Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



WALL・E/ウォーリー


Category: 映画 あ行   Tags: ---
ツンデレとダメ男ロボットを通しての人類への警告

WALL・E

【Story】
西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れる…。

評価 ★★★★☆(4.3P)

【感想】
『エイリアン』と『WALL・E』の船内コラボ。

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking



最近は自分の部屋を勝手に掃除してくれる円盤型の掃除機が存在するようだが、今回の映画の主役であるWALL・Eは、まさにそんな掃除機の未来版と言える存在である掃除ロボットだ。まあ未来版ロボット言っても、流暢に会話ができるわけではなく、CMでお馴染みの「WALL・E~」と自分の名前を言えるぐらいのプログラムであり、ただただ人間が居なくなった地球を700年間掃除しているのだ。しかしそんなことを700年もしていると、ロボットも進化する(バグをおこした?)らしく、掃除以外での自分の住まいにしているシェルターで映画を観ているうちに“感情”というバグが生じ、ゴミの中から綺麗なものや、廃れた地球に生えた植物を拾ったりと、ロボットなのに人間ぽい行動をするようになる。

そんなある日、宇宙船に乗って地球の現状を調査に来たクリオネのようなロボットのEVEとWALL・Eは出会い、徐々に仲良くなっていく。このEVEというロボット、驚いたり怒ったりするとすぐに右手を水平にし、ビームを発射するという猟奇的なロボット。そんな性格も容姿も違う2体の触れ合いが何とも微笑ましく描かれている(+ゴキブリも参加)。そんな中でWALL・EはEVEに怯えながらもEVEのことを好きになり、EVEもWALL・Eを次第に好きになっていく。ベースとして、チャップリンの『町の灯』を用いているらしいので、ロボットが恋愛という一見おかしな組み合わせでも、チャップリン映画の真髄のため、これと言って違和感なく観ることができた。ここら辺の作り方は流石ピクサーだと感心させられる。

さてそんな恋愛映画の一面を持つ本作ではあるが、この映画はもう一つの見方として、人間に対しての警告が大いに感じられる作りとなっている。劇中ではWALL・Eを置いて荒れ果てた地球を捨てた人間達が変わり果てた姿で後半に登場する。まあピクサーなのでそこまでおどろおどろしく人間を描かないが、そんな生活をしていればそうなるだろうというような進化(劣化)を果たした姿だ。まずこれ自体が、今の便利な社会に対して順応してしまっている人間に対しての警告のように感じた。日本でもメタボメタボと騒いでいるが、本国アメリカではジャンクフードや万年の運動不足で日本以上に肥満が大問題となっているのだ。便利な反面、人間として最低限維持すべきところを維持しろという注意喚起のように感じられて仕方がなかった。そしてもう一つ、地球を捨てるきっかけとなった地球環境の破壊についてだ。私自身エコエコと口だけで騒いで、高いエコバッグや高いマイ箸なんかで「私は地球にやさしいのよ」なんて気取っている人は信用しないにしても、個人個人がきちんとした基準で地球環境を守る努力は必要だと考えている。まあ個人の努力は微々たるものでも、塵も積もれば精神でしないより、する方が良いであろう(まあ私も偉そうなこと言って特にしていないのだが・・・汗)。これら双方とも自己が行動することで解決に繋がる問題だ。だからこそ、この子供から大人まで楽しめる映画を通して、これらの問題提示をしたこの作品の出来というのは素晴らしいと感じた。

という感じでロボットの純愛を通してのストーリーの良さもさることながら、人間への注意喚起に関しても言葉で言うとなかなか説教臭くなりそうなことであるが、この作品を通して観ると決してそこまでは説教臭くなっておらず、すんなりと観ることができた。こういう仕事はピクサーにしかできない仕事であろう。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら(マウスオーバーすると…)!
     ↓
押して進もう!f

原題 WALL・E
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 97分
監督 アンドリュー・スタントン
製作総指揮 ジョン・ラセター、ピーター・ドクター
脚本 アンドリュー・スタントン
音楽 トーマス・ニューマン
声の出演 シガニー・ウィーバー、ジョン・ラッツェンバーガー

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

子供から大人まで誰でも安心して見れて、淡い恋愛物語+地球や環境の事について描かれている、とっても良い内容の映画。しかしながら、私は...
(原題:Wall-E) ----これはフォーンも観たいニャあ。 人間たちが見捨てた地球で、 たったひとり700年間も働き続けてきた ゴミ処理ロボットのお話ニャンでしょ。 「ほほ~っ。 さすがによく知っているね」 ----あれだけ予告が流れていたらね。 でも、このウォーリーって...
もうCGアニメという冠は不要。映画はアイデアと脚本とそれを活かす演出次第であって、CGは単なる表現手段に過ぎないという事をこの作品はあらためて見せつけてくれたからです。
(原題:WALL-E) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「バグズ・ライフ」と「ファインディング・ニモ」を手掛けたアンドリュー・スタントン監督の、ピクサー・アニメ最新作。 地球に取り残された掃除用ロボットの淡い夢が叶うまでを描いた、ハートウォーミン...
地球にたった一人残された働き者の夢は…。 ぽちっとプリーズ。 WALL-E [Original Score]
 『それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―』  コチラの「WALL・E ウォーリー」は、29世紀人類が見捨てたゴミだらけになってしまった地球を、700年もの間、たったひとり?で働き続けたゴミ処理ロボット”ウォーリー<WALL・E>”の冒険を描いた12/5公開のハートフル・
ウォーリーと言っても、あのメガネでシマシマの服の人ではない。 「Waste Allocation Load Lifter Earth-Class」の頭文字をとったウォーリーは、ピクサー...
スッキリ!!に登場したディズニー映画「WALL・E」のキャラクター「ウォーリー」のラジコンです。
人間達が見捨てた29世紀の地球。ただひとり残されたゴミ処理ロボットの『WALL・E/ウォーリー』。700年後の地球と人類の姿、“未来で独りぼっち”のウォーリーの姿に切なくなる。 攻撃的で常に冷静沈着な女性ロボットのイヴと、 どんな時も「彼女と手をつなぐ事」し...
小さなロボが人類を救う。  
●ストーリー●西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが宇宙船...
公式サイト。アンドリュー・スタントン監督、 フレッド・ウィラード。29世紀、金属廃棄物を立方体に固めて積み上げたスカイスクレーパーが林立している。まるで金属の蟻塚のようだ。その蟻の役割をしているのがたった1台残った廃棄物処理ロボット、ウォーリー。WALL・Eと
WALL.E 11/4@ウォルト・ディズニー・ピクチャー試写室 しあわせーな気持ちになるディズニー作品 本作“WALL・E”も見終わった後に 包み込まれるよなやわらかい幸福感が待っている 前半はほとんど台詞らしきものはない 言葉ではなく感情を音や動作や表
随分早い段階からTVでもバンバン宣伝していた、「WALL・E」。観てきましたよ。 でも、宣伝量からは、本質が判らないようになっていたのね、やるなピクサー。 ただ、ロボット「ウォーリー」は見かけていたあのまんまのドジな可愛らしさでした。 実家にお掃除ロ...
西暦2700年の地球。 宇宙に逃れた人間が残したゴミを、 700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。 ある日...
この土日が珍しく、仕事が休みで連休なので、家にこもってDVD鑑賞に明けくれようかと思ったので、昨日の夜は仕事が終わったその足で、新宿ピカデリーで『WALL・E/ウォーリー』を観てきました。 公開初日だからどうかなーとは思ったけれど、激混みすることもなかったので...
金曜日公開の「WALL・E/ウォーリー 」をレイトショーで。 ピクサーにはずれはなさそうだから、楽しみにしてました^^ 「UCとしまえん 」は、平日のレイトショーだというのに、意外と人が。 なんせ、チケット売り場に列ができてたもんなぁ^^; 「WALL・E/ウォー
動物モノの3Dアニメってイマイチ馴染めないところがあるんだけど、この『WALL・E』は初めて劇場予告編を目にしたときに何だかワクワクしてきちゃいました。アースカラーが中心で色彩的に落ち着いてるのが大きいけど、未来世界でのロボットの物語というのは3Dアニメにとて
金曜日公開の「WALL・E/ウォーリー」をレイトショーで。 ピクサーにはずれはなさそうだから、楽しみにしてました^^ 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーだというのに、意外と人が。 なんせ、チケット売り場に列ができてたもんなぁ^^; 「WALL・E/ウォーリー」は、大...
Wall-E baseball com Eve [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEuL8njz+IoqI/+SfE8mGDA2xS4P1czEhKQSAO0hD/o=] なぜ、ウォーリーは、あんなにZIPPOのライターを集めるのか? こんな時に、って時にイヴと手をつなごうとするKYなところが面白い。 と、いうわ
監督:アンドリュー・スタントン 出演(声):ベン・バート、エリサ・ナイト、シガニー・ウィーヴァー 評価:95点 素晴らしい。 さすがPIXER。映像もストーリーも演出も、そして登場人物たちのキャラも完璧だ。 大気も土壌も汚染され、廃棄物以外の生物がいな...
☆仕事が年末に向けて異常に忙しい。  本来なら公開日(金曜)に観に行きたかった『ウォーリー』だが、日曜にやっと見られそうだったが、日曜も出勤となり、でも、おかげで、土曜が早くあがれて、レイトショーを鑑賞できた^^  ちなみに、明日の出勤も、午前10:0...
未来の物語には、ロボットや機械は欠かせない存在ですね。 未来どころか、現代の私たちの日常生活だって、相当機械に依存してまいます。 そうして、自分愛用のPCだの携帯だの、そうしたガジェットにはそれなりの愛着も湧くもの。 でも、この映画を観て、ちょっとこれは...
 アメリカでもプチプチつぶすのね?(笑)
 「カーズ」、「レミーの美味しいレストラン」に続くピクサーの新作はまたも傑作。必
おぉ~!R2ーD2がいっぱい!! ポンコツ ロボでも、めちゃ頑丈!君のためなら大気圏も太陽の側もへっちゃらさ! ウォーリー、かあいいです...
ご存知、ディズニーのピクサー映画最新作{/m_0146/} 前にも言ったけど ピクサー作品では名作『トイ・ストーリー』と『モンスターズ・インク』が好き{/heart_orange/} 【ウォーリー】 ゴミを集めて積み上げていく仕事を700年間続けている最後のロボット。 気に入ったもの...
評価★★★★★ 映像は、もはや実写なみ! 遂にココまで来たかという印象だ。
まるでロボット版『小さな恋のメロディ』を見ているようでした。アナログでドジで純粋で愛くるしいウォーリーと、デジタルで優しくてしっかり者のイヴの愛に号泣しました。個人的にはこれまで見たディズニーピクサー作品の中では最高傑作と思える映画です。感動的なセリフ...
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:アンドリュー・スタントン 吹き替え:ベン・バート       エリッサ・ナイト       ジェフ・ガーリン、他 TIFF 特別招待作品 ■内容■  西暦2700...
WALL・E(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: アンドリュー・スタントン 名前は、ウォーリー。 700年間、ひとりぼっち・・・。 ディズニーピクサー、待望の新作。 人類が消えた地球で、ひとりぼっちでゴミ処理を続ける小型ロボット“WALL・E”。 そんな彼の愛と冒険の...
ウォーリー◆プチレビュー◆独創的なラブ・ストーリーに鋭い現代文明批判を組み合わせた秀作。ロボットのカップルが愛しい。 【85点】  29世紀、人類が去って荒廃した地球。ゴミ処理型ロボットのウォーリーは、700年間ひとりぼっちで作業を続けていた。ある日、そこに...
WALL・E彼の名はウォーリー地球型ゴミ処理ロボット。700年もの間、人間のゴミを片付け続けるーどんなときも、たったひとりで上映時間103分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2008/12/05ジャンルファミリー/SF/ロマンス【解説】人類に見捨てられ...
西暦2700年の地球に残されたゴミ処理ロボットの物語です。
あの声がしばらく離れません(^_^;)E.Tのイメージがあったんですが…違う!序盤、ウォーリーの動きとBGMがまたピタッと合って、可愛くてたまらない♪そしてこんなに感動するとは思ってませんでした。  『WALL・E / ウォーリー』    セリフが全くと言うほど  無い中...
西暦2700年・・・ひとりぼっちで地球のゴミをずーーーっと処理し続けてきたウォーリー彼はゴミ処理ロボット・・・誰もいない地球・・・人間は汚染された地球を見捨て宇宙に旅立ってしまっている。生き物は・・・唯一ゴキブリだけ・・・ウォーリーの夢は、いつか誰かと手をつ
ディズニー/ピクサーの待望の新作は、未来の地球が舞台。人類の消えたその場所で、孤独にゴミ処理を続ける小型ロボット“WALL・E” そんな彼の愛と冒険の物語が、切なくも温かい、懐かしくも新しい不思議な世界へあなたを誘います。 物語:人間たちが見捨てた、2...
今週の週末レイトショウは・・・ ディズニー・ピクサーの最新作・・・ 噂ではオスカーの長編アニメ部門じゃなくて、作品賞にノミネートされるのでは・・・ と評判の一品。 確かにずーーっと前から予告編流しいてるけど、 映像もキャラもなかなかの出来だし、面白そう...
日曜、八戸フォーラムに映画観に行って、1本目に観たのが、「252 生存者あり」、2本目に観たのが
ツンデレ乙女ロボットは人類を救えるのか? という事でディズニー嫌いのオジサンが始めて劇場でディズニーアニメを見てきました
12月7日(日) 21:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:600円(買っていない。小ぶりで貧弱) 『WALL・E/ウォーリー』公式サイト ピクサーの大人も子供も安心して見る事のできる手堅いアニメーション。 WALL-Eがショートサーキッ
「ウォーリー /WALL・E」★★★☆ シュテファニー・グラーザー 、ハイジ・マリア・グリョスナー 主演 アンドリュー・スタントン 監督、アメリカ、103分、2008年 宇宙へ脱出した人間に 置き去りにされたゴミ処理ロボットのウォーリーは お気に入りのミュージカ
「WALL・E」を観てきました~♪ 2700年の地球、汚すだけ汚して地球に逃れた人類のゴミを、地上でゴミをゴミを片付けるゴミ処理ロボットのWALL・E。或る日、宇宙からロケットがやってきて、イヴというロボットが現れる。ずっと孤独だったWALL・Eは、イヴに恋をするが・
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが
遥か未来。地球はゴミが溜まり過ぎて生物が暮らすことが出来なくなり、人類は地球を捨てて宇宙に旅立っていた。人類がいなくなって700年。ゴミ処理ロボットのウォーリーは、たった一人で地球のゴミを処理し続けていた。そんなウォーリーにはいつしか感情が芽生え、誰か...
それは、700年の孤独が生んだ≪奇跡≫
監督: アンドリュー・スタントン クサい事を言わせてください。<良い映画>っていうものはこういうものだって久々に思わされました。素直で純情で綺麗。一見子供映画、実は大人向けの社会批判、でも本当はとにかく良い作品。いっぱい詰まってます。色々詰まってます
『ウォーリー』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 既に人類が居無く成って700年を経過する地球の29世紀のお話。 その間、一体のゴミ処理ロボット《ウォーリー》が人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けているが。長い年月の間に、感情が芽生え、ごみ中
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!  人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙
「ウォーリー」 1000円@レイトショー なんでもかんでも 機械にまかせすぎちゃ・・・ 醜いデブ人間になっちゃうぞ(゜o゜)\(-_-) ロボットに 感情移入するのは 肌の触れ合いに飢えてる証拠だね あ~・・・ こんな微笑ましい....
●WALL・E/ウォーリー● ●監督:アンドリュー・スタントン ●製作総指揮 ジョン・ラセター他 ●脚本 アンドリュー・スタントン ●音楽 トーマス・ニューマン ●DATA; アメリカ公開/2008年6月27日  日本公開/同年12月5日  97分 ....
二人でプチプチ・・・
サウンドに注目♪
映画アニメ 「ウォーリー」 WALL・E を観ました          アンドリュー・スタントン監督(PIXAR) 2008年 アメリカ 観れる時にみないと!~と、観てきました♪ 面白かったです! 前半の地球でのシーンが特に好きだな♪ 後半は「ポニョ」と同じく深く突っ
原題:WALL・E Wall-Eとは"Waste Allocation Load Lifter-Earth Class"のこと、ただのゴミ処理ロボットではない~切なくも微笑ましいウォ~リィーとイ~ヴァの恋の物語~ 地球上のゴミをひたすら集めてはパックして塔に積み上げる、それがゴミ処理ロボットの
【監督】アンドリュー・スタントン 【声の出演】ベン・バート/エリッサ・ナイト/ジェフ・ガーリン/フレッド・ウィラード/マッキントーク/ジ...
「ウォーリー」、観ました。 たった一台で何百年も荒廃、汚染しきった地球で働き続けるロボット、WALL・E。そんなある日、宇宙に逃げた人...
『レミーのおいしいレストラン』の制作も務め、アニメーション監督としても、『バグズ・ライフ』、『ファインデイング・ニモ』に続き、着実にレベルアップしているアンドリュー・スタントン。 そして『WALL・E ウォーリー』を、『モ
  それは、700年の孤独が生んだ――   ■人間たちが見捨てた、29世紀の地球。そこに、700年もの間、ひとりぼっちで働き続けるゴミ処理ロボットがいた。名前は、”ウォーリー”。長い年月の中で、いつしか”感情”が芽生えた彼は、ゴミの中から”
 WALL・E  ゴミだらけで汚染された地球を離れ、人類が宇宙に暮らして700年。地上に残さ れたゴミ処理ロボット「WALL・E」は、一人(一台...
JUGEMテーマ:映画館でみました! 700年後の人類って・・・[:豚:]
【WALL・E】2008/12/05公開(12/30鑑賞)製作国:アメリカ監督:アンドリュー・スタントン声の出演:ベン・バート、エリサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラードジョン・ラッツェンバーガー、キャシー・ナジミー、シガーニー・ウィーヴァーまるでアイ・アム・...
▼動機 評判良さそう&「月イチゴロー」での低評価 ▼感想 これはすごいアニメだ ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)
新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m この作品は11月頃に ウォルト・ディズニー・スタジオ モーション・ピクチャーズ・ジャパンの 試写室で観たのです。 良かったので、帰りにスタッフの人に「面白かったです」と言っ
 去年の11月以降から色々あって、とでもじゃないけど映画館に足を運ぶ余裕も無かったんですが、昨日に祖母も四十九日法要が無事終わったので...
29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた。そ
ねずみの王国の映画はちょっと苦手なのですが Pixarアニメは好きなのです(笑)
       【WALL・E 】 【監督・原案・脚本】 アンドリュー・スタントン   【日本公開】 2008/12/05    【上映時間】 103分   【...
◆ウォーリーとイヴ(のつもり) 『WALL・E/ウォーリー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したCGの長編アニメーション映画です。 実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。 ●導入部の...
台詞がなくても、孤独というウォーリーの感情表現が 見事でした。しかし、長いこと、無音映画に慣れていない ため苦痛に感じる人もいるでしょうね。 音があることが普通と考えている。
【WALL・E】 西暦2700年を舞台に地球で一人暮らすロボットの一途な恋を描いた作品。 地球を脱出した人間に700年間置き去りにされて 荒廃した地球の片隅でひたすらゴミを回収し、固め
何らかの方法で全人類がごみだらけの地球から脱出したあとのストーリー? 意思をもつごみ掃除ロボットは毎日地球のごみ処理をしていた。 ...
それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―― 【関連記事】 ウォーリー 壁紙1 壁紙2 壁紙3 壁紙4 壁紙5 壁紙6
 ウォーリーのデザインを見て、1984年にニッカウヰスキーのCMで人気を博したロボット "アポジーとペリジー" が25年を経てついに映画化されたの...
ツタヤでブルーレイを借り、吹替えで観賞。予告編を観たくらいで、予備知識はほとんどなく観賞したが、前に観た同じディズニーのアニメ「カーズ 」がSD(DVD)でも映像が綺麗だったということがあって、今回HD(ブルーレイ)ということもあり期待して観た。実際見てみると、実...
管理人の承認後に表示されます

Comments


daiさん、こんばんは~
ピクサー作品、やっぱりいいですか~、、、、
これはあまり惹かれなかったんだけど
これまでのもいいのが多いし、やっぱり観ると思う^^
中身は読んでないので
観てからまた来ますね。

『バンクジョブ』も高ポイント!?
んー、今月は厳しいかもだけど12月入って
時間あったら観ようかな??^^
 

レビュー読んで、凄く興味が
そそられました。。

かなり面白そうだと感じました。

しかし、お金が、
DVDまで待つと思います(涙)。。
 

migさんへ

こんばんは★

この作品はストーリーがテンプレート通り
にも拘らず、流石ピクサー作品という感じで、
上手く作ってありました☆
migさん視点のレビューも楽しみにしていますね☆

『バンクジョブ』に関しては、構成に仕方や
これが事実という面白さなどで気に入っちゃいました♪
 

ふぉっくすさんへ

コメントありがとうございます★
こんな拙いレビューを読んで、
興味を抱いてくれたのなら嬉しいです♪

個人的にお勧めなので、DVDでも映画の日でも
良いので観て損はないと思いますよ★
 

メタボな私としては、耳が痛い話でした(笑
扱っているテーマがとても広く、深いので、色々と啓蒙されますね。
子供たちはもとより、大人が見ても色々と考えさせられる作品だと思います。
スタントンらしいさすがの一品でした。
 

ノラネコさんへ

>メタボな私としては、耳が痛い話でした(笑
未来の地球人があれだと耳が痛いですよねw

>子供たちはもとより、大人が見ても色々と考えさせられる作品だと思います。
この作品はいろいろ経験をしている大人こそ
鑑賞すべき作品だと思います☆
 
こんばんは♪
ご無沙汰しております。
おっしゃるように現代を生きる我々への警告もピリッと効いてましたね。
かわいらしいラブストーリーの雰囲気を壊すことなくそういうメッセージもさらっと入れてくる。こういうのがほんとピクサーはうまいです。
 

SOARさんへ

こちらこそご無沙汰しております。

ピクサーの巧さは今に始まったことではないですが、
本作のメッセージとストーリーのリンクの仕方は
絶妙でした。でもCMでラブストーリーと謳ってしまう
のは如何なものかと思います。
 

セリフを重視せずに、ここまで感動的な映画を送り出すなんて、本当にピクサーって素晴らしい製作会社ですよね。
個人的にはいつかPIXERの「I」を担当しているライトの映画も見てみたいです。
 

こんにちは、ホーギーです。
この映画は、現代人が忘れている大切なものをセリフも説明もほとんどなくても、キャラクターの仕草や動きだけで、映像を通じて心に響いてきますよね。まさにこの作品のクオリティの高さにあらためて感心させられました。仰るとおり、さすが、ピィクサーという感じです。
 

daiさん、こんばんは^^

>こういう仕事はピクサーにしかできない
仕事であろう。

同感です!
私も、メッセージを声高に言わず、説教臭くなく
ウォリーのかわいい恋物語を観ながら、自然と
メッセージが感じられるような作りになっているのが、
さすがピクサーって思いました^^

映像もさることながら、ストーリーもおざなり
ではなく、ピクサーの作る作品って本当に
クオリティが高いですよね(^_-)-☆
 

にゃむばななさんへ

>セリフを重視せずに、ここまで感動的な映画を送り出すなんて、本当にピクサーって素晴らしい製作会社ですよね。
本当に本作の見どころはそこなんですよね。近年は言語重視での感動作が多い中、ここまでのクオリティを出せる凄い会社です。

私も「I」の映画見たいです☆
 

ホーギーさんへ

こんばんは。

ピクサーの素晴らしさが出まくっていた作品でした。
言語なしでここまで出せるんだから、頭が下がります。
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは^^

ひろちゃんさんも。ピクサーの素晴らしさに酔いしれた一人ですね☆ピクサー作品は一応すべて観ていますが、
過去のどの作品よりも、全てのファクターが上回っていた作品のように思えます。

そういえばひろちゃんさんのブログでWALL-Eの正式名称を初めて知りましたw
 

daiさん
こんにちは。

チャップリンの「街の灯』好きです~。
そうか、確かにそのイメージもあるなぁ。

ピクサーってあんまり人間登場しないけど(チラっとしか)
今回は人間の行く末をも描いてましたね。
バンクジョブ昨日観たかったんだけど行けなかった~
今年はあと何本観れるでしょうか★
いい映画観たいですね。
猟奇的な彼女は出来れば年内レンタルしようと思ってますyo
 

migさんへ

こんばんは。

なんか製作側がチャップリンの「街の灯』をイメージしているらしく、ところどころそう観えました。

猟奇的は観なくてもいいですが、バンク・ジョブは必見ですので是非観てください☆
 

daiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ウォーリーが積み上げたゴミタワーと人間が築いた高層ビルが並び立ってる光景はなんかシュールに見えちゃうのですが、一方では風刺にも取れる映像に見えちゃいました。
ゴミ問題の深刻さは現在でもあまり改善が進んでいないように思えますし、未来の地球がゴミに埋め尽くされた世界になるというのは、あながち笑い話で済まされないかも?
大人もそうですが、子供も楽しく鑑賞する上で環境問題のこと等を少しでも学ぶ事が出来る、良い作品だと思いますね。
 

メビウスさんへ

ピクサーが作るアニメにはどことなく風刺がいつも含まれているように感じますし、それが今回はあからさまに表れていたように感じました。このままいくと本当におっしゃるような世界になりそうですよね。

子供から大人までこの作品を通して、何かを掴んでくれればいいと思いました。
 
TBありがとうございました。
TB有難うございました。
ウォーリーとイブの心の交流は
忘れかけていた純粋な愛を気付かせてくれました。
冒頭30分無音でしたが、ウォーリーの孤独な姿が
伝わる見事な演出でした。
様々な小ネタも盛り込み、子供たちに後世まで
伝えていきたい映画です。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
 

シムウナさんへ

> 忘れかけていた純粋な愛を気付かせてくれました。
> 冒頭30分無音でしたが、ウォーリーの孤独な姿が
> 伝わる見事な演出でした。

ロボット同士のコミュニケーションから、ここまで描くとは
流石だと思ってしまいました。

> 様々な小ネタも盛り込み、子供たちに後世まで
> 伝えていきたい映画です。

こういう映画こそ後世に伝えたいですよね。
 

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。