Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フレフレ少女


Category: 映画 は行   Tags: ---
萌ポイントはメガネと入浴シーン

フレフレ少女

【Story】
読書が趣味で、物語の中の空想の恋に夢中になっている女子高生・桃子(新垣結衣)は、ある日偶然野球部のエースに出会い、初恋に胸を時めかす…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【感想】
おいしいのは“はんにゃ”と“オカマキャラ”。

~以降ややネタばれあり~

more...の前にRanking


物語は典型的な文学少女で小説の中の恋に憧れる女子高生・桃子(新垣結衣)が、野球部のエースピッチャーの速球を顔面強打するという、いかにもドラマな展開で出会うことで恋をし始め、彼に近づこうと色々していくうちに応援団に行きつき、応援団として頑張るというお話(まあここまで書けば、この手の青春モノなので、最後はどうなるか分かるだろう)。

さて本作の主役は言わずもがなガッキーこと新垣結衣。今回のガッキーは前作の『恋空』なんかと違い、応援団に扮するわけで、図書館SEX妊娠はおろか、キスなんてものも一切しない硬派な女子高生を演じている。ただ始めから言っておくが、ガッキーにはこの役自体、今まで作り上げてきたキャラや、声の質などの先天的要素によって予想通り無理な話だ。事務所がどういう意図でこの仕事を選んだのかは知らないが、私のような素人が考えても分かるのだから事務所が分からないというのはおかしく思う。とは言うもののまあガッキーは十分頑張っていましたよ。出ない声を振り絞って応援していたし、眼鏡や入浴シーン、学ラン、制服などでファン層を今流行りの麻薬で麻痺させるかの如く、体当たりで演じていたのは事実。
フレフレ少女
まあそんな感じでガッキーは百歩譲って良いとしても、他がこの映画はダメすぎるのだ。この手の青春ものというのは、ラスト近辺で一気に感動させることによって、そこに至るまでの陳腐なストーリーを誤魔化すというのが常套手段なのだが、どうもこの作品はラストの感動が薄い分、ラストに至るまでの粗が目立って仕方がない(*伏字:というか前半なんかはクソつまらない)。その本質的な原因は、出演者の描き方と各々のキャラクターが未完成な点にあるだろう。出演者(応援団)は応援のシーンでこそ何とか観れるレベルになっていたが、出だしの方なんかは、「オーディションはしたんですか?」と問いたくなるぐらいの学芸会レベル演技を披露してくれる。私なんかは何度も席を立とうとしたか分からないぐらいの酷さだ。それに加え、その応援団が成長していく過程が、ほとんどスルーされてしまっているため、折角の立つはずのキャラクターであるにもかかわらず、全く持って活かしきれていない。例えば、音痴な応援団員というキャラがいるにも拘らず、そこの部分は入部の際に軽く触れただけで、後半気がつけば校歌を普通に歌っていたりするという無意味な演出だ。こんな感じなので、敢えて応援団に入団した3人を変なキャラにする意図が弱く感じた。

さらにキャラクターで各々のリンクの話で言えば、最後気が付くと団長と副団が惹かれあっていたというストーリー展開も、副団長が好き好んでいたという一方的な演出だけ見せて、ラスト急に両想いになりましたというものでは、ラストの見せ場である応援シーンに対しての“盛り上がり保険”という感じにしか思えず、ご都合主義も甚だしく感じてしまう。そして、都合よすぎると言えば、野球部のエース(*ガッキーが惚れるほどカッコ良くないのが致命傷!なぜ殆どしゃべらないのにコイツ?)が転校(同じ地区)してライバルチームで即レギュラーで出場ということは高校野球のルール無視の考えだし、ガッキーが相手チームのエース(その時は)を好んで応援団に入ったということは事実なのに、それを糾弾された際に「そんなの噂」という嘘で流してしまったことと、そのことに対して相手に本当は事実だったのに謝らせたという演出は如何なものかとついつい憤りを感じた。
フレフレ少女
まあ原作通りの応援団を女子高校生がやるという奇をてらったものはいいとして、調度今年は、日本中が応援していたオリンピック野球で、日本が惨敗したというリアルな記憶があるだけに、どうも抽象的なこの作品のメインである「応援が選手の力を120%にする」という事柄に対しての説得力がどうしても欠けてしまう。もし金メダルでも取っていたら・・・と考えるという全くもって製作側の運の無さを痛感する。まあ後の祭りだが、どうせなら、映画内の状況などを考慮して、オリンピック前の7月公開の方が望ましかったのではないかと観終わってついつい思ってしまった。

という感じで、リーマンブラザーズ同様にいろんな意味で破綻しまくっている映画であったが、ガッキーの魅力は出ているので、彼女が好きで好きでたまらない人や、ベタなギャグも仏のように微笑んで笑っていられるような素直な人は楽しめるだろう。まあただ劇場鑑賞には、カメラワーク(顔から顔を写すシーンなどの不鮮明さ)を含め値するかと言えば疑問符が残るものだが。それにしてもガッキーは作品に恵まれない・・・。

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング

製作年度 2008年
製作国 日本
上映時間 114分
監督 渡辺謙作
脚本 橋本裕志
出演 新垣結衣、永山絢斗、柄本時生、斎藤嘉樹、染谷将太、内藤剛志

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

これは高校野球を冒涜する映画です。高校野球が好きな方には絶対にオススメしたくない駄作です。 シンクロ、ジャズ、フラダンス、合唱、学生プロレスに次ぐ6匹目のドジョウは感動なし、青春なし、そして萌えもなしのどうしようもない映画でした。 まず新垣結衣を筆頭...
あることがきっかけで野球部の男子に恋をし、彼を応援するために 応援団に入ってしまうヒロインの成長を描いた青春学園物。小説の中の恋物語に夢中な文学少女の桃子は、野球部のエース大嶋に 恋をする。しかしライバルが多く、彼のそばにはいけず、ラブレターも 渡せない
「フレフレ少女」は読書好きの文学少女がある日野球部のボールが頭に直撃した事をキッカケに野球部のエースに恋をしてしまい、少しでも近づきたい気持ちで廃部寸前だった応援団に入部し、応援するが、エースがライバル高校へ転校してしまい、応援する意味を見出せない中で...
ガッキーこと新垣結衣は本当に可愛い。演技力もまぁまぁだ。なのにこの映画は彼女をまったく活かしていない。女子高生の桃子はなりゆきで応援団長に。最初は不純な動機での入団だったが、厳しい訓練を経て誰かを真剣に応援するために何よりも自分が頑張ることに目覚めてい...
▼動機 地元ロケの半ご当地映画?(勘違い) ▼感想 映画というものの意味を考えるいい機会になった ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 読書が趣味で、物語の中の空想の恋に夢中になっている女子高生・桃子(新垣結衣)は、ある日偶然野球部のエース
久々に劇場での映画鑑賞です。観たい作品はいろいろあるのですが、いきなりヘビーなのもしんどそうなので。1番お気楽に観られそうなコレにしてみました。つまらなくても映画鑑賞&楽しい事飢餓状態なこのタイミングだと意外と笑えるかもしれないでしょ?(笑)。 出演は...
新垣結衣の可愛さで許すが、相当にひどい映画である。私が見たときには劇場には観客は私が一人だけ。ひどい映画になったのは製作者、監督に原因がある。新垣結衣を出して、しかも学ランでコスプレ気分にしておけばいいだろう程度の魂胆がミエミエである。共演者、特に応援...
土曜、イオン下田での映画鑑賞。 1本目に観たのは、「ホームレス中学生」。 そして
「フレフレ少女」 「Sweet Rain 死神の精度」 
読書好きで空想の中の恋にあこがれる少女が、ひょんなことから野球部の男子に恋をし、応援団に入る青春学園ストーリー。監督は渡辺謙作、キャストは新垣結衣、永山絢斗、柄本時生、斎藤嘉樹、内藤剛志他。 <あらすじ> 読書が趣味で、物語の中の空想の恋に夢中になって
主演は新垣結衣さん。 恋した相手を応援したいがため応援団に入部する主人公桃子は、乙女な少女。それがひょんなことからダメダメ応援団の団長になってしまい…というもの。まるで昔の少女漫画のような設定。 ガッキーは凄く可愛いし、ダメダメ応援団が頑張っていく姿を...

Comments


前々から私はガッキーに魅力を感じることがなかったので、正直彼女の良さというものは分かりません。
加えてこの映画の酷さ。

別に彼女に責任はないのですが、あまりにも彼女を売っていこうとする周囲のレベルの低さにはコメントのしようがないほどです。

先日「クレヨンしんちゃん」にもガッキーがアニメ版で登場してましたが、その効果もなさそうな感じです。
 

にゃむばななさんへ

ガッキーが好きではない人にはこの映画、かなりの拷問でしょうねw
彼女どうこのよりも、彼女の魅力に100%頼って作ったような映画なので、ストーリー的に苦笑してしまう程のレベルの低さでしたね。加え、有名俳優たちの子供や弟が出ているのですが、演技が大根ときたら…ご愁傷様です。

クレヨンしんちゃんで子供の集客を狙ったようですが、これでは無理そうですね!
 

こんばんは。TBありがとうございます。
こちらからのTBはダメなので、こちらに。

オリンピックの金メダルのことは考えませんでしたが、話の流れも今ひとつ説得力に欠くものでした。
ガッキーの学ラン姿は良かったんですけどね(苦笑)。

メインの丸の内ピカデリーは2週間で上映終了のようです(苦)。

http://cinechan.at.webry.info/200810/article_19.html
 

CINECHANさんへ

こんにちは☆
わざわざありがとうございます(汗

これぞアイドル映画という感じで、演出も内容もイマイチな作品でしたね。ガッキーが好きではない人には苦痛でしかない作品でしょうねw

2週間終了ですか・・・まあ仕方ないでしょうね・・・。
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。