Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ジャージの二人


Category: 映画 さ行   Tags: ---
圏外から電波良好へ

ジャージのニ人


【Story】
仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻の不倫、父は離婚の危機と互いに問題を抱えながらも、 2人は亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、夏休みをのんびりと過ごす。翌年の夏、2人は猛暑の東京から逃れるように山荘へ向かうが…。

評価 ★★★☆☆(3.1P)

【感想】
ジャージが大人サイズで綺麗なのは愚問。Ranking

~以降ネタばれあり~


クライマーズ・ハイ』や大河ドラマの『篤姫』なんかにも出ている名脇役の堺雅人が主演のこの映画は、とてもゆるい映画だ。世間一般的にはこういうのを脱力系というのだろう。そのため、取り分け事件が起こるわけでもなく会話を楽しむ映画だと思う。ただ脱力系と言っても、登場人物の抱えている問題は結構シビアなものだ。
ジャージのニ人
この物語の主要人物は、妻に不倫され仕事も辞めた息子(堺雅人)とグラビアカメラマンで日テレGoGoなんて言っている場合じゃないぐらいの離婚危機状態な父親(鮎川誠)の2人。こんな2人が父親の誘いで北軽井沢の山荘でスローライフを送るという展開になっている。そこに息子の嫁(水野美紀)や息子の腹違いの妹(田中あさみ)、隣人の遠藤さん(大楠道代)などのキャラが絡んでジャージの2人が1人増えジャージの3人になったり、1人減りジャージの1人になったりするのだ。
ジャージのニ人
そのジャージの人間たちが不倫や離婚なんて人間の人生においての大問題が起きているのにも拘らず、飄々と生きているのがこの映画の特徴だろう。この飄々としているというのは、各々の問題の解決に必死に取り組もうとするわけでもなく、かといって逃げているわけでもないためこの表現になる。しかし飄々としていながらも、言葉少ないが各々の主張はしっかりしている。ただこの言葉と言葉の行間を読まなければいけないというのが少し観る人を選ぶかもしれない。
ジャージのニ人
そんな少し観ている人に任せられる映画だが、使われている表現は結構面白い。まずジャージに注目しなければいけないことは言うまでもないし、東京の気温より低いことでのガッツポーズや、トマトネタ、携帯ネタなど、田舎であることを小笑いに変えようとしているところが多くあり、その中のいくつかは観ている人のツボにはまるだろう。
ジャージのニ人
ただそんな表現に頼っていることが多い分、腹違いの妹は急に出てきて結構なポジションに立つし、息子と妻の関係の描写、父親がグラビアカメラマンになった理由など登場人物達の関係性が上っ面になってしまっていたのが残念だった。ただこういう映画なのでさして気にはならないが、少し考えるとおかしな所が多い映画だった。結局は和小の“(観た人は分かる読み方)”を重視したということか。

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング

製作年度 2008年
製作国 日本
上映時間 93分
監督 中村義洋
原作 長嶋有
脚本 中村義洋
撮影 小松高志
編集 大畑英亮
音楽 大橋好規
出演 堺雅人、鮎川誠、水野美紀、田中あさみ、ダンカン、大楠道代
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

公式サイト。長嶋有原作、中村義洋監督。堺雅人、鮎川誠、水野美紀、大楠道代、田中あさみ、ダンカン。気温35℃と20℃の断絶。避暑をするにはこれほどの映画はない。ミニストップはソフトクリーム、氷菓類がとみに充実していることだし。監督もそれを知ってか、ミニストッ...
□作品オフィシャルサイト 「ジャージの二人」□監督・脚本 中村義洋 □原作 長嶋有 □キャスト 堺雅人、鮎川誠、水野美紀、田中あさみ、ダンカン、大楠道代 ■鑑賞日 7月19日(土)■劇場 角川シネマ新宿■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感
鮎川誠&堺雅人のコンビ主演。 こんなに誰も思いつかないようなキャスティング、 どうやって思いついたんだろう~。 最近の似たり寄ったりのキャスティングに辟易と しているひとには、これは新鮮、新鮮!
映画『ジャージの二人』のプレミア試写会に行って来ましたよ~。ジャージを着ていくとポストカードがもらえるということでジャージ姿の人が結構いて、会場の雰囲気を盛り上げていました。お待ちかねの舞台挨拶では
芥川賞・大江健三郎賞受賞作家、長嶋有の同名小説を、『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が映画化した脱力系ストーリー。互いに私生活に問題を抱え、どこかヘンテコな父と息子が繰り広げる山荘でのスローライフを描く。ジャージ姿で夏休みをのんびりと過ごす親子を...
ある夏の日、仕事を辞めた息子・32歳は、グラビアカメラマンをしている父親・54歳に誘われて、山里の別荘にやってきた。お互い日常生活に問題を抱えていて、ちょっと現実逃避のつもりの二人は、亡き祖母が集めていた古着のジャージを着て、のんびりと過ごそうと腹を決める。
人気ブログランキングの順位は? 息子 32歳 無職 妻はよそのおおとこと恋愛中 父親 54歳 グラビアカメラマン 三度目の結婚にも黄色信号 父子ふたり山荘で過ごす、 ちょっと遅めでモラトリアムな夏休み ワケあり父子(おやこ)の、何もしない夏休...
人気ブログランキングの順位は? 息子 32歳 無職 妻はよそのおおとこと恋愛中 父親 54歳 グラビアカメラマン 三度目の結婚にも黄色信号 父子ふたり山荘で過ごす、 ちょっと遅めでモラトリアムな夏休み ワケあり父子(おやこ)の、何もしない夏休...
▼動機 予告編をみて面白そうだと思った ▼感想 感想を書きながら面白さに気づくおかしさ ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻
昨日、八戸フォーラムに映画観に行って、1本目に観たのが、「252 生存者あり」。 2本目に観たのが
安いのには訳がある? 得した気分でいっぱい買ったら あっちからもこっちからももらって もう見たくもないというくらいのトマト。(笑) 結局食べきったのだろうか・・? 東京の気温を天気予報で聞いて よっしゃってガッツポーズとる、 そんな小さな幸せが微笑ましい。 ..

Comments


こんばんは。
コメントいただきありがとうございました。
本当結構重い問題抱えているのに、のほほんと過ごしているそのギャップがよかったですよね。
和小の和とはうまい表現です!
 

masakoさんへ

こんばんは★
重いテーマを軽く描くというのが現代人っぽくて良かったですね。ただ若干の退屈さもありましたが・・・。

和小の和で一本取られましたw
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。