Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ボルト


Category: 映画 は行   Tags: ---
トゥルードッグ・ショー

BOLT

【Story】
アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる…。

評価 ★★★☆☆(3.6P)

【簡易感想】
TVで作られた世界をリアルな世界だと思い込んでしまった犬が主役の本作。言ってしまえば犬版の『トゥルーマン・ショー』だ。ただ本作の主役ボルトは、ジム・キャリーが演じた普通の男トゥルーマンと違い、自分に凄い能力があると信じているスーパードッグ。そんなボルトがひょんなことで現実世界に出ることになってしまったのだから、さあ如何なものかという感じになっている。全うに生きている人間なら分かると思うが、犬は芸をするぐらいで、凄い力なんてものを持った犬はいない。だからボルトは直ぐに現実の厳しさを思い知らされることになる。しかし一人では解決できない問題でも何人かいれば解決できることがあるように、ボルトと旅をすることになる野良猫のミトンズとハムスターのライノがいることで、ボルトは徐々に現実を受け入れて成長していくのだ(勿論ボルト以外も成長していく)。その過程は非常にベタながらもよくできているから観ていて飽きないし、妙に感動させられる。さらにミトンズもライノもいい味出しているから余計に面白い。ただ冒頭のアクションシーンの長さやラストの無駄に盛り上げ過ぎる展開が個人的には若干イマイチだったので少し残念だった。
  more...の前にRanking


原題 BOLT
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 96分
監督 バイロン・ハワード、クリス・ウィリアムズ
製作 クラーク・スペンサー
製作総指揮 ジョン・ラセター
脚本 ダン・フォーゲルマン、クリス・ウィリアムズ
音楽 ジョン・パウエル
声の出演 ジョン・トラヴォルタ、マイリー・サイラス、スージー・エスマン、マーク・ウォルトン、マルコム・マクダウェル、ジェームズ・リプトン、グレッグ・ジャーマン

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら(マウスオーバーすると…)!
      ↓
押して~!
テーマ : アニメ    ジャンル : 映画

Trackbacks

着眼点は斬新、何処かで観たようなストーリーでは無く、確かに展開に予定調和な感じは拭えませんが、「この先どうなるのかな?」な感じは、子供達を最後迄飽きさせずに引っ張る魅力はあるかと思います。子供達が頻繁に笑い声をあげていた感じからして、ターゲット層を緻密...
ハリウッドのスタジオ育ちで自分をスーパー犬と信じ込んでいたボルトが、スタジオ飛び出して嘘を知ってもなお飼い主ペニーを信じて旅するアドベンチャー・アニメ映画。
原題:BOLT監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード製作総指揮:ジョン・ラセター声の出演:ジョン・トラボルタ、マイリー・サイラス試写会場 : ウォルト・ディズニー試写室公式サイトはこちら。<Story>人気TVドラマのスーパー・ドッグのボルトは、ド...
あなたはホントにいい子。
吹替えがお勧め!  
吹き替え版で鑑賞【story】アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに間違いで運ばれてしまい、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々の
   同時上映「メーターの東京レース」の話 まず本編上映前にピクサー作品「カーズ」のスピンオフ短編作品「メーターの東京レース」が上映された。監督はピクサーの生みの親ジョン・ラセターだ。 映画の主人公は整備車のメーターだ。舞台はメーターの妄想世界で東京の...
飼い主ペニーを探してアメリカ横断の大冒険。でもOPからのスピーディーで格好のいい劇中劇には敵わない。ボルト、ミトンズ、ライノといった3キャラクターが凄く愛らしくて、展開が読めるとはいえ面白いお話なんですけど、やっぱりOPの劇中劇が面白すぎて最後までどこか物...
「ずっと家族だって、信じてる」 【関連記事】 ►「ボルト壁紙1」 ►「ボルト壁紙2」 ►「ボルト壁紙3」 ►「ボルト壁紙4」
(原題:BOLT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 「トイ・ストーリー」「トイ・ストーリ-2」「カーズ」を手掛けたピクサーのジョン・ラセターが、製作総指揮を務めるディズニー・アニメーション。 自分をスーパードッグと思い込んでいるタレント犬が飼い...
原題:BOLT公開:2009/08/01製作国:アメリカ上映時間:96分鑑賞日:2009/08/01監督:バイロン・ハワード声の出演: ジョン・トラヴォルタ/ボルト マイリー・サイラス/ペニー スージー・エスマン/ミトンズ マーク・ウォルトン/ライノ マルコム・マクダウェル/ド...
水曜は試写会が当たったので行ってきた~。 今回観たのは、「ボルト」。 話としては、人気テレビドラマに出てるスター犬、ボルトは子供の頃から撮影スタジオで暮らしてきたので、自分が凄い力を持っていると信じている。そんなボルトがひょんな事からスタジオの外に...
ディズニー+ピクサーの合併第1作。製作総指揮に『レミーのおししいレストラン』、『WALL・E/ウォーリー』のジョン・ラセターを迎えたアドベンチャーアニメーション。主役の犬の吹替えをジョン・トラボルタが演じているが、日本語吹替え版では佐々木蔵之介が務める。他
ディズニーアニメなんですけど、これまでとちょっと違う感じがするのは、やはりピクサーのジョン・ラセター製作総指揮によるものだからなのでしょうか。犬好きな私としては先ずボルトのルックスに一目惚れしちゃったんですけど、ストーリーもアメリカ横断の大冒険劇という...
この夏日本ではドリームワークスの『モンスターVSエイリアン』、20世紀フォックスの『アイス・エイジ3』、そしてディズニー(非ピクサー)の『ボルト』とハリウッド3大CG映画勢力が三つ巴状態、それぞれ3DCG映画が衝突。 『アイス・エイジ』はとりあえずもう飽きてきた...
犬版「トゥルーマン・ショー」と呼びたいこのアニメは、ハリウッドのスター犬・ボルトが主人公。手違いでNYに来たボルトは、自分のスーパー・パワーがすべて偽物でTVドラマの世界のことだと知るが、大好きな共演者の少女ペニーを助けるため、本物の冒険へと旅立つ。主...
ウォルト・ディズニー&ビクサーが贈る、ハートウォーミングでアクション満載のエンターテインメント作!大人でも充分楽しめます。ボルトはペニーの父の研究の結果、特別な能力を身につけた超能力犬。常にペニーを助けて悪い奴らに挑んでいくんだけど、それは実はドラマの...
  「ずっと家族だって、信じてる」   ■白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。TVドラマの中で、飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。人間たちは、ボルト
改造されたスーパードッグのボルトは、飼い主のペニーと共に、襲い掛かる悪党たちを次々と退治していた。 スーパーパワーを持ちペニーを守...
人気TVドラマでスーパードッグとして活躍するタレント犬のボルトが、 ひょんなことからスタジオの外の世界に飛び出し、初めて体験する現実 世界でいろいろな体験を経て、共演する女の子のもとへ帰る道中を描いた ディズニーの3Dアドベンチャーアニメ。アメリカで人気テ..
「ボルト」、観ました。 軍隊相手でもひけを取らないスーパードックのボルト! そんな映画の世界しかしらないボルトがハプニングで外の...
映画 ボルトの感想、評論のまとめ
 ディズニーのCG映画ボルトを観てきました。
8月1日公開の映画「ボルト」の試写会を見てきました。 ディズニー映画は ある決ま
 『ずっと家族だって、信じてる』  コチラの「ボルト」は、飼い主のペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグだというTVドラマの設定を信じ込まされているボルト(ジョン・トラヴォルタ)の活躍を描いたピクサーと合併し新生ディズニー第1弾
ディズニーアニメの『ボルト』を観賞ー。 ジョン・トラヴォルタのボイスキャストってどうだろう?って思っていたけれど、結構違和感なく観られました。 ******************** ピクサーと合併したディズニーがジョン・ラセター製作総指揮の下、新生ディズニーの第1...
あらすじ車よりも早く、ヘリを飛び越え、破壊力抜群の吠え声で悪の軍団と闘うスーパードッグのボルト。でも、それはTVドラマの中のお話で・・・。感想アカデミー賞長編アニメ賞ノ...

Comments


こんにちわ。
僕は逆に最初と最後が楽しかった。
もっと人間の残酷さを見せてほしかったです。
 
こんにちわ
私もOPの劇中劇が凄く面白いと思いました。

でもこの映画を振り返ると、あのOPを超える面白さがなかったのがちょっと残念。

そういう意味ではOPはもう少し短くした方がよかったかも知れませんね。
 
ボルト
こんにちは、daiさん♪
もう犬のボルトが可愛くて可愛くて♪
それだけで、かなり満足できちゃう作品でした。
最近のCGアニメはほとんど3D上映になっちゃいましたよね。
ともやは2D版で観てたんで、『ここはこんな風に奥行きがあるようになってるんだろうなぁ』って終始想像しながら鑑賞してました(笑)。
3D上映の料金がもっと安くなるといいんですけどね~。
 
こんばんは♪
いつもTBコメントありがとうございます!
冒頭の劇中劇、作品全体のバランスを考えると長いですよね。
でも見応えはあったし面白かったです。
あれで1本作ってもらいたいくらいです(笑)

設定を聞いたときに私も「トゥルーマンショー」を真っ先に思いましたが、
あちらは気付いてから脱出に至る話であるのに対し、
本作は脱出後に気付きそこから始まる物語なので、
けっして二番煎じになってないんですよね。
そんなところも気に入りました。
 

こんばんは♪
観る予定じゃなかったんですが、うっかり感動しちゃいましたよ(笑)
キャラが可愛くて、特にネコ好きな私はミトンズにちょっと泣けました。
冒頭のアクションシーンは面白かったクチです。daiさんはダメでしたか。
 

さとうれおさんへ

こんばんは★

最初に関しては楽しめなかったわけではないんですが、
どうも全体のバランスを考えるとどうかなと思いました。
ラストは若干のやり過ぎかな?

人間の酷さはディズニーなんでしょうがないですね。
 

にゃむばななさんへ

> でもこの映画を振り返ると、あのOPを超える面白さがなかったのがちょっと残念。

そうなんですよ。全体のバランスを考えるとあれは長すぎなんです。
しかもあの後、あのスピード感がなくなるので・・・。
 

ともやさんへ

こんばんは★

> もう犬のボルトが可愛くて可愛くて♪

これは思いましたね。途中の人間に好かれるように
するあたりなんかかわいくてしょうがないですよね。

> 3D上映の料金がもっと安くなるといいんですけどね~。

そうなんですよね。微妙なCGに2000円はとついつい考えてしまいます。
 

SOARさんへ

> 冒頭の劇中劇、作品全体のバランスを考えると長いですよね。

バランスを考えると長いですよね。なかなか話が始まらないなあと
思ってしまいました。

「トゥルーマン・ショー」が出ることで終わるので、
ある意味(嘘と知らずに外に出ましたが)続きという設定ですねw
 

yukarinさんへ

こんばんは♪

> キャラが可愛くて、特にネコ好きな私はミトンズにちょっと泣けました。

ミトンズはかわいらしかったですね。

> 冒頭のアクションシーンは面白かったクチです。daiさんはダメでしたか。

ダメではないんですが、バランスとして気になりました。
 

初めての3D体験だったのですが、この作品は3Dの必
要はなかったです。むしろ最初のディズニーのロゴの飛
び出し具合に一番驚いたという…(苦笑)

劇中劇も含めベタながら中々面白い話になっていたとは
思います。ただ、ハリウッドに戻るまでに、捕獲されそ
うになる以外はそうピンチらしいピンチも無かったん
で、ちょっと中だるみしちゃったかなと。

でもまあ全体としてよく出来てる作品でした。
 

KLYさんへ

KLYさんのブログにも書かれていましたが、
最初のロゴが一番の3Dとはなんとも皮肉ですねw

こういう映画はピンチがきちんと描かれないと若干中だるみして
しまいますよね。普通に考えれば、かなりのピンチが常に起こっても
よさそうですが、そこは映画として成長をメインに描きたかったから
そうなったんでしょうね。
 

そうそう、あたしも見始めた頃
「トゥルーマン・ショー」っぽい?
って思いました。
設定はちょっと近かったですよね~。
 

miyuさんへ

やっぱり「トゥルーマン・ショー」っぽいですよね。
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。