Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アジャストメント


Category: 映画 あ行   Tags: ---
ラブSF

the_adjustment_bureau

【Story】
政治家のデヴィッド(マット・デイモン)は、ある日、バレリーナのエリース(エミリー・ブラント)と恋に落ちる。しかし、突如現れた男たち、“調整局”によって拉致されてしまう…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【感想】
コーヒーを零すのも、電車に遅れるのも、人に出会うのも、全てが神または超越的なものによって予め定められているという宿命論があるが、そんな運命が“調整局”なる者によりアジャストされており、ひょんなことからその事実を知った男が、自分の運命を変えようと翻弄するのが本作。本作で変えようとするのは自分と愛する人の運命。言わば“運命の赤い糸”との対峙といったところで、SFを期待するよりもラブストーリーに近いテイストだ。

そんな物語は政治家のデヴィッド(マット・デイモン)が、自分の選挙敗戦会見の前にトイレで謎の女性エリース(エミリー・ブラント)と出会う。場所も状況も不思議ながら、そんな彼らはすぐに惹かれあう。ただ彼女に出会ったことでデヴィッドは敗戦会見ながら、有権者の心をつかむ演説をすることができる。その後彼は全米一のベンチャー企業に役員として迎えられる。そんなある日、その会社へ向かう際にバスに乗ると、トイレでキスをした女性エリースト運命的に再開するのだ。ただこの再開が調整局のエージェントのミスにより発生してしまった、起きてはいけない事象で、それによりデヴィッドは運命を操る調整局の“運命調整行為”を目撃することで自分の運命を操る調整局の存在を知ることになる。

運命調整局なんていう黒幕が存在するが、冒頭でも言った通り物語はラブストーリー。デヴィッドとエリースが互いに惹かれあっていくことに対して、調整局がくっ付けないように画策するというもの程度。まあこの調整局をもう少し掘り下げてもいいとは思うが、そこまでやってしまうと、主役のフォーカスがぶれてしまうのでその点は仕方がないだろう。デヴィッドが調整局の1人の助けを借りながら、導かれる運命を変えようと奮闘する過程において、帽子や扉なんてアイテムが結構キーになっていることなんかも身近さを感じさせる演出となっており面白い。そしてなによりもエミリー・ブラントが妙に魅力的に描かれているのが最高の演出だ。ある意味、この作品を観たことでエミリーの魅力を再確認できたことも調整局(監督)が仕組んだことなのかも。

SFを期待しすぎると肩透かしを食らうだろうが、『インセプション』と似た感じで、日本的に言えば世にも不思議な物語的なストーリーは面白く、ちょっと変わったラブストーリーとして良くできたエンターテインメント作品だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 THE ADJUSTMENT BUREAU
製作年度 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 106分
監督 ジョージ・ノルフィ
製作 マイケル・ハケット、ジョージ・ノルフィ、ビル・カラッロ、クリス・ムーア
製作総指揮 イサ・ディック・ハケット、ジョナサン・ゴードン
原作 フィリップ・K・ディック
脚本 ジョージ・ノルフィ
撮影 ジョン・トール
視覚効果監修 マーク・ラッセル
プロダクションデザイン ケヴィン・トンプソン
編集 ジェイ・ラビノウィッツ
音楽 トーマス・ニューマン
出演 マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ、ローレンス・レリッツ、スティーヴ・ソーレソン、フローレンス・カストリナー、フィリス・マクブライド、ナタリー・カーター、チャック・スカーボロー、ジョン・スチュワート、マイケル・ブルームバーグ、ジェームズ・カーヴィル

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化。人間の運命が全てアジャストメント(調整)されていることに気付いた男が、それに逆らい自らの力で運命を切り開く姿を描いている。主演は『ヒア アフター』のマット・デイモン、共演に『ガリバー旅行記』のエミ?...
「アジャストメント」監督:ジョージ・ノルフィ(『ボーン・アルティメイタム』)出演:マット・デイモン(『グリーン・ゾーン』『ヒア アフター』)エミリー・ブラント(『ガリバ ...
ランキングクリックしてね ←please click フィリップ・K・ディックの短編小説『調整班』を映像化したSF  そのポスターとはイメージ違って、サスペンスというより実はラブストーリー!? 主演は、マット・ディモン。ターゲットはSFファンというより、「運...
将来を嘱望されていた若手政治家デヴィッド(マット・デイモン)は、美しい女性、エリース(エミリー・ブラント)と出会い心惹かれる。 ある日、デヴィッドは、突如現われた“アジャストメント・ビューロー...
「アジャストメント」★★★ マット・デイモン、エミリー・ブラント、 アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、 マイケル・ケリー、テレンス・スタンプ 出演 ジョージ・ノルフィ監督、 106分 、2011年5月27日, 2011,アメリカ,東宝東和 (原作:原題:THE ADJUSTME...
 『アジャストメント』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)映画の原題は「Adjustment Bureau」ですから(原作のタイトルも「Adjustment Team」)、専ら運命の調整を業務とする人たちを描いている作品ではないか、と思われるかもしれません。  ですが、「運命調...
先週の日曜日、朝も早よから金沢コロナシネマワールドへ行きました。 午前8時頃スタートの映画「抱きたいカンケイ」「ブラックスワン」「アジャストメント」3本のうちのどれか観ようと思って。 でも映画館に着くのに思ったよりも時間がかかり、上映開始の一番遅い「ア...
【=28 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート2本目、「汝、何を望むとも、そを祈るに、既に受けたりと知れ、然らばそを得ん。」  スラム出身のデヴィッドは上院議員候補として選挙に出馬していたが、過去のスキャンダルにより落選。敗北宣言を控えたデヴィッドだが...
 マット・デイモンが主演することの功罪は何だろうか?  映画『アジャストメント』において、主演俳優としてマット・デイモンを迎えたことのメリットは、何といってもそのおかげで映画への注目が高まり、宣...
THE ADJUSTMENT BUREAU  操作された《運命》に、逆らえ 映時間 106分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2011/05/27 ジャンル SF/サスペンス/ロマンス 映倫 G 【解説】 人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説を“ジ...
 SF映画だと思って観に行ったら肩すかし食らうよ。恋愛映画だと思って観に行ってと何度も念を押された作品、アジャストメントを見てきました。
11-38.アジャストメント■原題:The Adjustment Bureau■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:106分■鑑賞日:6月4日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ジョージ・ノルフィ□原作:フィリップ・K・ディック?...
アジャストメント'11:米◆原題:1THE ADJUSTMENT BUREAU◆監督:ジョージ・ノルフィ◆出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー・マッキー、ジョン・スラッテリー、マイケル・ ...
THE ADJUSTMENT BUREAU/11年/米/106分/SFサスペンス・ロマンス/劇場公開 監督:ジョージ・ノルフィ 製作:ジョージ・ノルフィ 原作:フィリップ・K・ディック『調整班』 脚本:ジョージ・ノルフィ 出演:マット・デイモン、エミリー・ブラント、アンソニー...
監督 ジョージ・ノルフィ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★★ 日々なんてものは偶然の積み重ねでしかないはずなのに、何をやっても上手くいく時期や、その反対に何をやってもダメな時期が続いたりしますよねぇ。特にダメな時期な…
マット・デイモン主演のなんていったらいいのかよくわからない作品です。SFサスペンス?ラブストーリー?ミステリー? 上院議員に立候補したデヴィットはあえなく落選する。次の日「調整員」が7時5分にコーヒーをこぼせられなかったために運命が狂ってしまうんですね、?...
あらすじ将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという女性に、一目惚れするが・・・。解説サターン賞SF作品賞助演女優賞ノミネート発表は6月20日だが、絶対に受賞...
あらすじ将来有望な若手政治家デヴィッドは、ある日エリースという女性に、一目惚れす

Comments


こんばんは☆
フィリップ・K・ディックの映画化はいつもおバカなので期待してなかったけど、そういう意味では楽しめたので良かった、マットはどうでもいいけど、エミリーブラントがやっぱりステキでしたネ
 

先日観たのですが、まだ感想アップしていません(^^;
daiさんの評価が、思ったより良くて、ちょっと
意外でした(笑)私が思ったくらいの評価と同じ
でしたので^^
SFと思っていたら、ラブストーリーだったんですね(^^;
そう言う意味では、肩透かしだったかな・・・

でも、マットもエミリーも好きなので、嫌いじゃない
作品でした♪
感想アップしたら、TBさせて頂きますね(^_-)-☆
 

migさんへ

こんにちは☆

フィリップ・K・ディックとしては面白いテイストの作品だったので楽しめました。
エミリー・ブラントは『プラダを着た悪魔』からかなり綺麗になったと思います。
 

ひろちゃんさんへ

もう少しこの作品の理由づけが強かったら
かなりの高評価になっていたと思うぐらい、結構楽しめました。

マットもエミリーも好きだったら間違いない作品ですね。

ひろちゃんさんの感想待ってますね☆
 

daiさん、こんばんは~♪
3度目の正直?(笑)やっと感想アップ
できましたので、TBさせて頂きますね(^_-)-☆
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは~♪

やっと追いついたんですね(笑)
後で伺います☆
 

Leave a Comment


11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。