Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



(500)日のサマー


Category: 映画 か行   Tags: ---
涙の数だけ強くなれる

(500)DAYS OF SUMMER

【Story】
グリーティング・カード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人…。

評価 ★★★☆☆(3.8P)

【感想】
ラストはある意味読めた!

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking   blogram投票ボタン


普通のラブストーリーなら、全く異なる2人の男女が徐々に惹かれあい最期にはハッピーエンドというのが相場。しかしこの作品に限っては、大枠としてラブストーリーにカテゴライズされるだろうが、安易なハッピーエンドには仕上がっていない。

物語の構成としては男女の500日間を時間軸をシャッフルしながら描いている。この構成の時点でも非常に面白いと思う。普通に考えてラブストーリーで、ハッピーエンドで終えようとするのであれば、結果ではなく過程を徐々に楽しませようとする作りにするはずだ。それ故に時間軸のシャッフルというのは意味を持たないのだ(だって出会って10分でラストが描かれたら、過程もクソもないし)。この用いられた時系列をバラバラにシャッフルするという手法をラブストーリーで用いるというのがこの作品において大きなミソとなっている。

そんな物語はグリーティング・カードの制作会社に勤めるトムが、上司の秘書として雇われたサマーに一目惚れすることで始まる。本作のタイトルのサマーは夏のことではなく女性の名前。この“サマー”とトムが出会って別れるまでをシャッフルして描いているのだ。間違いなくこのタイトルにもなっているサマーという女がこの作品の好き嫌いを決めるキーパーソンになっていることは間違いない。サマーは映画を通して観ると、良い言葉で言えば“魅力的で奇抜”だが、悪い言葉で言えば冒頭で言われていたように完全な“ビッチ”だ。特にこのサマーという女性は完全に男目線で描かれた虚像であるがために、女性がこの作品を観れば、間違いなく容姿的な加点が入っていないのでかなりイライラするだろう。ただ男性がこの作品を観ると、トムがサマーに振り回されているように一見見え可哀そうに思える反面、心の中のどこかで、仕方がないかなという思いも生まれてしまう。まあ男なんてここまではなかなかないだろうが、こういう女性に振り回されて、アスファルトに咲く花のように強くなって行くもんだ。

まあ好き嫌いは大いに分かれる作品だろうが、ラブストーリーで時系列をバラバラにしている事自体面白いし、演出としてどこかで観たことがあるようなミュージカル・シーンを急にインサートしたり、画面を2分割してトムの“期待”と“現実”を表現したりと遊び心溢れているので、内容的に嫌いでも決して観終わって後悔はしない作品に違いない。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
      ↓
押して~!
  blogram投票ボタン
原題 (500) DAYS OF SUMMER
製作年度 2009年
製作国 アメリカ
上映時間
監督 マーク・ウェブ
製作 マーク・ウォーターズ、ジェエシカ・タッキンスキー、メイソン・ノヴィック、スティーヴン・J・ウルフ
脚本 スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
撮影 エリック・スティールバーグ
プロダクションデザイン ローラ・フォックス
衣装デザイン ホープ・ハナフィン
編集 アラン・エドワード・ベル
音楽 マイケル・ダナ、ロブ・シモンセン
音楽監修 アンドレア・フォン・フォースター
出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ、クラーク・グレッグ、レイチェル・ボストン、ミンカ・ケリー、パトリシア・ベルチャー、イアン・リード・ケスラー、オリヴィア・ハワード・バッグ、イヴェット・ニコール・ブラウン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:(500)Days of Summer) ----変わったタイトルの映画だニャあ。 500に、()まで付いている。 「そうだね。 これはサマー(ズ―イー・デシャネル)という名前のキュートな女の子に 一目ぼれしてしまったトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)という男の子の目を...
原題:(500)DAYSOFSUMMER監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公...
『イエスマン "YES"は人生のパスワード』でとってもチャーミングな女性を演じて私の好感度も急上昇でお気に入りの女優さんとなったゾーイ・デシャネルと『ルックアウト/見張り』『BRICK』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演でのロマンチックコメディです。二人とも私...
これは(恋)の物語。(恋をしたくなる)物語。恋をした人なら誰でも共感できる、スウィート&ビターで楽しくて切なくて苦しくて、でもかわいらしく思えるラブストーリー。 しかも終始男目線で描かれている以上に、サマーを演じるズーイー・デシャネルのかわいらしさに惚れて...
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 恋って辛いもの?楽しいもの? 全米でもヒットし、観た人たちの評判も既に良いのを聞いてたから楽しみにしてた本作。 え~?そうくるの? ラストはとても意
(500)DAYSOFSUMMER運命の恋なんて、あるに決まってる。映時間96分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2010/01/09ジャンルロマンス/コメディ/青春映倫PG12【解説】運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の...
センスの良さとユニークな個性を感じさせる小品である。トムは、運命的な恋を信じるロマンチスト。ある日、秘書として入社してきた魅力的な女性サマーに一目惚れしてしまう。音楽の話題で意気投合した二人だったが、サマーは、真実の愛など信じていない女の子だった。トム...
今年最初の鑑賞作品は、ほほえましくもちょっとほろ苦いボーイ・ミーツ・ガール。誰もが心の中で大切にしているであろう恋愛の思い出にきっと重ね合わせたくなるような、いい意味でごく等身大の恋物語だった。
運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を綴った異色のロマンティック・コメディ。真実の愛など信じないちょっと風変わりな女の子と恋に落ちた主人公に訪れる様々な感情の変遷を、その心象風景を趣向を凝らした映像
映画「(500)日のサマー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ、クラーク・グレッグ、レイチェル・
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月9日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:30の回を鑑賞。
勝手に振り回され、一人でぶん回され。「これは男女の出会いの映画である。ただし愛の物語ではない」。意表を突く形で釘を刺されて始まる本作だが、実にテンポがいい。タイトルの500日に付いている括弧は場面が移る際の日数カウント表示のそのまんまである。500日の中を激...
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
(500) Days of Summer(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レビット/ズーイー・デシャネル/ジェフリー・エアンド/クロエ・グレース・モレッツ/マシュー・グレイ・ガブラー/クラーク・グレッグ サマーに恋をした。 最低
{/hiyo_en2/}山形水ラーメン? {/kaeru_en4/}おお、こんなところにあったのか、山形水ラーメン。 {/hiyo_en2/}知ってるの? {/kaeru_en4/}俺たちラーメン通の間では、伝説のラーメンだ。こんなところで出会うとは、まさに運命。 {/hiyo_en2/}単なる偶然だと思うけど。 {/k...
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、アシスタントとして入社してきたサマー(ゾーイ・デシャネル)...
   = 『(500)日のサマー』  (2009) = グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。 ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。 
運命の恋を信じる男と信じない女と対照的な恋愛観を持つ二人が繰り広げる 甘くてほろ苦い500日の愛の軌跡を描いた恋愛コメディー。 主演は『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと 『イエスマン "YES"は人生のパスワード』のゾーイ・..
 『運命の恋なんて、あるに決まってる。』  コチラの「(500)日のサマー」は、運命の恋を夢見るトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が愛を信じないミステリアスでエキセントリックな女性サマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしたビタースウィートな500日間を描いた...
突然、「私、結婚することにしたから・・・・・」って言って、ごめんなさい。
運命の恋を信じる青年と恋や愛を信じない女性を描いたラブコメディーです。
「(500)日のサマー」★★★★★オススメ ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル主演 マーク・ウェブ監督、96分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ (原題:(500)DAYS OF SUMMER)                     →  
(500) Days of Summer 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド “運命の恋”を信じる男性トムが“恋は幻”と言い切る女性サマーに恋した500日を絵日記風に描いたロマンチック・コメディ。 最近は男女の立
観てきました。 <日比谷 TOHOシネマズシャンテ> 監督:マーク・ウェブ 脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー グリーティングカードの制作会社に勤めるコピーライターのトムは、ある日社長のアシスタントとして入社した女性サマーに一目惚れ
運命の恋なんて、 あるに決まってる。 原題 (500) DAYS OF SUMMER 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 96分 監督 マーク・ウェブ 音楽 マイケル・ダナ/ロブ・シモンセン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ゾーイ・デシャネル/ジェフリー・エアンド/...
「(500)日のサマー」★★★★★オススメ ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル主演 マーク・ウェブ監督、96分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ (原題:(500)DAYS OF SUMMER)                     →  ★映画の...
 (500) DAYS OF SUMMER  グリーティングカード会社で働く草食系男子トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィ ット)は、社長秘書として入社して...
低予算作品ながら、昨年の夏に全米でロングヒットを記録したラブコメディ。 「(500)日のサマー」とは変わったタイトルだが、これは映画のヒ...
 『(500)日のサマー』を渋谷のシネクイントで見ました。  予告編で見たときは、“夏”の500日とは変だな、なぜタイトルに括弧書きがあるのだろう、と気にはなりましたが、どうせたわいのないラブストーリーに違いないと思えてパスしようかと考えていたところ、決して一...
「このバンド私も好きよ」で始まる恋は悪い結末を、しかもそれがThe Smithだなんて最悪と思わずにいられなかったスタリッシュな恋愛映画が(500)Days of Summer((500日)のサマー)。 シャープな音楽のセンス、恋人たちの目線で描かれたL.A.の街、予算以上の仕事をし...
運命の恋なんて、あるに決まってる。 京都シネマにて鑑賞。ところでタイトルのカッコは何を意味するのかしら?いまだに謎です。調べているのですが、分かりません。さてこの物語に登場する男性と女性のタイプは逆のようです。一般的に女性が運命的な恋を信じるというパタ...
作品情報 タイトル:(500)日のサマー 制作:2009年・アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴード...
作品情報 タイトル:(500)日のサマー 制作:2009年・アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴード...
現在ならではのラブストーリー(と言いたい) それは、この作品のストーリー構造。 500日間にわたる恋愛の経緯が、「時勢」をぐちゃぐちゃにぶった切られて!並べられている。 映画中にも登場する、名画「卒業」 もしこの映画がその時代に封切られていたら?! (話
脚本ゼミのお友達のクールビューティが褒めていたので。 建築家を志しながらも グリーティングカード会社で働くトムは、 運命の恋を夢見ていた。 そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。 彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。 2人はデートを重ねるが、 トム...
10-3.(500)日のサマー■原題:(500)DaysOfSummer■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:1月23日、シネクイント(渋谷)スタッフ・キャス...
(500)日のサマー / (500) DAYS OF SUMMER いや~、恋愛映画のレビューなんて慣れない事したら、意味わかんない文章になってしまいました。 2009年 アメリカ映画 フォックス・サーチライト製...
監督 マーク・ウェブ 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2009年 アメリカ映画 96分 ラブロマンス 採点★★★★ “付き合ってる”って形式上の口約束みたいなものに過ぎないのに、“彼氏・彼女”って言葉自体を非常に重要視するんですよねぇ、男は。「やぁねぇ」…
ボーイ・ミーツ・ガール。恋の経験がたくさんある方のほうが、主役の男女の心の機微がわかって面白いと思います。 とにかくトムを振り回すサマー役のズーイー・デシャネルさんが可愛かった。髪型、服も凄く可愛い。最初から本気ではない事を前提にして、最後までそうなら...
(500)日のサマー カードライターが一目惚れ 恋の顛末500日間を描く... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:(500) Days of Summer
 クロエ・グレース・モレッツが出ているので見たいと思っていたのですが、それ以前にこの作品は名作だと言われ、TSUTAYAでDVDをレンタルしてようやく見ました。と言うわけで今回は新作ではなくレンタルDVDでの鑑賞ですが、(500)日のサマーを見ました。

Comments


daiさんこんにちは、

これすごい楽しみなんだ~♪
もうすぐ公開★

ことしもいろいろお話できて楽しかった、
よいお年を、、、!

daiさんのベスト発表明日かな?またくるかも(笑)
楽しみにしてるね☆
 
Re: タイトルなし
migさんへ

こんばんは☆

ちょうど自動UPにしていたころに訪問してくださったんですね☆
今年もたくさんお話できてうれしかったです☆
この映画はmigさんはハマるかもしれないですよ??
 

観てきました。
ズーイーが好きなんでひたすら彼女目当てだったんですが、それでもサマーにはムカつく!ってなわけで、好きな女性のいらだつ態度って意味ではトムにずっぽり共感しまくりでした。
男性目線の心情描写はさすがに見事というか、伝わるものがありましたね。ユーモラスな部分も含めて面白かったです。ただし、最後まで微妙なわだかまりみたいな気持ちはどうしても残りましたけど。(笑)
 

KLYさんへ

”微妙なわだかまり”という感覚分からなくないですw
ある意味そこが狙いだったのでは?と思ってしまうぐらい見事でした。それにしてもズーイーは可愛いですねw
 

>女性がこの作品を観れば、間違いなく容姿的な加点が入っていないのでかなりイライラするだろう

↑ あはは。 ピンポーン! 笑
男子も結構イラつくんじゃないかと思ったんですが、これがどっこい、そうじゃないんですよねえ。 そこが男と女の永遠に分かり合えない部分だったりして。

でもよーく考えてみると、女性って多かれ少なかれサマー的部分があったりしますよね。
ここまでではないにしても。。。
だから思いっきりこの映画をケナしきれないのかも。 苦笑
 
かわいい!
ズーイー・デシャネルは予告編の段階からかわいいと思ってましたが、カラオケエピのところでのポニテリボンで完全にヤラれましたよ。

もう、あれは反則以上にかわいすぎます!
まさに「惚れてまうやろが~!」ですよ。
 

daiさん、こんばんは☆彡
今年もよろしくお願いします♪

涙の数だけ強くなれる!ほんとそう言う物語
でしたねえ(笑)
ズーイー演じるサマーに思い切り嫌悪感を感じてしまうとこの作品も
イマイチになってしまうかもしれませんね(^^;
自分はサマーがそんなに悪い女には見えなかったです。
ズーイーが可愛いせいもありますが(笑)
女性には大小の差はあっても、サマーみたいなところありますもん(^^;

趣向を凝らした映像や音楽が好みで、私は好きな作品でした♪
サマーって名前だったのは、ラストのためだったんですねえ(笑)
 

rose_chocolatさんへ

>そこが男と女の永遠に分かり合えない部分だったりして。
男と女というのは難しいですよね。
同じ映画を見ても、ここまで逆に思えるのだから不思議です。

>だから思いっきりこの映画をケナしきれないのかも。
女性のそういう部分に男は惹かれるのも事実ですよねw
 

にゃむばななさんへ

>ポニテリボンで完全にヤラれましたよ。

本当にズーイーの魅力満載でしたね。
こういう娘になら・・・騙されてもいいかもしれないです(笑)
 
Re: タイトルなし
ひろちゃんさんへ

こんばんは☆

今年もよろしくお願いします♪

女性のサマー的な部分に男はハマるんですよね。
それがあんな可愛い娘なら余計にハマっちゃいますよね。

> 趣向を凝らした映像や音楽が好みで、私は好きな作品でした♪
音楽や映像はかなり趣向を凝らしていましたね。
私もストーリー云々よりはそちらの方が好みの作品でした。
 

daiさん
コメありがとう。

daiさんも観たのね!と他の方のとこへのコメントでみたんだけど、
わたし前にここにコメントしてたのね、忘れてた~。
^^;
ハマらなかったわ(笑)

ところでdaiさんblog、4周年?
おめでとう!
末永く続けてね~!
 
daiさん、今年もよろしく~!
いや~これはヤラれましたね。
振り回す女と振り回される男ですから
イヤな女とダメ男の図式にイライラさせられて当然ってところなのに
妙に爽やかというか、二人に嫌味がない。
男心の微妙なツボを突かれた感じです。
構成や絵的なアイデアのおもしろさもあって、不思議と後味のよい作品でした。
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: タイトルなし
migさんへ

migさんは完全に外れのようですね。
でもそれはmigさんが女性だからでしょうねw

4周年のことに気づいてくださりありがとうございます。
中途半端なんでひっそりと流しておきましたw
 

SOARさんへ

オータム及び彼の人生の転機によって、
ラストで一気にマイナス面をなくしましたね♪
タイトルからアイデアまで巧さあふれる映画でした。

こちらこそ今年も宜しくお願いします☆
 

えいさんへ

こんばんは。

男性のポイントを映画という文化を用いて
見事に表していた一本ですね。なかなかの秀作でした。
 

こんばんは!

「オータム」さん、読めたとはすごいなあ。
まったく考えつかなった。笑 
500日をシャッフルする展開はおもしろいですよね。
ほんとアイデアがいいですね。
サマーが卒業見てウルウルしてるところは、普通の女の子だと思いました。
心地よくさせてくれる映画でした。
 
Re: タイトルなし
アイマックさんへ

こんばんは!

サマーっていう名前を聞いた瞬間に
一瞬『TheOC』かなと思いましたが、
失恋の話と分かった瞬間にマイナスのままは
終わらせないだろうから、「オータム」だと思いました。
 
男性目線の映画
daiさん、こんにちは☆
男性目線で描かれていて、ここまで共感できる映画って初めてでした。
男性の切ない心情がよく現れていて、とっても可愛い映画になっていましたよね。
私はサマーにもトムにも感情移入できちゃいました。
見せ方も上手い映画ですね。
 

ノルウェーまだ~むさんへ

こんにちは☆

まだ~むさんは女性で共感できたんですね!
男性の心情も理解できて、サマーの心情も理解できるとはw
本当に映画としての見せ方が上手い作品でした。
 

洒落た映画ですよね。
てっきり女性向けかと思ったら、何気に男目線なのがうれしかったです。
カレンダーの使い方なんて、アイディア賞ですけど、作り手のセンスのよさが伝わってくる映画でした。
 
Re: タイトルなし
ノラネコさんへ

本当に洒落た映画でしたね。

> カレンダーの使い方なんて・・・
これも含めセンスにあふれた演出が効いている映画でしたね。
 

Leave a Comment


05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。