Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ソラニン


Category: 映画 さ行   Tags: ---
宮崎あおいの可愛さこそが“ソラニン”

solanin

【Story】
OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信が持てず、互いに寄り添いながら東京の片隅で暮らしていた…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【簡易感想】
タイトルのソラニン(solanine) とは、ジャガイモの表皮や芽に含まれるステロイドアルカロイドの一種で、即ち神経毒。この映画において観ているものの神経をマヒさせる毒は言ってしまえば宮崎あおいの可愛さといったところか。そんな彼女の可愛さで神経が麻痺されるからこそ、2時間を超える映画をどうにか観ることができるのだと感じるくらいのデキの作品だ。この作品において致命傷なのはテンポが狙ったかのように悪いこと。特に種田が事故に逢うまでの描写が長すぎる。1時間以上掛けてダラダラと描いたにしては、他の登場人物はいいとしても芽衣子と種田の描写が薄い。2人の生活を通しての自分を見つめ直すという上っ面の部分は描けていたとしても、この物語のタイトルにもなっている「ソラニン」を創り上げるという最も重要な過程が、物語と確りとリンクして描かれないのでは困ってしまう。歌詞もイマイチ分からないまま種田失踪時に「別れの歌だ」なんて流れにされてもよくわからないし、何よりもラストに待っているライブシーンの盛り上がりが一気にダウンしてしまう。宮崎あおいのヘタウマなCMがいいフリになっているので、ライブでの歌はそこまで悪くは感じないにも拘わらず、ここまで盛り上がらないのは作品として残念だ。まあ宮崎あおいファンのための観賞用映画としてなら十分彼女の魅力溢れる作りになっていただろう。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


製作年度 2010年
製作国 日本
上映時間 126分
監督 三木孝浩
プロデューサー 今村景子、田中美幸、久保田修
エグゼクティブプロデューサー 豊島雅郎
ラインプロデューサー 原田文宏
共同プロデューサー 浅井認
原作 浅野いにお
脚本 高橋泉
撮影 近藤龍人
美術 磯田典宏
衣装 荒木里江
編集 上野聡一
音楽 ent
音楽プロデューサー 安井輝
エンディングテーマ ASIAN KUNG-FU GENERATION
スクリプター 杉本友美
スタイリスト 梶雄太
ヘアメイク 井川成子
照明 藤井勇
録音 松本昇和
助監督 権野元
スーパーバイジングプロデューサー 小川真司
プロデュース・スーパーバイジング 寺嶋博礼
出演 宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

ソラニン(2)商品価格:530円レビュー平均:4.69 [PR]京王杯スプリングカップ 競馬予想原作者浅野いにおさんも満足 「ソラニン」初日舞台挨拶 ‎5 時間前‎ 「ソラニン」という曲を通じて音楽への夢を実現しようとする若者たちを描いたマンガ『
浅野いにおの同名人気漫画を映像化。自分の大切な何かが見つからない若者たちが懸命に生きる様子を瑞々しく描き出した青春ラブストーリーだ。主演は『少年メリケンサック』の宮崎あおい。共演に『フィッシュストーリー』の高良健吾。他にも桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩とい...
浅野いにお作の同名コミックの映画化。 主演は宮崎あおい。 主人公は芽衣子(宮崎あおい)。 OL生活2年目にして心がふさがる日常。 恋人の種田(高良健吾)も、 自分というものを、 見いだせずに鬱々とした日々。   これからの自分たちの、 将来を模索するが…
3月8日(火)@九段会館。 ひさしぶりに試写会に行ったら雪。(笑) 自転車で走ると目の中にでっかい雪の粒が命中。 走りにくくてしょうがない。 こんなことは大変めずらしい。
宮崎あおいが初めてバンドボーカルに挑戦という記事を 目にしてからどんな映画だろうと注目していました。 まぁ、あくまであおいちゃんファン目線だったのですが・・・
4月3日公開の映画「ソラニン」を鑑賞した。 この映画は浅野いにお原作の「ソラニン」を映画化した作品で、 大学時代にバンド活動したボーカルの恋人と 同棲するOLの女性との恋愛が描かれ、 不安の中で夢を諦めず進むが、 ボーカルの恋人の突然の死で大切な人を失っ...
浅野いにおの同名原作を『少年メリケンサック』の宮崎あおい主演で映画化 した青春ラブストーリー。 夢を諦めきれないフリーターの男と、彼を支えるOLのカップルを中心に 不透明な未来に不安を抱きつつ精一杯生きる若者達の日々を描く。OL2年目の芽衣子は、大学時代か..
'10.03.09 『ソラニン』(試写会)@九段会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。最近、何となく年齢的に青春モノは当選しにくくなっているのかなと感じている。気のせいかな(笑) というわけで久々当選した青春モノ。宮崎あおい主演だし、期待大。バンドモノお好...
2010年4月3日(土) 21:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『ソラニン』公式サイト 好きなジャンルのロック映画である。宮崎あおいが歌を披露するという。 少なからず期待していたのだが・・・ 働く
大学時代からの延長線上の生活と夢、現実社会のギャップに揺れる若者達の物語です。
リアルな若者の心情と青春の光と影をヴィヴィッドに描き出し、熱狂的な支持を受ける、漫画家・浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」が、満を持しての映画化。主人公・芽衣子を、テ...
会社を辞めてから、人生に踏ん切りがつかなかった井上芽衣子が、恋人を事故で亡くしたことで、バンドを通して再び輝くを取り戻すラブストーリー。
都会の片隅で寄り添うように生きるカップルの存在証明を、素晴らしい歌が具現化するリリカルな青春物語だ。アジカンの曲と宮崎あおいの熱唱が忘れがたい。OL2年目の芽衣子は自由を求めて会社を辞める。一方、同棲中の芽衣子の恋人で、フリーターの種田は音楽の夢をあき...
【{/m_0167/}=15 -5-】 10春闘は全国的に第2のヤマ場を迎えている頃、中小企業の労組であるうちもいよいよ今日が回答日を迎えるということで、昨日の試写会は妻には「きっと間に合わない」と言っていたんだけど、映画にギリギリ間に合う時間の頃に全ての業務が完遂、もう...
公式サイト。浅野いにお原作、三木孝浩監督、宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、永山絢斗、ARATA、岩田さゆり、美保純、財津和夫。やっぱり宮崎あおいは可愛いうまい。小さな童顔の大女優の道を着実に歩んでいる気がする。タイトルはジャガイモの芽にあ
公式サイト。浅野いにお原作、三木孝浩監督、宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、永山絢斗、ARATA、岩田さゆり、美保純、財津和夫。やっぱり宮崎あおいは可愛いうまい。童顔の小さな大女優の道を着実に歩んでいる気がする。タイトルはジャガイモの芽にあ
                                   「ソラニン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・三木孝浩 原作・浅野いにお 浅野いにおの人気原作コミックを映画化。本作が長編映画初監督となる三木孝浩がメガホンをとる。 ちょいあらす
久し振りに西宮北口駅経由で三宮へ。花見に向かうと思しき方々で夙川駅まではかなりの混雑でした。 神戸国際松竹にて、昨日から公開の『ソラニン』を鑑賞。 Story OL2年目の芽衣子(宮崎あおい)は、フリーターでバンドマンの恋人、種田(高良健吾)と付き合って6年に...
ストーリー:OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信...
監督:三木孝浩原作:浅野いにお出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Story>OL2年目で自由を求めて会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)。音楽...
映画「ソラニン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫、他 *監督:三木孝浩 *原作:浅野いにお 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・
リアルな若者の心情と、青春の光と影をヴィヴィッドに描き出し、熱狂的な支持を受ける漫画家・浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」を映画化。主人公・芽衣子をTV、映画と活躍する女優・宮崎あおいが演じ、ギターを弾き、物語の鍵となる楽曲「ソラニン」を歌い上げている...
恋人のバンド活動を応援する主人公。 彼が事故で急死し、遺された曲を自ら熱唱する... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原作...
最初はパスしようかと思ってたんだけど。 予告編で、かなり面白そうに思えてきて、宮崎あおいちゃんも好きだし。 ということで、「ソラニン 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜日の午前としては、普通かな。 「ソラニン 」は、中くらいのスクリーンで、3...
映画「ソラニン」を鑑賞。
最初はパスしようかと思ってたんだけど。 予告編で、かなり面白そうに思えてきて、宮崎あおいちゃんも好きだし。 ということで、「ソラニン」を鑑賞。「UCとしまえん」は、土曜日の午前としては、普通かな。 「ソラニン」は、中くらいのスクリーンで、3~4割。 【スト...
映画「ソラニン」を見てきました。宮崎あおいが出演している映画は、私にとっては久しぶりでした。以前なら「NANA」や「ただ、君を愛してる」といったがありましたが、時が経って、女優としてさらに成長を重ねた宮崎あおいの演技に、感じるものがありました。
  □作品オフィシャルサイト 「ソラニン」□監督 三木孝浩 □脚本 高橋 泉□原作 浅野いにお □キャスト 宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤 歩、永山絢斗■鑑賞日 4月11日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は...
▼動機 原作が好きだから ▼感想 冷静に考えれば実写でこれ以上のものはできないかも ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)と、音楽の夢をあきらめられないフリーターの種田(高良健吾)は不透明な未来に確信...
ソラニン 311本目 2010-15 上映時間 2時間6分 監督 三木孝浩 出演 宮崎あおい(井上芽衣子)      高良健吾(種田成男)      桐谷健太(ビリー)      近藤洋一(加藤賢一)      伊藤歩(小谷アイ)      ARATA(冴木隆太郎)      岩田
★★★今回、宮崎あおいちゃんが歌を頑張った。すごく頑張ったんだなーと思った。やっぱりというか、そんなにうまくはなかったけど、芽衣子のキャラクターとしてはピッタリの歌い方だった。
 「映画ジャッジ」の評論家の評価が比較的高いこともあって、『ソラニン』を渋谷のシネクイントで見てきました。 (1)この映画で目につく中年過ぎの大人といったら、主人公・芽衣子(宮崎あおい)の母親(美保純)と、その恋人の種田(高良健吾)の父親(財津和夫)で、
ソラニン’10:日本◆監督:三木孝浩◆出演:宮崎あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩 、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫 ◆STORY◆OL2年目の芽衣子は、バンドマンの種田と同棲しながら、互いに寄り添って東京の片隅で暮らしてい...
「ソラニン」 「天使の恋」 
バンドの漫画の映画化、2つ。

Comments

おはようございます
盛り上がりませんでしたねぇ。ここまで盛り上がらない音楽を取り扱った映画も珍しいぐらいに。歌詞もそうですが、ぶっちゃけ「ソラニン」ってどれがその曲なのか私には全く判別つきません。種田がそこに込めた情熱とかそういったものも全く伝わらなかったです。
まさに宮崎あおいのとびっきりの笑顔だけが救いでした。
 
Re: おはようございます
KLYさんへ

本当に盛り上がりに欠ける映画でしたね。
たぶん原作どおりに映画いたんでしょうが、
それもある意味映画として失敗の原因かななんて思っちゃいます。
ソラニンを作る過程がもう少ししっかりしていれば・・・。
 
盛り上がろうとしたならセレクトミスになるでしょうね
何時もお世話になっております。
このストーリーで盛り上がろうという意識で観たというなら完全に作品としてセレクトミスとなるでしょうね。
この映画は愛した人がいた事を証明するために描かれたストーリーとして入ればまた違った見方をすることになるでしょう。
ソラニンの曲そのものは最初から芽衣子に捧げた曲じゃありませんし、種田が亡くなったからこそそれを伝える使命ができた曲なのだと解釈すればライブシーンも違った感じで観れたでしょう。
だから私は最初から種田が生きた証を観るためにライブシーンを観ましたからある意味納得した次第です。亡くなる前のシーンはやはりその人の人生を描く上で回避できないシーンですからね。
 

TBありがとうございました。
彼らと同世代で、同じようにもやもやしていたら、共感できるのかもしれないですね。
一応、そこは越えて来た身としては、ちょっと辛いものがありました。
私も種田が亡くなるまでがちょっと長いかなと思いました。
エピソードもとってつけたみたいな気がしましたし・・・
種田が亡くなってからの芽衣子のやり場のない気持ちは、分かる部分もあったのですが・・・
 

PGM21さんへ

こちらこそ、何時もお世話になっております。

> このストーリーで盛り上がろうという意識で観たというなら完全に作品としてセレクトミスとなるでしょうね。

私は宮崎あおい目的で観たので、ストーリーでの盛り上がりはあまり期待したわけではなかったのでまだマシだったです。

> この映画は愛した人がいた事を証明するために描かれたストーリーとして入ればまた違った見方をすることになるでしょう。

この見方をさせるためにも、個人的には冒頭で”死”のシーンをチラつかせるなりの工夫がほしかったです。

> だから私は最初から種田が生きた証を観るためにライブシーンを観ましたからある意味納得した次第です。亡くなる前のシーンはやはりその人の人生を描く上で回避できないシーンですからね。

種田の死へつながる人生部分が長くなってしまうのは仕方ないと思いつつ、映画としてのテンポを損なわないように描いてくれたのなら個人的には良かったのですが・・・。
 
Re: タイトルなし
maruさんへ

本当に彼らと同じような経験がこの作品には必須でしょうね。
宮崎あおいの可愛さはいいとしても芽衣子の行動等はまったく理解しがたいです。

> 私も種田が亡くなるまでがちょっと長いかなと思いました。
> エピソードもとってつけたみたいな気がしましたし・・・
> 種田が亡くなってからの芽衣子のやり場のない気持ちは、分かる部分もあったのですが・・・

芽衣子のやり場のない気持ちはわかるのは事実ですが、展開が甘い気がしました。
 

確かに、経験の差で感想は分かれるように思います。
観客はこれと同じ想いをしててもよし、していなくてもよし、
そのくらいのゆるさでいいんじゃないかなーと。
マンガは未読ですが、映画はそれにほぼ忠実に描いていたようにも予測できますね。 それらしい余韻のラストでしたので。
 
Re: タイトルなし
rose_chocolatさんへ

経験でもそうですが、
う~ん、ストーリー的にきつかったです。
ストーリーを忠実に再現するだけでは
映画として盛り上がらないんだなとついつい思ってしまいました。
 

Leave a Comment


03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

02


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。