Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



モテキ


Category: 映画 ま行   Tags: ---
何ともエロい長澤まさみ

moteki

【Story】
31歳のさえない独身男、藤本幸世(森山未來)は、あれほどのモテ期が到来したというのに結局恋人と添い遂げることもできず、相変わらずのセカンド童貞。だが転職すると、ツィッターで知り合ったみゆき(長澤まさみ)など藤本にまたもモテキ期が訪れる…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
久保ミツロウ原作の漫画を、テレビ東京の深夜でドラマ化して放映していた『モテキ』。“モテキ”とは所謂“モテる期間”のことだが、TVドラマ版では野波麻帆、満島ひかり、松本莉緒、菊地凛子というオリジナルのイメージにピッタリな女優を使いビジュアルだけでなく、ストーリーもほとんど再現していた作品で、本作はその1年後を舞台に、久保ミツロウ自身が映画用にオリジナルストーリーを書き下ろして作られた作品となっている。

本作は書き下ろしたと言っても基本『モテキ』は『モテキ』なので、藤本幸世(森山未來)がまたモテ期に突入するという展開になっていく。キャラ設定や展開なんかはドラマ版を観ている人には類似点が多々見受けられるだろう。まあただ正直なところを言えば、ドラマ版よりも“モテ期”という感じはしなく、みゆきへの一目惚れ恋愛ストーリーだった気もした。

そんな『モテキ』が映画になって豪華になった一番の特徴は女優陣だろう。豪華になったと言っては失礼かもしれないが、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子という一人でも邦画ならヒロインを張れる女優を4人も集めていろんなことをさせるのだから映画って凄いと思わせられる。今まで巨乳演出NGだった長澤まさみを完全な巨乳エロキャラとして描いて、エロさ溢れる演出(TENGA Tシャツ、濃厚キスシーン、胸揉み、脚線美など)で今まで長澤まさみファンでもなんでもない人までをも魅了するようなキャラ設定に拘った殺人的魅力を発しさせている(話は少し違うかもしれないが、ハリセンボンの春菜と同じ髪型なのにここまで違うとは…)。勿論その他の女優も、麻生久美子をセッ○ス重たい女要因として扱ったり、仲里依紗を胸揉ませ要因にしたり、真木よう子を藤本の突っ込み要因にしたりと非常に贅沢な使い方で登場させている。ここまでエロい方向(真木も描写の仕方では少しエロい)での贅沢な使い方を前面に押し出した邦画はなかなかないだろう。

その他演出としてもサブカルが重要なファクターとなっているので、部屋の小物や音楽の選曲一つとっても拘りが見受けられるし、TV版にもあったが『(500)日のサマー』を思わせるミュージカル調演出や、PVのような歌詞入り演出など、映画ならではのお金を払ってくれた人へのサービス部分もきちんと行っている。そして一番の驚きはラストのエンドロール。こういうところで手を抜かず細かくやるあたりは大根仁と感じさせられた。

細かい演出、女優陣の使い方、何とも言えない展開やセリフ回しなど、久々に邦画でここまで笑わせてもらった(特に前半)作品だった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


製作年度 2011年
製作国 日本
上映時間 118分
監督 大根仁
製作 井澤昌平、市川南
プロデューサー 鈴木一巳、岡部紳二、露木友規枝、市山竜次
共同製作 寺田篤、吉岡富夫、北川直樹、長坂信人、山崎浩一、喜多埜裕明、為森隆、小谷勝
エグゼクティブプロデューサー 中尾哲郎、塚田泰浩、山内章弘
ラインプロデューサー 杉原奈実
企画・プロデュース 川村元気
原作 久保ミツロウ
脚本 大根仁
撮影 宮本亘
美術 佐々木尚
編集 石田雄介
キャスティング おおずさわこ
音楽 岩崎太整
音楽スーパーバイザー 北原京子
音響効果 大河原将
オープニングテーマ フジファブリック
スタイリスト 伊賀大介
メインテーマ 女王蜂
助監督 神徳幸治
出演 森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

久保ミツロウの同名人気コミックスで、ドラマ化されて評判を呼んだ「モテキ」の劇場版。主演は『その街のこども』の森山未來。共演に『岳 -ガク-』の長澤まさみ、『ロック ~わんこの島~』の麻生久美子、『時をかける少女』の仲里依紗、「SP」シリーズの真木よう子とい...
幸世は既に死んでしまっている? 公式サイト。久保ミツロウ原作、大根仁監督、森山未來、長澤まさみ、仲里依沙、真木よう子、麻生久美子、新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フラン ...
9月23日公開の映画「モテキ」9月23日公開の映画「モテキ」を鑑賞した。この映画は昨年テレビ東京で放送されたモテキの続編となる作品で、金なし夢なし彼女なしのオタク青年 ...
原作コミックのことは知りませんでしたが、テレビ東京で放送されていたTVドラマにハマりました。それはもう映画化されるのも納得の面白さでしたね。冴えない青年が突然訪れたモテ ...
恋のバカ騒ぎ。  
モテキ的音楽のススメ 映画盤サブカル系草食男子のモテ期を描く人気ドラマの劇場版。J-POPを上手くからめて活写する恋愛コメディは、遊び心とノリが勝負だ。金なし、夢なし、恋人な ...
平成23年9月26日(月)/。 映画:「モテキ」。 【監督・脚本】大根仁 【原   作】久保ミツロウ 【 キャスト 】森山未來 (藤本幸世)・長澤まさみ (松尾美由紀)・麻生久美子 (枡本留未子)         仲里依紗 (愛)・真木よう子 (唐木素子)・新…
[モテキ] ブログ村キーワード  まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)。ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑?...
原作未読で、TVドラマもこっちで放送されてる時期を知らなくて逃してしまってたんだけど、 映画だけ観ても楽しめそうな気がしてました。 予告編だとさえない青年がついにモテキ(モテ期)到来して、 華...
 思わず唸った。上手い!  映画『モテキ』の上映中、終始ニヤニヤし通しだった私は、大根仁監督の上手さに舌を巻いた。  この映画は、あたかもモテない男のルサンチマンが爆発しているかのように見せて...
久保ミツロウの同名人気コミックを映画化。 ドラマ化もされその1年後という設定で同氏がこの映画を元に 書きおろし。 監督はドラマ版の監督も務めた大根仁。 主演は森山未來。 ドラマ及び原作は未見。 ...
存在感の薄い森山未来ではなく、リリー・フランキー演じる墨さんが主演か、もしくはみゆき・るみ子・愛・素子の4人の女性から見たオムニバス作品としてこの映画に出逢いたかった ...
モテキなんて一度も来たことねぇよ!
□作品オフィシャルサイト 「モテキ」□監督・脚本 大根 仁□原作 久保ミツロウ (「モテキ」講談社イブニングKC)□キャスト 森山未來、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、       新井浩文、金子ノブアキ、リリー・フランキー、ピエール瀧■鑑?...
                       製作年度 2011年 上映時間 118分 原作 久保ミツロウ 監督:脚本 大根仁 出演 森山未來/長澤まさみ/麻生久美子/仲里依紗/真木よう子/新井浩文/金子ノブアキ/リリー・フランキー 原作を手掛ける漫画家、久保ミツロウが、テ...
【ストーリー】 三十路前のモテない男・藤本幸世が、ある日突然、モテはじめたことから起こる騒動を描き、2010年にはTVドラマ化もされた人気コミックを実写映画化。主演はドラマ版 ...
 『モテキ』を新宿バルト9で見ました。 (1)この映画のことは予告編で知って、面白そうだなと思い見てきましたが(ですから、漫画もTVドラマも知りませんでした)、予想どおり実に楽しい気分で映画館を後にすることができました。  映画はどこをとっても面白さに溢れて...
 第一期「モテキ」が過ぎ去り、「ちゃんと働こう」とフリーターを卒業、ニュース サイト運営会社に就職した藤本幸世(森山未來)、31歳・草食系メガネ男子。 ツイッターで知り合った雑誌編集者のみゆき(...
11年/日本/118分/青春ロマンス・ドラマ/劇場公開 -監督- 大根仁 -脚本- 大根仁 -オープニングテーマ- フジファブリック『夜明けのBEAT』 -メインテーマ- 女王蜂『デスコ』 -出演- ◆森山未來…藤本幸世 過去出演作:『20世紀少年<最終章> ぼくら?...
人生にモテキは二度あるんだっけ?三度だっけ?今までもてた事がないので老年期に一気にくるのかしら…それもなんかイヤンな感じ! 原作漫画もドラマもみてない。主人公の森山未來さんを彩るのは、長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子さんという豪華な面々。羨...
本日も調子良く発電中(※太陽光発電) ゴールデンウィークも終わり、本日からお仕事…億劫です 以下は早速、映画観賞記録。ペースアップの意気込み注入中 「モテキ」 (監督:

Comments

こんばんわ
個人的にはどうも森山クンの存在感の薄さが気になりまして…。
まぁこの豪華な女優陣と、複数の女性をハベラかすリリー・フランキーさんの存在感の強さを考えると仕方ないのかも知れませんが。

ただ個人的には長澤まさみより仲里依紗がより好きになりましたので、彼女の登場シーンがもっとほしかったですよ。
 

にゃむばななさんへ

ドラマ版から森山クンの存在感は薄いですね。
まあおっしゃられるように周りが濃すぎるからでしょうが。

> ただ個人的には長澤まさみより仲里依紗がより好きになりましたので、
> 彼女の登場シーンがもっとほしかったですよ。

仲里依紗は本当にチョイ役でしたしね。もっと絡めても面白かったと。
 

Leave a Comment


05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。