Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



レッドクリフ Part I


Category: 映画 ら行   Tags: ---
結局は女のために闘う

Red Cliff

【Story】
はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、諸葛亮孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【感想】
ジョン・ウーはやっぱりハト(白)が好き!

~以降ややネタばれあり~

 more...の前にRanking



『M:I-2』や『フェイス/オフ』のジョン・ウーが、三国志の有名なエピソードである「赤壁の戦い」を描く歴史スペクタクル巨編の前編。私は日本史から世界史まで割と歴史が好きなのだが、どうも中国史だけは興味が持てない。それ故にかは分からないが、男性ならかなりの割合で好きであろう三国志というものに対しても無知中の無知である。そんな状態での鑑賞となるため深くは語れないのであしからず。
Red Cliff
本作は三国志を映画化した作品なので、個人的に三国志をギブアップする人たちの理由付け1位だと思っている“多くの登場人物”という問題は切っても切り離せない。所謂三国志フリークという人たちならば、そんな多くの登場人物たちを、増大メモリーを搭載したパソコンのように脳内シナプスが情報を処理し、瞬時にその情景や関係性を理解できるのである意味そこも醍醐味なのだろうが、私のように旧型パソコン並みのメモリーしか三国志に関して所持していないと、全員が全員同じように見えてしまってどうも映像でも余り入ってこない。私なんかは諸葛亮孔明や周瑜なんていう登場人物より、トニー・レオンや金城武という認識でしか映画を見ることができなかった。もっと三国志を知っていれば、諸葛孔明は少しイメージしたのと違うなとか、この会話が好きなんだよなとか思いながら鑑賞できただろうにそれができないのは非常に残念だ(というか三国志読め!という話だが…)。
Red Cliff

さてそんな完全に楽しむ準備をしないで鑑賞してしまったが、本作はパート1ということで、長坂の戦いというものから、割と有名な赤壁の戦いの直前までを描いている。というかここがこの映画の一番のポイントであろう。登場人物の関係性もどうにか軽くは理解できてこれから赤壁の戦いだというところで、“次回へ続く”なんだから溜まったもんじゃない。しかも次回は半年後ときたもんだから、折角の関係性もパート2のころには結局ゼロに戻っているだろう。そういう風な展開をすると映画としてターゲットを完全に狭めているようで興業としてはどうなのだろうかと思ってしまう。
Red Cliff
という感じでこの手の歴史ものの定め通り、三国志を知っているか否かで評価は大きく分かれるだろうし、消化不良は否めない作品だが、お金を掛けただけあって戦闘シーンの迫力は流石と思えるし、俳優力がある俳優が個性あふれる登場人物を演じているので何にも知らなくてもそれなりに楽しめるだろう。まあ前後篇の前篇なのでこんなもんだろうと割り切って、レッドクリフの本番であるパート2に期待したい。ただパート2では、パート1の冒頭レベルの戦闘なんかは容易に超えてくれないと作品として劣化になると思うのでそこを期待したい。

■映画情報やハリウッドゴシップ、無料映画はこちら(マウスオーバーすると…)!
     ↓
押して進もう!f

原題 RED CLIFF/赤壁
製作年度 2008年
製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
上映時間 145分
監督 ジョン・ウー
製作 テレンス・チャン、ジョン・ウー
製作総指揮 ハン・サンピン、松浦勝人、ウー・ケボ、千葉龍平、チン・ウェン・ハン、キム・ウデク、ユ・ジョンフン、ジョン・ウー
脚本 ジョン・ウー、カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ
撮影 リュイ・ユエ、チャン・リー
音楽 岩代太郎
出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、チャン・サン

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 映画    ジャンル : 映画

Trackbacks

「レッドクリフ Part?」試写会 よみうりホールで鑑賞 この超大作、ジョン・ウーったらあっという間に作ってしまったのね、すごい。 近年、活字離れが激しい私はこの歴史絵巻が上っ面しか分からず、もっと勉強してから行くべきだったと、ちと後悔。 これから Pa...
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上半
【38-19-】 公開を心待ちにしていた「レッドクリフ」。 大好きな三国志、しかもそれをジョン・ウー監督が撮るんやから、絶対に期待出来るでしょ{/m_0160/} 比較的早い時期から、予告編は映画館で流れまくっていて、それを見ても、壮大さと美しさが際だっていて、ますます...
三国志を恥ずかしながら良く知りません・・・。知ってから見た方が良いに決まってます・・。以前から三国志を読みたいと思いつつも、壮大な...
興奮と退屈が,いったりきたり。
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか...
内容漢帝国の丞相となった曹操は、天下統一の最後の仕上げとして、宿敵である劉備軍、孫権軍に対して攻撃を開始する。先ず向かったのは、『徳』により人民を掌握する劉備軍。その劉備の人徳に導かれるかのように、曹操に追われた多くの民達が劉備は従えていた。だが、実際...
【RED CLIFF/赤壁】2008/11/01公開(11/01鑑賞)製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童 帝国が、襲ってくる。信じる心、残ってい
レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆アクション映画の詩人ジョン・ウーならではの三国志の世界。金城武の諸葛孔明が魅力的だ。 【80点】  3世紀の中国。80万の大軍を率いて天下統一を目論む曹操に対し、民を思う劉備は、曹操に屈しよう...
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追...
REDCLIFF赤壁帝国が、襲ってくる。信じる心、残っているか。上映時間145分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2008/11/01ジャンル歴史劇/アクション/ドラマアジア映画史上最大規模制作費1...
好[E:sign01]武侠的古装映画! 試写会で「続くなんて聞いてないよ」とか「なんでそこで終わるんねん」とか文句出て急
2008年:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国合作映画、ジョン・ウー監督、『傷だらけの男たち』のトニー・レオン&金城武主演。
☆最初は、TVゲーム的な画面構成で、時代状況や、英雄の配置を説明されて、「おやおや随分とザックリした映像作りだなあ」と思って見ていた。  でも、そのカンニング的な作りが、すぐに語られる曹操軍や劉備軍の世界にスムーズに移行させてくれて嬉しい。  私は「三...
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/bf99ba33e12701397bba16888f685d72 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。
  ☆公式サイト☆『M:I-2』などの巨匠、ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。中国の英雄伝「三国志」を基に、国を賭けて戦う男たちの壮大なロマンと、彼らを陰で支える女性たちの姿も浮き彫りにする。はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操...
 アメリカ&中国&日本&台湾&韓国  歴史劇&アクション&ドラマ  監督:ジョン・ウー  出演:トニー・レオン      金城武      チャン・フォンイー      チャン・チェン      【物語】  西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫
 アメリカ&中国&日本&台湾&韓国  歴史劇&アクション&ドラマ  監督:ジョン・ウー  出演:トニー・レオン      金城武      チャン・フォンイー      チャン・チェン      【物語】  西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫
男義の世界「三国志」の中で最も有名な「赤壁の戦い」を描いたこの映画は、良くも悪くもジョン・ウー作品であり、呉宇森作品ではない。そんな風に感じました。そしてこれは日本公開版だけなのか、エイベックスの無粋すぎる字幕対応に心底怒りを覚えた映画でもありました。...
 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 \"RED CLIFF\" \"赤壁\" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...
昨日は、映画サービスデー、ということで、朝一の回で「レッドクリフ Part 1」を鑑賞。 他にも、気になる映画はあるんだけど、絶対観たいというほどでもなく。 そちらは、とりあえずパス。 「UCとしまえん」は、映画サービスデーということもあってか、普通よりは多め
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、ザン・ジンシェン、バーサンジャブ、フー・ジュン、中村獅童、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン、ヨウ・ヨン、チャン・チェン、チャン・フォンイー 評価:80点 三国志初心者の私にとっては最初の展開がわか....
レッドクリフ PartI’08:米+中国+日本+台湾+韓国 ◆原題:RED CLIFF/赤壁◆監督: ジョン・ウー「M:I-2」「フェイス/オフ」◆出演: トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン
(原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らないし、 分かりにくいかも」と心配していなかった? 「いや、それがね。 映画の前...
『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPartI』関連原題: REDCLIFF    赤壁ジャンル: 歴史劇/アクシ...
映画「レッドクリフ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシ...
  帝国が、襲ってくる。   ■降伏を拒み、同盟を組んで立ち向かうのは、〔劉備〕と〔孫権〕のたった5万の軍。陸と水上から攻め入る巨大な帝国の支配者〔曹操〕との圧倒的な勢力の差を覆すために仕掛けられた連合軍の奇策とは?   To be continue...  ( ̄
錆びついた古い刀剣が輝きを取り戻していき、観客を戦乱の世界に連れてゆくオープニングシーン。 世界的に有名な中国の一大叙事、「三国志」、その正史をエンターテイメント化した、羅貫中の「三国志演義」の映画化作品である。
2008/10/23、文京区春日の文京シビックホールでの開催。 開場については別途詳しく書くが、1、2階合わせて約1800席。 雰囲気は中野サンプラザ。 司会者によれば、今回は東京メトロのサンクスイベントで、 500組1000名の招待、応募倍率は約25倍と言うこと
昨夜、試写会で「レッドクリフ」を観た。 中国琴の生演奏の後、ジョン・ウー監督、孫権役のチャン・チェン、小喬役のリー・チンが会場に現れ、挨拶と長いインタビュー。豪華な試写会でした。 1800年前の中国、後漢が滅んだあとに興った、魏・呉・蜀の三国時代を描い..
曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟...
 昨日に続き歴史の勉強会です。いやあ、本当にためになります。(11月3日 清水M
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎ
帝国が、襲ってくる。   信じる心、残っているか。    80万vs5万。信じる心が奇跡を起こす。レッドクリフPartIレッドクリフPartI-goo映画監督:ジョン・ウー出演トニー・レオン : 周癒金城武 : 諸葛亮公明孔明チャン・フォンイー : 曹操 チャン・チェ...
「レッドクリフ Part I」は1800年前の後漢時代の後期に行われた赤壁の戦いを舞台にし、三国志のワンシーンとして今でも語り継がれる戦いを映画化した作品である。1度でも三国志を読んだ人には見応えのある内容となっており、歴史を知らない人でもその迫力と攻防戦は
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度とな...
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃいま...
「レッドクリフ」見てきました!! http://redcliff.jp/index.html 混んでたー。 ヽ(`Д´)ノ 一番前の席はやっぱ、目が疲れる。。。 この映画、2部作でした。 次は来年の春・・・。 内容、忘れちゃうよー!! 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)
「レッドクリフ」 会社でペアチケット 2000円で入手 早速、行ってきたぞー 序盤、寝落ち未遂 実は全く予習してなかったんで 「ジョン・ウー」=二丁拳銃で銃撃戦と思ってました 三国志 疎いんですけど・・・ 戦闘シーンは 圧巻で....
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔...
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残ってい...
 蘇った 1800年前の愛と勇気の伝説・・・。
周瑜と孔明のキャストがなあ・・・。
中国歴史文学の中でも、汎アジア的な人気を誇る「三国志」中の、前半部分のクライマックス「赤壁の戦い」の映画化。 ジョン・ウー監督が長年...
赤壁の戦い(中国語:赤壁之戰) 中国の後漢時代(三国時代)の208年、長江の赤壁(現在の湖北省)において曹操軍と孫権・劉備連合軍の間の戦い。 孤立した劉備は長江づたいに南下し、曹操軍の侵攻の難を逃れ、荊州の動向を探りに来た魯粛と面会し、一万人余りの軍勢
シネトレさんの招待で「レッドクリフ」の試写会に行ってきました!145分もありますが三国志の話だから仕方ない。けど、やっぱり続編がありました^^;チラシなど資料に、「Part-1」となっております。3部作かと思いましたが2部で完結のようです。(C)BaiXiaoyan原題...
「レッドクリフ」を観てきました~♪ 今から1800年前の中国、曹操(チャン・フォンイー)率いる魏軍は、その兵力にモノをいわせ隣国を攻撃していた。魏に対抗するため諸葛孔明(金城武)は、呉の国を訪れ周瑜(トニー・レオン)と協力関係を結ぶ事に成功する。魏の軍隊...
原題:赤壁/RED CRIFF 製作年度:2008年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 上映時間:145分 監督:ジョン・ウー 原作:―― 脚本:ジョン...
☆レッドクリフ☆(2008)ジョン・ウー監督トニー・レオン金城武ストーリー 西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全...
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
 RED CLIFF  赤壁  今を遡る事1800年、西暦208年の中国、群雄割拠の時代。80万の兵を率いる 魏の曹操(チャン・フォンイー)は、小国であ...
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
 構想18年 製作費100億円  監督自ら私財10億提供  「三国志」を完全映画化。  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)
JUGEMテーマ:映画 2008年11月1日 公開 異体同心なればなにごとか成就せん すんげぇぇぇー!!! も、ジュン・ウー監督って やっぱすっげぇぇぇえぇぇぇ!!! 鑑賞中、心の中で何度ジョン・ウー監督に拍手を贈ったことでしょう。 全てにおい
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監
ちょっと、今日はこれを書かなければ寝れませんっ!日曜日、レッドクリフを見に行きましたっ!!わたしは、もともと三国志とか詳しくないし そんなに興味もなかったのですが、、、まさるこに誘われて見に行ってみたら・・・、めちゃくちゃ 面白かった!!てゆーか・・・!金...
ちょっと、今日はこれを書かなければ寝れませんっ!日曜日、レッドクリフを見に行きましたっ!!わたしは、もともと三国志とか詳しくないし そんなに興味もなかったのですが、、、まさるこに誘われて見に行ってみたら・・・、めちゃくちゃ 面白かった!!てゆーか・・・!金...
ちょっと、今日はこれを書かなければ寝れませんっ!日曜日、レッドクリフを見に行きましたっ!!わたしは、もともと三国志とか詳しくないし そんなに興味もなかったのですが、、、まさるこに誘われて見に行ってみたら・・・、めちゃくちゃ 面白かった!!てゆーか・・・!金...
三国志の中心的エピソードの赤壁の戦いを、超大型時代劇にてジョン・ウーが監督した。大量のエキストラ、CGも多用し、アクションシーンも見所満載。三国志に詳しくない人にも楽しめる娯楽作となっています。
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 他 西暦208年。中国では絶大な権力を...
M.I2、フェイス・オフなどで有名なジョン・ウー監督が手がける、ジョン・ウー版三
どうも、『真・三国無双5』よりは『真・三国無双4』のほうが好きなエミです。 最も、ゲーム三国志で一番すきなのは同じKOEIが出してる『三國志』なんですけどね(笑) さて『三国志』と言えば学校図書で唯一置くことが許された横山光輝のマンガを読んでハマる人も...
「レッドクリフ Part1」、観ました。 中国の有名な演義な一つ「三国志演義」の映画化! 中盤最大の見せ場である、赤壁の戦いをアジアのス...
三国志ファンにはたまらない内容でしょ、これ!?ある程度知識を詰め込んで観たほうがいいかも!!! ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 評価:★8点(満点10点) 2008年 145min 監督:ジョン・ウー ....
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛
今日は仕事がオフ。水曜なのでレディースデーで混んでいるであろう映画館と思ったけれど、せっかく映画館に行く気分になってるんだから、観に行かないと。。。 新宿ピカデリーで『レッドクリフ Part I』を観てきました。 インターネットカフェから更新しまーす。この後
満 足 度:★★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:ジョン・ウー キャスト:トニー・レオン       金城武       チャン・フォンイー       チャン・チェン       ヴィッキー・チャオ       フー・ジュン  
公式サイト。ジョン・ウー監督、トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン(写真)、ユウ・ヨン。三国志の赤壁の戦いより。天下統一を名目に1人の女性を奪おうという壮大な傾城譚。まあ、
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
赤壁/Red Cliff (2008年) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォン・イー、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 魏・呉・蜀の三国の覇権争いの物語「三国志」の一節で有名な「赤壁の戦い」を描く歴史劇 「三国志」と言えば、様々な媒体を通し
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打
あらすじ//はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や
レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考える
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
レッドクリフ ~赤壁~ 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 公開: 2008年11月 ...
レッドクリフ Part? 231本目 2008-37 上映時間 2時間25分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 会場 TOHOシネマズ府中 評価7点(10点満点)  三国志の「
・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船を燃やす)は後半部分となるので、今回はそれを際立たせ...
☆我が夫婦では恒例だが、「夫婦の日」での割引鑑賞である。 呉に2件ある映画館で古い(ボロい)方の呉シネマ。 土曜の午後1時から、しかも今をときめく?「レッドクリフ」 という事で、ざっと見30人くらい観客がいた。 これは呉では異例と言っても良い多さな..
スケール、でかぁっ[:びっくり:]   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 208年、中国三国時代。天下統一という野望に燃える曹操は80万もの兵力を率い、怒涛のごとく敵国を攻めていた。そして、誰もが彼ら
待望の「レッドクリフPart1」を見てきました。 ひとりの三国志好きとして、赤...
壬申の乱、応仁から戦国、幕末から明治維新……わが国
ちょっとのめり込みそうになったのは出だしの場面。コドモを守れるか? あとは次から次のシーンを楽しんでいましたが、断片的というか、それほど繋がって感じられなかったのは集中していなくても見ていられるからだろうね。兎に角分かりやすく、絵的に印象深くという点で...
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
三国志を基に100億円を投じた歴史大作「レッドクリフ Part I」。金城武が演じるのは次のどの役柄? 1)曹操 2)劉備 3)周瑜 4)孔明 正解は次号にて。。 by織田 拳
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
 「三国志」の“赤壁の戦い”を、あのジョン・ウー監督が、完全映画化。「レッドクリフ Part?」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。“Part ?”なんですよね。事前の宣材(チラシ、ポスター)には、そんなこと一切書かれてないんですが、オープニング・タイト
『レッドクリフ Part1』 監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー 製作: テレンス・チャン 音楽: 岩代太郎 脚本: カン・チャン / コー・ジェン / シン・ハーユ 美術・衣装デザイン: ティム・イップ アクション監督: コリー・ユン 撮影: リュイ...
 中国旅行をすると各地に三国志の史跡がある。その知識がないと興をそがれるにも関わらず、ほとんど関心を持っていなかった。ハリウッド調の超大作は苦手だが、本作を観て少しは勉強できるかも?ということで、珍しくシネコンへ。 goo 映画 2002年に訪れた四川省の成都...
実は11月の公開初日に観ていたのですが、睡眠不足の日々でおちまくり。
信じる心、残っているか。
あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやってましたが、吹き替えで金城武や中村獅童の声が、別人な...
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...

Comments


daiさん
こんばんは~☆


あはは、daiさんも低めですね~

これからいくぞ!って時に切っちゃうなんてヒドすぎるよねー。

続きみてからじゃないと正式に評価出来ない気がしたけどパート2は来年春らしく、、、、
そんなに間が開いちゃったらしらけてどうでもよくなりそう。&忘れそう^^:
 

migさんへ

こんばんは★

パート2への期待を込めてのこの点数なので
実際はもっと低いですねw
migさん同様に三国志に思い入れがないので
全く持って面白みがなかったです。
それでも戦闘シーンだけは楽しめましたが…。
 

こんばんは♪
中国史に興味があるわけではない私ですが(笑)
なぜか三国志が大好きな私です^^
(ちなみに三銃士も大好きです。三が好きなのかな?
世界のナベアツみたいですね(^^ゞ)
と話がそれてすみません(^_^;)

三国志が好き、トニーレオンが好きと言うことで
また、迫力ある戦闘シーンも良かったと言うことで
私としてはそこそこ満足した作品でした♪

>パート1の冒頭レベルの戦闘なんかは容易に超えてくれないと

おっしゃる通りだと思います^^
トニーレオンが後編のほうが面白いと言っていたので
パート2に期待しています(^^)v
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは♪
ひろちゃんさんへ”3”好きなんですねw
それにしても女性の方で三国志が好きな人
って珍しいですねwあの世界感は絶対に
男受けするような作りですし・・・。

>三国志が好き、トニーレオンが好き
と言うことでまた、迫力ある戦闘シーンも
良かったと言うことで私としてはそこそこ
満足した作品でした♪

確かにあのハリウッド並みの戦闘シーンの
迫力やトニー・レオンや金城好きには
堪らないような演出は良かったと思います☆

まあパート1ということで、こんなもんかと
言う部分と、人物相関の多さでキツ目の評価を
しましたが、このキツ目の評価は2への大いなる
期待の反面であり、2の赤壁本番こそ、映画の
楽しみの増大を願いたいものです。
 

今まで一人の女のために戦争をするという映画はたくさんありましたが、どの映画も正直「それほどの女か?」と思っていました。
でも今回は曹操の気持ちもよく分かります。
リン・チーリンのためなら私も頑張ります!って言ってしまいそうですもん。
あぁ~彼女に包帯を巻いてもらえるならいくらでも頑張りますわ~。
 

コメどうもでした
三国志好きなので楽しめました
皆様の感想のおかげで途中で終わるのも
知ってたからショックも無かったですし
三国志知らないと、登場人物が多いのは辛いですね
2までに漫画でどうですか?とお薦めしつつ、
2の映像は更に派手みたいなんで期待してます
ジョン・ウー節炸裂の予感がします
 

にゃむばななさんへ

>リン・チーリンのためなら私も頑張ります!
確かに分かりますね。結局戦争には、勝つための
ファクターとして女性が絡んでおり、そこを映画では
魅力的に描かないと見ている人間としては
ポカーンとしてしまいますしね。

包帯は綾波レイっぽくですかね??
 

くまんちゅうさんへ

>2までに漫画でどうですか?とお薦めしつつ、
2の映像は更に派手みたいなんで期待してます

ここまで知っている人と知らない人の熱の差が
あるので、どうにか2までに相関関係位は理解したい
ところです。
 

TBありがとうございました。

三国志ファンにはすこぶる評判がいいようですね。
特に戦闘シーンは絶賛のようです。

私は三国志については無知なので、
ストーリーよりも映像ですが、
戦闘シーンはどうもいまいちでしたし、
アップとタメが大きすぎる気がしました。

周瑜と諸葛亮の会話のシーンで
顔を交互に回すカメラワークなんかは、
酔いそうでした。
 

おはようございます。
Part2へ続くにはおったまげてしまいました。
144分掛けてこれで終わり?と目がパチクリです。
 
でも武将の戦いぶりはイメージ通りって云うか、様になってましたね。
特に関羽はお気に入りです。
でも張飛は・・・。
 
赤壁の戦いは武将もいっぱい出て来るし、予習しといた方がいいかもしれませんね。
取り敢えず、横山光輝先生の漫画でもどうですか?
 

daiさんこんばんわ♪

超大作ではありますけど、この映画もまた原作既読未読かによって評価が分かれるみたいな賛否の落差が激しい作品かもしれませんね。冒頭で初めての人にも分かり易いように三国志の世界を日本語で説明していましたけど、やっぱりあれだけでは脳内補完出来ない人もたくさんいるかも・・・。

自分はゲームで三国志の世界を知り得たので、daiさんももし良かったらコーエーの『真・三国無双』っていうゲームをやってみたらいかがでしょうか?三国志の歴史も知る事が出来、尚且つゲームも凄い面白いので一石二鳥ですよ(笑
 

KGRさんへ

コメントありがとうございました♪

>三国志ファンにはすこぶる評判がいいようですね。 特に戦闘シーンは絶賛のようです。

本当にコメントをしに行く先々で好きな方の好評ぶりには驚かされました(汗

>私は三国志については無知なので、 ストーリーよりも映像ですが、戦闘シーンはどうもいまいちでしたし、 アップとタメが大きすぎる気がしました。

確かにアップとタメの多さは若干気になりましたねw
戦闘シーンを楽しんだ反面、退屈に感じたのはこれが
原因かもしれませんね。
 

たかひょさんへ

こんばんは★
続くは多くの方に衝撃を与えていますねw

>でも武将の戦いぶりはイメージ通りって云うか、様になってましたね。 特に関羽はお気に入りです。でも張飛は・・・。

好きな人やっぱりイメージを持って観ますよね☆張飛はそんなに違ったんですか???

2の前に赤壁の戦いの辺りは漫画でもいいので予習しようと思いました。このままでは同じ轍を踏むことになってしまいそうですから・・・。
 

メビウスさんへ

こんばんは♪

冒頭の説明に関しては玄人も素人も違った理由でいらないということですよね。そんなところより個人的には上映時間をもう少し減らしてテンポの良さを出してほしかったです。

>自分はゲームで三国志の世界を知り得たので、daiさんももし良かったらコーエーの『真・三国無双』っていうゲームをやってみたらいかがでしょうか?

ゲームですか?漫画は結構な方に勧められたのですがゲームは初めてです☆そうですね。ゲームなら結構一気に入ってきそうですねw
でもゲームを持っていないという・・・やっぱり漫画かなぁ(汗
 

こんにちは!
あれれ、daiさん、イマイチでしたか~
三国志は読んでいないですが、大満足でした。
まあここから!という時に続く・・・はもったいぶってるね^^;
次回はパート1以上のアクションを期待してしまうね。
 

アイマックさんへ

こんにちは!
やっぱり三国志は予習なしで観るとこんな評価になったしまいますね・・・でもアイマックさんは無予習で高評価とは頭の回転が速いんですね!!私は誰が誰なのか名前は出ても・・・になることがありましたw
2までにはどうにかしたいです!
 

TBありがとうございました。
いまいちでしたか?
本当はもっとぐちゃぐちゃぐちゃ・・・いる登場人物をすぱっと切って、結構わかりやすく、潔く作ってたなあと感じましたが。
戦いから生まれた名言なんかも言いたいんだろうけど、飲みこんで・・・・
当初はあんなに長くするつもりはなかったんだけど、撮ったら5時間になって、前後編にしちゃった、、、というアバウトさもウーらしいなあっと。
ウーさんは、平和に対する思いがものすごく強くて、平和の象徴のはとをどうしても表わしたいのだそうですが、何言われようと、貫くあたりは結構好きです。
 

sakuraiさんへ

コメントありがとうございます☆

やっぱり結構の再構成はあったんですね。
でも元の知識がないせいか、
どうも楽しめなかったです・・・。
名言なんかは、やっぱり知っている人は
口惜しいんでしょうね。

鳩に関してはいつものことですが、
今回はとりわけ多かったように思えましたw
 

『映画と秋葉原と日記』のhideです。
daiさんコメント有難うございました

>私は三国志の知識がなく若干退屈さを
もちましたが

(^_^;)そーなんですよね。
三国志との出会い方(出会って居ないも含む)によって、女性?男性によっても、この映画は評価が分かれては居ますね。

hideの場合はKOAIの三国志ゲームだったので、(^_^;)興奮しまくりでした
 

hideさんへ

コメントありがとうございます☆

>三国志との出会い方(出会って居ないも含む)によって、女性?男性によっても、この映画は評価が分かれては居ますね。

そうなんですよ!!もっと楽しめるはずなのに・・・非常に口惜しいです…。

hideさんのようにゲームから得た方の多くは楽しんでいましたね。下手に本を読みあさるよりビジュアル面があるぶんいいのかもしれません。
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。