Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Dear フランキー


Category: 映画 た行   Tags: ---
男が惚れる男

Dear フランキー

【Story】
耳に障害のある息子のフランキー(ジャック・マケルホーン)と祖母を連れて、リジー(エミリー・モーティマー)は暴力を振るう夫から逃げるためスコットランド中を転々としている…。

評価 ★★★☆☆(4.0P)

【感想】
先日、『プロデューサーズ』を観て感化されたわけじゃないけど、ミュージカル調のものを観ようと思い『オペラ座の怪人』をと思ったんだけど、それじゃあ、芸がないなぁと思い、『オペラ座の怪人』でかっこいいファントムを演じていたジェラルド・バトラーのでている前々から気になっていた本作を観ることにしました。

【以降ネタバレあり】


さてさて、ストーリー自体はっていうと...どうってことないんだけれど妙に引き込まれてしまった。それというのも、主要な俳優人の演技力に尽きるのだと思いました。

主要な俳優の中でなんといっても、ジェラルド・バトラーが素晴らしい!!最初はただのバイト感覚で行った父親のピンチヒッター役を戸惑いながらも、徐々に本当の父親になったかのように演じている男を本当に巧みに好演していました。

彼の演じたファントムも本当にかっこよかったけど、今回もファントムとは一味違った男が惚れる男(ゲイとかじゃないよw)ってものを観させてもらいました。
Dear Frankie1

特に気に入ったシーンはパーティーから帰る道で彼はリジーと並んで歩きながら、「なぜ、ご主人は君らを捨てたんだい?」と聞き、リジーが「私が彼を捨てたの。」と言い、そこでリジーが夫の暴力から逃げていることとフランキーが難聴になったのは夫のせいであることが分かる。そこでそっと、「フランキーは幸せな子だ。」と言い、リジーが「なぜ?わたしは嘘をついているのよ。」と言う。すると、すかさず「君はフランキーを必死で守っているんだ。」と言うシーン。
ここで初めて難聴が先天的なものではなくて後天的になったものだということが分かるのだが、リジーの意を決した告白を「フランキーは幸せな子だ。」と言う一言で、マイナスからプラスに持っていくあたりが本当にうまいなあと感じました。
Dear Frankie2

ラストではジェラルド・バトラー演じるストレンジャーにフランキーが「先週ショックなことがあったんだ。ぼくの本当のパパは病気だったんだ。ママは何も言わなかったけど、ぼくは知ってたんだ。そして先週亡くなった。ママは悲しいと思うけどマリーが時間が癒すって言ってた。ママには僕がついてる。・・・親友のフランキーより」と言う手紙を書きそれをリジーが読むというシーンがあるのだけれど、このことでフランキーはすべて知っていたということに気づいていたということが観ている人に認識させています。
Dear Frankie3

そこで気になるのがどこら辺からフランキーは気づいていたのかという点だが、私は初めから気づいていたと考える。夫婦の写真が半分しかないことや妙な母親の振る舞い及び妙な消印、カトリオナが洋服箪笥を探しているときに一切手を出さない所、リッキーですらおかしいと気づいていた点などから考えてね…。

*前半が少し引っ張りすぎかつ、夫のくだりはなくして、ジェラルドの話をもう少し長くしてほしかった。でも、単調な割には面白かったし、ジェラルドが本当にかっこいい!!

■ここまで読んでくれた方ありがとう!是非クリックしていってネ♪
     ↓
人気blogランキング

原題 Dear Frankie
製作年度 2004年
製作国 イギリス
上映時間 102分
監督 ショーナ・オーバック
脚本 アンドレア・ギブ
音楽 アレックス・ヘッフェス
出演 エミリー・モーティマー 、ジャック・マケルホーン 、メアリー・リガンズ 、ジェラルド・バトラー 、シャロン・スモール
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

Dear フランキー コレクターズ・エディションDear Frankie2004年 イギリス予告を観たときから絶対観よう♪と心に決めていた。予告編でストーリーの8割わかってしまうんですけど
 『パパからの手紙だけが、 ぼくの心の支えだった。 世界中を船で旅する架空の父親を装い、 ひとり息子に手紙を送り続ける母親。 しかし、母子の前にその”父親”はあらわれた…。』  コチラの「Dearフランキー」は、聴覚障害を抱える息子とその母親の温かな愛を描...
パパからの手紙だけが、僕の心の支えだった。  ■ショーナ・オーバック■キャスト エミリー・モーティマー、ジャック・マケルホーン、ジェラルド・バトラー□オフィシャルサイト  http://www.wisepolicy.com/dear_frankie/おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0...

Comments


いやぁ~あたしは女ですが、
男が惚れる男ってのも分かる気がします~(´∀`*)ウフフ
確かにフランキーは最初から確信ではないにしても、
なんとなく気づいていたのかもしれませんね~。
 

miyuさんへ

男が惚れる男って分かってくれますか?
あれは普通にカッコイイです☆

フランキーはやっぱり気づいていたんでしょうね♪
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。