Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



グラン・トリノ


Category: 映画 か行   Tags: ---
イーストウッドのトリの最高傑作

gran_torino

【Story】
妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた…。

評価 ★★★★☆(4.8P)

【感想】
某アジアの国ではこういう映画はスルーか?

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking


俳優クリント・イーストウッドの最終章と言われる本作。これぞまさにクリント・イーストウッドという出来だ。今回イーストウッドが演じたのは妻を失った頑固親父ウォルト・コワルスキー。そんなウォルトは、周囲の人や息子夫婦、さらには孫娘にまで心を閉ざして生活している。ただ彼がそんな偏屈になったのにも理由があり、彼は過去に出兵した朝鮮戦争にて、耐えられないような苦しい経験をしてしまい、戦後何十年経った今でも、その呪縛に苦しまされているからなのだ。そんなトラウマを心に持つ彼が、隣人のモン族の家族と触れ合うことで、人種に対する差別や人に対する先入観などを徐々に改心していくという話になっている。

まずこの映画のタイトル『グラン・トリノ』と聞いて何のことだと思う人が多いのではないだろうか。車好きなら容易に「あれか!」と思うだろうが、そうでない人なら「荒川静が金メダルをとったところか?」なんて思ってしまうだろう(ないかw)。そんな車のグラン・トリノだが、作品のタイトルになるだけあって、作品において大きなキーになっているのだ。なにしろ、あれだけ偏屈爺だったウォルトとモン族をくっ付けたのがこの“グラン・トリノ”なのだから。

さてさていくらくっ付くと言っても偏屈爺は一筋縄ではいかない。ただ隣人のモン族の少年タオが、同じアジア系のギャングに目をつけられ、ウォルトの愛車でこの作品のキーのグラン・トリノを盗まされることになる事件を切っ掛けとしてこの2人の急激な接点が生まれるのだ。まあ勿論のこと、鈍くさいタオは観ている人の想定通り車盗みに失敗するが、未遂といえども世間体を非常に気にするモン族としては、タオのやった行為は許すべきものではないため、せめてもの償いということで、ウォルトの意向を無視して、タオに彼の手伝いをさせることになるのだ。まあ初めはお互い嫌々だった関係だが、父のいないタオと息子と上手くいっていないウォルトの間に疑似的ながらも親子のような感覚が芽生え始め、お互いの心に空いていた穴を埋め始める。特にウォルトは戦争で心に抱えたトラウマを凌駕するぐらいタオの面倒をみることに対して生きがいを感じ始めるのだ。

まあこんな感じで話は進んでいくのだが、ここからの展開というのが凄まじい。ある種このような衝撃はないと思えるぐらいだ。ただウォルト、タオの2人の成長の先にある衝撃は悲しいながらもどことなく明るさを与えるものとなっているため観ていて清々しいと感じられるものとなっている。まさに俳優イーストウッドのラストとしてふさわしい最高傑作だ。今年はまだ半年経っていないが、今年公開の作品の中で間違いなく3本の指には入る良作であろう(個人的にはトップと言ってもいいが…)。映画評論家の杉浦孝昭(おすぎ)風に言えば、「この映画絶対観なさい!」というぐらい今年この映画を観ずして何を観るという1本だ。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら(マウスオーバーすると…)!
      ↓
押して進もう!

原題 GRAN TORINO
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 117分
監督 クリント・イーストウッド
製作 クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ、ビル・ガーバー
製作総指揮 ジェネット・カーン、ティム・ムーア、ブルース・バーマン
原案 デヴィッド・ジョハンソン、ニック・シェンク
脚本 ニック・シェンク
撮影 トム・スターン
編集 ジョエル・コックス、ゲイリー・D・ローチ
音楽 カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス
出演 クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ジョン・キャロル・リンチ、スコット・リーヴス、ブルック・チア・タオ

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

前作『チェンジリング』のみならぬ、数々の名作を世に送り出したクリント・イーストウッド最新作。監督、主演ともにイーストウッド本人が務める。本人曰く俳優としてのクリント・イーストウッドはこれが引退作だとのこと。そんなことを言わないで欲しい、俳優としても監督...
監督、主演クリント・イーストウッド。 タイトルとなっているのは、 70年代のヴィンテージアメリカ車、 「グランド・トリノ」。 車庫にあるウォルト(クリント・イーストウッド)の 愛車です。 その愛車を盗難されそうになったことが、 きっかけとなって、 隣りに住むモ
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン 白人万歳で外国人嫌いなじじぃが隣に越してくるアジア人の家族を初...
(原題:GRAN TORINO) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) クリント・イーストウッド監督最新作。 急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の偏屈老人が、ひょんなことから隣人のアジア系移民家族と思いがけず交流を深めていく様を描
-----今日は、朝からgooがメンテナンスとかで、 なかなかここにはこれなかったのニャ。 もう、ずっと前から話したくてたまらなかった 『グラン・トリノ』だけに、 えいもあせあせ。 でもフォーンは カタログハウス「シネマのすき間」で一足お先に聞いてきたのニャ。 今年
グラン・トリノ(2008 アメリカ) 原題   GRAN TORINO 監督   クリント・イーストウッド 原案   デヴィッド・ジョハンソン ニック・シェンク    脚色   ニック・シェンク 撮影   トム・スターン 音楽   カイル・イーストウッド マイケル・ス...
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click アンジェリーナ・ジョリー主演『チェンジリング』でイーストウッド作品にハズレなし{/ee_3/}と断言したばかりですが... やっぱりイーストウッド作品にハズレ
グラン・トリノ HPグラン・トリノシネマトゥデイ英題:GRANTORINO製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月25日スタッフ監督・製作:クリント・イーストウッド製作:ロバート・ロレンツ/ビル・ガーバー製作総指揮:ジェネット・カーン/ティム・ムーア/ブル...
面白かった。4つ☆半 そして、クリント・イーストウッドならでは!の役で、凄く良かったです。 この映画が役者としては最後というのにふさ...
 好き度:★★★★★「GRAN TRINO」朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は自動車工の仕事を退職し、最愛の妻にも先立たれ、偏屈で頑固な性格のあまり、話し相手は飼い犬のデイジーだけという孤独な毎日をおくっていた。ビールを飲み...
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写会...
今日はヤクルトホールの「グラン・トリノ」の試写会に行ってきました。 半端でない頑固親父のウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)が、だんだん心を開いていくところ、内気な隣人のタオ・ロー(ビー・ヴァン)の心の成長ぶりが、うまーく描かれています。...
2009/4/9、新橋ヤクルトホールでの開催。 ラジオ日本の主催で400組400人のご招待。 スポンサーからのお土産をいただく。 これについて詳しくは別記事で。 ***   クリント・イーストウッド以外に、有名な俳優は出ていない、 というかあまり知らない役者さんばか...
放っといても誰もが観そうなメジャー作品だし、遅きに失した感もあってアップするか否か迷いましたが、たまには“こんな風に観ました”ふうのお話もよろしいかと思いまして…。
解説: 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イー...
信じられないほどの傑作。この作品を最後に俳優業を引退するかも知れないクリント・イーストウッドが『許されざる者』のさらにその先の境地に達したかのような素晴らしき映画でした。雨の中での母の愛を描いた『チェンジリング』とは真逆の年老いた父親の乾いた映画ではあ...
道に迷う全ての人に向けた人生講座。  
古き良きもの。静かなる去り際。そして、明日へ。
アメリカに対するラブレターと遺言かなあ。
原題:GRAN TORINO公開:2009/04/25製作国:アメリカ上映時間:117分鑑賞日:2009/04/25監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト俺は迷っていた、人生の締めくくり...
珍しく試写会にご縁がありまして 久々にクリント・イーストウッド監督、主演の作品「グラン・トリノ(GRAN TORINO)
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
2004年『ミリオンダラー・ベイビー』以来の出演作品。この作品では、監督・製作も兼ねています。 華が無く、家族からも疎まれ、社会の表舞台で大活躍をする事も無く老境に入った朝鮮戦争帰還兵ウォルト・コワルスキーをクリント・イーストウッドが非常に上手く演じていま...
~ あのときの映画、「ダーティ・ハリー」はどうでしたか?きみはニュースのほうが… ♪ と吉田拓郎が歌っていた1972年、その年のモデルであるフォード・グラン・トリノに思いを込め、人生の終盤を迎えた老人と隣人家族との心の交流を描きつつ、古き良きアメリカへの惜別
☆小粒の作品ではあるが、完成度は高く、故に、私が語ることは少ないぞ。  初っ端のタイトルクレジットから、ブルージーっちゅうか、ジャズった曲が流れ、一気に世界に引き込まれる。  かつて朝鮮戦争を経験した元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、退役...
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に住む..
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ 」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん 」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ 」は、中くらいのスクリーンで、8~9割。
クリント・イーストウッド最後の映画出演とも言われている「グラン・トリノ」。 ちょっと重そうな気もしたけど、やっぱり見ておくべきだろうなと思って。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「グラン・トリノ」は、中くらいのスクリーンで、8~9割。 【ストーリー
GRANTORINO俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。上映時間117分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/04/25ジャンルドラマ【解説】「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イー...
グラン・トリノ (クリント・イーストウッド 監督・主演) [DVD]◆プチレビュー◆久しぶりにイーストウッド自身が監督・主演。老人と少年の静かな友情が感動を呼ぶ秀作。 【90点】 ウォルトは、隠居生活を送る頑固で孤独な老人だ。ある日、内気な少年タオが不良から強要
このブログでも度々書いているように、筆者はイーストウッド監督作品に、「人間の尊厳」という観点をもって鑑賞している。特に「ミリオンダラー・ベイビー」以降、それは顕著であり、「父親たちの星条旗」で決定的になった。映画という総合芸術の世界で、俳優として、更に...
頑固で偏狭なウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ息子たちとも疎遠で、一人静かに暮らしている。 ある日...
 アメリカ  ドラマ  監督:クリント・イーストウッド  出演:クリント・イーストウッド      ビー・ヴァン      アーニー・ハー      クリストファー・カーリー 【物語】  妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルトは、自動車工の仕...
●ストーリー●妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン...
映画「グラン・トリノ」を見ました。 公式サイト ・クリントン・イーストウッド監督。本作はイーストウッド作品では歴代1位とか。ま...
公式サイト。クリント・イーストウッド監督・主演、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ジョン・キャロル・リンチ、ドリーマ・ウォーカー。クリント・イー...
4月25日(日) 21:15~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『グラン・トリノ』公式サイト 先生の作品が、連続して公開されている。戦争二部作もそう遠くない作品で、多作な印象があるが、主演をかねたのは、「ミリオン・ダラー...
クリント・イーストウッドが監督・主演を務めたヒューマンドラマ。その他のキャストはビー・バン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘーリー他。 <あらすじ> 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職...
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴らし...
この映画を最後に俳優業引退を示唆したと伝えられているクリント・イーストウッドの監督、主演映画です。 ほんとうに観て良かったと思える映画の一つでした。敢えて書き連ねるほどの難しい事件や対立が起こる訳ではないです。些細ないざこざと民族間の軋轢が物語の主軸に...
  俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。   ■長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。自宅を常にきれいに手入れしながら、M-1ライフルと72年製フォード車グラン
人種差別者で気難しい元軍人のアメリカ人男性と隣りに住むアジア系移民の物語です。
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:クリント・イー
ひときわ異彩を放つヒロイズム!男の生きる姿、気高さに胸を打たれる。 口は悪く偏見だらけの頑固老人が、人生の最終章に課した自己改革とは?・・・ 本物の男イーストウッドが放つヒロイズムの詰まった人間ドラマに、興奮と感動が押し寄せる。 物語:ウォルト・コワル...
あらすじ。 朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻は...
春の叙勲で旭日中綬章を受章することになったことが話題のイーストウッドの新作。 前作「チェンジリング」CHANGELING を、「間違いなく今年有数の傑作」と評したが、この「グラン・トリノ」は噂通り。 もっとすごかった! 彼ならではの視点から発せられる端正な佇まいに...
    (C) 2009 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED. 英題: GRAN TORINO 製作年: 2008年 製作国: アメリカ 日本公開: 2009年4月25日 (丸の内ピカデリー ほか) 上映時間: 1時間57分 配給: ワーナー・ブラザース映画 カラー 公式サイト 監督・製作:...
Gran Torino (2008年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カーリー 偏屈で頑固な老人が、隣家のタイ人一家との交流を通して変わっていく様を描く人間ドラマ 様変わりしていく街や人の流れ
今回は、クリント・イーストウッド監督、主演の「Gran Torino グラン・トリノ」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuLgnifEqd8fycfl2wmGDA2xS4P1czEhKQSANkFD3w=] ランキングに参加してます。    ウォルト・コワルスキーの日常は、自動車工の仕事をリタ
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね~【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなあ
 「グラン・トリノ」を鑑賞してきました「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、自ら主演して世の中に怒れるガンコ老人を演じた感動の人間ドラマ。急速に様変わりしていく世間を嘆き、孤独に生きる人種差別主義者の...
▼動機 「チェンジリング」が素晴らしかったので ▼感想 満足度につける★が足りない ▼満足度 ★★★★★★★ すごすぎ ▼あらすじ 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来単調な生活
    = 『グラン・トリノ』  (2008) = 妻に先立たれ、息子たちとも疎遠な元軍人のウォルト(クリント・イーストウッド)は、自動車工の仕事を引退して以来、単調な生活を送っていた。 そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけ...
グラン・トリノGRAN TORINO 2008アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 原案:デヴィッド・ジョハンソン、ニック・シェンク 脚本:ニック・シェンク 出演:クリント・イーストウッド(ウォルト・コワルスキー)ビー・ヴァン(タオ・ロー)アーニー・ハー(スー・
どんなに巨匠と言われる映画作家でも晩年は創作ペースが鈍るものだし、作品のクオリティも最盛期には及ばない場合が殆どだ。 ヒッチコックも...
こういう映画を観てしまうと、好きな「八月のクリスマス」(引き合いに出したのはちょっとした意味があるが説明は省きます)がとっても生温く感じてしまうほどの、そう、流石はクリント・イーストウッドなのである。いかつい堅物じじいも、理解さえすれば偏見は消え、友情...
今週の平日休みは・・・といっても、 まだまだGWが続いてるみたいな雰囲気の木曜日にチネチッタで鑑賞。 平日のチネチッタは割引なしなので、 駅地下のアゼリアの金券ショップで1300円の共通前売り券を買ってから、 チケット入手するのが賢い選択!!
元軍人のウォルト・コワルスキーは、妻に先立たれ郊外に一人で暮らしていた。周囲の家は次第にアジア系の住民が占めるようになっていったが、頑固なウォルトはその土地に頑なに留まり続ける。ある日、ウォルトは所有するクラシックカー、グラン・トリノを隣の家に住む少年...
グラン・トリノ ’08:米 ◆原題:GRAN TORINO ◆監督・製作・出演:クリント・イーストウッド「チェンジリング」「硫黄島からの手紙」 ...
「グラン・トリノ」、観ました。 妻を失ったウォルト老人はその気性の激しさから息子達と疎遠となっており、さらに孤独を深めていく。そ...
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ
 GRAN TORINO  妻を亡くしたウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、偏屈で差別 主義的な悪態をつく「頑固ジジィ」。...
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】クリント・イーストウッド/ビー・バン/アーニー・ハー/クリストファー・カーレイ/ジョン・キャロ...
クリント・イーストウッド監督・主演の最新作『グラン・トリノ』を観てきました。 評判に違わぬ素敵な作品でした。最後の方は本当に涙、涙。。。 ******************** 『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』の巨匠クリント・イーストウッド監督が...
いや~ 噂道理の出来で すこぶる上機嫌で(いや・・泣き顔・・?)帰ってまいりました。 本当に イーストウッド監督はいい映画を作りましたね。 「my GRAN YORINO~~♪」・・・・全てを物語ったエンドロール 泣けました。 前半は もう~ 「お
5月1日就業後、つまりGWに突入してすぐのオールナイトでようやくクリント・イーストウッド最新作『グラン・トリノ』を見た。 イーストウッド主演作品としては『許されざる者』に勝るとも劣らない、いやイーストウッド最高傑作と言っても過言ではない。 偏...
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。
グラン・トリノ 260本目 2009-21 上映時間 1時間57分 監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド ビー・バン アーニー・ハー クリストファー・カーレイ 会場 新宿ピカデリー 評価 9点(10点満点)  最早イーストウッド作品は必...
会社帰りに観ちゃいました…。クリントさんすっかりおじいちゃまですね。
2008年 アメリカ作品 117分 ワーナー・ブラザース配給 原題:GRAN TORINO STAFF 監督:クリント・イーストウッド 脚本:ニック・シェンク CAST クリント・イーストウッド ビー・ヴァン アーニー・ハー クリストファー・カーリー チェンジリングを皮切りに、今年に入
イーストウッドの最後の主演作品になるはずというのに、とっくに終わって見逃したと諦めていたら、なんとまだやっていて、やっと行ってきました。あ~、観れてよかった。 貧しい郊外に一人暮らすウォルト・コワルスキー。偏屈な老人で、彼の口を突くのは汚いののしりばか...
GRAN TORINO(2008/アメリカ)【DVD】 監督・製作:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド/ビー・バン/アーニー・ハー/クリストファー・カーレイ/ジョン・キャロル・リンチ 俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の
監督:クリント・イーストウッド(最高っす) 出演:クリント・イーストウッド(最高っす)ビー・ヴァン アーニー・ハー  出演:クリストファー・カーリー ブライアン・ヘイリー ブライアン・ホウ  妻に先立たれ息子たちにも邪魔者扱いされる孤独な老人と、...
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました
ネタバレあり。ご注意下さい。 昨年観た映画で個人的にNo.1は「THIS IS IT」だけれど、もし「THIS IS IT」が公開されなければ、間違いなく「グラン・トリノ」が一番だったと思う。 この映画の何がすごいって、今までのクリント・イーストウッドの映画人生全てが、ラスト...
グラン・トリノ 一人住まいの偏屈じいさんと隣家に引っ越して来た アジア系移民家族との交流を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自...
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分
2009年公開作品。いろんなところで評価が高く前々から観たくて、ようやく今回観賞できた。んん。。。しかし、なんと言っていいのやら。。。深みは感じる映画なんだけどね。クリント ...

Comments

イーストウッド
こんにちは、daiさん♪
何だかコメントするのもお久しぶりです~♪
>今年この映画を観ずして何を観るという1本だ。
まさにその通りですね~。
この映画がオスカーに音楽賞しかノミネートされなかったのが不思議でしょうがありません。
ともやも個人的に現在今年のトップに位置してます♪
機会があったら何度でも観たい作品かも?
 

ともやさんへ

こんばんは★

> 何だかコメントするのもお久しぶりです~♪

本当にお久しぶりです。私自身もなかなかブログに
割く時間が最近なくて久々更新です!

> この映画がオスカーに音楽賞しかノミネートされなかったのが不思議でしょうがありません。

本当に作品賞でもいいぐらいの出来でしたね。
私も間違いなく今年トップになるでしょう。
 
こんばんは。
こんばんは。

daiさんもおすぎさんの口調のまねしてる。
ぼくも、それやったな……と思ったら、
作品違いで
『スラムドッグ$ミリオネア』のときでした。

しかし「イーストウッドのトリの最高傑作」はうまい。
厳密に言うならば
「俳優イーストウッドのトリの最高傑作」になるけど…。

ぼくも前半3本の指の1つ。
『チェイサー』もおススメです
 

えいさんへ

こんばんは。

そういえば、えいさんもおすぎのマネしていましたね。
でも『グラン・トリノ』はこの口調がぴったりの作品だったと思います。
『スラムドッグ$ミリオネア』も良かったですが、
この作品を観てしまうと個人的には物足りないかなと思いました。

> 厳密に言うならば
> 「俳優イーストウッドのトリの最高傑作」になるけど…。

確かに厳密に言えばそうですねwそこは御愛嬌でw

えいさんお勧めということなので 『チェイサー』も観たいと思います☆
 

daiさんおはよ~!
お久しぶりですネ!

わたしも今年のナンバーワン候補だな☆
笑えて泣けて、満足!!

でもあまりにイーストウッドがカッコよ過ぎで良く出来すぎてるところで満点にはならなかったかなぁ(笑)
daiさんもえいさんもともやさんもだけど
皆今年のランキング上位にくること間違いなしですね♪^^
 

daiさん、こんばんは!この映画好きだな~!
私も3本の指に入ってます^^

今こっちの方では昼間にイーストウッドの昔の映画をやってたりするので、是非ダーティーハリーとか放映されたら見てみようと思っているんです。もう全然忘れてしまったので・・。
 

dadiさん、はじめまして!TBありがとうございました。

私も今のところ、これが今年のナンバー1です!
素晴らしい作品でしたよね。
くすくす笑えつつも、ラストは涙がとまりませんでした。

クリント・イーストウッド、渋かったですね!
いつ44マグナムをだすのか、ドキドキしました(笑)

ではまたお邪魔いたします!
 

migさんへ

こんばんは★

お久しぶりです!

> わたしも今年のナンバーワン候補だな☆
> 笑えて泣けて、満足!!

現時点で本作はダントツでトップですね☆
これを嫌いと言う人はいないんじゃないでしょうかね。

> でもあまりにイーストウッドがカッコよ過ぎで
> 良く出来すぎてるところで満点にはならなかったかなぁ(笑)

確かにカッコよすぎるという意見もあるかもしれませんね。
ただダーティーハリーを彷彿とさせるカッコ良さで完全に
やられてしまいました♪
 

latifaさんへ

こんばんは!

> 私も3本の指に入ってます^^

今年はこの映画がブロガーさんの話題になりそうですよね。

> 今こっちの方では昼間にイーストウッドの昔の映画をやってたりするので、是非ダーティーハリーとか放映されたら見てみようと思っているんです。もう全然忘れてしまったので・・。

私もこの映画を観ていたら、ダーティーハリーを観たくなりましたね☆
 

Minitaさんへ

はじめまして!

今年ナンバーワンがこの時期で出てくると言うのは
凄い年ですよね。この作品以外にも今年は『チェンジリング』に
『スラムドッグ~』に『ベンジャミン~』と例年だったらトップになっても
おかしくないレベルの作品が多く公開されていますしね。

> クリント・イーストウッド、渋かったですね!
> いつ44マグナムをだすのか、ドキドキしました(笑)

マグナムを出すのかはドキドキものでしたね☆
 

この衝撃は、本当凄まじいものがあったのだけど、
とっても温かいものを感じ取れましたね。
おっしゃるように今年一番!と言ってしまってもいいほどの傑作でしたね~。
 

miyuさんへ

衝撃であり、温かくもあり非常にいい映画でしたね。
間違いなく近年でトップクラスの出来栄えですね☆
 
こんにちわ
おすぎさんはどの映画でも「絶対観なさい!」って言いますからね。
こういう映画の時だけ言ってくれれば、彼の言葉も重みが出てくるのですが・・・。

まぁおすぎさんのことはどうでもいいとして、とにかく素晴らしい映画でした。
おすぎさんに代わり私が「絶対に観なさい!」と言いたくなる映画でしたね。
 

TBありがとうございました。
凄い映画でしたね。
凄みをじっくり感じさせてもらいました。
偏屈には理由があるのではなく、あの年代のじい様は、大体が偏屈だと思うのですが、その偏屈にも信念がある!というあたりがいいですよね。
 

こんばんは♪
すっすんませーんっっ
グラントリノと聞いて金メダルのほうが浮かびました^^;
なるほど~車かと・・・。

またまた素晴らしい作品をつくっちゃいましたね。
もっと重い話かと思ってましたが結構笑えるところもあって、それで最後はしっかり締める。
見終わった後に静かに感動がやってくるそんな作品でした。
 

にゃむばななさんへ

おすぎも淀川長治のように微妙に言葉を変えて
評価をしていてくれれば言葉の重みが出ますよねw
おすぎでは当てにならないので、
私を含め、にゃむばななさんや他の多くのブロガーで
「絶対に観なさい!」と言っていきましょう☆
 

sakuraiさんへ

実に凄い映画でした。

> 偏屈には理由があるのではなく、あの年代のじい様は、大体が偏屈だと思うのですが、その偏屈にも信念がある!というあたりがいいですよね。

偏屈の理由が映画になる理由なんですよね。ここがどうでもよいものだったら映画にはならないでしょうね。
 

yukarinさんへ

こんばんは☆

yukarinさんはメダルのほうが浮かびましたかw
なかなか車をイメージできる人はいないでしょうね。

yukarinさんも満点評価ですし、今年の中では断トツですね!!
 

おお!daiさんも高評価!私も今のところ今年の
ベスト1です!(キッパリ・笑)
クリントイーストウッド苦手と今まで言って
ごめんなさいって思いました(笑)

グラントリノ?って何?って思ったのですが(^^ゞ
ヴィンテージカーのことだったんですね^^
タイトル通りキーワードだったのですね。

前半ユーモラスなシーンも多くクスッと笑えた
だけに、後半は重く、ラストは衝撃でした。
涙が止まりませんでした(T.T)
最高傑作ですよね(^_-)-☆
 

どうも初めまして。

タイトルのカッコよさで映画を見ました。キャッチコピーにも惹かれて。ラストはなんとなく予想できたもの感動しました。

イーストウッド作品はまだあまり見てないので、これを気に色々見てみようと思います。
 

ひろちゃんさんへ

ひろちゃんさんは♡×10の満点でしたね!
私もそれに準ずるぐらいの高評価です!!

> クリントイーストウッド苦手と今まで言って
> ごめんなさいって思いました(笑)

イーストウッドが苦手な人はちょっと無理かな?と
思っていたのですが、そんなことも払拭してるぐらいの
出来だったと言うことですね。

> 前半ユーモラスなシーンも多くクスッと笑えた
> だけに、後半は重く、ラストは衝撃でした。
> 涙が止まりませんでした(T.T)
> 最高傑作ですよね(^_-)-☆

本当に最高傑作という言葉がぴったりの作品でした。
 

丸場盆山さんへ

初めまして。

予想通りの展開ながらも、ここまで心にしみる作品はなかなか
無いですよね☆

まあこの作品を基準にするときついかもしれないですが、
イーストウッド作品は良作が多いので観てみるといいですよ★
 

こんばんは。これは本当に痺れる作品でしたね!クリント・イーストウッドは最近監督業で忙しいと思いきや、こんな素晴らしい俳優さんだったんだー!って改めてひっくりかえりましたよ。
結構受け入れがたい内容ですが、最高作だと思える方が多い事を願います!彼は本当にグッと考えさせる作品に関わるのが好きなんですね?
 

アヤさんへ

こんにちは☆

> クリント・イーストウッドは最近監督業で忙しいと思いきや、こんな素晴らしい俳優さんだったんだー!って改めてひっくりかえりましたよ。

これは私も思いましたね!!本当に久々に俳優イーストウッドを観たので、その衝撃は凄かったです。本当にこれで引退というのは忍びないです。
 

daiさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分の地元には『スラムドッグ~』などのアカデミー賞を賑わせた作品がまだ来てないのもあるのでまだトップ3に入るかどうかは分かりませんが、それでも少なくともトップ10くらいに入る事は間違いないかもしれませんね~。(今年もあまり映画を多く観れないと思うだけにw)

ウォルトのセリフも聞くに堪えない問題発言の大連発でしたけど、床屋のオヤジとのやり取りなどでその問題発言がとてもユーモアで軽妙な会話に聞こえるもんだから思わずニヤケてしまうシーンも多かった気がします。
・・でもイーストウッドって、確か『ミリオンダラー~』の時も俳優業を辞めるとか囁いていたので、これが本当に最後の作品かどうかは正直ちょっと怪しいですね(汗
 
Re: タイトルなし
メビウスさんへ

こんばんは♪

> 自分の地元には『スラムドッグ~』などのアカデミー賞を賑わせた・・・

まだメビウスさんの地元には『スラムドッグ~』は来ていないんですね。
アカデミー賞作なのになんででしょうね・・・。

> ウォルトのセリフも聞くに堪えない問題発言の大連発でしたけど、床屋のオヤジとのやり取りなどでその問題発言がとてもユーモアで軽妙な会話に聞こえるもんだから思わずニヤケてしまうシーンも多かった気がします。

そうなんですよね。あの掛け合いは酷い言葉ながらなんだか笑えてしまいましたよねwこれもまたイーストウッドマジックですかね。

> ・・でもイーストウッドって、確か『ミリオンダラー~』の時も俳優業を辞めるとか囁いていたので、これが本当に最後の作品かどうかは正直ちょっと怪しいですね(汗

確かにイーストウッドは『ミリオン~』の時も言っていましたよねwまあいつでも引退するという覚悟を持って取り組んでいるってことですかねw
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。