。
 

オリーブリーさんへ

こんばんは。

面白いというよりも映画というものに対しての感慨深さを
感じることができた作品でした。そういう点で子供から大人を狙った
邦題+CMは完全に虚偽ですよ(笑
 

daiさん、こんばんは☆彡
daiさんに言われて、期待しないように~と思って
行ったのですが、期待通りとか以上とか以下とか言うよりも、
邦題、宣伝や予告編から、自分が想像した物語とあまりにも違った内容に、
ビックリって感じでした(苦笑)

スコセッシ監督の映画愛は伝わるものの、では、作品として面白かったのかと
聞かれたら、微妙と答える私です(^^;ヒューゴの心の成長もメリエスの心の変化も
描き方が足りなかったように感じました(^_^;)

daiさんは、3D鑑賞でしたか?
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは

悪い意味でいろいろと期待を大いに裏切ってくれましたね。

> スコセッシ監督の映画愛は伝わるものの、では、作品として面白かったのかと
> 聞かれたら、微妙と答える私です(^^;ヒューゴの心の成長もメリエスの心の変化も
> 描き方が足りなかったように感じました(^_^;)

映画愛は分かるのですが、そこが映画としての面白さに直結するかは微妙ですね。

> daiさんは、3D鑑賞でしたか?

アカデミーで技術部門を獲りましたが2D鑑賞で十分かなと感じました。。
 

Leave a Comment


05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。