Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



カフーを待ちわびて


Category: 映画 か行   Tags: ---
美人ならカフーだが

カフーを待ちわびて

【Story】
南の小さな島で雑貨店をしながら愛犬のカフーと暮らす明青(玉山鉄二)は、ある日1通の手紙を受け取る。そこには「あなたのお嫁さんにしてください」というメッセージが書かれていたが、彼は差出人に心当たりはなかった…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【感想】
沖縄の方言は同じ日本語とは思えない。

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking


第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した本作。神社の絵馬に冗談交じりで書いた「嫁に来ないか」がきっかけとなって、沖縄の離島に住むニートの元に美人が求婚しに来るという話。

「なんとまあファンタジックなストーリーだろう」と言えば体はいいが、だいたい見ず知らずの人間にいきなり求婚されることほどの恐怖体験はない。しかもそいつがストーカー気質なら即刻警察行きだ。本当に設定を少しいじればホラーにでもできる設定だが、それを日本ラブストーリー大賞にしてしまっているんだから面白い。

この物語で一番大事なのは導入部分だろう(ほとんどの映画でもそうだが)。言ってしまえば求婚してきた女性の幸(マイコ)が明青(玉山鉄二)に受け入れられるか否かの描き方で是非が決まってくる。その点で本作は沖縄という、人と人との関わりを大事にする風潮がある地域をロケーションにしている点でまずプラスだろう。沖縄のスローに流れる日常と大自然でこの奇行を暈している。もしこれが東京だったら、間違いなく110番ものだ。さらに、幸が美人という設定が上手い。やっぱり人間は美人の方が得だという意見を少なからず持っているため、美人だから多少の奇行もいいかという具合で物語を鑑賞者にスンナリと受け入れさせている。実際男性なら明青に対して“羨ましい”という感情を持った人もいるだろうし、女性にしても奇行をとっている幸に目が行くため、明青のとっているすぐに見ず知らずの幸を受け入れるという奇行自体を、玉山鉄二の優しさという面で観るため巧くカモフラージュされ、男女双方の取る奇行を希薄させているのだ。このように巧い導入をする事で鑑賞者にこの物語の世界に入らせている。

ただ入ってしまっても、大抵このような沖縄を舞台とした映画は、スローテンポの良くも悪くも沖縄らしさにやられて、どれもこれも同じテイストになりがちだが、この作品は終始「幸がなぜ求婚するのだ?」という謎を残しながらストーリーを進めるため、沖縄のスローテンポなだけの映画には成り下がらなかった。そして物語のストーリー的に、ある程度の小さな出来事(事件?)を起こし、時間的にダレてきたころに、沖縄のリゾート開発に際しての“見返り”として女性を紹介するという話を挿入する事で、幸の目的はそう言う方向だったのかと登場人物に思わせ、幸と明青を離すことで、あのラストへと持って行っているのだ。まあこのラストは先が読めると言えば読めるし、ご都合主義も甚だしいと言えばそうだが、まあこのくらいミラクルでも起さないと“日本ラブストーリー大賞”なんていう大層な賞は取れないんだろう。まあ高校生がレ○プされるとか、病で死ぬとかいう安易に涙を誘う展開にする携帯小説なんかよりはリアリティがなくてもよほどマシだ。

と言う感じで、ご都合主義が甚だしい展開の作品ではあるが、沖縄の自然を楽しむように、何も考えずに観ていれば、幸がなぜ明青に会いに来たのかという理由には驚かされるし、その驚きと共にラストは感動する作品だろう。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら(マウスオーバーすると…)!
      ↓
押して進もう!
製作年度 2009年
製作国 日本
上映時間 121分
監督 中井庸友
原作 原田マハ
脚本 大島里美
音楽 池頼広
出演 玉山鉄二、マイコ、勝地涼、尚玄、瀬名波孝子、宮川大輔、ほんこん、伊藤ゆみ、白石美帆、高岡早紀、沢村一樹

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

2009/2/5、よみうりホールでの開催。 おおよそ、試写会と言うものは(と言うほど大げさなものではないけど) 女性の比率が高いものだが、今日は特に女性が多かった。 パッと見90%以上が女性、数えたわけではないが95%が女性だった、 としておこう。 舞台にはポス
-----ほんとうは、 今日はとてもお話しする気分になれないニャ。 いや、映画のせいではなくて、 人が生きているうえで、一生あるかないかの大災難に えいとフォーンは見舞われたニャ。 いま、こうしてしゃべっているのが不思議なほど。 でも今日は火曜日。 カタログハウス...
\'09.02.19 『カフーを待ちわびて』(試写会)@九段会館 これは気になった。何故なら玉鉄好きだから(笑) yaplogの試写会に応募。当選したのでバレエのお稽古サボって行ってきた! 「沖縄の離島で小さな日用雑貨店を営む明青。友達と行った神社でふざけて書いた絵馬
カフーとは沖縄の言葉で、良い知らせの意味。南の小島で雑貨店を営む地味な青年・明青は、神社の絵馬に、戯れで「嫁に来ないか。幸せにします」と書く。ある日、美しい女性・幸がやってきて、いつのまにか同居をはじめるが、彼女にはある秘密があった。純愛ロマンスにリア...
第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同名小説を映画化。 沖縄を舞台に一組の男女の恋物語を描く。沖縄の離島で雑貨店を営む明青は、愛犬カフーと毎日をのんびりと平凡に 暮らしていた。そんなある日、明青のもとに一通の手紙が届く。 手紙の内容は以前、明青が縁結びで..
主演は3月7日公開予定の『ジェネラル・ルージュの凱旋』に出演する玉山鉄二、共演は『山のあなた~徳市の恋~』で徳市が恋する女性を演じたマイコ。本作は第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した原田マハの同名の小説が原作です。『山のあなた~徳市の恋~』でマイコに...
公式サイト。原田マハ原作、中井庸友監督、玉山鉄二、マイコ、勝地涼、尚玄、瀬名波孝子、宮川大輔、ほんこん、伊藤ゆみ、白石美帆、高岡早紀、沢村一樹。「山のあなた~徳市の恋~」のマイコがここでも素性の知れぬ美女を演じる。マイコだけでも観る価値のある映画。沖縄...
第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した原田マハ先生の小説を映画化したこの作品。沖縄の孤島を舞台にしているからだけではない、ゆっくりとした流れと春のような温かな雰囲気がとても心地よく、その雰囲気のなかで進む恋愛話だけではない本当の「ラブストーリー」に凄く...
本屋さんで原作本を見かけるたびに読んでみようかと迷ってたんですが、とりあえず映画を先に観ようと公開を楽しみにしていました。玉山鉄二さんとマイコさん主演の沖縄ラブストーリーです。監督は『ハブと拳骨』の中井庸友さん。『ハブと拳骨』はイマイチ相性が悪かったん...
カフーを待ちわびて  2/28(土)TOHOシネマズ キレイな顔の男前と抜群にスタイルのいい美人 そして、限りなく美しい海と優しさが漂う風景があれば ただただボーッと観てられちゃうものなのねー ゆったりとした時の流れを感じるような空気も心地良い
□作品 オフィシャルサイト「カフーを待ちわびて」□監督 中井庸友 □脚本 大島里美 □原作 原田マハ□キャスト 玉山鉄二、マイコ 、尚玄、宮川大輔、白石美帆、勝地涼、瀬名波孝子、ほんこん、伊藤ゆみ、高岡早紀、沢村一樹■鑑賞日 3月1日(日)■劇場 TOH
絵馬に返事が来ました。 製作年度 2009年 上映時間 121分 原作 原田マハ 『カフーを待ちわびて』(宝島社刊) 脚本 大島里美 監督 中井庸友 音楽 池頼広 出演 玉山鉄二/マイコ/勝地涼/尚玄/宮川大輔/白石美帆/高岡早紀/沢村一樹 第1回日本ラブストーリー大賞を受賞した同...
[カフーを待ちわびて] ブログ村キーワード   沖縄の、ある小さな島を舞台にした、チョット不思議なラブ・ストーリー「カフーを待ちわびて」(エイベックス・エンタテインメント)。沖縄の自然、そして何故か緩やかに流れる時間。優しい“恋愛おとぎ話”です。  
絵馬に返事が来ました・・・。 しかもいきなり「お嫁さんにしてください」って。 びっくりびっくり。 しかもめちゃキレイなお姉さん。 最初こそンなアホな~と思いつつ、 結局はカフー(よい知らせ)として 彼女を家に迎え入れちゃう。 そこから話は動き出すわけですが・..
玉山鉄二、マイコ主演の『カフーを待ちわびて』を新宿バルト9で観てきました。 ちょうどシネマチネ料金で観られたので、お得でしたー。 そして予感はしていたけれど、めちゃくちゃ自分好みの作品でした。作品の中盤で何度泣かされたか。。。 ******************** ...
カフーとは、犬の名前でもあり、ここの方言で幸せという様な意味もあるんですね。
カフーを待ちわびて 島の青年が書いた絵馬「嫁に来ないか」を見て 何処かイワク有り気な女性がやって来る... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)...

Comments

こんにちわ
確かにご都合主義だらけですけど、それでもこの映画が持つゆったりとした雰囲気が凄く好きです。
夏の沖縄を舞台にしているのに、どこか冬の寒さもまだ少し残るような春みたいな雰囲気を感じさせてくれたのは素敵だと思いました。
 

にゃむばななさんへ

内容はともかく雰囲気が良い映画でしたね。
にゃむばななさんがおっしゃる通り、沖縄なのに妙な季節感があった気がします。
 

Leave a Comment


11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。