Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



運命のボタン


Category: 映画 あ行   Tags: ---
短編を長編化することの難しさ

The Box

【Story】
ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く…。

評価 ★★☆☆☆(2.5P)

【感想】
キャメロン・ディアスの黒い涙。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原作はリチャード・マシスンの『死を招くボタン・ゲーム』。この作品は短編物語で、これを長編映画にしようとするのだからリチャード・ケリーはチャレンジャーだ。勿論無謀というのは百も承知で、映画化される前から分かること。できたとしても30分が限界だろうと想定できる。それを無理やりどうにか映画化させたのが本作だ。

物語はある日家に、顔が半分ない男がやって来て、「このボタンを押せば100万ドルあげます。ただし、あなたの見知らぬ誰かがひとり死にますけど」と言ってボタンを置いていくという破天荒な入りで始まる。まあ普通に考えて、顔が半分ない人が家の前に着た時点で110番(アメリカだったら911番)するのが当たり前だが、それでは短編小説をされに短編化させてしまうので、キャメロン演じるノーマさんは家に招き入れる。そしてほどなく夫のアーサー(ジェームズ・マースデン)と考えた結果というか突然、ノーマがボタンを押す。勿論100万ドルは貰うのだが、ここで今後のこの家族に対する重大な運命を知ることとなる。

まあ設定上、顔が半分ない男を追えたり、自分たちのボタンプッシュのせいで犠牲になった家族のことを知ることができたりと都合のいいことこの上ないのだが、どうもこの物語が残念なのは最近流行りのジュリアン・ムーア辺りがお得意の“困ったら宇宙人的な展開”。『フォーガットン』や最近では『フォース・カインド』なんかがそうだったが、もっとこの“ボタン”という設定を巧く使えるような物語を期待していたのに非常に残念だ。NASAなんていうキーワードが取ってつけたように設定されているから伏線としてはいいのかもしれないが…。

もともと短編作品なので映画化して2時間近くもたせること自体無理があるもの。それをここまでどうにか形にしたと考えれば、宇宙的な展開もギリギリ譲れるかも・・・・しれない。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
原題 THE BOX
製作年度 2009年
製作国 アメリカ
上映時間 116分
監督 リチャード・ケリー
製作 ショーン・マッキトリック、リチャード・ケリー、ダン・リン
製作総指揮 スー・ベイドン=パウエル、テッド・フィールド、パリス・カシドコスタス・ラトシス、テリー・ダガス、エドワード・H・ハム・Jr
原作 リチャード・マシスン
脚本 リチャード・ケリー
撮影 スティーヴン・ポスター
プロダクションデザイン アレクサンドラ・ハモンド
衣装デザイン エイプリル・フェリー
編集 サム・バウアー
音楽 ウィン・バトラー、レジーヌ・シャサーニュ、オーウェン・パレット
出演 キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

監督・製作・脚本: リチャード・ケリー キャスト ノーマ☆キャメロン・ディアス アーサー☆ジェームズ・マースデン フランク・ランジェラ ジェームズ・レブホーン ホームズ・オズボーン 他 【ストーリー】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)と
これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくネタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは、もうすぐ公開「運命
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あなたなら、押しますか? ボタンを押せば1億円、 ただし見知らぬ誰かが死ぬ{/atten/} お金が欲しいとか、誰かが死ぬとか関係なく、 そこにそんな怪しい
リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演は...
(原題:THE BOX) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「アイ・アム・レジェンド」やスピルバーグ監督の「激突!」、海外ドラマ「マスターズ・オブ・ホラー」の1エピソード「ダンス・オブ・ザ・デッド」などの原作を手掛けるリチャード・マシスンの、1970年...
映画『運命のボタン』を本日鑑賞。客席は20人程度で意外?は入りに感じた。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点、尺が60分なら65点(笑) ざっくりストーリー 1976年12月16日の朝5時45分にルイス夫妻の玄関のベルが鳴る。妻のノーマが出ると、玄関...
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入るかわりに世界のどこかで誰かが死ぬという謎の箱を手に入れた夫婦を描く5/8公開のSFサスペ
公式サイト。原題:THE BOX。リチャード・マシスン原作、リチャード・ケリー監督、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン。はっきり言って、あの運命のボタンはアメリカ大統領がアタッシェ
【THE BOX】 2010/05/08公開 アメリカ 116分監督:リチャード・ケリー出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーンあなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死
傑作短編を大胆に膨らませたSF不条理劇。ある朝、ノーマとアーサー夫妻の元に、赤いボタンの付いた不思議な装置が送られてくる。夕方、謎めいた男スチュワード氏がノーマを訪ね驚くべき提案を持ちかける。「このボタンを押せばあなたに100万ドル(1億円)を差し上げま
キャメロンが精神的に追い詰められていく様子や絶対的な未知の存在を連想させる中盤の不可解な空気感に、ふとジョニデとシャーリーズ主演の『ノイズ』を思い出した。夢と希望に満ちあふれた・・・少なくともそういうイメージが先に立つ宇宙探査や宇宙飛行士という存在。そ...
なんの仕掛けもない箱の上にある赤いボタンを押すと、100万ドルが手に入り代償として知らない人間が死ぬという。そんな条件が決まっていたのに、最終的には因果応報のエンディングが待っている。わては、見ていて気分が悪くなった。
「運命のボタン 」★★★ キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ主演 リチャード・ケリー監督、115分 、 2010年5月8日公開、2009,アメリカ,ショウゲート (原題:THE BOX)                     →  ★映画のブ
ここにボタンがある。 あなたがボタンを押せば、100万ドルを手に入れる事が出来る。 ただし、その結果あなたの知らない誰かが、世界のどこか...
??Ĥ?????ä ?Ρ??Υ?????? ????μ?Τ????????¤??? ä?...
2010年5月9日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『運命のボタン』公式サイト 本国で大コケと聞いていたが、こいつは、トンデモ映画の範疇だ。 ある日、キャメロン・ディアス夫人の3人家族の玄関先に、早朝...
【{/m_0167/}=23 -8-】 昨日は大津で交通政策に関する大勉強会、夜の懇親会は大広間で300人近くが一堂に会してってなので、たいへんな迫力だった。 そんな大人数での宴会ってのはお膳に出された会席料理が多いが、俺はいつも乾杯から最初の10分くらいでとりあえずのお膳
気になっていた映画を観に行けた~【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万ド...
運命のボタン’09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。1976..
1976年12月の早朝、 ヴァージニア州郊外に暮らすノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻宅の玄関前に、赤...
The Box (2009年) 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ 赤いボタンのついた装置が入った箱が届けられた夫婦が遭遇する出来事を描いたスリラー。 箱が届けられた翌日、顔の一部が欠けた老人が現われ、妻
 ごく普通の、平和な夫婦のもとに届いた謎のボタン。押せば、自分達の知らない誰かが死ぬかわりに、100万ドルが手に入るという。 生活苦と良心の間で揺れ動く夫婦。次第に二人...
大金か死か、究極のゲーム! ストーリー:ある日の明け方、ノーマとアーサー夫妻のもとに箱が届く。箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。その日の夕方、スチュワートと名乗る謎の人物がノーマを訪ね、驚くべき提案を持ちかける。「このボタンを押せば、あなたは...
今週末公開は、「ボックス! 」だけで、いまいち興味が持てず。 他に観たいものがあったので、パスしていた「運命のボタン 」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。 (そういえば、この作品の原題も「THE BOX」^^;) 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーとして...
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
数日前に、数か月ぶりにあった友達と新宿武蔵野館へ『運命のボタン』を観に行ってきました。 ちょうど自分が観たかった映画の1つで、その日の自分の移動の都合も考えて、この作品に。 ちょっと思っていた話とは違っていて驚きましたが。。。 ******************** リ
大金か死か、究極のゲーム! ストーリー:ある日の明け方、ノーマとアーサー夫妻のもとに箱が届く。箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。その日の夕方、スチュワートと名乗る謎の人物がノーマを訪ね、驚くべき提案を持ちかける。「このボタンを押せば、あなたは...
あるテレビ番組を観ていたら、 映画評論家とか映画監督がいくつかの映画を採点していて、 これ、酷評だったんですよ。( ^ _ ^; その様子を配給会社の人たちが 陰で見ているのですが、 気の毒になってしまうくらいでした。 私もいつも言いたい放題なのでちょっと...
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー?...
運命のボタン [Blu-ray]出演:ジェームズ・レブホーンジェネオン・ユニバーサル(2010-10-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 「ドニー・ダーコ」の鬼才リチャード・ケリーが、リチャード・マシスンによる短編小説をキャメロン・ディアス主演で映画化し...
<運命のボタン を観ました> 原題:The Box 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 キャメロン・ディアス主演のサスペンス。 リチャード・マシスンの短編小説が原作です。 決して裕福ではない、ノーマとアーサー夫婦の元に赤いボタンが付い?...
『 運命のボタン 』 (2009)  監  督 :リチャード・ケリーキャスト :キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、サム...
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだ…
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何時でも何処でも寝床でも出来るPSPのソフトなどを購入してしまったため、寝る間もブログを書く間も惜しんで遊んでおります 先日の土曜日から日曜日にかけてなどは徹夜...
運命のボタン ボタンを押せば、100万ドル 但し、見知らぬ誰かが死にます... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Box

Comments


daiさん
こんばんは~♪

やっぱりdaiさんも駄目だったのねー、
そうそう困ったら宇宙人。 ほんとそんな展開がダメだったわぁ。

>顔が半分ない人が家の前に着た時点で110番(アメリカだったら911番)するのが当たり前だが

ウケる!
 

こんばんは、
そうですよねぇ。要は宇宙人が人類選別ということなんでしょうが、まあ何というかそう言われちゃうと、そうなんですかとしか言いようが無いんですよ。
ただ、私は何故かこの作品のキャメロンがやけに気に入ってます。「私の中のあなた」の時よりこっちの方が好きかも。
 
Re: タイトルなし
migさんへ

こんばんは♪

migさん同様にダメでしたね。
あの宇宙人的な展開はこの作品には
イマイチマッチしないように思いました。
 
Re: タイトルなし
KLYさんへ

こんばんは、

宇宙人というファクターはある意味反則です。
どんなことでもありになってしまいますから。

> 「私の中のあなた」の時よりこっちの方が好きかも。

シリアスなら確かに『私の~』よりこちらかもしれないですが、
わたしは『メリーに首ったけ』のキャメロンが一番好きですw
 
ワハハ
こんばんは、daiさん♪
ちょうどこの映画を観た時に、「宇宙人は外宇宙からではなく異次元からやってきており、人間に数々のちょっかいを出してる」的な本を読んでおり、『ワハハ、この映画ってそれじゃん♪』って大喜びしておりましたww。
これは好き嫌いバッサリ分かれちゃう映画でしょうね♪
 
Re: ワハハ
ともやさんへ

こんばんは♪

そういう本があるんですね。まさにこの映画まんまですよね。
ただ間違いなく好き嫌いが激しい作品ですね。
 
懐かしい
こんにちは。

こういう古めかしい映画好きです。
もし、これを現代風に作り替えちゃうと、
ツッコミばかりしたくなる。
でも、これだと(ぼくは)許せちゃう。
自分が映画におおらかだった頃を思い出し、
なんだか、懐かしかったです。
 

こんばんは♪
まさかそんな展開に行くとは思ってなかったのでビックリでした。
“フォーガットン”よりはマシですが^^;
もとはかなり短い短編だそうですね。
だから引き延ばすためにSFに持っていったんでしょうか・・・
 
Re: 懐かしい
えいさんへ

こんにちは。

> もし、これを現代風に作り替えちゃうと、
> ツッコミばかりしたくなる。

雰囲気ってやつですかね?懐かしいテイストを
持っている映画だと許せちゃう時ってありますよね。
 
Re: タイトルなし
yukarinさんへ

こんにちは♪

短編をここまでの尺にしたという点では
お疲れ様という感じですかね。
 
TBありがとうございました。
TB有難うございました。
前半はボタンを押す、押さないと
見応えがあったのですが後半はトンでもない
展開となってしまい、一瞬、
ジュリアン・ムーア出演の「フォーガットン」を
思い出しちゃいました。
自己の徳のために誰かを犠牲に出来るのか…
それが第三者なら…。第三者って家族も
含まれる可能性もありますよね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
 

シムウナさんへ

後半は一気に方向性が変わりましたね。
最近困ったらこういう展開にする作品が増えた気がします。
 

Leave a Comment


04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。