Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フェイクシティ ある男のルール


Category: 映画 は行   Tags: ---
ストーリーとキング(黒幕)すぐ分かる

Street_Kings

【Story】
ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯人を取り逃がしてしまう…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【感想】
コンニチハ!最近ノキアヌ作ハダイジョウブ?

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking


キアヌ・リーヴス演じるラドローがパートナー殺しの犯人を追っていくストーリー。犯人を追っていきながらそう簡単には見つけられず、どんどん何者かの陰謀にはまっていくという展開なため結構期待していたのだが、どうも期待はずれの作品に仕上がっていた。

前述通りストーリーは面白いのだが、誰がストリートキングなのかが容易に分かってしまうということと、キアヌがどうもこの役には合わないという2点からこの作品の面白さが半減してしまっていたように感じた。

まず前者、これはジェームズ・エルロイの脚本の特徴だから仕方がないのだが、本作はそれが顕著であったように思う。この作品のように、犯人を最後に明かす展開のストーリーだと、犯人が分かってしまった段階から早くラストを知りたいと思うため、どうしても全体のテンポが落ちてしまう。そうなってくるといくら映像でスタイリッシュにハードボイルドに見せようとも、“退屈”という二文字が浮かび上がってきてしまうのだ。その点でフォレスト・ウィッテカーは本作では抜群の存在感で演技をしていたと思う反面、オスカーという称号が本作では完全に邪魔となってしまっていただろう。もしこれがアミン大統領をやる前だったらまだ良かったのだが・・・。

そして後者のキアヌについてだが、このラドローという役はキアヌがやるべき役ではないように思う。俳優によってはカメレオンのようにどんな役にでもなりきれる器用な俳優がいることは確かなのだが、キアヌのように『コンスタンティン』や『マトリックス』で築き上げてしまったイメージが強い俳優には、この役のようなハードボイルドはマッチしない。“”を感じるような役はキアヌには絶対に合わないのだ。役の観点から言えば『地球が静止する日』の方が余程適役だったように思える。

以上2点より、この作品は期待が大きかった反面、若干残念な仕上がりであった。キアヌ・リーヴスのファンやハードボイルド系のテイストが好きな人以外は敢えて鑑賞する必要がない作品だろう。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら(マウスオーバーすると…)!
      ↓
押して進もう!f
原題 STREET KINGS
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 109分
監督 デヴィッド・エアー
製作 ルーカス・フォスター、アレクサンドラ・ミルチャン、アーウィン・ストフ
製作総指揮 アーノン・ミルチャン、ミシェル・ワイズラー
原案 ジェームズ・エルロイ
脚本 ジェームズ・エルロイ、カート・ウィマー、ジェイミー・モス
撮影 ガブリエル・ベリスタイン
編集 ジェフリー・フォード
音楽 グレーム・レヴェル
出演 キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、、コモン コーツ ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス、マイケル・モンクス、クリー・スローン

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

コピペのあらすじ 目覚めた瞬間から片時も銃を離さず、亡き妻のぬくもりを振り払い、現場に向かう前にはウォッカのミニボトルをあおる。そして犯人に容赦なく向ける銃口―。ロス市警のラドロー刑事は正義のためなら手段を選ばず、誰もが嫌がる闇の仕事に手を染めてきた。...
 映画の話 ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、かつてのパートナーを目の前で殺されたあげく、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、単なる殺人では終わらず、事件の裏には巨悪の陰謀が隠されていた。ラドローは踏みにじられたプライドを...
2009/2/3、神保町の一ツ橋ホールでの開催。 18:00会場、18:30開映。 18時過ぎに着いたが、入場が開始されて間もないところだった。 まずまずの入りで最終的には8、9割の入りか。 前から数列目に陣取る。 会場全体の作りは前席が気になる傾斜のはずだが、 ...
(原題:Street Kings) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----ニャンだか、最近はお喋りの頻度が減っていニャい? 「あらら。気づいたか。 ちょっと、ある理由があって
デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク主演で、 ロス市警を舞台に2人の刑事が警察の汚職に危険を顧みず立ち向かう姿を描いた『トレーニング・デイ』や 『S.W.A.T.』の脚本家デヴィッド・エアーが監督、 『L.Aコンフィデンシャル』の原作者で、 犯罪小説の巨匠ジェー...
 前作「地球が静止する日」に続いて、キアヌの主演作が公開!「フェイクシティ ある男のルール」(20世紀FOX)。スクリーンで、しばらく見ないと思ってたら今度は連チャン。あ、でも今度は来日してのラーメン屋巡り…もとい!キャンペーンはないようですね(^^;。 ...
悪役になりきれていない人たちが集まったような映画でした。正直主人公のダーティーぶりもどこか物足りなく、黒幕も始めから臭さが漂ってばかり。映画としては決して面白くないものではないのですが、これが『L.A.コンフィデンシャル』の原作者が書き下ろした脚本と聞くと...
 『最期に頼れるのは、 魂か、弾丸か。』  コチラの「フェイク シティ ある男のルール」は、昨年末に「地球が静止する日」が公開されたばかりのキアヌ・リーヴスが極限に挑んだ2/14公開のPG-12指定のクライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪
原題:STREET KINGS公開:2009/02/14製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:109分鑑賞日:2009/02/14監督:デヴィッド・エアー出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモンコーツ、ザ・ゲーム、マルタ・イガレー
監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモンコーツ、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス 評価:79点 相変わらずかっこいいキアヌだけど、アップになると少し老けた....
ロサンゼルスを舞台に元相棒だった制服警官の殺人事件に遭遇したベテラン 刑事が捜査を進めるうちにその背後にある陰謀に巻き込まれる様を描いた クライムアクション。ロサンゼルス市警のベテラン刑事トム・ラドローは、正義のためには手段は 選ばないし、犯人の人権なんて..
☆予告編の印象では、もうちょいネチっこい復讐系の作品だと思って、相応の気構えで映画館に入ったのだが、現代の刑事物と言う舞台設定もあり、ハードボイルド臭も、クライムサスペンス臭も控えめで、小気味いい作品として楽しめた。  印象として、『ダーティー・ハリー...
ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、正義のためには手段を選ばない。 その強引なやり方が同僚たちから問題視さ...
「地球が静止する日 」は、いまいちだったけど。 予告編では、かなり面白そうだったので、「フェイクシティ ある男のルール 」を鑑賞。 でも、「地球が静止する日 」も、予告編は面白そうだったけど^^; 「UCとしまえん 」は、人が少ない感じ。 「フェイク
公式サイト。原題:STREET KINGS デヴィッド・エアー監督、キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモン、ザ・ゲーム、マーサ・ヒガレダ。邦題の「フェイクシティ」=fake city(偽の都市、模造都市)というのは、主演のキア
「地球が静止する日」は、いまいちだったけど。 予告編では、かなり面白そうだったので、「フェイクシティ ある男のルール」を鑑賞。 でも、「地球が静止する日」も、予告編は面白そうだったけど^^; 「UCとしまえん」は、人が少ない感じ。 「フェイクシティ ある男の...
「フェイク シティ ある男のルール」、観ました。 ロサンジェルスの刑事トム・ラドローは不幸な過去のために破滅的な捜査を繰り返しし...
試写会で 観てきました。「フェイクシティある男のルール」公式サイト極限状態に追い込まれたベテラン警官の孤独な闘いと葛藤。「L.A.コンフィデンシャル」はじめジェームズ・エルロイ好きだしちょっと期待してました~思ったとおり(?)汚職警官の話で「黒幕は誰か?!...
ジェームズ・エルロイの原案・脚本らしいクライム・サスペンスだ。クールで無表情なイメージのキアヌ・リーブスが、強引な手段で“正義”を行う野生味あふれる刑事を演じるのが新鮮。ロス市警の刑事ラドローは、その過激な捜査で署内でも煙たがられるアウトロー。上司のワ...
主演は『地球が静止する日』のキアヌ・リーブス。共演には『バンテージ・ポイント』で大統領暗殺の目撃者の一人を演じたフォレスト・ウィッテカー。内部調査部の刑事として登場するビッグスは私の好きなTVドラマ『ドクター・ハウス』シリーズで主人公を演じているヒュー...
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。 原題 STREET KINGS 製作年度 2008年 上映時間 109分 脚本 ジェームズ・エルロイ 、カート・ウィマー 、ジェイミー・モス 監督 デヴィッド・エアー 出演 キアヌ・リーヴス/フォレスト・ウィッテカー/ヒュー・ローリー/クリス・エヴァ
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。 原題 STREET KINGS 製作年度 2008年 上映時間 109分 脚本 ジェームズ・エルロイ 、カート・ウィマー 、ジェイミー・モス 監督 デヴィッド・エアー 出演 キアヌ・リーヴス/フォレスト・ウィッテカー/ヒュー・ローリー/クリス・エヴァ
公開日に劇場に行きましたが、、、【story】ロス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、正義のためなら手段を選ばず、誰もが嫌がる闇の仕事に手を染めてきた。そんな時、かつてのパートナーを目の前で殺され、その犯人を取り逃がしてしまう。ところが、それは
最期に頼れるのは、魂か。弾丸か。
「フェイクシティ ある男のルール」を観てきました~♪ LAPDのトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーブス)は、犯人逮捕のためなら銃殺さえ厭わない捜査方法が、同僚からも敵視され、調査部からも目をつけられていた。或る日、勝手のパートナーを目の前で殺され、その殺人...
「フェイクシティ」★★★ キアヌ・リーヴス 、フォレスト・ウィッテカー 、ヒュー・ローリー 、クリス・エヴァンス 主演 デヴィッド・エアー 監督、2008年、アメリカ、109分 「悪をやっつけるためなら、少々の過剰は 許されると思っていた主人公は、 仲間の裏...
邦題:フェイク シティ ある男のルール 監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモン、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス、ジェイ・モーア、ジョン・コーベット、アマウリ...
邦題:フェイク シティ ある男のルール 監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモン、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス、ジェイ・モーア、ジョン・コーベット、アマウリ...
今回観たのはキアヌ・リーヴス主演のクライムサスペンス、『フェイク シティ ある男のルール』。 いやー、久しぶりにキアヌはかっこいい役をやってますねー。 ******************** “LA暗黒四部作”などで知られる犯罪小説の巨匠ジェームズ・エルロイが書き下
あらすじロス市警のラドロー刑事は、事件解決のためには手段を選ばず、強引なやり方を貫き通す男。上司のワンダー警部だけは彼を理解し、かばってくれていた。そんな時ラドローは、かつてコンビを組んでいたワシントン刑事が彼の違法捜査を密告していることを知る・・・。...
キアヌが今回は普通に人間だった(^^ゞ
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。
今日は夕方から夜勤です。明日の夜は職場の忘年会なので(夜勤シフトがあるので毎年最終日にしか忘年会が出来ないんですよね私の職場って{/face_ase1/})…夜勤の私は今日が仕事納めの予定です{/face_nika/} …やっぱり明日は昼から出勤してくれなんて言われないといいな...
レディースデーで かなり満員の中、唯一空いていた作品です 内容は面白かったですな あーゆー刑事もんは好きです、いっこずつ潰していって最後には黒幕を突き止めるっちゅーやつま、難点と言えば 一番初めから 黒幕が誰かって想像がつくちゅーかもうはっきり言って ...
監督 デヴィッド・エアー 主演 キアヌ・リーヴス 2008年 アメリカ映画 109分 アクション 採点★★★★ 顎で使われる人って、どんな場所でもたとえそれが初対面の人であっても、いきなり顎で使われ始めちゃうんでしょうねぇ。使う側としては、やっぱり初対面でも「…

Comments


TBありがとうございます。

黒幕を早い段階で明かすのが、
>ジェームズ・エルロイの脚本の特徴
なんですか、なるほどね。
セリフでも散々「キング」って言ってましたし。

ちょっと演技がわざとらしかった。

キアヌのキャスティングについては、
他にも異論を唱えている方がおられました。
確かに設定だけでなくちょっと浮いていた気も、、。
 
こんにちは。
こんにちは。

確かに「キング」が誰かは読めますね。
この映画、最初の方がノレなかったです。
キアヌが演じる主人公があまりにも
単純バカ。
その彼の、ちょっぴりだけの成長史としてみてました。
 

daiさん

コンニチハ!(キアヌ風)

あはは★ほんと最初のひとことその通り~!^^
黒幕はバレすぎですよね~
意外性もなくてしらけちゃいました
キアヌに全く興味ないから余計に展開にも惹かれなかったのかも、、、、
ほんと最近の作品キアヌ、大丈夫?って感じですー
 

KGRさんへ

ジェームズ・エルロイの脚本の特徴と書きましたが、
彼の作品はどんでん返しというより最初っから
見せているので今回もいつも通りかと思ってしまい
ました。

キアヌはもっと無機質なキャラクターが合う俳優
なので本作のようなキャラは浮いてしまいますね。
 

えいさんへ

こんにちは☆

えいさんは最初が乗れなかったんですね。
個人的にはまだ最初の差別満載の台詞が
意外とハラハラして良かったんですがw
その後は・・・バカの成長史ですね。
 

migさんへ

コンニチハ!

黒幕を最初っから出した割にはどうってことない
ドラマでしたね。これはキアヌファン以外は無理
ですよw
 
キアヌ・リーヴス
キアヌは感情の起伏が少ない役だといい感じになりますよね。
『地球が静止する日』や『ギフト』こそが彼の代表作と言ってもいいのでは?と思います。

でも個人的に彼の代表作といえば、今でも『マイ・プライベート・アイダホ』なんですけどね。
 

う~ん、確かに先の展開は読めちゃったのですけどね~。
途中クリス・エヴァンスと一緒に捜査するようになったり、
ヒュー・ローリーが何をたくらんでるのか
あたりで結構楽しめたのかなぁ。
あたしは終始結構面白く観れましたよ~。
 

こんばんは♪
あっ私も役としては『地球が静止する日』のような役どころのほうがあってるように思います。
でも不良な刑事という設定は好みだしキアヌは好きなのでそれはそれで楽しめました。
ただ黒幕がわかりやすいのはいかがなもんかと・・・
この手のお話は出尽くしたんでしょうかね。
 

にゃむばななさんへ

> キアヌは感情の起伏が少ない役だといい感じになりますよね。
> 『地球が静止する日』や『ギフト』こそが彼の代表作と言ってもいいのでは?と思います。

あのビジュアルは感情をだしてはいけませんねw

> でも個人的に彼の代表作といえば、今でも『マイ・プライベート・アイダホ』なんですけどね。

渋いところをつきますね。でも私も結構好きな部類です☆
 

miyuさんへ

miyuさんは楽しんだようですね☆
企みや捜査部分は面白いはずなのですが、
黒幕が分かっていたのが”どうせ”という
感覚を生んでしまい楽しめませんでした。
 

ゆかりんさんへ

こんにちは♪

黒幕が分かるというのは致命傷ですね。
もう一捻りほしかったです。
 

キアヌらしくないって、そりゃフェイク・キアヌだから。
 

佐藤秀さんへ

フェイク・キアヌですかw
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。