Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~


Category: 映画 な行   Tags: ---
11分は超えられない

9

【Story】
古びた研究室の片隅で、背中に数字の9が描かれた奇妙な人形が目を覚ます。人形が外に出てみると街は廃虚と化しており、ぼう然とする彼の前に2の背番号を持つ人形が現れる…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
戦後の小さい子供が遊んでいたような古めかしい麻の人形達が繰り広げる人類が滅亡した後のドラマを描いたのがシェーン・アッカー監督の本作だ。オリジナルは11分の短編らしいが、ティム・バートンが「これまでの人生で観た映像で最高の11分間だった」と大絶賛して長編化されたという逸話付き。まあテイスト的にティム・バートンの作るダークでブラックな世界観に似ている点も気にいった理由の一つだろう(目の使い方が気に入ったとも言っていたような?)。そんな物語は『ターミネーター』の審判の日で人間が負けたような機械に占拠され荒れ果てた未来を舞台に、麻の人形達が機械と対峙するというものだ。麻と機械の対決なんて聞くと、操り人形的にも聞こえるが、これがまた何とも言えないセンスのいい映像に仕上がっているから面白い。最近はメガネをかけて目の前に物が飛んできたりするのが横行しているが、こういう映像センスは大事にしていくべきだ。ただ映像センスや展開的も悪くはないが、この映画は11分の映像がオリジナルということが非常にネックとなっているように感じた。シェーン・アッカーが大学の卒業制作で完成させたものを長編にしようとするのだから、襤褸が出てくるのは当たり前だ。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 9
製作年度 2009年
製作国 アメリカ
上映時間 80分
監督 シェーン・アッカー
製作 ティム・バートン、ティムール・ベクマンベトフ、ジム・レムリー、デイナ・ギンズバーグ
原案 シェーン・アッカー
脚本 パメラ・ペトラー
音楽 デボラ・ルーリー
テーマ曲 ダニー・エルフマン
声の出演 イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー、ジョン・C・ライリー、クリスピン・グローヴァー、マーティン・ランドー、フレッド・タタショア

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

第78回アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品に惚れこんだティム・バートンがプロデュースし、シェーン・アッカー監督自らが11分の作品を80分の長編作品へと作り変えた。人類滅亡後に残された9体の奇妙な人形たちが人類を滅ぼしたマシーンたちと戦うダ...
特筆すべきはそのビジュアル{/m_0150/} 今年公開された「9」のつくタイトルの最後の1本(といっても三本関連性なし) 去年の9月NYでやってたけど時間合わず観れなかったの。 やっと日本公開{/m_0158/} 何となく、めちゃ期待してた1本。 試写で観て来ました~。
2005年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた11分の 同名タイトルを見たティム・バートン監督が気に入り、ティム・バートン 監督のプロデュースで長編作品として映画化。声の出演には『ロード・オブ・ リング』シリーズのイライジャ・ウッドやジェニファ..
最新の映画「ナイン」を先行して観た。 というと、フェリーニの名作「8 1/2」→ミュージカル化「NINE」→その映画化「NINE」が現在公開中なので、そちらをイメージされるかもしれないが、それではない。 ティム・バートンが総指揮 している、「 9~9番目の奇妙な人形~」...
最新の映画「ナイン」を先行して観た。 というと、フェリーニの名作「8 1/2」→ミュージカル化「NINE」→その映画化「NINE」が現在公開中なので、そちらをイメージされるかもしれないが、それではない。 ティム・バートンが総指揮 している、「 9~9番目の奇妙な人形~」...
 訂正である。  『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』は副題に「人形」と書かれているが、9は人形ではない。  その体は麻布を裁縫し...
原案となるアッカー監督自身の短編作品に惚れ込んだティム・バートンがプロデューサーを買って出たことにより生まれたという本作。ゆえに強烈なバートンっぽさがあるのかと思ったらそれほどでもなく、バートン好きの私はむしろそこに本作の魅力を感じた。
独特の味わいの異色アニメーションの映像は、アメリカ映画というより東欧のそれを思わせる。古い研究室で一体の人形が目を覚ます。麻で出来た身体、腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9”の文字。状況が分からないまま外に出ると、街は見渡す限りの廃墟...
公式サイト。原題:Nine。ティム・バートン製作、シェーン・アッカー監督。(声)イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー。2005年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品を長編化したと言えば聞こえはいいが、要するに膨らました...
何故だろう、最近やたらと「9」をタイトルに含む映画が多い。 異色のエイリアンSFやスター共演のゴージャスなミュージカルに続くのは、そのも...
最近、9にまつわる映画が多いですね。( ^ _ ^; この映画は予告編が面白そうだったのと、 声優陣が豪華だったので、 観たいと思いました。 古びた研究室で、 背中に数字の9が描かれた奇妙な人形が目を覚ます。 外を見ると、廃虚が広がっていた。 外に出て、...
9 ~9番目の奇妙な人形~(原題:9)316本目 2010-20 上映時間 1時間20分 監督 シェーン・アッカー 出演 イライジャ・ウッド(#1)     ジェニファー・コネリー(#7)      クリストファー・プラマー(#1)      ジョン・C・ライリー(#5)  
 ティム・バートン監督のアリス・イン・ワンダーランドが人気ですが、そんなティム・バートンを驚愕させた短編アニメ『9』を長編アニメ化させた9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~を上映終了日に観てきました。

Comments


素晴らしい映像でしたし、これはこれでまあ良いのでしょうけど、私は11分間の方が好きかな。
もっとも長編だからこその、豪華な声優陣たちというのもあるのですけどね…。
 
Re: タイトルなし
KLYさんへ

私も11分間の方ですね。長編ならではの良さが若干弱い作品でしたね。
 

Leave a Comment


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。