Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



幸せの1ページ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
あくまで子供向けだと割り切って

Nim's_Island

【Story】
対人恐怖症の人気冒険小説家、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は何年も自宅に引きこもって暮らしていた。彼女は新しい小説のネタをネット検索していて、孤島で暮らすの記事に目をとめる…。

評価 ★★★☆☆(3.2P)

【感想】
なぜ『幸せの1ページ』なのか…。Ranking

~以降ややネタばれあり~


ウェンディー・オアーの同名人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。孤独な人気小説家と、南の島で父親と2人で暮らす少女の奇跡的な出会いをユーモラスに描いている。
Nim's_Island
本作の魅力は何といっても登場人物達のキャラクターであろう。アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)、ニム(アビゲイル・ブレスリン)、ニムの父で海洋生物学者のジャック/幻想アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラー)の3人4役が各々の俳優の今までのイメージとは全く異なった役を見事に演じている。
Nim's_Island
その中でも原題が『NIM'S ISLAND』にも拘らず、本作の主役を張っていて一番魅力的なのがジョディ・フォスターだ。今までの彼女と言えば、『羊たちの沈黙』から始まって、昨年観た『ブレイブワン』まで、どちらかと言えば頭のキレる強い女性を演じている印象が多かったが、本作ではそんな強い要素を微塵も感じさせない、“”が付く程の潔癖症で、オマケに対人・外出恐怖症という人気小説家を演じている。その演技が流石オスカー俳優という感じで、キャメロン・ディアスなどコメディで名をはせている女優陣をも凌ぐ徹底的な役への没頭というか、入りようであり、これぞ女優という演技を見せてくれていた。しかもコメディの中にも、潔癖症や対人・外出恐怖症であるアレクサンドラの内面をも、きちんと演じているのだから頭が下がるばかりである。ある意味、このジョディを見れただけでも、この作品はOKなのかと考えてしまう。
Nim's_Island
ただそのような魅力的なキャラクターがいるにも拘らず、何とも演出が下手というか脚本が駄目というか勿体ないことになってしまっていることが残念で仕方がない。いくら子供向けファンタジーを子供のために作ったからと言って、ここまで怠惰な仕事では不平不満も言いたくなる。だいたい冒頭で『NIM'S ISLAND』というところを強調したように、ロハスな自然に溶け込んだ生活を見せつけているにも拘らず、全くそこを活かしていない。確かにアビゲイルはアグレッシブなニムを巧く演じている努力はあるが、どうしてもアレクサンドラにフォーカスが集中してしまっていて、折角のニムのストーリーが散漫に感じてしまう。しかもフォーカスを当てているアレクサンドラ自体がニムとの関わりが薄く、ストーリー的にニムがアレクサンドラのアドバイスで問題を解決し成長していくのかと思わせておいて、ただ単にメールでのやりとりによりアレクサンドラを島へ誘導するだけ(しかもアドバイスどころか怪我をさせた)の関係であり、全く持って面白みに欠ける展開であった。
Nim's_Island
という感じでジョディ・フォスターを含め、俳優陣の演技やキャラクターは良かったのだが、どうも子供向けの素材を映画化したせいか、演出が下手なのかは知らないが、内容自体が薄く感じられ、ニムとアレクサンドラの出会うシーンやラストなど最も盛り上がる部分ですら盛り上がりに欠けてしまっていた作品であった。
オーストラリアの自然美と芸達者な動物を楽しみつつ、子供向けの作品だと割り切っての鑑賞をお勧めしたい。

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング

原題 NIM'S ISLAND
製作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 96分
監督 マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット
製作 ポーラ・メイザー
製作総指揮 スティーヴン・ジョーンズ
原作 ウェンディー・オルー
脚本 マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット、ポーラ・メイザー、ジョセフ・クォン
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 スチュアート・レヴィ
音楽 パトリック・ドイル
出演 ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:NIM\'S ISLAND) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ウェンディ・オルー原作の児童文学を映像化したファミリー向けアドベンチャー映画。 海洋生物学者のジャック(ジェラルド・バトラー)と11歳になる娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)は、休火山...
新宿の東京厚生年金会館であった『幸せの1ページ』の試写会に行ってきました。9/6から公開の作品です。 ******************* ウェンディー・オルーのベストセラー児童文学『秘密の島のニム』をオスカー女優ジョディ・フォスターと「リトル・ミス・サンシャイン」の
 『人生なんて、 たった1行で変えられる。 引きこもりの冒険作家に、 ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!』  コチラの「幸せの1ページ」は、オーストラリアの人気作家、ウェンディ・オルーのベストセラー小説「秘密の島のニム」をジョ
いつも強そうで怖いものなんか全くナシ!ってキャラを演じて来たジョディ、新境地開拓?! ジョディ・フォスターが、ハートフルファンタジー{/eq_1/} 今回演じるのはベストセラー冒険作家で、超!が付くほど潔癖症で引きこもりの作家、アレクサンドラ・ローバー。 父親...
元祖クール・ビューティーといえばジョディ・フォスターでしょう。 子役のころからス
【NIM\'S ISLAND】2008/09/06公開(09/06鑑賞)製作国:アメリカ監督:マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー 人生なんて、たった1行で変えられる。 ひきこもりの冒険作家にドアを開け...
【NIM\'S ISLAND】2008/09/06公開(09/06鑑賞)製作国:アメリカ監督:マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー 人生なんて、たった1行で変えられる。 ひきこもりの冒険作家にドアを開け...
先日観た、ウェンディー・オルーの同名児童小説を映画化したアドベンチャー・コメディNim\'s Island(二ムズ・アイランド)をご紹介します☆ 冒険...
大好きなジェラルド・バトラーが出る映画なのに、「コチラでは上映されない~」と思っていたら、された♪ラッキー【story】勇気あるヒーロー”アレックス・ローバー”(ジェラルド・バトラー)を主人公にした冒険小説で人気の小説家アレクサンドラ(ジョディ・フォスター
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/bc6ae4d00611c0406203ff7fad60da5a の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。
ジョディ・フォスターとアビゲイル・プレスリンがアクション・アドベンチャーで初共演。引きこもりの小説家アレクサンドラと、南の島で暮らす少女ニム。大切なものに囲まれた自分の世界に生きている二人を、アレクサンドラの書く冒険小説のヒーローが織りなすハッピーでハ...
ポイントが溜まっていたので、日曜の朝一(9時半)の「幸せの1ページ」を無料で鑑賞。 昨日の大雨で、まだ濡れたままのスニーカーで、ちょっと気持ち悪いけど^^; 「UCとしまえん」は、普通よりは多いかな。 「幸せの1ページ」は、小さめのスクリーンで、9割程度。 昨...
  人生なんて、   たった1行で変えられる。   ■ベストセラー冒険作家のアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)には、ある秘密があった。それは、自分が書く勇気あるヒーロー、”アレックス・ローバー”とは正反対で、アパートに閉じこもって小説を書く
日本の予告編ではジョディ・フォスターの映画…という雰囲気でしたがオリジナルタイトルは「ニムズ・アイランド」これはアビゲイル・ブレスリンの映画であり少女向け冒険ファンタジーだと思います。ジョディ・フォスターは上手いのですがコメディセンスは…あんまり…。と...
  ★★★☆☆  南太平洋の島を舞台にした冒険ファンタジー。  原題は「Nim\'s Island」。       ◇  少女Nim Rusoe (Abigail Breslin)は、 作家で科学者の父Jack (Gerard Butler)と 南太平洋の孤島で暮らしていた。 楽しみは冒険家Alex Rover (Gerard Butler...
原題は「Nim’s island」・・・。これの方が中身にはあってる。
人気児童書を映画化した冒険ファンタジー。「幸せの1ページ」公式サイト邦題とチラシから、勝手にハートフルラブコメみたいなのを想像してました。でも児童書の映画化って聞いてすごい納得です~とにかくアビゲイルちゃんかわいい!彼女は 幸せのレシピもよかったけど、...
NIM\'SISLAND人生なんて、たった1行で変えられる。ひきこもりの冒険作家にドアを開けさせたのは、南の島の少女からのSOSメールだった!上映時間96分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画)初公開年月2008/09/06ジャンルファミリー/アドベンチャー/コメディ【解説...
ニムの島へようこそ♪? ?
離島で海洋生物学者の父親とふたりで暮らしている少女と、外出恐怖症で潔癖症の人気女流作家の物語です。
知的女優ジョディ・フォスターのコミカルな演技が新鮮なファミリー・ムービー。引きこもりの人気作家アレクサンドラは、孤島で暮らす海洋生物学者の娘で9歳のニムとネットで知り合うが、ある日彼女からSOSメールが届く。ヒロインが生み出した小説の主人公が彼女を外の...
試写会で「幸せの1ページ」を観た。 海洋学者の父ジャック(ジェラルド・バトラー)と南の無人島で暮らす少女ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、アレックス・ローバーが活躍する小説の大ファン。豊かな自然と仲良しの動物に囲まれて幸せに暮らす彼女だったが、父が調査..
「幸せの1ページ」★★★ ジョディ・フォスター主演 ジェニファー・フラケット、 マーク・レヴィン 監督、2008年、アメリカ、96分 南太平洋の孤島で暮らす科学者の父と娘、 カモメやアザラシと楽しく暮らしていたが、 悪天候で父親は遭難したらしく、 さら...
☆気軽に楽しめるコメディ作品だと思っていたら、それ以上に痛快なファンタジー・アドヴェンチャーだった。 「痛快」と言うよりは、爽快かな? 南の海の広さが、物語の冒頭で、架空の物語の「アラビアの冒険」から連想された『アラビアのロレンス』の雄大な砂漠を連想さ...
『幸せの1ページ』人生なんて、たった1行で変えられる。アレクサンドラは、大人気の冒険小説家だけど“対人恐怖症”で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとま...
「幸せの1ページ」観ました。 南の孤島で変人のパパと暮らす少女が大ピンチに! それに気づいた、遠く離れたアメリカに住む潔癖症の女...
「幸せの1ページ」を観てきました~♪ 海洋学者のジャック(ジェラルド・バトラー)とその娘ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、南海の孤島に住んでいた。或る日、ジャックは藻の産卵を観に行くために小船で海へ漕ぎ出す、留守番を頼まれたニムはジャックのメールを整...
 NIM\'S ISLAND  南太平洋の孤島で、海洋学者の父ジャック(ジェラルド・バトラー)と暮らす少女 ニム(アビゲイル・ブレスリン)。冒険...
監督:マーク・レヴィン 出演:ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー、アビゲイル・ブレスリン 評価:75点 そこそこ面白い児童向けコメディファンタジー。 リトル・ミス・サンシャインのあの女の子(アビゲイル)がこんなに大きくなったのかと感慨深くなっ...
児童書の映画化。ジョディが主演ではなく、美少女になってきたアビゲイルちゃん主演です。ジョディは珍しくコミカルな一面を見せてくれ、ジェリーは一人二役に挑戦して成功しています。 2008年 日本 ファミリー、アドベンチャー、コメディ 2008年9月18日 ワーナーマイ...
ひきこもりな冒険小説作家、アレックス・ローバーの冒険物語であり、火山の島に住むニムの「ホーム・アローン」的おうちを守る物語に、家族と疑似恋愛がスパイスのハートウォーミング・コメディな映画を昨晩観ました。解説とあらすじはいつものYahoo!からのコピペで。その...
「幸せの1ページ」は試写会が当たっていたのに、別の試写会と日程が重なってしまったので、泣く泣くお友達に観にいってもらった作品です。 ようやく観にいってきました。 この映画、チラシのイラストがとても美人な若い姉さんとアビゲイルちゃんだったのよ。この若い
人気ブログランキングの順位は? 人生なんて、 たった1行で変えられる。 ひきこもりの冒険作家に ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!
作家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、”アレックス・ローバー”を主人公にした大人気冒険小説を書いているが、彼女には対人恐怖症で外出恐怖症、そして不潔恐怖症と言う秘密があった。そんな彼女が、煮詰まりつつある執筆中の小説のネタのために出し...
9月20日(土) 14:35~ チネ1 料金:0円(ポイント使用) プログラム:600円(買っていない) 『幸せの1ページ』公式サイト ちょっと、あんまりなタイトル。しかも、最後の最後しか関係無いし。 原題は、Nim\'s Island。Nimは、主人公の少女の名前。原題もアレだ
アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。彼に協力を求めるつもりでいたが、ある日、南の島の少
{/kaeru_fine/} ひとつ前の記事で予告したとおり、本日2つめの記事です{/face_nika/} まずは、ここで溜まりに溜まった{/ase/}近況報告(の一つね) 先々週2009年5月10日(日曜日)、またまた「鳥栖プレミアム・アウトレット」に行ってきました。私は既に季節を過ぎた{/...
84.幸せの1ページ■原題:Nim'sIsland■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月4日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)...

Comments


う~ん、そうですね。
ちょっとターゲットが絞りきれてないのかな?
広めの層を狙いすぎてどこに盛り上がりをもっていったら
いいのか分からなくなっちゃったって感じでしょうか。
まぁお話としては確かにちょっとユルかったけど、
ジョディのコメディエンヌぶり、アビゲイルちゃんの子供らしいハツラツぶり、
ジェリーの2役とキャストは本当見せ場だらけでしたね~。
 

daiさん
こんばんは~、TBコメありがとう♪
わ、割と最近観ていたのネ!

まさに今回も最初のお言葉通り!
子供向けと割り切って観るー
のひとことでしたね。

ほんと展開は盛り上りないし、、、、
でもジョディが面白かったし退屈はしなかったから
OK★

 

邦題はまちがってますよね・・
中身もしぼりきれてなくて、がっかりしました。
ジョディのコメディぶりが新鮮ですが、どうもオーバーにみえてしまってちょっとでした・・彼女、痩せましたかね?
動物とか自然のきれいさとかお子さまにはおすすめですね。あーあ。
 

miyuさんへ

コメントありがとうございます★
まあモノを売るに至ってはターゲットを決めるというのは大前提でしょうが、この作品はターゲットと作ったものが大いに矛盾していましたね。

ただキャストは存在感ありという感じで楽しめました☆
 

migさんへ

こんばんは★
そうですね。私も割と最近観てましたね。

子供向けと割り切って観るぐらいじゃないときつかったですね!ジョディの演技は面白かったですけど、展開にテンポの良さがなく、途中で出てきた子供などは不必要ですね。
 

アイマックさんへ

コメントありがとうございます☆

本当に邦題はまちがってます!!
そしてそれに付随するように、中身もしぼりきれてないないですね。
>ジョディのコメディぶりが新鮮ですが、どうもオーバーにみえてしまって
確かにオーバーかもしれませんが、あんなジョディは初めてなので良かったです。
 

こんばんは♪
ジョディ・フォスターのコミカルな演技は新鮮で見ていて面白かったです。
そしてオーストラリアの自然もきれいでした。
結構好きなタイプの作品ではあるんですがいまひとつ盛り上がりがなかったですね。
 

ゆかりんさんへ

こんばんは★
ジョディの初コメディアンヌっぷりはかなり良かったですね。多少過剰かなと思う節もありましたが、それがジョディにぴったりでした。

確かに面白くなるはずの作品だったのに、演出と脚本が甘いせいで盛り上がりに欠けましたね・・・。
 

daiさん、こんばんわ(^ー^)
コメントありがとうございました♪
本当に、”幸せの1ページ”ってタイトルは
しっくりきませんね。^^;
ニムズアイランドで良かった気がます。(笑)
私も、今までと違うジョディ・フォズターの演技が良かったと思います♪
こういうお話は大好きなんですが、
盛り上がりに欠けていたのが残念です。
子供向けで終わってしまって残念!
 

tessさんへ

こんばんは★
邦題は・・・という感じです!!
おっしゃる通り原題のままで良かった気がしますね。

盛り上がりに欠けた作品でしたが、ジョディのコメディ演技を観れただけでも良しとすることにしました。
 

こんばんは!
『魅力的なキャラクターがいるにも拘らず、何とも演出が下手というか脚本が駄目というか勿体ないことになってしまっている』
私もそう感じました~
ジョディとジェラルド、アビゲイルちゃんがいいので観終わった感想としては悪くはないのですが、ちょっと内容が薄かったと思います。
子ども向けにしてはアドベンチャー部分も中途半端だったし、大人が満足するドラマも描けていませんでしたし、、、ホント勿体ないいですね!
 

由香さんへ

こんばんは★
やっぱり由香さんも内容が薄いと思いますよね。
良い俳優が各々の新境地の演技をしているのに
非常に勿体ない作品でした。
 

こんばんは~♪
こんなジョディは初めて観ました(笑)
ジョディはこう言う演技もできる人なんですね♪

>何とも演出が下手というか脚本が駄目というか
勿体ないことになってしまっている

おっ!daiさん、手厳しいですね(笑)でも、確かにそうですね。
キャストもいいしロケーションいいし、動物たちも
かわいい?(笑)のに、なんか物足りなさを感じるのは
きっとそう言うことなんですよね(^^ゞ

私はこういう作品嫌いじゃあなんですが、daiさんが
おっしゃるように盛り上がりに欠けてσ(^◇^;)
ちょっともったいないなあと思った作品でも
ありました。
 

ひろちゃん★さんへ

こんばんは。
ジョディの演技は良かったと思うのですが・・・演出が下手すぎましたね。最高の食材を用意して、その食材が最高の味を出しても、料理人が下手くそなら、物足りない中途半端な料理になってしまいます。まさにそれを地で行ったような映画でした。
 

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。