Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ウルトラ I LOVE YOU!


Category: 映画 あ行   Tags: ---
話題だけで受賞したラジー賞

All_about_steve

【Story】
クロスワードパズル作家のメアリー(サンドラ・ブロック)は、ブラインドデートでニュースチャンネルのTVカメラマン、スティーブ(ブラッドリー・クーパー)と出会い一目ぼれ。突然スイッチが入った彼女は、相手の気持ちなどお構いなしに猛烈アタック…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【簡易感想】
途轍もない暗い不細工に不細工というと笑いにならないが、途轍もなくというわけではないが微妙な感じの冗談が通じる子に笑い混じりでお前って不細工だなと言えば笑いになる。映画でもある種それと同じで、どうしようもないクソ作品に「今年一番の駄作ですよ!」と言えば一切笑いにならないが、つまらなくないんだけど少し足りない作品にその言葉を与えればラジー賞になるわけだ。今年のラジー賞ではそんな少し足りない本作が受賞したが、本作の主役が本年度のアカデミー賞で最優秀主演女優を受賞したサンドラ・ブロックだというのだから話題にもなる。しかも普通、受賞者は来ないラジー賞会場にサンドラが来たのだから、逆転の発想を巧く用いた彼女の高感度はグ~ンと上がる。話としてはクロスワード作家という珍しい職業の女性が主役。主役のメアリー(サンドラ・ブロック)がTVカメラマンのスティーブ(ブラッドリー・クーパー)に恋してしまいストーカーになってしまうというもの。恋は盲目とはいうがここまでやられると相手も引いてしまうだろうというぐらい付きまとってくる。しかもメアリーはクロスワード作家の職業病なのか知識の宝庫。それ故にめちゃくちゃ喋りまくる。私自信静かに暮らしたい人間なので、傍らでここまで喋られたらイライラもMAXになっていくものだ。そんな彼女がストーカーを繰り返す中で大事件を解決しちゃうなんていう絵に描いたようなB級コメディとなっている。まあどうしょうもない駄作というわけでもないし、歴史に残る優秀作品でもないが、サンドラ・ブロックが『しあわせの隠れ場所』でアカデミーにノミネートされていたから敢えて選ばれたのだろうという感想だ。それにしても一番の皮肉は原題の『ALL ABOUT STEVE』。1950年のアカデミー賞受賞作品に『ALL ABOUT EVE』というものがあるが、これに“ST”という余計な文字を付けたことで、アカデミー賞からラジーになってしまったと考えると本作の内容よりも笑えてしまう。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 ALL ABOUT STEVE
製作年度 2009年
製作国 アメリカ
上映時間 99分
監督 フィル・トレイル
製作 サンドラ・ブロック、メアリー・マクラグレン
製作総指揮 テッド・フィールド、ニック・オズボーン、トレヴァー・エンゲルソン
脚本 キム・バーカー
撮影 ティム・サーステッド
プロダクションデザイン メイハー・アーマッド
衣装 ゲイリー・ジョーンズ
編集 ヴァージニア・カッツ
音楽 クリストフ・ベック
音楽監修 ジョン・フーリアン
出演 サンドラ・ブロック、ブラッドリー・クーパー、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ケン・チョン、DJクオールズ、キース・デヴィッド、ハワード・ヘッセマン、ベス・グラント、M・C・ゲイニー、ホームズ・オズボーン

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

『しあわせの隠れ場所』でオスカーを獲得したサンドラ・ブロックにラジー賞を獲得させ、W授賞は史上初ということで話題を呼んだ作品。サンドラお得意のドタバタコメディだが、ジンワリ心をうつシーンも。共演に『特攻野郎Aチーム』、『ハングオーバー! 消えた花ムコと...
 コチラの「ウルトラ I LOVE YOU !」は、サンドラ・ブロック、ブラッドリー・クーパー共演のラブコメです。今やハリウッド1のモテ男なんて言われているブラッドリーと、「あなたは私の婿になる」をヒットさせたばかりのサンドラの共演で話題になったものの大コケしちゃっ...
アカデミー&ラジー賞をW受賞でこれまた珍しい作品のようです、サンドラ・ブロックさん主演でエキセントリックなストーカー女性を演じてます。 クロスワードパズル作家って言うのも珍しいけど、そうだよね誰かが作らないと出来ないよねー。作品中にも「それを作る人?...
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click サンドラの、おちゃめな魅力全開{/atten/}独りよがり系、新感覚ラブコメ{/heartss_pink/} 今年のアカデミー賞で主演女優賞とラジー賞をWで獲得し、 ちゃんと...
JUGEMテーマ:映画 制作年:2009年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場未公開  上映時間:99分  原題:ALL ABOUT STEVE  配給:20世紀フォック  監督:フィル・トレイル  主演:サンドラ・ブロック      ブラッドリー・クーパー      トー...
ウルトラ I LOVE YOU! クロスワード作家がブラインド・デート 相手のTVカメラマンを思って全米を追っ駆け... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:All About Steve

Comments


>途轍もない暗い不細工に不細工というと笑いにならな
>いが、途轍もなくというわけではないが微妙な感じの
>冗談が通じる子に笑い混じりでお前って不細工だなと
>言えば笑いになる。

これと同じことが主人公にも言えたかなと思いました。なにやらキモイファッションでやたら雑学王な女性がこれで暗くて引きこもりだったら面白くもなんともなく本気でキモイのですが、表に出てきてしかも思いのほか押しが強いから笑えてしまうという。
ラジー賞の会場に現れてしまうサンドラ姉さん、自分も含めてファンはそんな彼女が好きなんだろうなと。(笑)
 
Re: タイトルなし
KLYさんへ

サンドラのキャラは非常に面白かったですね。
個人的にはお断りしたいですが、第三者的に見るのでしたらOKでした(笑)

ラジー賞の会場に現れてしまうサンドラのあのキャラがみんなが好きになる要因なんでしょうね。
 

daiさんおはよう~

思ったよりdaiさん評価低いなぁ~(笑)
これフツウに楽しめる作品だった、
とりわけサンドラがやっぱりいいな。
私的には「ハングオーバー」より全然笑えたわ☆

ハナシ変わるけど、シャーリーズ、海外でユニクロの広告モデルに決まったそう☆
シャーリーズもたまにはこんな役やって欲しいな。
 
Re: タイトルなし
migさんへ

こんばんは。

サンドラの普通のコメディでしたね(笑)

> ハナシ変わるけど、シャーリーズ、海外でユニクロの広告モデルに決まったそう☆
> シャーリーズもたまにはこんな役やって欲しいな。

ユニクロがまだ発表していないですよね??これが事実なら私としてもこれを機にコメディを
やっているシャーリーズが観てみたいですね☆
 

Leave a Comment


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。