Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



7つの贈り物


Category: 映画 な行   Tags: ---
クラゲではなくウィルに毒を

Seven_Pounds

【Story】
過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた…。

評価 ★★☆☆☆(2.2P)

【簡易感想】
『幸せのちから』のウィル・スミス&ガブリエレ・ムッチーノのヒューマン・ドラマなんていう宣伝文句が逆にマイナスになっているような作品。どうもこの作品はあのラストへ向けてのミステリアスな流れが完全に失敗している。だいたいベンが関わる人間たちの雰囲気や病院が出てきている時点で、彼が自己犠牲をするんだろうという結末が容易に想像できてしまっているため、そんな状態で判かり切っていることをタラタラと流されてもテンポが悪い作品にしかならず、タラタラ流されて説明された挙句、彼が助ける人間達の判断基準が曖昧という説得力が全くないことになっている。ベンがすることはそれ相応のことなのだから、助ける人間達の基準を明確に示さなければ、ベンはただのおかしい人にしか見えなくなってしまう。まあ作品自体が没落しているし、好き嫌いもあるがやっぱりウィル・スミスにはこういう深刻な役は合わないと終始思ってしまった。やっぱり彼はもっと陽気でちょっと悪いぐらいの役の方が良いと再実感させられた作品だった。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif
 more...の前にRanking


原題 SEVEN POUNDS
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 123分
監督 ガブリエレ・ムッチーノ
製作 トッド・ブラック、ジェームズ・ラシター、ジェイソン・ブルメンタル、スティーヴ・ティッシュ、ウィル・スミス
製作総指揮 デヴィッド・クロケット、デヴィッド・ブルームフィールド、ケン・ストヴィッツ、ドメニコ・プロカッチ
脚本 グラント・ニーポート
撮影 フィリップ・ル・スール
編集 ヒューズ・ウィンボーン
音楽 アンジェロ・ミィリ
出演 ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン、エルピディア・カリーロ、ジョー・ヌネズ、ビル・スミトロヴィッチ、ティム・ケルハー、ジーナ・ヘクト、アンディ・ミルダー、サラ・ジェーン・モリス、ジュディアン・エルダー、オクタヴィア・スペンサー、ジャック・ヤング、コナー・クルーズ

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 『あなたなら、受け取れますか? 彼は【ある計画】を進めていた。 7人の他人を選ぶ。 そして、彼らの人生を変える。 何のために─?』  コチラの「7つの贈り物」は、ガブリエラ・ムッチーノ監督、ウィル・スミス主演という「幸せのちから」のコンビが再びタッグ
おも~い、おも~い、贈り物{/m_0072/} 人助けも、ここまでくれば究極。 オッサンコーナーに登場させたばかり、大好きなウィルの新作という事で楽しみにしていた今作。 賛否分かれた『幸せのちから』の監督、ガブリエレ・ムッチーノとの再タッグによるウィル主演にしては...
感動作のふりをしているが、中身は、神の真似事をする不愉快な物語だ。心に傷を負ったベンは、見知らぬ男女7人に彼らの人生を変える贈り物をする。ネタバレは禁止なので詳しくは明かせないが、主人公は、善人に対し善行を施すのが目的。だが“選ぶ”などという行為がそも...
公式サイト。原題:Seven Pounds。ガブリエル・ムッチーノ監督、ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー。原題のpoundってどういう意味かなと考えたら、どうも保管所とか収容場という意味のようだ。つまり、人生の...
「神は7日間で世界を創造した。僕は7秒間で人生を叩き壊した」そうつぶやく男の名は、ベン・トーマス(ウィル・スミス)。過去のある事件により、心に深い傷を抱えて生きている。家族も恋人もなく、たった一人で海辺の瀟洒な家に住んでいるベンは、ある計画を立てていた...
いい話なんだけど、長い、わかりにくい、ウイルスミス演じた男がもどかしい!
ウィル・スミス最新作。ウィルはここ1年で、『アイ・アム・レジェンド』、『ハンコック』と本作と3度目の来日だそうです。「そろそろ日本の市民権をくれよ」と言っていたらしいですが。(笑)監督は『幸せのちから』でウィルと組んだガブリエレ・ムッチーノ。予告編で観...
土曜日の2本目には、「7つの贈り物」を選択。 ちょっとミステリーっぽくて、楽しみにしていました。 「UCとしまえん」は、いつもよりは少なめ。 「7つの贈り物」は、大きめのスクリーンで、1割程度。 【ストーリー】 過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・ト...
クラゲでノーベル賞はとれても、アカデミー賞はとれない。
(原題:Seven Pounds) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただくことをオススメ。 ----このタイトル、どこかで聞いたような…。 ん?デジャ・ヴかニャあ。 「いや、そうじゃないと思うよ。 ほら2年前に公...
ウィル・スミスのシリアス路線は上から目線な感じ
原題:SEVEN POUNDS公開:2009/02/21製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:123分鑑賞日:2009/02/22監督:ガブリエレ・ムッチーノ出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソンあなたなら、受け取れますか?
芸達者ウィル・スミスの最新作。監督は、こちらもウィルの感動の作品「幸せのちから」でメガホンを取ったガブリエレ・ムッチーノ。どちらも、ウィルの演技力を試すような内容の作品になっていますが、ウィルは、その期待に見事に応えています。 さて、先にも「幸せのちか...
SEVENPOUNDSあなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──?上映時間123分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/02/21ジャンルドラマ【解...
あなたなら、受け取れますか?7つの贈り物HP7つの贈り物シネマトゥデイ英題:SEVENPOUNDS製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年2月21日スタッフ監督:ガブリエレ・ムッチーノ製作:トッド・ブラック/ジェームズ・ラシター/ジェイソン・ブルメンタル    ス...
□作品オフィシャルサイト 「7つの贈り物」□監督 ガブリエレ・ムッチーノ □脚本 グラント・ニーポート □キャスト ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■...
私ならこの贈り物を受け取りません。理由はただ一つ、贈り主の動機が不鮮明だからです。 ウィル・スミスがガブリエル・ムッチーノ監督と再び組んで『幸せのちから』路線の映画を作ろうという気満々の割には、バランスの悪い映画でしたね。ちょっとウィル・スミスの作品選...
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で1本。 ウィル・スミス主演作はハズレなしと確信してるので、 アンジーの「チェンジリング」より、こちらを優先。
あなたなら、受け取られますか?
「7つの贈り物」を鑑賞してきましたウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げよ...
☆・・・『チェンジリング』(クリック!)を観てからというもの、あまり他の映画への興味がなくなってしまったのだが、誘われたし、リハビリ(^^;)もかねて、観に行った。  予告編を見ると、どうやら感動作らしいし、数人しかいなかった館内の、斜め後ろに座ってい...
『幸せのちから』のウィル・スミスとガブリエレ・ムッチーノ監督が再び 組んで、辛い過去を背負った男が見知らぬ人に人生を変えるような贈り物を するさまを描いたヒューマンドラマ。過去に起こしたある事件で心に大きな傷を負ったベン・トーマス。 彼は互いに何の関係もな..
【監督】ガブリエレ・ムッチーノ 【出演】ウィル・スミス/ロザリオ・ドーソン/ウッディ・ハレルソン/バリー・ペッパー/マイケル・イーリー ...
※ストーリー※過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のため
昨日は7つの贈り物を観てきました。 この映画はネタバレしてしまうと、これから観る人は楽しめないと思うので、当たり障りのないところで感想を書こうと思うのですが、ネタバレせずに書くのは難しいですねぇ・・・。絶対ネタバレは困る、という人は読み飛ばしてくださ...
3月5日(木) 21:10~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『7つの贈り物』公式サイト 感動押し付け作品、俺にとっては幼児虐待にしか思えず、極めて不快だった「幸せのちから」。 本作は、「幸せのちからの監督最新作」と
☆「7つの贈り物」 (原題:SEVEN POUNDS) 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン、エルピディア・カリーロ、ロビン・リー、ジョー・ヌネズ、ビル・スミトロヴィッチ、テ
映画 7つの贈り物 の感想 悲しい映画です。そして基本設定も好きになれません。 ...
ウィル・スミス主演の『7つの贈り物』を観ましたー。 かなり観る人の好みがわかれそうな作品だなーという感じ。自分は割とこういう話嫌いではないので、結構ジーンときちゃいました。 ******************** ウィル・スミスが『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチ
 あなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──? 近年ではジャンルを問わず出演作がメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」の1人だそうです。“アイ・アム・レジェンド”、
[チェンジリング] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年19本目(17作品)です。 この映画を観て思ったこと。 ?母は強し! ?人間は誰かの助けがないと生きていけないということです。 この作品が実話をベースにした作品だというんだから、恐ろしいです。「...
あなたなら、受け取れますか?
暗~い顔をしたウィル・スミスが終始いました
あらすじ謎の男ベン・トーマスは、リストに書かれた人々に近付き彼らの人生を調べ始めるが・・・。感想主演ウィル・スミス、監督ガブリエレ・ムッチーノ『幸せのちから』コンビの再タッグでしたが9作連続の1億$超えヒットを逃しウィル・スミスの汚点となった作品観たら...

Comments


う~ん、やっぱりテンポ悪く感じちゃいましたよね。
陽気でスカっとしたウィルがまた観たくなっちゃう
作品でした。
 

daiさん
こんばんは☆
最近手一杯でなかなかこれなくて、、、、コメTBありがとー♪^^

あはは、やっぱりdaiさんダメだったか~(笑)
感動してる人もいるようだけど
わたしもこの考えはダメだったの、
でもウィルのこういう演技もたまにはいいかなーって。
次は思い切りコメディ観たいんだけどなぁ。

きくところによると日本のマンガ「不思議な島のフローネ」に家族で出るらしいですよ~
どうなの!?^^;
 

こんにちは♪
泣かせよーとしてるトコが引きますねぇ。
ウィルの演技はいいとしても、私も陽気でちょっと悪いぐらいのほうが好きです。
 

daiさん、こんばんは^^
テンポ悪いですよね(^^ゞ
私が、睡魔に襲われたのは、疲れていたから
だけではなかったようです(笑)
7人の掘り下げが浅いので、ベンの判断基準が
確かによくわからなかったです(ーー;)
次回作、陽気なウィル、思い切りコメディとか
観たいです(^_-)-☆

スラムドッグ~は、かなり、私の好みですか?
私の好みを把握されている(笑)daiさんの
コメントなので、かなり期待しちゃいますよ~
早く観たいなあ♪
 
おはようございます
映画では、7人を選んだ基準についてあまり触れられませんでしたね。
 
こんにちわ
ウィル・スミスもやっぱりオスカーが欲しいんでしょうか?
ちょっと演技派への移行に急ぎすぎかも知れませんね。

仰るとおり、彼にはちょいと悪いくらいの役が一番似合いますよ。
 

miyuさんへ

テンポと説明不足が致命傷ですね。
 

mig,さんへ

こんばんは☆

考え方は賛否両論でしょうけど、
作りとしては”否”だけですねw

「不思議な島のフローネ」に家族で出るんですか?
いくら家族のためとはいえ、やり過ぎのような??
 

ゆかりんさんへ

こんばんは★

日本映画の『余命』にしても、
わざと泣かせようという映画はやっぱり苦手です。
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは☆

テンポは悪いし、7人の掘り下げも浅いしと、
完全なる駄作ですね。ウィルがこの作品を
選んだ理由が分かりません。

スラムドッグ~は、ひろちゃんさん好みなので
是非期待してみてくださいww
 

まりっぺさんへ

原作は知りませんが、映画では基準が分かりませんよね。
 

にゃむばななさんへ

時期が時期だけに、ウィル・スミスもオスカーが欲しいのでは?
と勘ぐってしまいますよねw
ちょい悪ではオスカーをとれないでしょうしね。
 

daiさんこんばんわ♪

『幸せのちから』の監督さんとウィルの再コンビ作品なもんですから、自分も雰囲気的には感動作を連想したんですが。最後の驚愕の結末を見たら思ってたのと少し違う印象を受けました。
『幸せのちから』のように二番煎じな作りにしなかったのは好感持てた気がしましたが、いい人だけに贈るというベンの判断基準は自分も鼻に付くものがありました・・。
悪い人に贈っても、それが転機となって改心するかもしれないのに・・・なんてひねくれた考えも持ってしまったぁ~・・(汗
 

メビウスさんへ

こんばんは♪

確かに 『幸せのちから』のように二番煎じ的にしなかったのは良かったですが、全体的にこの作品は中途半端な作りなんですよね。皆さんおっしゃる通り、7人の判断基準なんかはその場のノリ的な感じが・・・ですし、メビウスさんのおっしゃるとおり、悪い人に贈っても・・・ですしねw
 

Leave a Comment


11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。