Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



127時間


Category: 映画 は行   Tags: ---
前に進むことの大切さ

127 Hours

【Story】
アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【感想】
『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作。今回はある登山家の過ごした127時間を描く作品となっている。

そんな本作の舞台はアメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン、絶景という言葉がピッタリな自然が作り出した絶景中の絶景。そこへ主人公アーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)が趣味であるロッククライミングを楽しむためにやってくるのだ。途中で観光に来ていた女性と楽しんだりしながら、趣味を謳歌していたアーロンだが、観光客の女性と別れた後すぐ、まさかまさかの落石事故に遭ってしまう。幸い命に別状ないのだが、右腕を挟まれてしまい一切動けない。挟まれた場所は救助も来ないであろう場所だし、まして誰にもここに行くことを告げていないし、ロッククライミングに慣れているアーロンは軽装だし、まさに絶体絶命状態だ。さてそんなアーロンはどんな決断を下すのか?というのが本作の話となるわけだ。

まあ展開的な奇を衒った驚きはこの物語で成立はしない。タイトルが『127時間』なのでタイムリミットが提示されているし、助けが来ないなんて展開なんかからも想定できる事態になるわけ。そうなってくるとこの作品のポイントは間違いなくアーロンを演じたジェームズ・フランコ及び監督の演出手法に寄与する。まずジェームズの方は、今後『猿の惑星:創世記』も控えているし、アカデミー俳優賞にもノミネートされたぐらいなので素晴らしい緊迫感と緩和を感じさせてくれる。そして演出の方も、ダニー・ボイルなので全く持って問題ない。挟まれた状態をずっと映していても仕方がないので、彼の人生の回想シーンを所々挿入していき、回想シーンと現実の人とのかかわりの差を比較させることで巧く演出されていた。勿論冒頭なんかでもダニー・ボイルらしい全体の撮り方なんかもダニー・ボイルらしさが伺える。

アーロンのとった決断シーンは少しグロいが、この決断からラストにかけてが、地震で被害に遭った日本にはピッタリな“前に進むことの大切さ”や“人の強さ”などをこれでもかというぐらい訴えてくる仕上がりとなっていた作品だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 127 Hours
製作年度 2010年
製作国 アメリカ/イギリス
上映時間 94分
監督 ダニー・ボイル
製作 クリスチャン・コルソン、ダニー・ボイル、ジョン・スミッソン
製作総指揮 バーナード・ベリュー、ジョン・J・ケリー、フランソワ・イヴェルネル、キャメロン・マクラッケン、リサ・マリア・ファルコーネ、テッサ・ロス
原作 アーロン・ラルストン
脚本 ダニー・ボイル、サイモン・ボーフォイ
撮影 アンソニー・ドッド・マントル、エンリケ・シャディアック
プロダクションデザイン スティラット・ラーラーブ
衣装デザイン スティラット・ラーラーブ
編集 ジョン・ハリス
音楽 A・R・ラフマーン
出演 ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化。峡谷で岩に右腕を挟まれた主人公の127時間にも及ぶ極限のサバイバルを描いた感動作。出演は『スパイダーマン』シリーズのジェームズ・フランコ。ギリギリのところで正気...
公式サイト◆プチレビュー◆“動かないアクション・ヒーロー”を技巧をこらした映像で活写。実話ならではの感動が沸き上がる。 【85点】 クライマーのアーロンは、思わぬアクシ ...
評価:★★★★【4点】(14) これは強烈だった!その瞬間、極限の痛みで顔がついつい歪んでしまった。
※少しネタバレもあります。 でも、すでに知ってられる方もいるかも (原題:127 Hours) ----この映画、 今年のアカデミー賞に 何部門もノミネートされていたよね。 監督が『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。 「うん。 最初、そのタイトルからして 『28?...
(原題:127 HOURS) 【2010年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第83回アカデミー賞、作品賞・主演男優賞・脚色賞・作曲賞・歌曲賞・編集賞の6部門ノミネート。 第68回ゴールデングローブ賞、男優賞・脚本賞・音楽賞の3部門ノミネート。 第64回英国ア...
急転直下。暗中模索。自力更生。
死に直面した青年が“生きる”ために究極の決断をする壮絶なドラマ。作り話としてなら案外ありふれたシチュエーションかもしれないが、これが実話だというから驚くばかりである。
自由気ままを楽しむアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、週末、庭のように慣れ親しんだブルー・ジョン・キャニオンへと向かう。 美しい景観の大自然を思う存分満喫するアーロンだったが、ふ...
気の弱い人や子供なんかと行くのは、余りお薦め出来ないかも 3つ★
2011/6/9、よみうりホール。 8割がたの入り。 上映中に地震があったのには驚いた。 震度は2ぐらいで気が付かない人もいたようですが、 長く揺れたので天井が落ちてこないか思わず見上げちゃいました。 ** ジェームズ・フランコのほぼ一人芝居。 ** アーロン・ラ...
127時間  原題:127Hours 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 実在する登山家、アーロン・ラルストンの実話を映画化したヒューマン・ドラマ。峡谷でアクシデントにより右手を挟まれ身動...
平成23年6月20日(月)/。 映画:「127時間」。 【監督・脚本】 ダニー・ボイル 【原   作】 アーロン・ラルストン 【脚   本】 サイモン・ボーフォイ 【撮   影】 アンソニー・トッド=マントル、エンリケ・シャディアック 【音   楽】 A…
2011年6月20日(火) 18:45~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『127時間』公式サイト 崖の隙間で岩に手を挟まれ動けなくなった男。 まるで「オープン・ウォーター」や「フローズン」のような設定だが、?...
“生”への執着 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106210004/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.14 Interscope Records (2010-11-22) 売り上げランキング: 5724 Amazon.co.jp で詳細...
右腕を岩に挟まれ5日と7時間。感謝することに無頓着だった青年の心理的な密室脱出劇。そのラストに自然と涙が流れる。 若き登山家アーロン・ラルストンの実話を映画化したこの ...
   『127時間』  (2010) アメリカ・ユタ州のブルージョン・キャニオン。 ロッククライミングをしていた登山家のアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)は、落石事故に見舞われ、右腕を断崖に挟まれたまま身動きが取れなくなってしまう。 ...
 えらく夏になった、本気で、暑すぎる~~(=^‥^A アセアセ・・・ 【=31 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート5本目、オープニングではインド映画の香りが・・・でも「最後のみんなで踊り」はなかった(笑) 2003年4月25日金曜日。いつものように行き先を誰にも告げ...
ランキングクリックしてね ←please click 「スラムドッグ・ミリオネア」でアカデミー賞作品賞受賞、ダニー・ボイル監督最新作 ってことで思わず、「127時間後…」なんて言っちゃいそう なんて冗談はさておき。 受賞はならずだったけど、本作は今...
映画「127時間」を鑑賞しました。
'11.06.09 『127時間』(試写会)@よみうりホール 観たかった! 試写会探してたら、お友達のともやさんの当選tweet発見! ちゃっかり便乗してしまった(笑) だってダニー・ボイルだからね! 『スラムドッグ$ミリオネア』大好き♪ *詳細は避けますが、ネタバレありで?...
一人旅に出るときは、行き先を誰かに告げておきましょう・・・。 今年のアカデミー賞戦線を賑わせた話題作の中で、実質最後発での日本公開となったのが、「スラムドッグ$ミリオネラ」のダニー・ボイル監督が...
2008年の米国アカデミー賞にて8部門で賞を独占した『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督の最新作『127時間』。 「失神者続出!」とか「劇場で嘔吐する人も!!」などという、海外の前評判を聞いていたので、どんな残酷な作品かと思っていたのです。 しかし...
20日のことですが、映画「127時間」を鑑賞しました。 1人でロッククライミングに行ったアーロン その途中 谷間に落ち右腕が岩に挟まれ身動きが取れなくなってしまい・・・ まさに、絶体絶命の127時間 この ある種の限定空間の中で話は進んでいくのですが 流石 オスカ...
アカデミー賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督が、 青年登山家アーロン・ラルストンの奇跡の実話を映画化した衝撃のサバイバル ・ヒューマン・ストーリー。 誰も寄りつかない大自然の峡谷でアクシデントに見舞われ、身動きのとれない 絶体絶命の…
ジェームズ・フランコって整ったお顔立ちなのに、「スパイダーマン」のハリー以外で私が見たのは 変な役どころばかり  今回はほぼ一人芝居で、アカデミ―主演男優賞ノミネート 残念ながら賞は「英国王のスピーチ」のコリン・ファースに。 ノミネートに加え、今年のアカ?...
 『127時間』を渋東シネタワーで見てきました。 (1)アカデミー賞を受賞した『スラムドッグ$ミリオネア』を制作したダニー・ボイル監督の作品ということもあって、映画館に出かけてみました。  物語の主人公は、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンに一人で出かけたア...
「127時間」★★★☆ジェームズ・フランコ 出演 ダニー・ボイル 監督、スティーヴン・スピルバーグ製作 94分 、2011年6月18日, 2010,アメリカ、イギリス,FOX (原作:原題:127HOURS)                     →  ★映画のブログ★     ?...
127時間'10:米、イギリス◆原題:127 Hours◆監督:ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」◆出演:ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、リジー・キャプ ...
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「『シネコンウォーカー』に金払って読んでる人いるの?」 シネトーク67『127時間』 監督・製作・脚本:ダニー・ボ
 127 Hours  27歳のアーロン(ジェームズ・フランコ)は、ある週末、峡谷に向かう。音楽を 供に、一人でいることを愛する彼だったが、その単独行が思わぬ悲劇を招く。  巨岩に右腕を挟まれ...
『 127時間 』 (2010)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、 リジー・キャプラン、トリート・ウィリアムズ、...
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソ?...
11-41.127時間■原題:127Hours■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:94分■字幕翻訳:林完治■鑑賞日:7月1日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円□監督・脚本・製作:ダニー・ボイル□脚本:サイモン・ビューフォイ□撮影監督:アンソ?...
 そのタイトルからどうしても96時間のようなアクション映画を想像しちゃいますよね。でも全く違います。そんな訳で渋谷のシネクイントで127時間を見てきました。  このシネクイント、前回の半券を持っていくと1,000円になるので、前回見たムカデ人間の半券でお得に見ら...
127 Hours/10年/米・英/94分/サスペンス・ドラマ/劇場公開 監督:ダニー・ボイル 過去監督作:『スラムドッグ$ミリオネア』 製作:ダニー・ボイル 原作:アーロン・ラルストン『奇跡の6日間』 脚本:ダニー・ボイル 出演: ◆ジェームズ・フランコ…アーロン?...
「ある決断」やどうなるのかというものは誰しも予想がつくので、主人公が動けないという状況下における演技力が試される作品です。主演はジェームズ・フランコさん。 実際にあった話だそうなので、1人でもホイホイ行けちゃうアウトドア好きな人はとくに要注意な本作。イ...
本日2012年9月2日(日曜日)は、ブログ書いてる時間以外、寝っぱなしの一日でした で、本日二回目の投稿。 本当は「ダークナイト・ライジング」と「アベンジャーズ」の映画観賞記録を...
127時間 一人キャニオニング途中、大地の裂け目に 滑落した男が自力で脱出する姿を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:アーロン・ラルストン

Comments


そうなんです。人の強さを見せてくれるからこそ
あの強烈な決断にも関わらず悲壮感ではなく希望を
かんじさせてくれると思いました。
 

KLYさんへ

百人が百人あのような決断を下すとは思えないですが、
本当に人の強さを感じられました。
 
ジェームズ
こんばんは、daiさん♪
普通ならダレちゃうような物語を、最後で飽きさずに見せきってしまう構成は上手いですよね~。
ジェームズの次回作『猿の惑星:創世記』は、予告編だけですでに面白そうなんで、非常に楽しみです~♪
 

ともやさんへ

こんばんは♪

構成は上手いです。
同じような一人芝居映画で『キャスト・アウェイ』を
思い出したのですが、あちらのひどさが余計に際立ちました。

『猿の惑星:創世記』は本当に楽しみです☆
 

daiさん、こんにちは。
そうなんですよね、最初に127時間ってタイトルがついているだけに、127時間後に脱出?出来るんだな、っていうのは、おおよそ解るわけで。
それにしても、諦めちゃイカンですね。
とはいえ、ほんとに見るのは疲れました・・・
 

latifaさんへ

こんばんは。

諦めないことの大切さは伝わってくる作品でした。
そこがこの作品のポイントなんでしょうね。
 
こんにちわ
前に進むことの大切さと同時に、感謝することの大切さもこの映画から感じましたよ。
ほんと、今の日本にぴったりな映画ですよ。
 

にゃむばななさんへ

今の日本の状況にはピッタリな映画だったと思います。
前に進むことは大事ですね。止まっていてはいけませんよ。
 

Leave a Comment


11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。