Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国


Category: 映画 あ行   Tags: ---
これはまさかの踊るシリーズと同じような展開か!?

Indianajones4

【Story】
1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、相棒の若者マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)とともに再び冒険の旅へと出る。しかし、インディたちの前に、秘宝を付け狙うロシア軍が立ちはだかり…。

評価 ★★★☆☆(3.5P)

【感想】
壁画にルーカス作品で見覚えのある奴らがいたような。Ranking

~以降ややネタばれあり~


19年ぶりの復活を果たした『インディ・ジョーンズ』シリーズ。前3作と比較をしても、白髪は増えたがインディアナ・ジョーンズはいつまでたっても冒険好きのインディだったし、スピルバーグの演出も変わっていない。まさに安心できる仕上がりとなっていた。こういうのは、“待っていました『インディ・ジョーンズ』”という人間にはたまらない出来栄えだろう。それを印象づけるかのようにOPでは、ルーカスフィルムのマークとパナマウントのロゴが懐かしさを醸し出しての開始となる。
Indianajones4
インディシリーズが誕生したころ私なんかは、記憶も定かではないほど幼く、リアルタイムで彼の活躍を観たわけではない。その後、金曜の夜や日曜の夜に活躍する彼の姿をTVで何度も何度も観たタイプの人間だ。しかし、記憶のキャパが狭いためその記憶も消えかけているので、先週はインディウィークとして過去作のおさらいをしてから本作の鑑賞となった。そのおかげもあってか、すんなりインディ作品の世界観に入ることができた。なのでこれから鑑賞する方は、3作をもう一度観てからの方が楽しめると感じた。特にこのシリーズを観ないで、この世界観に入ろうとすると、古典的な良さにギャップを感じ楽しめないだろう。
Indianajones4
さて前置きが長くなったが、本作は前作から19年後の設定となっており、このシリーズで初めて戦後を描いている。そのため、かつて戦ったナチスはいなくなり、敵役として戦後の情勢を表す代名詞と言っても過言ではないソビエトのKGBが登場する。そのKGBと今回争奪戦を繰り広げるのがタイトルの「クリスタル・スカル」なのだ。まあ名前で想像できるだろうが、クリスタルの頭がい骨のことだ。その容姿が人間のものとは思えないので、これと冒頭のエリア51の展開さらにインディ・ジョーンズシリーズということを考えればラストはどういう感じに終わるのかは想像できる。
Indianajones4
ただこのシリーズはストーリー性を求めるよりも、アクション性に特化した作品だけに、そちらを楽しむのは旧来のファンなら百も承知の事実であるので、ピンチがご都合主義で片づけられてしまうと言うのは野暮である。白髪が増え、老体になろうともインディは、エリア51でのアクションから始まり、原爆を冷蔵庫で乗り切り、街中のバイクでのチェイス、森の中での敵の車をのっとってのカーチェイスなど往年を彷彿させるアクションを見せてくれる。そして今回は、今までインディメインだったアクション(*3作目は親父もやっていた)を相方のマット(シャイア・ラブーフ)も手伝ってくれている。車の上でのやり合いなんかは、往年のインディのようで彼のアクションは良かったのだが、森でのターザンはやややり過ぎで、さらに皆での滝の3度落ちは本当にやり過ぎだ。
Indianajones4
というようにやややりすぎのアクションも目立ったが、インディシリーズのエンターテインメント性を維持するためのことだと考えるとまあ大目に見れる。そして今回のアクションシーンをシャイア・ラブーフにも依存したところを見ると、今後のインディシリーズは彼のスピンオフになっていくのかもしれないと考えてしまった。

■この記事が気に入った方または、他の方の感想を読みたい方はこちらを一押しポチッと!
       ↓
Please Push Me!

原題 INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL
製作年度 2008年
監督 スティーヴン・スピルバーグ
上映時間
製作 フランク・マーシャル
製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ
原案 ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン
脚本 デヴィッド・コープ
編集 マイケル・カーン
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、イゴール・ジジキン、アラン・デイル
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

ドキドキね。
 『全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!』  コチラの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」は、スティーヴン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演で80年代に大ヒットを飛ばしたシリーズの
19年ぶりに復活した暴れん坊考古学者の『インディ・ジョーンズ』シリーズ。目新しさは特にないものの、懐かしさと最近ヒットしている新参者のトレジャー・ハント映画『ナショナル・トレジャー』シリーズにはない、元祖としての独特の味と世界観。久しぶりに1990年代の映画...
公式サイト。ジョージ・ルーカス原案、スティーブン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート。昔読んだオカルト系、オーパーツ系のものがあまりに盛り沢山で、総集編という感じだ。
まさか、このシリーズまでこんなに年月経ってから続編が作られるとは思わなかったなァ。テレビでの放送を何度も見てるせいか吹替のイメージのほうが強いんですよね。昨日『魔宮の伝説』観たいけどハリソン・フォード、若ッ(笑)。 出演は、ハリソン・フォード、シャイア...
遂に待ちに待ったこの日が!今朝の地震ではいちおう震度4地域。少々ビビりながらの鑑賞。(被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。)”オーパーツ”のオーバーテクノロジーを無理やり理解しようとすると、やは
インディ・ジョーンズ-クリスタル・スカルの王国 - オフィシャルサイト Yahoo!映画 - インディ・ジョーンズ-クリスタル・スカルの王国 解説: 考古学者インディ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を駆け巡る冒険活劇の19年ぶりとなるシリーズ第4弾。前作から18年後の
耳になじんだあの曲を聴くと、これから冒険が始まるんだなあとドキドキしますね。約20年ぶりとなる続編。最後まで楽しんで観ることができ...
いよいよ来週から公開される、19年ぶりに帰ってきたインディアナ・ジョーンズ教授の大冒険物語の第4弾。ですが、一足お先に先行公開で観てきちゃいました。気合を入れて前もってチケットを購入しておいたのですが、劇場はガラガラ・・・。ま、そんなものかも知れませんね...
インディージョーンズシリーズのファンなので、凄く楽しみで、でも期待し過ぎると良くないからと、期待はしないで映画館に行きました。
『インディ・ジョーンズ』19年ぶりの復活。今年は、ランボーといい、インディ・ジョーンズといい、20年近い時を経てからの復活が多いですね。正式公開は来週からですが、先行公開の今日、見てきました。 舞台は、第二次世界大戦が終結して、東西冷戦が激化しつつあるころ...
ドキドキするなぁ~インディ・ジョーンズに会えるなんて―   *『レイダース/失われたアーク』1936年、旧約聖書に登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡りナチス・ドイツと対決―*『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1935年、インドで聖なる...
原題 INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 上映時間 122分 製作年度 2008年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/06/21 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 デヴィッド・コープ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ハリソン・フォード、シャイア・
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」はインディ・ジョーンズシリーズ19年ぶりの新作で第4段となり、探険家インディ・ジョーンズがかつて栄えた王国の秘宝を求めて1人の若者と共に冒険するストーリーである。インディ・ジョーンズシリーズのファンにと...
公開日 2008/6/21監督:スティーブン・スピルバーグ出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/レイ・ウィンストン 他【あらすじ】1957年、米ソ冷戦の真っ只中。インディと相棒マックは都会から遠く離れた飛行場で、極悪なソ連の工作員の魔の...
原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 製作年度:2008年 製作国: 上映時間: 監督:スティーブン・スピルバーグ 製作:ジョージ・ル...
インディ・ジョーンズ19年ぶりの新作「クリスタル・スカルの王国」が先行上映されて
行ってきました。 <国立競技場 代々木第一体育館> 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作:フランク・マーシャル 製作総指揮:ジョージ・ルーカス キャスリーン・ケネディ 脚本:デヴィッド・コープ インディ・ジョーンズ新作のプレミア試写会にいってきま
欲しいよ 欲しいよ ドクロストーン 公式サイト ジョージ・ルーカス&スティーブン・スピルバーグによる、冒険オカルト活劇シリーズの、19年ぶりの最新作。主演がハリソン・フォードのまま変わらず、前作から19年後のストーリーとして、ロートル・インディの冒険を見せ...
JUGEMテーマ:映画 2008年6月14,15日 先行公開 2008年6月21日~ 公開 アドベンちゃ~ (タムケンで言ってみてぇ) アトラクション感覚を堪能できる! 先行上映の初回で観てまいりました♪ さすがに劇場は朝イチからほぼ満席状態!...
監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス CAST:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシ...
【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】2008/06/21公開(06/14先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ原案:ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレ
あの伝説のヒーローが帰ってくる!神聖なる力を守り、文明の発祥地を救い、悪の軍勢に勝利した。そして今、“インディ”の新たな冒険が始る!(ネタバレですので、まだ映画を見ていない方は、ご注意を) <感想>今では人気アトラクションにもなったインディ・ジョーンズ...
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ)    シャイア・ラブーフ(マット)    ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)    カレン・アレン(マリオン...
{/kaeru_en4/}“この先、行止まり”だって。どうする? {/hiyo_en2/}どうするって、インディ・ジョーンズなら、そんなの無視して突っ込むところでしょう。 {/kaeru_en4/}でも、俺、インディ・ジョーンズじゃないし。 {/hiyo_en2/}それにまあ、インディ・ジョーンズもいい
インディーーーーーーーーーーーーーー(≧∇≦) キャーーーーーーーーーーーーーーーー☆☆☆☆☆ 面白かったあああああーーーーーーー...
先行上映にて【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 19年ぶりとなる「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。 おはなし:1957年、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、若者マ...
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロードベ...
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:スティーヴン・スピルバーグ 製  作:フランク・マーシャル 製  作 総 指 揮:ジョージ・ルーカス       キャスリーン・ケネディ キャスト:ハリソン・フォード       シャ...
◆プチレビュー◆これぞ冒険活劇ムービー。19年ぶりの最新作には懐かしい顔と新しい顔が見えて、サービス満点だ。 【65点】  冷戦時代の1957年、考古学者にして冒険家のインディアナ・ジョーンズ博士は、生意気な若者マットと共に、伝説の古代秘宝“クリスタル・スカ
◆プチレビュー◆これぞ冒険活劇ムービー。19年ぶりの最新作には懐かしい顔と新しい顔が見えて、サービス満点だ。 【65点】  冷戦時代の1957年、考古学者にして冒険家のインディアナ・ジョーンズ博士は、生意気な若者マットと共に、伝説の古代秘宝“クリスタル・スカ
  全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!    ■1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛か
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/レイ・ウィン...
(原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull) ----『インディ4』か…。 すでに先週、先行ロードやってたし。 ここで話すの、ちょっと遅すぎニャい。 「う~ん。確かに。 あえてぼくが喋らなくても、この映画はヒット間違いなし。 ということでのんびり
今回は、映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危う...
上映スクリーン数: 789オープニング土日興収: 8億円本年度最高のヒットスター
はるか昔の第二次世界大戦中、ナチスドイツにたった一本のムチで立ち向かったタフな男
61.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国■原題:IndianaJonesandtheKingdomOfCrystalSkull■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:7月7日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監...
☆「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、イゴール・ジジキン、...
「メディコムトイ」から、インディジョーンズが発売されました。 顔は発売前のプロトタイプ画像より、量産品のほうが、ハリソンフォードに似ています。 装備品もよく出来ています。ただちょっと、?な部分があります。 ?ジャンバーのチャック(スライドする取っ手)が付...
1957年 ネバダ州 エリア51の軍事基地を、何者かが襲った。アメリカ軍に変装した、ソ連兵士たちだ。 ソ連兵士たちは、トランクの中に二人の男を隠していた。 インディ・ジョーンズ博士と、その相棒のジョージ・マクヘイルだった。 ソ連兵士の筆頭イリーナ・スパ...
あらすじ1957年、相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼にマットという若者が声をかけてきた・・・。感想『未知との遭遇』のスティーヴン・スピルバーグ『アメリカン・グラフィ...

Comments


あのラストといい、スピルバーグがシャイア・ラブーフを秘蔵っ子にしていることといい、こりゃ完全にスピンオフに向けて本格始動しそうですね。
果たしてどうなることやら?
 

にゃむばななさんへ

またのコメントありがとうございます♪
秘蔵っ子をこんな大作の大切な役に抜擢した
ことと、ハリソンの歳を考慮するとスピンでの
インディが続きそうですね。
期待したいと思います。
 

daiさん、こんばんは~。

daiさんもインディ・シリーズはTVで馴染んだ世代なのですね。
スワロもです。
うろ覚えのインディ・シリーズをおさらいせずに見に行ってしまってちょっと後悔・・・
知っていたらいろいろ楽しめるシーンがあったのですよね。

>森でのターザンはやややり過ぎで、さらに皆での滝の3度落ちは本当にやり過ぎだ。
はは(爆笑)
たしかに「どんだけ~」って感じでした(古い??)
ターザンとかそんな簡単にできないでしょ!?みたいな。
しかもイグアスの滝に落ちてそう簡単にみんな助からないでしょ!
とも突っ込みたくなりましたが、インディだから許せちゃいます。
これぞインディ・マジックですね(笑)
 

swallow tailさんへ

こんばんは★
そうなんですよ私もTV世代なので、劇場でのインディは初体験です。なのでしっかり予習しておきました。

ターザンなどやり過ぎがありましたが、おっしゃる通りインディ・マジックで許せてしまうのが不思議ですよね♪
これでもしかしたらハリソン版インディが見納めになるかと思うとやや残念です。
 

こんばんは、ホーギーです。
1年以上前からこの日を楽しみにしてきましたが、ついに観てきました。
心配していたハリソンの年齢からくる表情や体型に老いは感じるものの、その圧倒的な存在感やまだまだやれるアクションシーンに安心しました。
そして、見事なストーリー展開と怒濤のアクションシーンは健在で期待とおりの内容に大満足の2時間でした。
これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。
本作はハリソンのほか、懐かしのマリオンの再出演、オスカー女優のケイト・ブランシェット、いま売り出し中の若手シャイア・ラブーフとキャスト陣も楽しませてくれました。
噂によると数年後に更なる続編との話もあるようですが、どうなることでしょうか?
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
 

ホーギーさんへ

コメントありがとうございます★
ホーギーさんは相当楽しみにしていたのですね。
そして十二分に楽しんだのですね。
確かに現代の『ナショナルトレジャー』に
代表されるような冒険アドベンチャーにはない面白さが
このシリーズにはありますよね。
その中に俳優人の巧さも勿論大きな要因を担っているでしょう。

続編はどうなんでしょうかね?
そうなると次は、シャイアが主役ですかね?

こちらこそ宜しくお願いします♪
 

daiさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

あ、やっぱり壁画ですか?
インディ・ジョーンズ作品には本編のどこかにスターウォーズネタがあると知ったので、自分も探そうとは思いましたけど、終始インディに夢中だったのでそんな余裕ありませんでしたw
でもその壁画にR2D2みたいなのが映っていたとも聞いてるので、自分も今週リピートついでに確かめてきたいと思います♪
 

メビウスさんへ

こんばんは♪
私もまさかとは思ったのですが・・・多くの方のレビューにもありましたしねw
私もインディには夢中だったのですが、遊び心があるんじゃないかと、目を光らせていましたw
メビウスさんも光らせて見つけてください!!
 

お邪魔します

スピルバーグの名を初めて覚えたのが『E.T』。その時わたしはまだ10歳にもなっていませんでしたが、第一作『レイダース』はさらにその前なんですよねー

ハリソンさん、がんばっておられましたが、これ以上体を酷使するとマジで寿命を縮めてしまいそうなので、やはりこの辺でシャイアくんに跡目を譲ったほうが良いのでは? と思いました
 

SGA屋伍一さんへ

コメントありがとうございます♪

スピルバーグなんて私が生まれる前から活躍していた人ですから、『レイダース』は私よりずっと先輩ですw

ハリソンはこれで潮時でしょうね。そのためのシャイアだったように私も感じました。名作は継承されるというやつですね。
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。