Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



帰らない日々


Category: 映画 か行   Tags: ---
Hit and Runはダブルミーニング?

Reservation_Road

【Story】
息子をひき逃げされた大学教授のイーサン(ホアキン・フェニックス)と妻グレース(ジェニファー・コネリー)。それぞれが悲しみのあまり自分を責める中、イーサンは遅々として進まない警察の捜査に業を煮やし、弁護士事務所に調査を依頼。だが、依頼された弁護士ドワイト(マーク・ラファロ)は、ひき逃げした張本人だった…。

評価 ★★★☆☆(3.4P)

【簡易感想】
「ジョン・バーナム・シュワルツの同名小説を『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージが映画化した感動ドラマ」とYAHOOの紹介文に書いてあったが、最後の“感動ドラマ”という所に対して聊か疑問が残る(YAHOOは映画を観ていないのだろうか?)。
ストーリーはひき逃げ事件を通して、息子をひき逃げされた大学教授一家と、ひき逃げ事件を起こした弁護士一家各々の家庭が崩壊していくというものだ。テーマは珍しいものではないが、犯人が弁護士だったという点だけは面白い。だがこの弁護士ドワイト(マーク・ラファロ)という人間の描き方が余りにも浅はかすぎたのが勿体ない点だ。彼は終始映画の中で自首しようかしまいか葛藤するのだが、悉く諦める。まあ映画を成立させるために、そういうようになるのだろうが、余りにも自首を躊躇う理由が安易だ。まあ人間なんてそんなものだろうと言ってしまえばそれまでなのだろうが、もう少し、「最後に自首を決意した時」と「ひいた直後」の違いを顕著にした方が良かったと思う。
まあその他にも、主人公が犯人に辿り着く過程や各々の家庭がリンクしすぎているのも若干安直すぎるように感じたのが残念なところだったが、ラストで無駄にハッピーエンドを装わなかったことは評価できる点だろう。まあ現実なんてこんなものだ

*野球(レッドソックス)のヒットエンドランと、ひき逃げのHit And Runを掛けてあるのか?Ranking

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング


原題 RESERVATION ROAD
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 102分
監督 テリー・ジョージ
製作 A・キットマン・ホー、ニック・ウェクスラー
製作総指揮 ディーン・M・リーヴィット、ジーナ・レズニック
原作 ジョン・バーナム・シュワルツ
脚本 テリー・ジョージ、ジョン・バーナム・シュワルツ
撮影 ジョン・リンドレー
編集 ナオミ・ジェラティ
音楽 マーク・アイシャム
出演 ホアキン・フェニックス、マーク・ラファロ、ジェニファー・コネリー、ミラ・ソルヴィノ、エル・ファニング、エディ・アルダーソン、ショーン・カーリー、コーデル・クライド、アントニー・コローネ、ゲイリー・コーン、ジョン・スラッテリー

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 『あの日、あの場所で、 すべてが変わった。 突然の事故で最愛の息子を失った家族。 調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。』  コチラの「帰らない日々」は、「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督の待望の最新作となる7/26公開のサスペン...
公式サイト。原題:Reservation Road。テリー・ジョージ監督、ホアキン・フェニックス、マーク・ラファロ、ジェニファー・コネリー、ミラ・ソルヴィノ。原作者のジョン・バーナム・シュワルツはよほどのボストン・レッドソックス嫌いなのだろう。レッドソックスがバンビー
一度しか予告編を目にしてないけど、その時の物語の粗筋がとても興味深くて気になる作品でした。簡単にどんなお話かというとと、幼い息子がひき逃げによって死亡し復讐心に燃える父親が弁護士に相談しに行くのだけど、実はその弁護士が犯人という設定。予告編でわかる内容...
■ シャンテシネにて鑑賞帰らない日々/RESERVATION ROAD 2007年/アメリカ/102分 監督: テリー・ジョージ 出演: ホアキン・フェニックス/マー...
  ☆公式サイト☆ジョン・バーナム・シュワルツの同名小説を『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が映画化した感動ドラマ。幼い息子をひき逃げされた大学教授一家と、ひき逃げ犯である弁護士の交錯する運命を描く。息子をひき逃げされた大学教授のイーサン(ホア...
製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 主演; ホアキン・フェニックス 、 マーク・ラファロ 、 ジェニファー・コネリー 、 ミラ・ソルヴィノ 9月の暖かいある日、大学教授のイーサン一家は最愛の息子を交通事故でなくしてしまう。 妻、娘、そしてイーサンもこの事故は自分...
またまた地味~でインパクトに欠ける邦題付いちゃったよ~{/m_0164/} 『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督最新作として注目する人も多いかな。 試写にて観てきました~。 初めからある程度の展開はチラシにも書かれてたし予告篇でも知れてしまうので、 あえて、
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  奪い、奪われ、傷つけ、傷つく  
大学教授のイーサンは、10歳の息子ジョシュがチェロを演奏するリサイタルに妻のグレースと8歳の娘エマと出かけ、幸せな一時を過ごし帰途につく。一方、弁護士のドワイトは、別れた妻の元へ愛息ルーカスを送り届けるために車を飛ばしていた。そして悲劇は起きる。イーサンの目
ひき逃げ事故によって被害者側と加害者側のそれぞれの抱える 苦しみを描いたサスペンスドラマ。大学教授のイーサンは、家族で出かけた帰りに寄ったスタンドで、 息子がひき逃げ事故にあって亡くなってしまう。 事故の捜査に進展が見られず、警察の捜査に業を煮やしたイー
10才の息子をひき逃げした犯人を裁くために、事故の調査を依頼した大学教授イーサン。それを受けて立つ弁護士ドワイト。彼こそ、何とひき逃げ犯人その人だった・・・。 goo 映画  ありえないような設定であるがゆえに、この物語は成立するが、人の営みの根底にある「良
二つの視点が交錯する物語。
突然の事故で最愛の息子を失った家族。 調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。 交通事故の被害者と加害者 車を...
交通事故は怖い・・被害者になっても加害者になっても悲惨
原題:RESERVATION ROAD公開:2008/07/26製作国・年度:アメリカ、2007年上映時間:102分レンタル開始日:2009/01/19あの日、あの場所で、すべてが変わった。突然の事故で最愛の息子を失った家族。調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。監
「帰らない日々」、DVDで観ました。 どこにでもいる二つの家族が、一つの事故をきっかけに運命を交差させていく。「ホテル・ルワンダ」の...
『帰らない日々』を観ましたジョン・バーナム・シュワルツの同名小説を『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が映画化したサスペンス・ドラマです>>『帰らない日々』関連原題: RESERVATIONROADジャンル: ドラマ/サスペンス上映時間: 102分製作国: 2007年・...
70.帰らない日々■原題:ReservationRoad■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:102分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:8月9日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:テリー・ジョージ□原作・脚本:ジョン・バーナム・シ...

Comments


daiさん

こんばんは~
>ドワイト(マーク・ラファロ)という人間の描き方が余りにも浅はかすぎたのが勿体ない点

そうそう、わたしも思った事は同じ。
>主人公が犯人に辿り着く過程や各々の家庭がリンクしすぎているのも若干安直すぎるように感じた
って部分も同感ですね~
評価もわたしもこんな感じです。
でもこういう話って意外とあまりなかったので引き込まれて観ました☆

yhaooというのは海外ではなくて日本のですよね?
なんか評価が疑問おおいんだよなぁ、、、^^:


 

migさんへ

こんばんは★

話は結構私も引き込まれましたけど、突っ込みどころが目立ちますよね。もう少し練ってくれると良作になったと思います。

Yahooは勿論Japanの方ですね。ストーリーだったり、紹介だったり、ひどい時は手に負えないぐらいです・・・
 

映画として面白くしないといけないという使命を私は高く評価しました。
という訳で、時間を忘れて観ました。
そんな映画は久しぶりです。

あと、これは驚いたと云おうか、私が見入ってしまったのは、ホアキン・フェニックスの眼の演技です。
もっと掘り下げると、瞳の演技です。

瞳だけ見るために再度観ました。
絶望、怒り、不安、興奮、狂気、諦め、許し・・・それらを瞳で演じていました。

この映画が宣伝不足なのは、残念です。

故意の殺人も、極悪人も、超能力も、濡場もなく、これだけみせてくれる映画は、今なかなかないと思いますが・・・。
 

ベンガルさんへ

ベンガルさんはかなり楽しめた作品だったんですね。

>ホアキン・フェニックスの眼の演技

これは分かります。ホアキンの目の演技は素晴らしいです。
あの眼力を放てる俳優はなかなかいないですね。

おっしゃる通り、故意の殺人も、極悪人も、超能力も、濡場もなく、
これだけみせてくれる映画は今なかなかないですが、
個人的には人物描写が若干甘いかなという気がしました。
 

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。