Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マイティ・ソー


Category: 映画 ま行   Tags: ---
少し主役としては弱いクリス・ヘムズワース

thor

【Story】
神の世界で最強の戦士と言われた、横暴で傲慢な性格が災いとなり、地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)は、そこで出会った天文学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)により少しずつ分別と他者への思いやりを身につけていく…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【感想】
アメコミなのにベースは北欧神話という少し変わったマーベル・コミックのヒーローを描く作品。主役は、どうも主役としてはちょっと弱いが、こういう肉体派の役が妙に似合うクリス・ヘムズワース(今後はアーノルド・シュワルツェネッガのようになることを期待)で、ヒロインとしてナタリー・ポートマンが圧倒的なオーラを放つことで主役の弱さを大幅にカバーしている印象だ。

そんな話は、神の世界“アスガルド”の最強の戦士であるソー(クリス・ヘムズワース)が、横暴な態度から、父オーディン(アンソニー・ホプキンス)により、彼の力及び武器“ムジョルニア”を奪われ地球へと追放されることから始まる。

勿論ヒーローものなので、地球に落とされてからソーが更生して行く過程を描くのだが、今まで散々傲慢キャラで過ごしていたソーが、地球で少し恋をしたからと一気に傲慢な性格が改善されるというのは描き方が簡易過ぎているように感じる。ただそれ以外の要素として、監督のケネス・ブラナーが、父と子の確執や、ロキとの兄弟の確執なんかをきちんと描いているため、総じて見るとそこまで悪くはないように仕上げているが。

展開としては総じて悪くはないという感想だが、見せ方として3Dに対してはかなり不満がある。3Dでの鑑賞と言うと結構付き物になりつつあるのだが、本作も3Dである必要性があまり感じず、画面全体を通しての違和感すら多々ある。これでは予告編にあった、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』や『サンクタム』の数分の方が、余程3D効果の出来の良さを感じてしまうことが残念だ。

突っ込みどころも満載だし、登場人物の描写も甘いなど感想もあるが、まあ『アベンチャーズ』への続きのオマケもあるし、続編もあるような終わらせ方なので、序章としてはこんなものだろう。ただ続編を作るにあたってナタリー・ポートマンが出るのだろうか?その点が鑑賞後に一番気がかりだった。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 THOR
製作年度 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 115分
監督 ケネス・ブラナー
製作 ケヴィン・フェイグ
製作総指揮 アラン・ファイン、スタン・リー、デヴィッド・メイゼル、パトリシア・ウィッチャー、ルイス・デスポジート
原案 J・マイケル・ストラジンスキー、マーク・プロトセヴィッチ
脚本 アシュリー・エドワード・ミラー、ザック・ステンツ、ドン・ペイン
撮影 ハリス・ザンバーラウコス
プロダクションデザイン ボー・ウェルチ
衣装デザイン アレクサンドラ・バーン
編集 ポール・ルベル
音楽 パトリック・ドイル
音楽監修 デイヴ・ジョーダン
出演 クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、ジェイミー・アレクサンダー、ジョシュア・ダラス、クラーク・グレッグ、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキンス、アドリアナ・バラーザ、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、リチャード・セトロン、ダレン・ケンドリック、ジョシュ・コックス、ダコタ・ゴヨ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェレミー・レナー

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

マーベルコミックのスーパーヒーローシリーズ。傲慢な態度で神の国を追放された男、最強戦士ソーは、地球で愛する女性と出会うことで成長し、巨大な敵に立ち向かう。主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。共演にナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキン...
ランキングクリックしてね ←please click アメコミ映画大好きだけど、なんとなく全く期待してなかった、本作。試写にて。 マーベルのコミックの中でもとくに人気あるキャラなんだとか。 主演はオレ様ヒーロー 武器はハンマー なんて原始的。 あ...
マーベル・コミックを実写映画化。 アメリカで公開後、好評の声が聞こえてきたので、期待して観に行った。 神の世界の最強戦士ソー(写真:左)は、ある事件をきっかけに父親(写真:右)から追放され、ただの人間にされてしまう(あれ?ワーグナーの指輪みたいだな...)...
マイティ・ソー<2D字幕版>を見てきました。 神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。...
<<ストーリー>> 神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災いとなり、 地球へ追放されてしまったソー(クリス・ヘムズワース)。 神の世界での力を失ってしまったソーに凶...
暴れんぼうソー君のお気楽修行。  
マーベルコミックの人気ヒーローを実写版映画化した作品です。
THOR 失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に  上映時間 115分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2011/07/02 ジャンル アクション/アドベンチャー 映倫 G 【解説】 シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・...
シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が放つ アメコミ原作ヒーロー・アクション大作。 傍若無人な振る舞いがたたって力を奪われ神の世界を追放された男が、 人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていくさまと、やがて訪れる 地球と神の世界の…
'11.06.24 『マイティ・ソー』(試写会)@よみうりホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます! これは見たかったー☆ 意外に試写会が多いらしく、かぶりまくりだったので、一人鑑賞。 *ネタバレありです 「9つの国を治める神々の王オーディンの息子ソーは、...
 アメリカ  アクション&アドベンチャー  監督:ケネス・ブラナー  出演:クリス・ヘムズワース      ナタリー・ポートマン      アンソニー・ホプキンス       ...
「マイティ・ソー」★★★ クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、 トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、 コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、 イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、 レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキンス 出?...
これを書いていいものか、ちょっと悩みましたが…。勇気を出して書いてみます。 『マイティ・ソー』のポスター画像を初めて観た時、「へー、『マイティ・ソー』って、ジャック・ブラックが主演なんだぁ」と思ってしまいました。すみません。 だって、なんか、台形っ...
神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...
 THOR  神の国「アスガルド」で王(アンソニー・ホプキンス)の長男として生まれたソー (クリス・ヘムズワース)は、力に任せた振る舞いから父の怒りを買い、地球へと 追放されてしまう。  ...
 マーヴル・コミックの人気アメコミヒーローを、「ワルキューレ」「パイレーツ・ロック」のケネス・ブラナー監督、「スター・トレック」のクリス・ヘムズワース主演で映画化。    日本での知名度は正直いまいちながら、マーヴルヒーロー最強との呼び声も高く、根強...
 2011年は極めつけに嬉しい年である。なぜなら、6月には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、7月に『マイティ・ソー』、9月に『グリーン・ランタン』、10月に『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・...
【映画】マイティ・ソー(THOR) マーベルコミックからマイティ・ソーが映画化。 主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。 ヒロインにナタリー・ポートマン。 【あらすじ】 神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災い...
アメコミヒーローになった北欧神話の神様、マイティ・ソー。 スカンジナビアでは「Thor」はトールと読む。 どおりで持っているハンマーが「ムジョルニア」って、北欧らしいネーミングだわ。
マイティ・ソー'11:米◆原題:THOR◆監督:ケネス・ブラナー「スルース」「魔笛」◆出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド ...
マイティ・ソー  原題:Thor 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 日本人には馴染みが薄いが、アメリカではメジャーなアメコミ・ヒーローもの。息子の自分勝手な粗暴に業を煮やした父親...
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ケネス・ブラナー 製作総指揮:スタン・リー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキ...
監督 ケネス・ブラナー 主演 クリス・ヘムズワース 2011年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★ 先ごろ公開された『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』をもって、いよいよ出揃ったアベンジャーズの面々。考えてみると戦う社長や緑色に…
3Dもタケナワらしいので、ブームが去る前になるべく見ようと思い 3D吹替版で見ました。 マイティ・ソー / THOR 北欧の神々の世界アスガルド。最高神オーディンの息子ソーは最強の戦士であったが ...
観たい映画の上映回が自分の都合と合わないことが多くて、DVD鑑賞に甘んじてます。 今回のDVD鑑賞は『マイティ・ソー』。 アメコミ映画はテンションあがります。 ******************** シェイクスピア...
なんちゅう単純な映画なんだ。そしてなんちゅう単純なヒーローなんだ。でも逆にその単純さが面白い! マーベルコミック・ヒーローBIG3に数えられるという、傲慢さゆえに神の国を追 ...

Comments


そもそも試写会だったんで3Dは期待すべくもないのですが、やっぱりそんなもんですか。
できたらもう一度3Dで見に行ってみようかとも思ったのですが、まあいっかな^^;
 

こちらにも。
これはヒーローものだけど、ラブもうまく取り込んでて
女子ウケもいい映画だと思ったな★
写真よりも動いた方がカッコいいソー♪

 

KLYさんへ

観るところにもよるのかもしれないですが、
どうも人物と背景のミスマッチや、
意味のない3D描写が少しイマイチでした。
 

migさんへ

個人的にはヒーローとしては少し
主役がビジュアル的に弱いかなと感じたのですが、
結構評判がいいんですよね。
それにしてもナタリーはいい感じだった★
 

確かに、予告編で流れたトランスフォーマーのほうが
3Dとしての見ごたえがありましたよね^^
2Dで観たかったのに、上映がなくて(汗)
ま、そのへんはともかく、作品としては、かなり楽しめました♪
トニースタークが好きなので、同じような俺様ヒーローのソーも魅力的でしたし^^
さらに、魅力的なのは、ナタリーだと思いますが(笑)

確かに、続編にナタリーが出るかって気になりますね(^^)
 

ひろちゃんさんへ

絶対この作品は2Dで良かったと思いました。
でも3Dしか近くだとやっていなくて渋々・・・。
個人的にはトニースタークのような俺様は
いいのですが、神様の俺様は少しハマらなかったです。

ナタリーは続編やアドベンチャーズに出るんですかね???
 

こんばんは。

内容は何事にもあっさりとしていましたね。
でも案外、素直に楽しめました(笑)
マッチョな体格だけど、愛らしい笑顔のソーが良かったです(笑)
 

オリーブリーさんへ

こんばんは。

アメコミなので単純なストーリーでしたね。

> マッチョな体格だけど、愛らしい笑顔のソーが良かったです(笑)

こういう部分がアメリカで愛されている理由のなのかもしれないですね。
 
こんばんわ
主人公が悪ガキ顔なので、女性に惚れるや否や更正するのは何か面白かったです。
まぁ男なんて人間でも神でも変わらず単純ってことなんでしょうかね。
 

にゃむばななさんへ

> 主人公が悪ガキ顔なので、女性に惚れるや否や更正するのは何か面白かったです。
> まぁ男なんて人間でも神でも変わらず単純ってことなんでしょうかね。

得てして悪ガキほど単純というところなのかもしれないですね。
 

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。