Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



アイズ


Category: 映画 あ行   Tags: ---
移植の都市伝説

The Eye


【Story】
5才で失明したヴァイオニストのシドニー(ジェシカ・アルバ)は角膜移植で視力を取り戻した。 しかしそれ以来、死者の姿が見えるようになってしまう。そしてシドニーは、鏡に映る自分の顔が、他人が見ている本来の自分の顔ではないことに気づく…。

評価 ★★★☆☆(3.3P)

【感想】
相変わらずのセクシーショット(開始1時間後辺り)。Ranking

~以降ネタばれあり~


酸素入りパンみたいなオキサイド・パンのタイホラー『The Eye』を、最近一児のママになったジェシカ・アルバでリメイクした本作。なんでも当初はレニー・ゼルヴィガー主演だったらしいが、擦った揉んだあり、ジェシカに落ち着いたのだとか。個人的にレニーだったらまず間違いなく観なかっただろう。
The Eye
そんな本作だが、折角リメイクするのだからそのままやっても仕方がないため、バージョンアップしようと考えるのが普通の考えであり、タイ版での設定ではアメリカでの威厳がなくなると考えた(憶測)監督は、ヒロインの設定を障害者アマチュアオーケストラの一員から、プロのお金持ちヴァイオニストへとバージョンアップさせている。それにより、彼女の住んでいるところも、タイ版の古臭いアパートから、NYのいかにもお金持ちが住んでいそうなマンションになっており、内部も目が見える私の家なんかよりも何百倍も綺麗に整理整頓されている。 まあここら辺になると、目が見えないんだからおかしいんじゃないかと苦情がきそうだが、この演出が後々効いてくるのだ。
The Eye
さてそんなビジュアル面でとやかく言っていても話が進まないので話を進めることにしよう。この作品は、移植によって全盲だった女性・シドニー(ジェシカ・アルバ)の目が見えるようになることで事が始まる。この移植によって前所持者の記憶(能力)が受け継がれるというのは聞いたことがある話だ。よく聞くのは、心臓移植なんかで大なり小なりあるが別人のように趣味嗜好が変わってしまったというものである。まあ研究などで証明されていないので都市伝説扱いだが、事例は多くあるらしいので強ち嘘とも決めつけられない奇妙な出来事だ。その移植されたものが今回は角膜だったので、性格というより、目から入ってくる情報が変化してしまったという設定になるわけだ。
The Eye
普通の世界なら、“手術成功!”数週間で徐々に目が見えるようになっていき、今まで知らなかった世界を恐怖と嬉しさ半分半分で知っていくことで社会生活に順応していけるというものになるはずなのだが、この作品では、やっと世の中が見れるようになったと思ったら、オプションとして“幽霊が見れる能力”なんていうありがた迷惑な新機能がついてくる。さらには幽霊が見えることを誰も信じてくれないのだから、嬉しさなんていうものはすぐさま吹っ飛んで、シドニーのように「見えないままが良かった」と悲観するのは至極当然の結果だ。ただ強いシドニーは、自分の見ている顔と見られている顔が違うことを知るとこのままでは辛いと感じ臓器提供者のことを違反行為をして調べ、臓器提供者がいたという村へ出かけ、謎を解決していく。
The Eye
とまあここまでは演出が弄られたぐらいで、オリジナルと同じように再現されているのだが、この作品の最大の違いはメキシコの村へ行った後の衝撃のラストである。オリジナルとは同じようで全く異なった作りとなっているから面白い。オリジナルがセットや演出など全てから感じられた薄暗く気味の悪い雰囲気のまま、後味の悪い悲壮感一杯のラストに仕上げてあったのに対し、リメイクはセットや演出など初めから違いを出していた理由がここに巧く繋がってくるのだ。所謂ハリウッドテイストのラストなのだが、個人的にはオリジナルより、ラストのジェシカの顔が好印象に捉えられた分、こちらの方が好みとなった。

ただ単純にホラーを思う存分に味わいたいのなら、ジャパニーズホラーに慣れた日本人には怖さが物足りない仕上がりだが、タイ版を観ていないという方や、ジェシカ・アルバのサービスシーンが観たいという方、どうも後味が悪いのは苦手という方は間違いなくこちらを勧める。勿論、両方見ることで双方を比較して楽しむということをしてみるとさらに双方の良さを感じれると思う。

■記事を気に入った方、もしくは他のブロガーさんの記事を読みたい方はクリックを!!
      ↓
人気blogランキング

原題 The EYE
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 98分
監督デヴィッド・モロー
出演 ジェシカ・アルバ、アレッサンドロ・ニヴォラ、パーカー・ポージー、レード・セルベッジア
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:THE EYE) 【2008年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 2002年に公開されたオキサイド・バン&ダニー・バン監督のホラー映画「the EYE【アイ】」(原題:見鬼/THE EYE)をハリウッドがリメイク。 5才の時に事故で視力を失ってしまったシドニーウェルズ(...
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:THE EYE) ----これってトム・クルーズがリメイクすると言っていた 『the EYE [アイ]』のこと? 「そう。プレス読むまで フェイ...
公式サイト。ダビィド・モロー、ザヴィエ・パリュ監督、ジェシカ・アルバ、アレッサンドロ・ニヴォラ、パーカー・ポージー、ラデ・シェルベッジア、レイチェル・ティコティン、フェルナンダ・ロメロ。不思議だ。違う顔と言われても同じ顔に見える。シドニー(ジェシカ・ア
 ジェシカ・アルバのボウイング(ヴァイオリンの弓使い)、……クラシック音楽ファンとしては、ちょっと気になっちゃったなぁ。もう少し、...
おもしろかった。 ジェシカ・アルバさんの映画は見逃したくないので、「レッドクリフ」などを差し置いて初日に観た。
 「アイズ」の試写会に行ってきた。シネマカフェさんのご招待。香港のホラー映画「theEYE【アイ】」のリメイクだそうだけど、オリジナルは見てません。そもそもホラーとかオカルト映画はそんなに見ないけど、アジアのホラー映画は本当に怖そうなんだもん(^_^);。同じホラ...
タイ映画「the EYE【アイ】」の・ハリウッド・リメイクは、終盤はアクション映画のよう。盲目のシドニーは角膜移植手術を受けて成功するが、以来、突然襲いかかる人影や燃えさかる火事など、彼女だけに見える不可解な光景に悩まされる。超常現象をただ怖がるだけでなく勇
ジェシカ・アルバがアジアン・ホラーのリメイクに挑戦! 角膜の提供者が見せる怪現象の真相を追う! 物語:シドニーは将来を嘱望される若手バイオリニスト。幼いころの事故が原因で失明したものの、日常生活においては不便を感じる事はなかった。 しかし、姉ヘレンのた...
THEEYE悲しみと感動のスピリチュアル・スリラー上映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ムービーアイ)初公開年月2008/11/01ジャンルホラー/ドラマその目が私に見せたのは──見えるはずのない宿命(さだめ)その「目(アイズ)」が見た衝撃のラストに全米中の魂が震...
タイの大ヒットホラー映画『the EYE【アイ】』のハリウッドリメイク版です。オリジナルはたしか実話から着想を得てるんでしたっけ?忙しければスルーするとこだったんだけど、109シネマズのサービスデイだったこともあって買い物ついでに鑑賞してきちゃいました。 出演...
今週の平日休みは「109シネマズMM横浜」で鑑賞。 いやーー、TOHOシネマズの1ケ月フリーパスを使い切ったから、もう脱力感。 なんか、呪縛から解かれたような・・・燃え尽きたような・・・ しかし、映画の新規公開は止まらないで、今週は違う系列のシネコン・...
2008年。アメリカ。"THE EYE".   ダヴィド・モロー&ザヴィエ・パリュ監督。  大ヒットして第3作まで作られたタイ映画、『the EYE』(ダニー・パン&オキサイド・パン監督)の第1作目をハリウッドでリメ
タイのホラー映画「THE・EYE」をジェシカ・アルバ主演でハリウッド リメイク。幼い頃、姉と遊んでいた爆竹が原因で失明したバイオリニストのシドニーは 姉の勧めで角膜移植手術を受ける。手術が成功した彼女は徐々に視力を回復 させていく。しかし同時に他人には見えない
盲目の美女、ジェシカ・アルバが、角膜移植手術で江原さんみたいになっちゃうお話{/m_0005/} 突然太るワケではもちろんなく そう、突然アレが見える様になっちゃう {/m_0252/} この作品、『レイン』を撮ったタイのパン兄弟が数年前に映画化した『the EYE』のリメイク
大好きなジェシカ・アルバなので観たら、ボクの大嫌いなホラーだった~(((( ;゚д゚)))最初から最後までガクガクブルブル(TДT) ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 評価:★8点(満点10点) 2008年....
今日は、九段会館で「アイズ」の試写会でした。 シネトレさんで当選しました。 クラッシック好きの私には「若手バイオリニスト」というキーワードと、不思議さいっぱいの「見えるはずのないものが見える」というキーワードで期待感が高まります。 怖いですよ~。こ...
2003年6月に香港・タイ合作の映画「the EYE」を劇場で見て かなり怖い思いをしたと当時のHPの過去ログを読み返すと感想をアッ...
11月16日(日) 17:10~ 渋谷東急 料金:1150円(渋谷の金券屋で東急共通映画鑑賞券を購入) プログラム:600円(未購入) 『アイズ』公式サイト 香港のホラー「the EYE」のリメイク。本家は昔見たので、記憶が定かではないのだが、脚本を英語に変えただけでほとん
“もしも見えないはずのものが見えたら…そして、その《目》で誰かを救えるとしたらジェシカ・アルバ主演最新作、悲しみと感動のスピリチュアル・スリラー” 今日は日曜日ですが、昨日は東村山での下見があってお姑さまの妹の様子見に行けなかったので、まずは目黒で様子...
タイ映画「the EYE」の・ハリウッド・リメイク。 画像を探していたら見つけた2枚のポスター。 どっちも良いでしょ♪    ...
レンタルで鑑賞―【story】幼いころに視力を失ったバイオリニスト、シドニー(ジェシカ・アルバ)は、姉ヘレン(パーカー・ポージー)の勧めで角膜移植手術を受ける。そして、心理療法士ポール(アレッサンドロ・ニヴォラ)のもとで視力を回復させていくが、マンションを
そういえば昔、時計のアルバのCFソングで、 「燃えろアルバ~夜明けは近い~{/onpu/}」(スペクトラム)ってのがあったのを思い出したピロEKです。 …新田一郎って今、何してんでしょうねぇ{/eq_1/}(ジャンプ放送局{/ee_3/}) で、本日{/kaeru_fine/}は映画鑑賞記録...
THE EYE 2008年:アメリカ 監督:グザヴィエ・パリュ、ダビッド・モロー 出演:ジェシカ・アルバ、アレッサンドロ・ニヴォラ、パーカー・ポージー、ラデ・シェルベッジア 幼い頃の事故が原因で失明したシドニーは、将来を嘱望されるバイオリニスト。角膜移植手術を
「アイズ 」★★★wowowで鑑賞 ジェシカ・アルバ、アレッサンドロ・ニヴォラ主演 ダヴィド・モロー、ザヴィエ・パリュ監督                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気な...

Comments


おはようございます!
私のブログへご訪問&コメントいただき、ありがとうございました^^
この作品、タイ版は一作だけ鑑賞した事があります。
当初、トム・クルーズがリメイク権を取得したという話でしたが、監督も違う方がされたようですね!
ハリウッド版は何時になるのかなと思っていましたら、もうDVD化されていたんですね(^^;
ジェシカ・アルバは好きな女優さんなので、今度
探して見比べてみたいと思います^^
それでは、ランキングクリックさせてください!
また、お邪魔します☆
 

ピーチさんへ

コメントありがとうございます☆
私が観たDVDは日本のではなく海外版ですので、日本での公開はいまだ未定、DVDも未定とのことです。

そう言えばトム・クルーズがリメイク権を買ったことで、話題になりましたね♪
 
アジアンホラー人気ですよね~!
こんばんは、daiさん♪
個人的にはどちらかというと、後味の悪いラストのオリジナル版の方が好きです。
ヒロインはジェシカ・アルバの方が断然いいですけどね(笑)。

幻覚と幽霊を使ったミスリードは、リメイクの方が面白かったです。
目から手が出てくるっていうポスターもこっちの方が怖い~!

「the EYE 2」もリメイクされるってニュースが流れてからだいぶ経つけど、こっちもすったもんだしてるのかしらん?
 

ともやさんへ

こんばんは★

私も『ミスト』なんかと同様に、客観的に観ると、オリジナルの悲観的なラストは好きなのですが、ジェシカ・アルバの笑顔でやられてしまいまして・・・こちらも悪く感じませんでしたし、ミスリードに関してはオリジナルよりも巧かったですね。

『The Eye2』もリメイクされるって私も聞きましたが、ジェシカ・アルバクラスの容姿と人気を備えていないと無理でしょうね。
 

こんにちは。

ここでご紹介されているジェシカ・アルバの画像を観て思い出したのが
ダリオ・アルジェント『サスペリア』のジェシカ・ハーパー。
おっしゃるようにレニー・ゼルウィガーじゃあ……。
ホラーは、目の大きな女優が似合いますね。
 

えいさんへ

こんにちは☆
流石えいさん、言われてみれば『サスペリア』のジェシカ・ハーパーですねw

やっぱりレニーじゃ、ホラーは楽しめないですよね!恐怖を表す時の人間のファクターとして”目”は大事です。
 

こんばんは♪
daiさん、かなり前にご覧になって
いたんですね(*_*)
最初は、レニーが主演だったのですか?
だったら、私も観なかったと思います(笑)

ホラーは苦手で、絶対と言うほど観ないのですが
魔がさしました(笑)私は、これでも十分に怖くて
たいした感想も書けませんでした(^^ゞ

>両方見ることで双方を比較して楽しむと
いうことをしてみるとさらに双方の良さを
感じれると思う。

とのことですが、daiさんの比較のコメント読んで
いるだけで、オリジナルの怖さが伝わりましたので
オリジナルは観れないと思います(笑)

ホラーでしたが、後味が悪くなかったのが救い
でした(^.^)
 

ひろちゃんさんへ

こんばんは♪

>daiさん、かなり前にご覧になって
いたんですね(*_*)

これはジェシカということと、B級テイストが
したので日本公開がないと踏み速効DVDを
買ったんですw完全に読みを外しましたが・・・

>最初は、レニーが主演だったのですか?
だったら、私も観なかったと思います(笑)

『ラムの大通り』のえいさんもおっしゃられて
いますが、目の大きい女優さんじゃないと
ホラーはキツイですね…レニーじゃ魅力が
半減してしまいます。

ホラーが苦手な方にはこれでも結構
怖かったんですね。オリジナルの方が数倍以上
怖さあふれる作りですよ!観ないとは言わず、
また間がさしたら、深夜にでも観て存分に
怖がってくださいw
 

daiさん★

あ、そうだそうだ、daiさんの読んで思い出しました。
トムがリメイク権獲得したときレニー主演でやるって確かに言ってましたよね!
それで全然合わないxxxxって思ってたの思い出しました~、
ジェシカちゃんでよかったぁ。(笑)

ジェシカファンだったら間違いなくオリジナルよりもこちらが好みですよね★
オリジナルを決していい作品とは思わなかったので
同じくらいかな。
怖さの演出をもっとして欲しかった気もするけどそういう映画じゃない気もしますね★^^
 

migさんへ

本当にジェシカで良かったですよね。
レニーなら公開は間違いなくなかったでしょうねw

ホラーどうこうを抜きにして、migさんのおっしゃるようにジェシカファンだったら間違いなくこちらが好みになりますよね★
斯く言う私も、オリジナルの良さも分かるんですが、
ジェシカが魅力的だったのでこちらの方が好印象でした。
 

こんにちは☆
オリジナルは後味悪いのですね?
私はこちらしか観ていないのですが、怖さが半減していた分、オリジナルの方がいいとばかり思っていましたが、そうでもなさそうですね~
でも、ジェシカは大好きなので、サービスショットはともかく、楽しめました。
 

ノルウェーまだ~むさんへ

こんばんは☆

オリジナルは若干後味悪いです。

確かにオリジナルの方がアジアンテイストで
怖さを分かっている分、多くの方がオリジナルを
押しますが、私はジェシカの魅力がある分、
ラスト以外は忠実に作ってあるこちらを押しますね☆
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。