Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



D-WARS ディー・ウォーズ


Category: 映画 た行   Tags: ---
ドラゴンさえあればプロットなどいらない!

D-WAR

【Story】
ロサンゼルスにクリーチャーが突如現れ、街中を破壊し尽くしていた。現場を取材していたリポーターのイーサン(ジェイソン・ベア)は、この惨事が少年時代に聞いた500年前の伝説と関係するのではないかと思い出す…。

評価 ★☆☆☆☆(1.6P)

【簡易感想】
NYタイムズの「ドラゴンさえあればプロットなどいらない」という文が、まさにぴったりな韓国製米国映画。CGを駆使した米軍と恐竜のような怪獣たちが必死こいてL.A.で戦うシーンの迫力はそれなりにあるし、最後の巨大ヘビ同士の闘いは、『トランスフォーマー』のような“どっちがどっち”だという分かりづらさはあるにしろ、それなり(*ここ重要)に観ることができた。ただ映画はCGだけで作るものではなく、ストーリーや俳優など、構成部分として重要となるものがあることをこの監督はたぶん知らないのだろうと感じるくらいの酷さが溢れていた。だいたいストーリーはご都合主義が甚だしいし、役者には魅力どころか、演技力すら感じない。その他の部分も笑いというか苦笑という言葉で表現するのがふさわしい演出の数々…。なんでもこのクソ作品、韓国の2007年観客動員数1位作品らしく、さらに言えば歴代でも5位に入るヒットを記録した作品らしい。まあこんな駄作がヒットするうちは、韓国のウォン安なんかはいつまでたっても止まらないだろう!!Ranking

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking_orange.gif

 more...の前にRanking



原題 D-War
製作年度 2007年
製作国 韓国
上映時間 90分
監督 シム・ヒョンレ
製作 ジェームズ・B・カン
製作総指揮 シム・ヒョンレ、キム・ウテク
脚本 シム・ヒョンレ
撮影 ヒューバート・タクザノウスキー
編集 ティム・アルヴァーソン
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
出演 ジェイソン・ベア、アマンダ・ブルックス、ロバート・フォスター、エイミー・ガルシア、クレイグ・ロビンソン、クリス・マルケイ、ジョン・アレス、エリザベス・ペーニャ、ビリー・ガーデル、ホームズ・オズボーン、ニコール・ロビンソン、ジェフリー・ピアソン

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら!
        ↓
blogranking
テーマ : 韓国映画    ジャンル : 映画

Trackbacks

公式サイト。シム・ヒョンレ監督、ジェイソン・ベア、ロバート・フォスター、エイミー・ガルシア、クリス・マルケイ。500年にわたる欧米列強支配から目をさました龍“アジア”が覇権を回復することを宣言し、ロサンゼルスに殴り込みをかけた大胆で野心的過ぎるのが売りの
(原題:D War) ----ニャに、この映画。 まったく聞いたことないけど……。 「う~ん。それはぼくも同じ。 でもこれが意外と有名な映画らしいんだ。 2007年度韓国観客動員数No.1。 NYタイムズ読者の検索映画でも これまたNo.1なんだ」 ----NYタイムズはわからニャいでも
韓国映画界が本気を出したと噂のSFムービーだが、物語があまりにおそまつで脱力する。LAに突如ドラゴンが現れ破壊の限りを尽くす。イーサンは少年の頃に聞いた伝説を思い出し、世界を救う運命の女性・サラを見つけるが、邪悪なモンスター軍団も彼女を狙っていた。ファ...
韓国のシム・ヒョンレ監督が、米を舞台に怪獣映画「D-WARS ディー・ウォーズ」を作った。韓国の民話をベースに、輪廻転生を盛り込み、ロスに舞台した意欲作です。 物語:LA郊外の広範囲な地面陥没事件を取材していたTVリポーターのイーサンは、現場で鱗状の化石を目...
どこかで見たことある映画の寄せ集めといった雰囲気でしたが、やっぱりサラという女性を執拗に追いかける『ターミネーター』が・・・
予告編を観た印象では、B級っぽいモンスターパニック映画って感じだったけど、どんな映画なんだろと思って調べてみると監督したのは韓国のシム・ヒョンレという怪獣映画や特撮映画を撮ってきた方らしいんですよね。私は1作も観たことないんですけど、この分野では有名な...
韓国映画だが、竜(悪者役の配役の方)の前駆体?(デカクテ素早い蛇みたいなの)やその手下の護衛兵や恐竜みたいなのが暴れまくるのがロサンゼルス。人間と戦うのは圧倒的に悪役のが強く描かれてるのだけれど、それなりに一方的ではなく人間側が善戦?してるのと、動きが...
今週の平日休み3本目も「TOHOシネマズららぽーと横浜」で、 まだまだ貯まってるポイント使ってタダ観。 ばりばりのハリウッドのB級怪獣映画かと思いきや、 シム・ヒョンレっていう韓国人監督のアメリカ進出作のよう。
「D-WARS ディー・ウォーズ」、観ました。 500年の時を経て善龍と悪龍の争いがロサンゼルスで勃発する。戦いの鍵を握る男女が運命に抗おう...
 今日は韓国産の怪獣映画「D-WARS」を観てきましたよう!  古代から韓国にはイムギという伝説の生き物がいました。イムギの中で善良なものが500年ごとに選ばれ、天から与えられるヨンギュというものの力を借りて龍へと変身する。  しかし500年前、邪悪な...
  韓国映画だったのね、今知ったわ旦那が映画館で予告編を見て 是非とも観に行きたい と言うもんで観に行ってんけど いかがなもんでしょ(-.-) 今年一番の なんだかなぁ 作品でした。 旦那も 時間無駄にしたと 観終わった後に言っていた  ってか誘ったのあ...
『D‐WARS ディー・ウォーズ』 【出演】 ジェイソン・ベア、アマンダ・ブルックス、 ロバート・フォスター、エイミー・ガルシア...

Comments


さすが韓国製映画は押しの強さが強すぎますね。
私は気弱なのでここまで酷評する勇気なかったです。
 

佐藤秀さんへ

韓国の押しの強さは尋常ではないですね。
私はダメなものはどうしてもオブラートに包めない性質なので。
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。