Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ザ・タウン


Category: 映画 さ行   Tags: ---
監督は永久に不滅です

the_town

【Story】
綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。その後クレアは無事解放されるが、強盗たちの影におびえる日々を過ごす…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
最近は俳優としてだけではなく監督としても力を発揮しているベン・アフレック監督の本作。あのラストははっきり好き嫌いが分かれるだろうが、全体としては良くできている作品だ。

そんな話はダグ(ベン・アフレック)とクレア(レベッカ・ホール)が奇異なことから知り合い各々の状況が変化していくというもの。その奇異な出来事と言うのが、銀行強盗なのだ。彼らが住む町はボストンにあるチャールズタウンというところは犯罪が日常茶飯事に起こる地域。そんな地域で暮らしているダグは仲間と共に銀行強盗を繰り返す。しかもその手口がそこら辺のゴロツキが勢いだけでやるようなものではなく、証拠を徹底的に残さないでやる。これによってFBIですら手を焼くぐらいだ(まあFBIが温すぎるというのは置いておいて)。そんな彼らの行った銀行強盗の内の1つでタグはクレアと出会う。銀行の支店長だったクレアは、タグたちの人質となってしまうのだ。しかもクレアの住所を確認するとタグたちが日々暮らすテリトリー内に居住するというものだから、たまったもんじゃない。ただ人を殺すことを毛嫌うタグは解放した後のクレアを見張る役目を担うことになる。

まあこの後は想像通りタグとクレアがコインランドリーで出会い、徐々に仲良くなって恋人になる。ただタグがクレアを好きになってしまったことで、これまでゆっくりだったテンポが一気に加速していき、タグはクレアとこの“タウン”の脱出を願うし、FBI捜査官はタグが銀行強盗だとクレアに伝えるし、強盗の黒幕ファーギーはタグの弱みになったクレアを使ってタグを動かそうとするし次から次へと出てくるのだ。多少の突っ込みどころはあるものの、それをも考えさせないようなテンポで観ていられるから非常に良い。冒頭にも書いたが、ラストの“あの終わり方”は非常に賛否分かれるだろうが、最後の強盗シーンでの多勢に囲まれる展開や、カーチェイスなど魅力的なシーンがたくさんあるし、銀行強盗に入るタグ一行のビジュアルも楽しめるしと、マイナス部分を差し引いても十分お釣りがくる楽しめる作品だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 THE TOWN
製作年度 2010年
製作国 アメリカ
上映時間
監督 ベン・アフレック
製作 グレアム・キング、ベイジル・イヴァニク
製作総指揮 トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、ウィリアム・フェイ、デヴィッド・クロケット
原作 チャック・ホーガン
脚本 ベン・アフレック、ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード
撮影 ロバート・エルスウィット
プロダクションデザイン シャロン・シーモア
衣装デザイン スーザン・マシスン
編集 ディラン・ティチェナー
音楽 デヴィッド・バックリー、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演 ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス・ウェリヴァー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパー、オーウェン・バーク、コレーナ・チェイス、ブライアン・スキャンネル

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

<ザ・タウン を観て来ました> 原題:The Town 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ テレビ東京さんのご招待で試写会にて鑑賞してきました。 役者でもあるベン・アフレックが監督・主演をした事でも有名!原作はチャック・ホーガンの「強...
ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ~むと「
(原題:The Town) 「う~む。 噂には聞いていたけど、ここまでオモシロい映画とは…」 ----えっ、珍しいニャ。 “オモシロい”という言葉を使うのって…。 「うん。とにかくよくできているんだ。 お話としては、犯罪の温床のような“町”に生まれ育った男が、 ある女?...
また会える ここか あの世で 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown2月5日公開監督・主演: ベン・アフレックボストン北東部のチャールズタウンは、アメリカ
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホ...
全米一銀行強盗が多発する、ボストンのチャールスタウン。ここで生まれ育ったダグもまた、仲間と共に強盗を生業としていた。ダグは地元で暮らすクレアと恋に落ちる。しかしクレア ...
荒削りだけど、面白い。 かつて離婚したら自身の財産の半分を渡すという婚前契約をジェニファー・ロペスと交わした男と同一人物とは思えないほど、ベン・アフレックが渋く格好い ...
クライムアクションとしての見応え、そしてこの手のジャンルらしからぬ温かな余韻を残すラスト。どちらも私の好みにピタリとはまった。 銀行や現金輸送車を襲った犯人たちが繰り広げるド派手な銃撃戦やらカーチェイスをこれでもかと見せておいて、最後は観客の想像に委ね...
2/1に一ツ橋ホールにて、ベン・アフレック監督・主演の『ザ・タウン』を試写会で観てきました。 ベン・アフレックの主演作品ってちょっと久々に観るかなーという印象。脇役とかではちょこちょこ出てきていたとは思うけれど。 監督第2作目ということもあって、楽しみにし...
評価:★★★★☆【4,5点】(14) ベン・アフレック久々のヒット作!
全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放され...
THE TOWNボストンの一角。肉体労働者が住む地区は銀行と現金輸送車強盗が世界で一番多いチャールズタウン。この街で銀行強盗は 職業のように、父から子へ受け継がれる。ー...
犯罪を甘く描いたらダメだ!   
アイルランド系移民で強盗という稼業から抜け出そうとする主人公の葛藤を、激しいアクションとリアルな脚本やロケで見せる濃い内容の作品になった。すべてを捨てないと街を出ることができない現実を証明している。こういう実在する土地で現代を舞台にして映画が作れてしまう
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...
強盗団の一員として現金強奪を繰り返して生き抜いている犯罪の町に生まれ育った宿命を背負った男の物語です。
ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ...
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間と…
8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...
 アメリカ  犯罪&ドラマ&アクション  監督:ベン・アフレック  出演:ベン・アフレック      ジョン・ハム       レベッカ・ホール       ピート・ポスルスウェイ ...
「ザ・タウン」って、どこ? ちゃんと映画観てた?何度も出てきたぜ、ボストンのチャールズタウンって。 マッちゃんもハマちゃんもいなかったけどね。 それは“ダウンタウン”だ。こっちは、チャールズタウン。 お笑いとは関係なかった。 笑いもひきつるコワい街だからな?...
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...
ザ・タウン  原題:The Town 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 ベン・アフレットが「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続き、監督、主演を務めるクライム・ドラマ。舞台はボストンのチャ...
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・...
「ザ・タウン」★★★☆ ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、 ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、 クリス・クーパー、タイタス・ウェリヴァー出演 ベン・アフレック監督、125分、2011年2月5日公開 2010,アメリカ,ワー...
「ザ・タウン」監督:ベン・アフレック(『ゴーン・ベイビー・ゴーン』)出演:ベン・アフレック(『消されたヘッドライン』『そんな彼なら捨てちゃえば?』)レベッカ・ホール(『 ...
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を...
ザ・タウン(原題:THE TOWN) 348本目 2011-08 上映時間 2時間5分 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック(ダグ) 、 ジョン・ハム(フローリー)      レベッカ・ホ ...
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...
 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。
11-13.ザ・タウン■原題:TheTown■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッ...
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を…
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ...
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わった...
ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレック  ピーター・クレイグ ...

Comments


daiさんこんにちは、

うんうん、つっこみどころはあるけど話が面白いので惹き込まれちゃう。
ジェレミーレナーには個人的にぜひ助演をあげたいな~。

っていうかね、これ予告篇で見せ過ぎだと思う。
 
Re: タイトルなし
migさんへ

こんばんは☆

> ジェレミーレナーには個人的にぜひ助演をあげたいな~。

ジェレミーの圧倒感は凄かったですね。ハートロッカーよりも迫力がありました。

> っていうかね、これ予告篇で見せ過ぎだと思う。

予告での見せすぎ感は今に始まったことではないですが、
この作品もかなり見せていましたね。
 
こんにちわ
荒削りですけど、それが男の骨太なドラマな分、全く気になりませんでしたよ。
やっぱりベン・アフレックにはこういう骨太な男の役が似合いますね。
 
こんにちは
にゃむばななさんへ

男の骨太なドラマはベン・アフレックにピッタリですね。
これからもこういう作品を作っていってほしいです。
 

こんばんは♪
ツッコミどころはありましたが、daiさんが言われて
いるように、それを差し引いても十分にお釣りが
くるくらい楽しめました♪面白かったです!

ラストは確かに好き嫌いが分れるところだとは
思いますが、私は、あの結末もアリだと思いました!
ジェレミー、助演男優賞獲れるかも?

ps.daiさん、都内にいらしてたんだ(笑)
寒いと連呼?していたので、外国?北海道?とか
思ってしまいました(笑)少し暖かくなってきて
良かったですね(^_-)-☆
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは

突っ込みどころは満載ですが、
ベン・アフレック監督らしい演出が巧く効いていたと思います。
ラストは倫理的なイマイチさはあるものの、まああれも1つだとは思いますね。
ジェレミーはオスカー獲れるといいですね。

夏はどんなに暑くても平気なんですが、冬が異様に苦手なんで・・最近寒くて仕方がないです。
 

こんにちは~daiさん、また寒くなりましたね(^_^;)

私はこのラストはイマイチだったけど、総体的には楽しめました♪
襲撃やカーアクションは、大作の派手さに比べたらこじんまりとした感じだったけど、緊迫感は最高でしたねぇ~。
ベンはその内、凄い作品を作るんではないかと思います~楽しみ♪

 

オリーブリーさんへ

こんにちは。

本当に寒くて仕方がないです。
やっぱりこのラストを好まない人もいますよね。
ベンは本当にこれから凄い作品を作りそうですね。
 

Leave a Comment


03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

02


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。