Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



マイレージ、マイライフ


Category: 映画 ま行   Tags: ---
うってつけのジョージ・クルーニー

up_in_the_air

【Story】
仕事で年間322日も出張するライアン(ジョージ・クルーニー)の目標は、航空会社のマイレージを1000万マイル貯めること…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【簡易感想】
潰れもしなかった会社が潰れるような不況下。多くの企業が必要ないものをカットしていく。諸経費から始まり、最終的に往きつくのが人だ。しかし人をカットするというのは非常に労力がいるもの。そこで登場するのが本作の主役ライアン(ジョージ・クルーニー)のようなリストラ宣告人となる。この男、スーツケース1つで、年中飛行機で全米中を飛び回っているため、彼は普通の人間らしい生活が送れない。そんな彼の唯一の趣味がマイルを1000万マイル貯めることなのだ(JALが潰れた今のご時世になんとも皮肉な設定)。マイル貯めだけが趣味ながら彼は、首切りを行う際は冷徹なマシーンのようにはしない。リストラをされる人に対して最良の慈愛で人生最悪の時を真逆のリスタートなのだというような境遇へもっていくまさにプロの仕事をする。勿論冷たく一言“クビ”と言うだけもできるだろうが、自殺や逆切れでもされたら困ることを考えると、彼にとってこれがある種一番の合理的な仕事の仕方なのだろう。合理主義の彼は勿論プライベートも合理的。他人と深くは拘わらず、女性とも深い関係にはならないように愉しむ独身貴族。ここら辺の設定はライアンを演じるジョージ・クルーニーと非常にリンクして見えるからここもこの作品の面白さの一つだろう。さてある意味現代人のリアルな姿を投射したライアンにも変化が訪れてくる。同じ思想を持つアレックスと出会い、肉親の結婚、職場環境の変化などライアン自身の置かれている状況が一変してくる。その状況下でライアンは初めて“孤独”ということから目を背けられなくなるのだが、その彼に待ち受けるアレックスとの終止符。しかもその帰りの飛行機で彼の念願の1000万マイルが貯まるのだから皮肉なこと極まりない。ライアンのように“UP IN THE AIR”の状態を愉しむ・好む人は多い世の中だろうが、今一度この映画ではその部分の意義について考えさせてくれる。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


原題 UP IN THE AIR
製作年度 2009年
製作国 アメリカ
上映時間 109分
監督 ジェイソン・ライトマン
製作 アイヴァン・ライトマン、ジェイソン・ライトマン、ダニエル・ダビッキ、ジェフリー・クリフォード
製作総指揮 トム・ポロック、ジョー・メジャック、テッド・グリフィン、マイケル・ビューグ
原作 ウォルター・カーン
脚本 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー
撮影 エリック・スティールバーグ
プロダクションデザイン スティーヴ・サクラド
衣装デザイン ダニー・グリッカー
編集 デイナ・E・グローバーマン
音楽 ロルフ・ケント
音楽監修 ランドール・ポスター、リック・クラーク
出演 ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ジェイソン・ベイトマン、ダニー・マクブライド、メラニー・リンスキー、エイミー・モートン、サム・エリオット、J・K・シモンズ

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

マイレージを貯めることに生きがいを感じているリストラ通告人のライアン・ビンガム。彼は一年の殆どを出張に出かけて過ごしているが、出張先でやはり出張族の女性アレックスと出会い、その場限りでの気軽な付き合いを続けている。彼の目標は1000万マイル貯めること。そん...
リストラ宣告人という職業があるのか・・・と、なんだか心痛みました・・・。
バックパックに入らない人生の荷物はいっさい背負わない。by ライアン・ビンガム。 ジョージ・クルーニーさんはずっと独身貴族でいい、と...
 『あなたの”人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか?』  コチラの「マイレージ、マイライフ」は、年間322日も出張で飛び回るマイレージ依存症のリストラ宣告人ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)が、人とのつながりを求めずに生きて来た人生をふ
 退職を勧告するのは命がけである。  クビになる従業員が、勧告を冷静に受け止めるとは限らない。  米国在住歴の長い吉田耕作氏は語る...
自分なりの夢、自分なりの生き方。それが「マイレージ、マイ・ライフ」。 リストラ宣告人として年間322日も全米を飛び回るスティーブンの心境の変化を描いたこの映画は、ある程度社会の厳しさを知った大人だけが共感できる大人の映画。特に人生に迷っている方は必見です
 久しぶりに映画館へ行って来ました。観て来たのはジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ(英題:UP IN THE AIR)』です。  本...
(原題:Up in the Air) -----これなんという曲? いいニャあ。 (※注:いまアメリカ・オフィシャル)を開いています)。 「アカデミー賞主要5部門6ノミネートの話題作 『マイレージ、マイライフ』の主題歌『Help Your Self』。 もそうだったけど、アイバン・ライト
(原題:UP IN THE AIR) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 第35回LA映画批評家協会賞、脚本賞受賞(ジェイソン・ライトマン/シェルドン・ターナー)。 第75回NY映画批評家協会賞、主演男優賞受賞(ジョージ・クルーニー)。 第67回ゴールデングローブ賞、...
JUGEMテーマ:映画  「サンキュー・スモーキング」ではタバコ産業界のロビイスト。「ジュノ」ではティーンネイジャーの妊娠と出産。アメリカの“今”を描く若手監督ジェイソン・ライトマンの新作ということで楽しみにしていました。今回もその手腕に感銘を受
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 先日のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞×2など 主要部門最多5部門6ノミネートで話題だった1本。 どちらも面白かった「サンキュー・...
アカデミー賞作品賞を含む主要5部門で6ノミネート、一時は本命視された作品。世界的な大不況の中、特にアメリカの現代を描く人間ドラマだ。主演は主演男優賞ノミネートのジョージ・クルーニー。共演の女優二人は共に助演女優賞にノミネートされた『エスター』のヴェラ・...
話題作☆ 初日に行ってきました(*^_^*)
今週の平日休みは、TOHOシネマズららぽーと横浜で2本観てきました。 その1本目。 オスカーでは5部門にノミネートされてた、ジョージ・クルーニー主演作。 監督は「サンキュー・スモーキング」「JUNO」のジェイソン・ライトマン。
年間322日間出張している“リストラ宣告人”ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)の目標は、マイレージを1000万マイル貯めること。 彼...
『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督がジョージ・クルーニーを 主演に迎えて、同名小説を映画化した人間ドラマ。 リストラ宣告人として全米中を飛び回り、気ままな人生を送ってきた主人公 が、ある女性と出会ったことがきっかけで、今までの生きざまがかわって ..
冒頭、リストラを宣告される人たちの反応を続け様に見せられる。怒り出す者、泣き出す者、すがる者。あくまで映画という作り話の世界ながら、平凡サラリーマンの私には彼らが会社へのこれまでの貢献を必死にアピールする姿がなんとも痛々しくて・・・。
評価:★★★☆【3,5点】 マイレージ1,000万マイル保持者って史上7人目らしい
「マイレージ、マイライフ」★★★☆ ジョージ・クルーニー、 ヴェラ・ファーミガ 、アナ・ケンドリック 主演 ジェイソン・ライトマン 監督、109分、 2010年3月20日公開、2009、アメリカ,パラマウント (原題;UP IN THE AIR)                     ...
今年のアカデミー賞では元夫婦対決に話題が集中してたせいで影が薄くなってたけど、実は作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞×2人の計5つのノミネートされるも、全部逃してた影の秀作『マイレージ、マイライフ』を観てきました。 ★★★★★ おおおおおおもしれー。 ...
Up in the Air (2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー/ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック/ジェイソン・ベイトマン あなたの“人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか? 「JUNO/ジュノ」「サンキュ
 原題:UP IN THE AIR 原題の意味は、飛行機での旅と「何かが宙ぶらりんで決まっていない」という意味を兼ねているそうです(Keri先生のフォトシネマエッセイから抜粋) 東宝シネマズ二条にて鑑賞。「サンキュー・スモ―キング」、「JUNO/ジュノ」でお馴染のジェイソン...
  □作品オフィシャルサイト 「マイレージ、マイライフ」□監督・脚本 ジェイソン・ライトマン □脚本 シェルダン・ターナー □原作 ウォルター・キルン □キャスト ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、
企業からの依頼でリストラ宣告をする為にアメリカ中を飛び回るひとりの独身男性の物語です。
[マイレージ、マイライフ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年22本目です。 【あらすじ】 直接、社員に解雇を通達できない企業から委託され、社員のリストラ宣告を請け負っているライアン(ジョージ・クルーニー)...
UPINTHEAIRあなたの“人生のスーツケース”詰め込みすぎていませんか?映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2010/03/20ジャンルドラマ/コメディ映倫G【解説】「JUNO/ジュノ」「サンキュー・スモーキング」のジェイソン・ライトマン監...
『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督の新作は、独身主義者のリストラ宣告人中年男性を主人公にした映画『マイレージ、マイライフ』。 リストラ宣告人が主役なんて、世の中本当に不況ですなぁ。。。 こういう不況時、帰るべきところって、…結局そこなの?...
☆近所の<MOVIX昭島>や<ワーナーマイカル日の出>・<ワーナーマイカル武蔵野ミュー>で公開されている作品は軒並み観てしまったか、その他のは、あまりにも下らなさそうなので、<立川シネマシティ>まで、面白そうなのを観に行った。    ◇  ・・・ジョー...
自分の人生を振りかえってしまうほどの作品でした。 慌ただしい生活の中で、足を止めて詰め込んだ荷物、 ”重荷”を全て捨て去り、身を軽くしてしまい、 自由になりた~いと観賞後は考えてしまった。
マイレージ、マイライフ以前ブログでも紹介したけど覚えてるかな?一応、なんちゃってマイラーなあたしとしてはタイトルに”マイレージ”って言葉が入っているだけで注目しちゃったんだけどこの映画はそれよりももっともっと違うことがテーマなのあらすじ主人公...
Up in the Air (2009年) 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック 解雇通告請負人としてアメリカ中を旅している男の物語。 アメリカ人が最も尊ぶ家庭というものに全く興味を示さず、1年のうち300日以上は出張...
『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督の新作は、独身主義者のリストラ宣告人中年男性を主人公にした映画『マイレージ、マイライフ』。 リストラ宣告人が主役なんて、世の中本当に不況ですなぁ。。。 こういう不況時、帰るべきところって、…結局そこなの?...
彼の名前は、 ライアン・ビンガム。 1年で322日出張し、 その飛行距離は月よりも遠い35万マイル。 みんなが嫌がる出張生活も、 彼にとっては寛げる我が家のようなもの。   この文句に惹かれて、見に行った映画でした。 旅行好きのみゅうみゅうは、...
リストラ宣告人の心の旅。 「JUNO」のジェイソン・ライトマン監督は、軽妙ながら極めて現代性の高い、味わい深い作品を世に送り出した。 これ...
 UP IN THE AIR  リストラ宣告人のビンガム(ジョージ・クルーニー)は年間322日も出張し、 1000万マイル貯めることだけを目標に生きる独身...
 『マイレージ、マイライフ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。  この映画がゴールデングローブ賞(脚本賞)を受け、アカデミー賞の作品賞などにノミネートされたこともあって、見に行ってきました。 (1)JAL問題が世間を大きく騒がせているときに、“マイ
マイレージ、マイライフ’09:米◆原題:UP IN THE AIR◆監督:ジェイソン・ライトマン「JUNO/ジュノ」「サンキュー・スモーキング」◆出演:ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ダニー・マクブライド◆STORY◆
作品情報 タイトル:マイレージ、マイライフ 制作:2009年・アメリカ 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリックほか あらすじ:仕事で年間322日も出張するライアン(ジョージ・クル...
ジョージ・クルーニーがあまり好きではないので この映画に興味がわかなかったのですが、 別の映画を観に行った時に隣でやっていて 人が結構入ってたので気になってました。 ジョージ・クルーニーはアカデミー主演男優賞でノミネートされてました。 一応、観ておきま...
<マイレージ、マイライフ を観ました> 原題:Up in the Air 製作:2009年アメリカ ランキング参加中 ジョージ・クルーニー主演で描くヒューマンドラマ。監督は「JUNO/ジュノ」でアカデミー監督賞を受賞したジェイソン・ライトマン。 これ、某試写会に当たって...
昨日2010年10月4日(月曜日)、内視鏡検査というのを人生初で体験してまいりました…いわゆる胃カメラ で、その感想なんですけど…ほと...

Comments

こんばんわ
ほんと、ジョージ・クルーニーにはこういう役が似合いますよね。

それにしてもこんな職業があるアメリカって、いったいどんな神経をしている国なんでしょうね。
雇用関係に関してやかましい国なのに、解雇となるとこんな仕事人を雇うんですから、本当にあの国こそ不思議の国ですよ。
 

daiさん、こんばんは!
ジョージ・クルーニーにピッタリの役でしたね。
なかなか面白い映画でしたが、なんか他人ごととは思えず、笑えない処もありました(^^ゞ
アメリカってホントにああいう職業ってあるんでしょうか・・・。
 
Re: こんばんわ
にゃむばななさんへ

雇用関係は契約契約で面倒なのに、解雇で人を使ってしまうというのは
おっしゃる通り非常に日本人からすると奇妙ですよね。
 
Re: タイトルなし
latifaさんへ

こんばんは!

> なんか他人ごととは思えず、笑えない処もありました(^^ゞ

この感覚分かりますね。私もどこか他人事とは思えない部分がありましたw
 
現代性と普遍性
こんばんは。

ぼくはこの映画、職業こそ現代的ながらも、
実は普遍的な部分を突いた作品だと思いました。
自分の生き方に、
どこかしら優越感を持つ。
でも、実はそんなものたいしたものではない、
周りは、もっと先を言っていると思い知らされる。
ある意味、辛い映画でした。
 
Re: 現代性と普遍性
えいさんへ

こんばんは。

> 実は普遍的な部分を突いた作品だと思いました。

普遍性は感じた映画ですね。
おっしゃる通り、どこかしら人間なんで自分の生き方に
優越感を持って生きていると思いますが、実際はそんなものは
どうしょうもないものだったりするんですよね。
 
ジェイソン・ライトマン監督
こんばんは、daiさん♪
いろんなアメリカの現状をシニカルに描くジェイソン・ライトマン監督の感覚って好きです。
テンポや間といった作品全体の雰囲気もそうなんですが、ライトマン監督って音楽の選曲や使い方が上手いんですよね~。
次回作も非常に楽しみです~♪
 

daiさんこんばんは★

今の世の中反映した内容だったよね^^:
シニカルで、笑いもあるのが好き。
キャストも皆よくて。
次回作も楽しみだなぁ~この監督♪

 
Re: ジェイソン・ライトマン監督
ともやさんへ

こんばんは♪

ジェイソン・ライトマン監督の感覚はいいですよね。
どの作品も妙にハマるんですよね。そして彼の音楽は見事です。
今回も冒頭からエンディングまで素晴らしかったですね。
 
Re: タイトルなし
migさんへ

こんばんは★

見事に世相を反映させたこの監督らしい演出の映画でしたね。
次回作も本当に楽しみです。
 
こんばんは
『ハート・ロッカー』がイラク戦争の今を切り取った作品なら、この作品はそれこそアメリカの今を切り取った作品なのかなと。人によってはこの作品は物凄く身近なんじゃないでしょうか。
なんでもこの職業、日本にもあるらしいですが、なんとも合理的というかドライというか…。もっともそこをビジネスチャンスと捉えられるかどうかで今を乗り切れるかということに繋がってくるのでしょうかねぇ。
 
Re: こんばんは
KLYさんへ


> 人によってはこの作品は物凄く身近なんじゃないでしょうか。

私自信この映画にドキッとする部分があったのである意味身近だったのかもしれないですw

> この職業、日本にもあるらしいですが

この職業は日本にもあるんですね。完全にニッチな職業ですが、今のこのご時世は書入れ時なんですよね、きっと・・・。
 

daiさん、こんばんは~トラコメありがとうございます!
今fcの管理画面に入れないので、(そんなことよくありませんかぁ~汗)とりあえずコメントだけで。

映画に描かれていた人生観、ある程度の年齢層には共感できること多々あると感じました。
置かれている立場は様々ですが、嫌でも訪れる分岐点、転換期、さあ、どうしようかと自分をチェックし見直してみる…。
コミカルな中でさらりと描かれていましたが、深い作品でした。
 
Re: タイトルなし
オリーブリーさんへ

こんにちは!

FC2は夜になると結構管理画面に入れないことがありますよね。
最近はそうでもないですが、一時期酷くて、他に変えてやろうかなと思いましたもん。

コミカルな中に色々と考えさせられる部分が満載の映画でしたね。
本当に他人事とは思えない部分があり・・・ドキッとしたところもありました。
 

こんばんは!
ジョージ・クルーニーは実生活と同じく所帯染みてないところがハマり役でしたね。スマートかつチャーミングでした。
合理的、ドライな生活は楽ですが、ちょっと立ち止まって考えさせてくれる映画でしたね~
 
Re: タイトルなし
アイマックさんへ

こんにちは♪
ジョージはまさにはまり役といった感じでしたね!内容もどこか考えさせるものだったので少しドキッとさせられました。
 

daiさん、こんばんは☆彡
久々?に評価高いですね~(笑)
ほんと、うってつけでした(笑)独身貴族(言葉、ふるっ(^_^;))の
ジョージとライアンだぶりました^^

初めて感じた孤独・・・そして初めて自分からアクションを起こしたら・・・
切ない結末で(^^;<これだから女は怖い・笑>
ライアンのことを考えるとお気の毒ですが(笑)、作品としては私には意外な
結末(オチ)で、好きでした。
サラーッとした作品でしたが、いろいろな問題を含んでいて、深い作品だったと思います^^

PS.シャッターアイランドもうご覧になったんですね。
いいなあ(笑)評価だけ見させて頂きました!
3.9と言うことはまずまず面白かったと言うことでしょうか?
 
Re: タイトルなし
ひろちゃんさんへ

こんばんは☆

久々ですかね?確かに★4以上は基本的には付けないですねw

ジョージの実生活さながらの演出やこの監督ならではの描写及び、
ラストの展開は意外と好みでした。

シャッターアイランドは観た方の評価は賛否両論ですね。
個人的にはあのラストがポイントだと思うんですけどね。
ひろちゃんさんも観るのでしたらラストに注目して観てくださいね。
 

Leave a Comment


03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

02


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。