Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キラー・インサイド・ミー


Category: 映画 か行   Tags: ---
ベルトで鞭打ち

the_killer_inside_me

【Story】
保安官助手として働くルー・フォード(ケイシー・アフレック)は勤勉で恋人(ケイト・ハドソン)とも仲良く、住民からも頼られる存在。そんなある日、ルーは娼婦のジョイス(ジェシカ・アルバ)と偶然出会って以来、長年封じ込めてきた殺意が爆発してしまう…。

評価 ★★☆☆☆(2.6P)

【簡易感想】
西テキサスのセントラルシティという田舎。そんな田舎が本作『キラー・インサイド・ミー』の舞台。そんな田舎の村はずれにある一軒の家に、保安官助手ルー(ケイシー・アフレック)がある通報でやってくる。そこには娼婦のジョイス(ジェシカ・アルバ)が住んでおり売春をしている。そんなジョイスに対してルーは仕事を辞めて街を出ろと諭す。しかしルーに対してジョイスは逆ギレをし罵声を浴びせてしまう。そんな彼女の行為によってルーの中の眠っていた“キラー”が目覚めてしまい、ルーはジョイスをレイプする。しかし重要と供給のバランスがまさかピッタリとあってしまい相思相愛のカップルとまではいかないが秘密の関係が成立してしまう。ただこの時はまだルーの“キラー”は目覚めたばかりだったのだ。

そんな展開から始まる物語、本作の主役ルー・フォードは保安官助手として人当たりもいいしまさに好青年。さらにエイミーという女性とも付き合っているごく普通の青年だ。そんな青年がレイプをきっかけに殺人性に目覚める。ただ目覚めてから殺人に至る過程は狂気にも感じるぐらい一貫性がないし、この男一応幼少期のトラウマがあるという設定になっているが、そこら辺の描写はほとんどない。鏡花水月とは少し意味が異なるかもしれないが、完全に観ている人に委ねる描写となっている。これがフィルム・ノワールと言えばフィルム・ノワールなのかもしれないが、違う面を考えると現在起きる犯罪の一旦のように思えるルーの行動性は一般人では全く持って理解し難いのが難点だ。

まあ全体として共感もできなければ際立って心に響きもしないが、ジョイス役のジェシカ・アルバのベルトで叩かれるシーンだけは妙にインパクトがあった作品。昔のアルバのように胸の一つでも出してくれたら娼婦としてさらに際立ったのではと思えた自分がいるのも事実だったが。
more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 THE KILLER INSIDE ME
製作年度 2010年
製作国 アメリカ/スウェーデン/イギリス/カナダ
上映時間 109分
監督 マイケル・ウィンターボトム
製作 クリス・ハンレイ、ブラッドフォード・L・シュレイ、アンドリュー・イートン
製作総指揮 ジョーダン・ガートナー、リリー・ブライト、チャド・バーリス、アラン・リーバート、ランディ・メンデルソーン、フェルナンド・サリシン
原作 ジム・トンプソン
脚本 ジョン・カラン
撮影 マルセル・ザイスキンド
プロダクションデザイン ロブ・サイモンズ、マーク・ティルデスリー
衣装 リネット・マイヤー
編集 マッグス・アーノルド
音楽 メリッサ・パーメンター、ジョエル・キャドバリー
出演 ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イライアス・コティーズ、トム・バウアー、サイモン・ベイカー、ビル・プルマン、ブレント・ブリスコー、リーアム・エイケン、ジェイ・R・ファーガソン、マシュー・マー

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題・英題:The Kille inside Me) ----この映画って、 ラジー賞で話題になったんだよね。 「あ~あ。 ジェシカ・アルバの最低助演女優賞ね。 まあ、彼女はこの作品だけでなく 昨年の出演作、そのほぼすべてで受賞しているけどね」 ----それって、かわいそう。 「う...
キラー・インサイド・ミーTHE KILLER INSIDE ME/2010年/アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ/マイケル・ウィンターボトムごめんね、痛いよね。すぐ終わるから大丈夫。愛してる。俺だってつらいんだ。もうすぐ楽になるよ。ひどいよね、びっくりしたよね。愛してる...
ランキングクリックしてね ←please click 「私が出会った中で最高の、身も凍るような犯罪小説」by スタンリー・キューブリック 「間違いなくアメリカ文学の傑作である」byスティーヴン・キング とまで言わしめた、「このミステリーがすごい!」1位獲得のジ...
公式サイト。原題:THE KILLER INSIDE ME。ジム・トンプスン原作、マイケル・ウィンターボトム監督、ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ネッド・ビーティ、イラ ...
田舎の保安官助手を務める青年が、ひょんなことで知り合った娼婦との情事ををきっかけに、自らの内にある狂気を爆発させてしまう。ジム・トンプソンの「おれの中の殺し屋」の映画化だ。主演は「オーシャンズ」シリーズのケイシー・アフレック。共演に『NINE』のケイト...
     『キラー・インサイド・ミー』  (2010) 保安官助手として働くルー・フォード(ケイシー・アフレック)は、職場では勤勉で、長年連れ添っている恋人エイミー(ケイト・ハドソン)とは仲睦まじく、住民からも頼られる存在だった。 ある日、ルーは?...
ノワール作家ジム・トンプスンの傑作犯罪小説『おれの中の殺し屋』 (『内なる殺人者』)を「イン・ディス・ワールド」「マイティ・ハート /愛と絆」のマイケル・ウィンターボトム監督が映画化した戦慄のクライム ・ドラマ。 好青年と評判の保安官が、ふとしたきっかけ…
キラー・インサイド・ミー  原題:The Killer Inside Me 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ジム・トンプスンの「おれの中の殺し屋」をウィンター・ボトム監督が映像化したクライム・...
 アメリカ&スウェーデン&イギリス&カナダ  犯罪&ドラマ  監督:マイケル・ウィンターボトム  出演:ケイシー・アフレック      ケイト・ハドソン      ジェシ ...
 『キラー・インサイド・ミー』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)予告編で見て面白そうだなと思い映画館に足をはこんだのですが、まずまずよくできた映画ではないかと思いました。  映画は、原作が書かれた1950年代を舞台としています。  ですから...
■ 映画『キラー・インサイド・ミー』は洋画版『シーサイドモーテル』なのか 小説『おれの中の殺し屋』の映画化『キラー・インサイド・ミー』を見ました。 以下、内容に深く触れるため未見の方は了...
2011年5月5日(木) 16:10~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『キラー・インサイド・ミー』公式サイト あまり得意でないが、結構観ているマイケル・ウィンターボトム作品。 やはり得意でなかった。 生真面目...
評価:★★★☆【3,5点】(13) 悪くはないんだけど、最後の詰めの甘さが命取り。
11-31.キラー・インサイド・ミー■原題:The Killer Inside Me■製作年・国:2010年、アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ■上映時間:109分■字幕:高橋諭治■鑑賞日:5月1日、ヒューマントラストシネマ(渋谷)■料金:1,000円□監督:マイケル・ウ...
1950年代の西テキサス。 田舎町で保安官助手をするルー・フォード(ケイシー・アフレック)は、誰からも好感を持たれる真面目な青年。 長年の恋人、エイミー・スタントン(ケイト・ハドソン)と気ままな逢...
「キラー・インサイド・ミー 」★★★☆ ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、 ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン 出演 マイケル・ウィンターボトム監督、 109分 、2011年4月16日, 2010,アメリカ、スウェーデン、イギリス、カナダ,日活 (原作:原題:THE KILLER ...
THE KILLER INSIDE ME/10年/米・スウェーデン・英・加/109分/犯罪ドラマ/R15+/劇場公開 監督:マイケル・ウィンターボトム 原作:ジム・トンプソン『おれの中の殺し屋』 出演:ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、ビル・プルマン <...
見て最初に思ったのは、ケイトがブサイクすぎてるって事。太っちゃったのが原因かな?何か違う。ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ。 舞台はちょっと昔のアメリカの田舎。何か特別なことがあったわけじゃなく、少しの「きっかけ」で、自分の中に...
キラー・インサイド・ミー 1950年代テキサスの田舎町 保安官助手が売春婦を殴殺し 殺しの連鎖が始まる... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:ジム・トンプスン 原題:The Killer Inside Me

Comments


こんにちは、
daiさんもう観てたのね。

あ、昔はジェシカたん脱いでたんだったかな?
私もあれは不自然でケチってると思ったわぁ。
潔く脱いじゃえばいいのに!
 

migさんへ

こんばんは★

『スリーピング・ディクショナリー』でヌードになってなかったでしたっけ??
まあ代わりが演じていた可能性が高いですが・・・。
でもこの作品をやるって決めた以上、出さないのはダメですよ!!
 

あのフルぼっこは気分悪いですわ。要はS性の延長線上なんですよね。結局性癖と殺人の境目がなくなってるというか、サイコ野郎になっちゃってるので、殺人の理由は理解不能ですね。

ジェシカたんはマテェーテも修正したという話ですし、敬虔なカトリックだからって理由だそうです。だけど脱がない娼婦役ってありえないよね。逆に不自然だし。
 

KLYさんへ

殺人の理由や動機が不透明なんですよね。そのせいで彼が完全なサイコ野郎になってしまって意味不明さに拍車がかかったんです。

それにしてもジェシカは宗教上とは言いますけど脱がないとダメですよね。日本人の女優じゃないんだから、娼婦をやる以上しょうがないはずです。
 

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。