Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



グミ・チョコレート・パイン


Category: 映画 か行   Tags: ---
ゴムは苦い…だけ

グミ・チョコレート・パイン


評価 ★★★☆☆(3.8P)

【簡易感想】
大槻ケンヂの自伝的な小説を映画化した本作。1980年代の賢三少年(石田卓也)の青春模様を描いている。ストーリーは「1986年の賢三の高校時代の話(ノイズバンドを組む話や山口美甘子(黒川芽以)の恋愛など)」と「2007年の賢三の今の話」の2つが交互に繰り広げられる。冒頭で『スウィング・ガールズ』のようなものではないという辺りから、ただの青春ものではないという自虐的感が伺える。まあ青春を過ごしたみんながみんな、ブラバンやシンクロなんかで青春の1ページを謳歌しているわけがないので、その点でこの映画のようにダメな高校生たちの青春の方がよほど共感できる部分が多いことは確かだ。特に山口美甘子の言った「人生は、グミ・チョコレート・パインだと思うんだ。」という台詞は妙に深いと感じる。
そう言えば賢三のバンド仲間である山之上を演じた柄本佑は、もうこういうキャラが完全に定着してしまっているため、親父のように個性派を突き進んでほしいものだ。Ranking

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング


テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

----変なタイトルだね、 あまり期待できないニャあ。 「だよね。ぼくも最初聞いたときはそう思ってたんだけど、 監督がケラリーノ・サンドロヴィッチと聞いて 俄然観に行く気になったね」 ----そうか、えいは『1980』好きだったものね。 「うん。今回も舞台は80年代。 そ
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 大槻ケンヂの同名小説を映像化した青春映画。 2007年、東京。会社をクビになり実家へ帰ってきた大橋賢三(大森南朋)。そこで賢三は昨年届けられていた山口美甘子から手紙を発見する。そこに書かれていたのは、『あなたのせ...
人気ブログランキングの順位は? あの頃、 僕らはちょっとだけ未来を生きていた。 そんな憧れと疼きがあった。 ノイズまじりの、純愛。
高校2年生の賢三は、アンダーグラウンドなロックが好きな音楽少年。他のクラスメートを低俗な奴らと嘲り、「オレはアイツらとは違う」と思いながら、何をしていいか分からず、毎夜、親友二人と酒を飲んでは悶々と過ごしていた。ある日、薄暗い名画座で同じクラスの美甘子と会
とってもおいしそうなタイトルなので、劇場公開時に気にはなってたけど・・・ 見逃してた作品。 2月に試写会で観た「罪とか罰とか」と同じ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督作。
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ(元 有頂天) 出演:石田卓也(◎)黒川芽以(◎)犬山イヌコ(もはや忠犬) 出演:大森南朋 高橋ひとみ(いいっす)山崎一(◎) ケンゾーは、映画や小説、ロックに傾倒する高校生。 ある時、彼が憧れていた女の子が自分

Comments

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。