Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ザ・スピリット


Category: 映画 さ行   Tags: ---
敵キャラ濃過ぎて主役が目立たん

The_Spirit

【Story】
殺害されるも奇跡的に甦った刑事デニー・コルト(ガブリエル・マクト)は、以来マスクで顔を隠しながら犯罪に立ち向かう“スピリット”として愛する街セントラル・シティを守り続けていた…。

評価 ★★☆☆☆(2.4P)

【感想】
ネコ好きは・・・キツイかも。

 more...の前にRanking


フランク・ミラーと言えば印象深いのは『シン・シティ』。白黒の中に時折出てくる紅が非常にスタイリッシュで、コアなファンを持つ作品。そんな『シン・シティ』と同様の手法を用いて作られたのが本作『ザ・スピリット』だ。

ストーリーは単純で、殉職しながらも蘇った刑事コルト(ガブリエル・マクト)が覆面ヒーロー“スピリット”として愛する街を守るというものだ。勿論のことそれだけでは話が単調になりかねないので、スピリット同様に不死身能力を持つ宿敵オクトパス(サミュエル・L・ジャクソン)を敵役として登場させている。

そんなこの作品は基本的にキャラが濃い。アメコミ好きのサミュエル・L・ジャクソンが演じるオクトパスなんかは前半からフルスロットルだし、そのオクトパスの右腕であるシルケン・フロス役のスカーレット・ヨハンソンなんかは、大きな眼鏡プラス和服やナースさらにナチス服とセクシーボディー協調のコスプレしまくりだ。さらにエヴァ・メンデス演じるキーパーソンのサンド・サレフのこの上ない美貌も存分に楽しめる(勿論エヴァお決まりのサービスショットあり)。その他ジェイミー・キングやサラ・ポールソンなんていう女性陣も存分に魅力を発揮していた。

ただこれだけキャラの濃い登場人物がいる中で肝心の主人公であるスピリット(ガブリエル・マクト)だけがこの上なくキャラが薄い。女好きで不死身なんていえば、普通ならかなりキャラだった主人公だが、周りが余りにも灰汁の強いキャラであるためイマイチ画面に映えない。さらに『マスク・オブ・ゾロ』的な格好をしているのでガブリエル・マクトが演じる理由も余り感じられないのが残念だ。

というわけでストーリーが単純でこれだけキャラだった登場人物が多いにも関わらず、主人公の薄さや作中のテンションのブレ(真剣なのか笑いなのか)が大きいため全体的に勿体ないデキに仕上がってしまっていた。フランク・ミラー信者以外は劇場に無理に足を運ぶ必要はないだろう。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

原題 THE SPIRIT
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 103分
監督: フランク・ミラー
製作 デボラ・デル・プレト、ジジ・プリッツカー、マイケル・E・ウスラン
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー、スティーヴン・マイヤー、ウィリアム・リシャック、マイケル・パセオネック、マイケル・バーンズ
原作 ウィル・アイズナー
脚本 フランク・ミラー
撮影 ビル・ポープ
編集 グレゴリー・ナスバウム
音楽 デヴィッド・ニューマン
出演 ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

「シン・シティ」も「300」も独特の映像感覚で、個人的には、ストーリーそっちのけで、映像だけを愉しむ、そんな作品でした。 何だろ?「スタイリッシュな映像美」のひな形、映画学校辺りでの参考資料になりそうな、兎に角、切れ味鋭いナイフでさくっと切り取ったよう...
(原題:THE SPIRIT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ウィル・アイズナーによる連載コミックに基づく本作を、「シン・シティ」や「300」のグラフィック・ノベルのクリエイターであるフランク・ミラーが初監督で映像化。 大都会セントラルシティで孤独に
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『シンシティ』『300』のフランク・ミラーが今作で単独監督デビュー{/ee_3/} 巨匠ウィル・アイズナーによるアメコミの映画化{/m_0158/} 『シンシティ』大好...
奇才・フランク・ミラーの最新作で、古今東西の美女の大集合と聞いて、期待満面で出向いた「THE SPIRIT」の試写会。 なんか・・・ちょっと激しく、○っかりな感情が。 で、久しぶりに“このパターン”で^^; スタイリッシュ度 ≒ 「シン・シティ」 ←
 客入りは8割ほど。  映画の話 殺された後で謎の復活を遂げ、愛する街セントラル・シティを守るために犯罪者たちと戦う仮面のヒーロー、スピリット(ガブリエル・マクト)。ある夜、怪しげな取引の通報を受けて現場に向かった彼は、宿敵オクトパス(サミュエル・L・...
(原題:The Spirit) ----このチラシの雰囲気、どこかで観たことがあるニャあ。 ほとんど色がなくってノスタルジックな感じ。 『スカイキャプテン - ワールド・オブ・トゥモロー』にも似ているけど、 赤だけが際立って、ちょっとハードボイルド。 あっ、思い出した。
 「ザ・スピリット」の試写会に行ってきた。フランク・ミラー監督のアメコミみたいな映画、のハズ。相変わらず内容をよく確認せず、サミュエル・L・ジャクソンが出る♪ってだけで応募してます(^_^)ゞ。殉職した警官(ガブリエル・マクト)がなぜか甦り、「ザ・スピリット」...
この作品が目指すのは、ひたすらスタイリッシュな映像を作ること。強いコントラストのモノクロの中、パート・カラーの赤が怪しげだ。物語は、覆面とスニーカーのヒーロー・スピリットが、愛する街を守るため、宿敵のオクトパスと死闘を繰り広げるというもの。主人公の個性...
 『最大の敵こそ、真実。』  コチラの「ザ・スピリット」は、ウィル・アイズナーの傑作コミックを「シン・シティ」や「300 スリーハンドレッド」の原作者フランク・ミラーが「シン・シティ」に続いて、脚本と監督を手掛けた6/6公開のアメコミ・ヒーローものなのですが
[殴り合いアクション][シュールコメディ][プチダーク][乱射][白黒赤基調][アメコミ][実写][洋画][スコープ] プチシュール度:★★★★☆ 色調いじり度:★★★★☆ 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、エヴァ・メンデス、サラ・ポールソン、ダン...
またしてもアメコミ原作の実写化作品。更に『シン・シティ』、『300』の原作者であるフランク・ミラーが自ら監督。主演は『ママの遺したラヴソング』のガブリエル・マクト。共演は『ジャンパー』、『アイアンマン』のサミュエル・L・ジャクソン。しかし私の目当ては、...
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 キムタクの出てる「アイ・カム~」でも良かったんだけど、 やっぱりスカちゃんモノが優先なひらりん。
『シン・シティ』の原作・監督を務めたフランク・ミラーが同名アメコミを 実写映画化。一度死んだ男が蘇り、仮面のヒーロー・スピリットとして 愛する街を犯罪から守るさまを描く。 主演のスピリットを『グッド・シェパード』や『ママの遺したラヴソング』の ガブリエル・..
The Spirit (2008年) 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン アメコミ界の重鎮ウィル・アイズナーが40~50年代に描いた傑作コミックの映画化で、不死身のヒーロー“スピリット”と宿...
最大の敵こそ、真実。 6月12日、MOVX京都にて鑑賞。このところ鑑賞した作品があまり良くない。この作品も今一評判はそれほど良くなそうな話でした。ところで、フランク・ミラーってコミックライター兼アーティストであり、監督なんですね。知らなかった(汗)彼の作品...
公式サイト。フランク・ミラー監督、ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、エヴァ・メンデス、サラ・ポールソン、スタナ・カティック。原作のアメコミの画質をそのまま映像化したような作品。原題:The spiritは亡霊の意味。セント
「ザ・スピリット」、観ました。 元死んだ刑事の謎のヒーロー、スピリット。スピリットは犯罪渦巻くセントラル・シティで犯罪者オクトパ...
☆「ザ・スピリット」 (原題:THE SPIRIT) 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン、ダン・ローリア、パス・ベガ、ルイス・ロンバルディ、...
 「みんなの意見」は案外正しいという考え方がある。  だからというわけではないが、観る映画を選ぶのにネット上のレビューを参考にする...
アメコミ界の巨匠ウィル・アイズナー原作の同名グラフィック・ノベルを『シン・シティ』『300 <スリーハンドレッド>』の原作者フランク・ミラーが実写映画化。死からよみがえり、愛する街を守るために犯罪組織と戦う仮面のヒーローを『グッド・シェパード』のガブリエル...
この映像の色合いと、雰囲気は良かったんですが・・
あらすじ愛する街セントラル・シティを守るために犯罪者たちと戦う仮面のヒーロー、スピリット。ある夜、怪しげな取引の通報を受けて現場に向かった彼は宿敵オクトパスと死闘を繰り...

Comments

監督は料理人
こんにちは、daiさん♪
大好きなアメコミ映画だし、女優陣はみんな可愛いし(特にスカちゃんがサイコー)、サミュエルは大暴れだし、ニャンコがワラワラ出るし…、大好きな要素が満載なのに、何か今イチな映画でしたね。
好きな食材を全部突っ込んでも、おいしい料理にはならないってことですよね(笑)。
 

daiさんこんにちは、コメありがとう♪
うっわ~評価低い(笑)

でも全く同感ですよ~!
ほんと主役はキャラ薄かったし。
なんでこんなマイナーな役者にしたのか不思議。
サミュエルがこんなにキャラたってるんだから対抗馬はもっと個性的でなくっちゃ。
それに内容も普通でとりたてて面白いっていうのもなかったですしね~
フランクミラーファン以外にはどうでもいい映画という感じでちょっと残念、スカちゃんは可愛かったんですが^^
 

こんにちわ。

>猫好きには、

まったく同じ感想ですね。
アレは居た堪れなかった・・・(泣)
 

ともやさんへ

こんにちは♪

おっしゃる通り、監督が駄目だとこうなってしまうんですね、
やはり彼にはアドバイス役のような人がいる方がいいのかもしれませんね。
女優とサミュエルの演技が悔やまれます...。
 
Re: タイトルなし
migさんへ

こんにちは♪

migさんもすこぶる低評価でしたねw
やはり、主役のキャラ薄さは致命傷でした。
せめてそれなら一波瀾ラストの方に持ってきてくれないときついです。

>スカちゃんは可愛かったんですが^^
これは思いましたねw 『それでも恋する~(未レビュー)』のキャラも良かったですが
こちらのキャラもかなりお気に入りです☆
 

紫さんへ

こんにちは☆

ネコ好きにはキツイですよね・・・。
まあまだ途中の描写がオブラートだったのが救いです。
 
そう、猫好きには…
ぼくも紫さんと同じ感想です(笑)。
 

えいさんへ

ネコ好きのえいさんなら、あの痛みは一入でしょうね。
フォーンくんもあれはいただけないですよね。
 

濃いし、なかなか面白いとは思うのですが、
ど~も変てこな映画でしたね。
確かにテンションがブレまくりだったせいかなぁ。
 

miyuさんへ

> ど~も変てこな映画でしたね。

そうなんですよね。変てこなんですよ!!
miyuさんの彼氏が睡魔と闘ったのも分かりますw
 

猫はダメ。あれは正直腹立たしい。

で、皆さんえらいこっちゃ低評価ですねー。
私は前評判からハードルどん下げで観に行ったのと、
ハナからスカーレット・ヨハンソンと豪華女優陣だけを
観に行ったので普通に観れました。
というか女優しか観てなかったです。(爆)

次々でてくる美人女優に目移りし…エヴァの体のラインに目を奪われ、スカーレットの胸の谷間に目が釘付けに
なる…。おじさん的には、ある意味大満足だったりしま
す。^^;

ストーリーは…多分すぐ忘れるでしょうね。^^;
 

KLYさんへ

> 猫はダメ。あれは正直腹立たしい。

あの猫シーンはダメですよね!!目だけ残すなんて惨すぎます。

> ハナからスカーレット・ヨハンソンと豪華女優陣だけを観に行った…

私もそれらがなかったら★をもう1つくらい下げてたと思いますよ!
まああの女優陣がなかったら、この作品はストーリー的にも、
画的にも成立しないでしょうけどねw
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。