Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



KIDS


Category: 映画 か行   Tags: ---
子供たちが主演ではないことを含めた多くの違和感

KIDS

【Story】
夢も希望もなく、すさんだ生活を送る青年タケオ(玉木宏)は、街にやって来たばかりの少年アサト(小池徹平)と出会う…。

評価 ★★☆☆☆(2.8P)

【簡易感想】
人の傷を自らの体に移すことができる青年、孤独な青年、心にも体にも傷を持つ女性の友情を描く物語。登場人物を青年と女性と言ったことからも分かるように、原作の設定とは大いに異なるので、根本である『KIDS』というタイトルの違和感は殊更だ。
そしてそれはストーリー展開にも言えることで、特に3人が仲良くなる過程の描き方が荒く、無理やり感が目立つ。子供が毎日遊んでいて気がついたら仲良くなるというなら分からなくもないが、いい大人が喫茶店にいるというだけで、気がついたら仲良し3人組みになっているというのは普通の大人なら違和感を持つだろう。またその他にも、公園完成後に急に現れる子供たちなどは奇異にすら感じられるし、ラストの大事故であれだけの傷を自らに負いながら、アサトの怪我が少なすぎる(なぜ歩ける?)など演出に関しても、気持ち悪く感じるほどの違和感がある。
まあ唯一褒められるのは怪我の見せ方がリアルだというくらいであり、3人いずれかのファン以外はそれほど楽しめない作品だと思う。Ranking

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング


製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 109分
監督 荻島達也
原作 乙一
脚本 坂東賢治
撮影 中山光一
編集 森下博昭
音楽 池頼広
出演 小池徹平、玉木宏、栗山千明、永岡佑、仲野茂、斉藤由貴、泉谷しげる

■他の記事にも興味を持った方はINDEXへどうぞ!→INDEX
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

乙一さん原作の映画作品とは何故か相性がいいんですよね。たぶんファンタジーの着想自体がワタシ好みなのかな?でも未だに小説では一度も読んでないんですよね。なんとなく映画を楽しむための験かつぎになってるかも?そんなわけで、今回も大きな期待は抱かずに楽しみにし...
乙一がいくら和製スティーヴン・キングと称されているからといって、冒頭から「スタンド・バイ・ミー」をかけるとは・・・
乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を実写版映画化した作品です。
純粋だから、分かち合える傷がある。
人気ブログランキングの順位は? 純粋だから、分かち合える傷がある。
若者に絶大な人気を誇り、“切なさの達人”と称される乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」を映画化した感涙ファンタジー。人の傷を自分の体に移すことができる特殊な能力を持つ少年と、孤独な青年の友情を描く。監督は、『きみにしか聞こえない』の荻島達也。ダブル主演を果

Comments

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。