Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カンパニー・メン


Category: 映画 か行   Tags: ---
エリート転落再生物語

the_company_men

【Story】
ボストンに本社を構える総合企業GTX社の販売部長として必死に働いてきたボビー(ベン・アフレック)は、ある日突然リストラを宣告される…。

評価 ★★☆☆☆(2.6P)

【感想】
2008年9月に起きたアメリカ投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破綻。俗に言う“リーマン・ショック”。この出来事が社会・経済に与えたインパクトは強く、多くの企業が痛手を受けた。それに伴い企業が真っ先に取り組んだことが大規模リストラ。日本の企業もその施策を行っていたが、本作に出てくるボストンのGTX社も、赤字部門の造船と鉄道部門を統合して、大規模リストラに踏み切った会社の一つだ。

そのリストラ政策に入ってしまったのが、本作の主役ボビー・ウォーカー。一流大学・MBA・エリートコースと、彼の人生には“挫折”なんて2文字はないため、リストラされても容易に就職できると安楽的に考えてしまう。しかし30代の高給取りの就職がそう巧くいくわけはなく、なかなか次が決まらず、生活レベルを下げる再就職もしようとしない。ただ解雇手当の給料3カ月分も底をつき、家、ゴルフ会員権、高級車を失って、家族に支えられることで、エリート志向から現実に目を向けて取り組むことで、今までの自分の誤った価値観を是正していくという流れになる。

本作は上記したようにベン・アフレック演じるボビーのストーリーがメインになるが、それとは別に、トミー・リー・ジョーンズ演じるGTX社の副社長ジーンやクリス・クーパー演じるフィルなどGTXでの各人の難しい立場でのストーリーも織り交ぜることで物語に妙な現実味を持たせ、GTX外でボビーの妻であるマギーの兄ジャック(ケヴィン・コスナー)をボビーと“仕事”として交わらせることでボビーの物語の深みを持たせている。

このようにオスカー俳優の名演は流石だが、物語の起伏がないために非常に単調に感じてしまう事が残念。そして物語として主人公のボビー自体妻子がいるにも拘わらず、リストラにあって自分の愚かさを再認識するという展開は個人的に受け入れられない。というか家族として妻ももっと前から家族を守るために是正すべきところは是正すべきだし、経済状態もあるのだからある程度の予防策をとるべきなのではと思ってしまう。まあそう言ってしまうと映画として成立しないし、こういう映画で感じる部分がある人も多いだろうが、個人的には合わない映画だった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 THE COMPANY MEN
製作年度 2010年
製作国 アメリカ
上映時間 104分
監督 ジョン・ウェルズ
製作 クレア・ラドニック・ポルスタイン、ポーラ・ワインスタイン、ジョン・ウェルズ
製作総指揮 バーバラ・A・ホール
脚本 ジョン・ウェルズ
撮影 ロジャー・ディーキンス
プロダクションデザイン デヴィッド・J・ボンバ
衣装デザイン リン・パオロ
編集 ロバート・フレイゼン
音楽 アーロン・ジグマン
出演 ベン・アフレック、クリス・クーパー、ケヴィン・コスナー、マリア・ベロ、ローズマリー・デウィット、クレイグ・T・ネルソン、トミー・リー・ジョーンズ

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

公式サイト。原題:THE COMPANY MEN。ジョン・ウェルズ監督、ベン・アフレック、トミー・リー・ジョーンズ、クリス・クーパー、ケヴィン・コスナー、ローズマリー・デヴィッド。ボスト ...
リーマン・ショックを引き金とした不況でリストラされたエリートビジネスマンたちのその後を描いた社会派ドラマ。主演に『ザ・タウン』のベン・アフレック。共演に『リメンバー・ミー』のクリス・クーパー、『ネスト』のケヴィン・コスナー、『告発のとき』のトミー・リー...
ボストンの総合企業GTXの販売部長ボビー(ベン・アフレック)は、ある日突然リストラを宣告される。 すぐに再就職できると考えていたが、想像以上に厳しい現実に直面し、車も家も手放すことに。 GTX社で...
 THE COMPANY MEN  地元ボストンの大企業、GTXの販売部長として働くボビー・ウォーカー(ベン・ アフレック)は、リーマン・ショックのあおりでリストラ宣告されてしまう。妻と子ど も二...
2011年10月25日(火) 20:50~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『カンパニー・メン』公式サイト ベン・アフレックのファンの方は読まないで下さい!! アホ面ベン・アフレックが、リストラされるエリート?...
12日のこと、映画「カンパニー・メン」を鑑賞しました。 リストラされた男たちの その後を描く 悲喜こもごもな人間ドラマ アメリカ映画で ここまでリストラがテーマとなった 映画も珍しいかと まさに、今 リーマンショックなどが 反映されてますね 再就職の厳しさ、今...
大企業に勤務する男が突然リストラされ、より人間らしく生きるための新たな価値観に目覚めていく様を描くヒューマンドラマ。「美しすぎる母」で製作総指揮を務めたジョン・ウェル ...
DVDにて観賞 ずっと気になっていた映画、ようやく発売です。 解説 リーマン・ショック後の不景気により、会社をリストラされた エリート・ビジネスマンたちの悪戦苦闘を描いた社会派ドラマ。 リストラを機に自身の生き方を見つめ直す主人公にふんしたベン ?...
ベン・アフレック、ケヴィン・コスナー、トミーリー・ジョーンズ、クリス・クーパー。 仕事を失った男達の再起の物語。主人公は社会情勢の変化で一瞬にして職を失う。実際に就職難で身につまされる所もあり、そこは親近感が沸いてしまったが、いつまでもエリート意識が抜...
『カンパニー・メン』 ★★★★☆ 映画『カンパニー・メン』公式サイト 今見なくて、いつ見るんですか? 突然解雇の当事者としては、この映画は絶対見とかなきゃ!と思っていまし ...
劇場公開を見逃した本作、DVDで鑑賞しました。 ちょっと苦手なベン・アフレック主演に加え、 久しぶりのケヴィン・コスナー 日本のCMですっかり宇宙人なトミー・リー・ジョーンズ 怒らせたらキレそうなクリス・クーパー         らが出演する社会派ドラマ...

Comments


>物語の起伏がないために非常に単調に感じてしまう事が残念


うーん、ベン好きだから見たいんだけど
そうならちょっと私ダメかも。。。。
 

migさんへ

どうも物語の起伏のなさが気になりました。
ちょっと退屈でしたね。
 

こんばんは。

ボビーのワイフが素敵でした。
家族も路頭に迷うけど、支えるのも家族ですね。

 

オリーブリーさんへ

こんばんは。

家族の大切さはきちんと表現されていましたね。
成功も失敗も一緒に味わうのも家族ですしね。
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。