Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



彼岸島


Category: 映画 は行   Tags: ---
優しすぎるのはなぜ?

彼岸島

【Story】
高校生の明(石黒英雄)の兄の篤(渡辺大)は、数年前に旅行に出掛けたまま失踪しており、今なお行方がわからないままだ…。

評価 ★★☆☆☆(2.0P)

【簡易感想】
日本の漫画を韓国人監督で映画化した理由を含めて全体的にどうしょうもない作品。原作は未見なので比較云々はできないがそれにしてもと思うぐらいの適当さ。設定上、幾つかは触れなければいけない設定がある筈にも拘わらず、軽くスルー。まあここら辺がキム・テギュンらしいと言えばらしいが…これでは原作を知らない人は置いてきぼり。それに加えて、展開的に島へ行くきっかけとなった篤と冷の関係性を途中から完全に放置されたり、終盤へきてものの数分で急に主人公が強くなったりと伏線もクソもなし。仕舞に水川と山本除きのメインの俳優たちの笑っちゃうくらい上手すぎる(皮肉)演技と終盤のCGが余計に物語を陳腐にしている。これにお金を払う必要性があるかと聞かれたら私は間違いなく即答で「NO!」と言うだろう。
 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


製作年度 2009年
製作国 日本/韓国
上映時間 122分
監督 キム・テギュン
アクション監督 齋藤應典
エグゼクティブプロデューサー 三宅澄、イ・ジュンホ
原作 松本光司
脚本 大石哲也
撮影 釘宮慎治
美術 中澤克巳
編集 森下博昭
音楽 澤野弘之
出演 石黒英雄、渡辺大、水川あさみ、山本耕史、弓削智久、森脇史登、足立理、半田晶也、 瀧本美織

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

松本光司原作の人気コミックを『火山高』などの韓国のヒットメーカー、キム・テギュン監督が映画化したアクションホラー大作。行方不明になった兄を捜すためにとある島にたどり着いた高校生VS.吸血鬼のバトルを、大胆なアクションで見せる。繊細な主人公を演じるのは、『
13時半から内幸町のワーナーブラザース試写室で「彼岸島」を観ましたYahooレビュアー試写会で、もちろん自分で当選したものですさすが老舗ワーナーブラザースの試写室、60席くらいの小ぶりな試写室だけど、座席シートもいいし観客席の傾斜が大きくて見やすかった...
原作は、講談社「週刊ヤングマガジン」で連載300回を超える松本光司の人気漫画「彼岸島」。単行本の売り上げは累計410万部を超え、日本のみならず韓国、台湾、タイなどのアジアを席捲...
「彼岸島」(PG12指定)は松本光司の原作漫画「彼岸島」を実写化した作品で、2年前に婚約者と失踪した兄の行方を心配していた弟が最近発生していた失踪事件に巻き込まれ、そこで吸血鬼と初めて遭遇しそこで謎の女性が兄は生きているから助けてほしいと仲間を連れて孤島の...
☆私は「少年ジャンプ」が大好きで、弟は「ヤングマガジン」が大好きである。  両方とも月曜日に発売だが、私は、両誌とも土曜日に手に入れられる。  たまに、弟が私にヤンマガの購入を頼んでくる。  土曜日に両誌を買うと、私もヤンマガをパラ見する。  『カイジ...
  「彼岸島」を鑑賞してきました2010年の1作目に。『週刊ヤングマガジン』連載の松本光司の人気コミックスを日韓合作で実写映画化したサバイバル・アクション。行方不明の兄を探して絶海の孤島・彼岸島へとやって来た主人公の高校生とその仲間たちが、吸血鬼と化し...
公式サイト。松本光司原作、キム・テギュン監督、石黒英雄、渡辺大、水川あさみ、山本耕史、弓削智久、森脇史登、足立理、半田昌也、瀧本美織。 断崖絶壁の孤島、南硫黄島サバイバル・アドベンチャーツアー。携帯電話は通じません。
2010年1月9日(土) 21:10~ チネ5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『彼岸島』公式サイト 年賀状を持ってTOHOシネマズ川崎に乗り込んだ。くじ番号が末尾1,4の年賀状を提示すると1000円なのだ。 狙いは19時40分のアフロ
2010年に公開の『彼岸島』を試写会で鑑賞。コミックが原作で、ゲームも出ているようですね。なんとなく、なるほどなってうなずける作品でした。監督は韓国のキム・テジュン。出演者は日本人。舞台は地図にはない島、彼岸島。行方不明の兄が彼岸島にいるとの情報を謎の美女レ
Gyaoのオンライン試写会に当選して、ヴァンパイア・ホラー『彼岸島』を観てみました。 ******************** チェック:松本光司原作の人気コミックを『火山高』などの韓国のヒットメーカー、キム・テギュン監督が映画化したアクション・エンターテインメント。行方...
原作は現在30巻まで発売されており、まだ続いています。 これだけのボリュームをどうまとめるのか・・・ また、原作では強烈なグロさとそしてエロス、そして身内同士での 殺し合いなどかなり過激な吸血椅子など、どこまで再現するのかと そんな主観で観賞しました。
 ヤングマガジンで連載中の人気コミックを映画化。ちなみに、読み方は「ひがんとう」ではなく「ひがんじま」。カウンターで言い間違えると、店員に半笑いで訂正されるので注意。 さて、例によって原作は未読なので、本作との差異は存じ上げないが、「バイオハザードの劣...
日本のマンガを原作に韓国人監督が映画化した本作の味わいは、まるで寄せ鍋のよう。吸血鬼をモチーフに、ジャンルの枠からはみ出すトンデモな物語が展開する。高校生の明は、行方不明になった兄の篤を探すため、仲間と共に地図にも載っていない謎の島・彼岸島に向かう。兄...
 B級ホラーの匂いがぷんぷんする作品、彼岸島を観てきました。
彼岸島 行方不明の兄を探しに訪れた島は 吸血鬼に占領されていた... 【個人評価:★☆ (1.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:松本光司 日韓合作のサバイバルホラー映画

Comments


daiさんこんばんは。
概ね仰るとおりですね。私は原作愛読者ですが、それにしても酷いものです。大体まだ連載では現地で戦っているのに、何で帰ってきちゃう必要があるのか。
冷の関係性なんて、原作を知らなければ全く解らないですよね。後々活きてくるんですが、劇中では無視でした。明が急に強くなったのも無茶すぎなんです。
本来さまざまな苦難を乗り越えて強くなるんです。修業的にもそうですし、ポンの死だって大きな要因なんですよ。それをああも安っぽく描かれては困ります。
オンライン試写会なんで助かったって感じでしたよ。(苦笑)
 
Re: タイトルなし
KLYさんへ

こんばんは。

原作を知っているとなお酷いんですね。
続いている作品において、続編を作る気満々の終わりにも
関わらず、いったん終了させるなんてどうしょうもないです。
もう全体的にかなり酷い作品でした。今年のワースト候補が
この時期に出るなんて・・・あ~あって感じですよ!!
 
TBありがとうございました。
TB有難うございました。
事前に原作を読破して臨んだのですが
原作の押さえるべきポイントが
ズレていたような気がしました。
原作の映画化は難しいですね。
3部作という噂もありますが、果たして…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
 

シムウナさんへ

原作を読むと余計に粗が目立つでしょうね。
それにしても3部作とは本当ですかね???
もし本当だとしても興行的にも内容的にも
どうなんですかね??
 

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。