Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛


Category: 映画 な行   Tags: ---
子供が躊躇なく人を殺すという戦争

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

【Story】
白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。荒れはてたナルニア国を目にした4兄妹は、この国の王位継承者であるカスピアン王子(ベン・バーンズ)と出会う…。

評価 ★★★☆☆(3.3P)

【感想】
あれから1300年とは・・・上映時間と同じで長い。Ranking

~以降ややネタばれあり~


C・S・ルイス原作の『ナルニア国物語』シリーズで、『ライオンと魔女』に続く第二弾である本作『カスピアン王子の角笛』は、前作から1300年も経ったナルニアを舞台にしている。まあ前回は確か、「魔女軍V.S.ライオン軍」だった覚えがあるが、今回は「ナルニア人V.S.テルマール人」の戦争であり、ナルニア側はすでに瀕死寸前まで追いやられている。しかも追いやったテルマールでは、王位継承問題なんてものが勃発しており、トップになるはずのカスピアン王子(ベン・バーンズ)がナルニアの元へ逃げて行くという本末転倒の展開だ。

この映画で前作同様に何よりも素晴らしいと思えるのは、ディズニーの財力だろう。CGなんて至る所に使っているだろうに、そのように感じさせない程のニュージーランド景色とのシンクロ率だ。劇中で動物がしゃべくりまくったり、馬人間が出てくるから、まだ百歩譲ってファンタジーと言えようが、ここでそんな演出がなされなければ、リアルにニュージーランドでの戦争という“リアルウォー”そのものに見える。

そんなディズニーの財力や技術力には頭が下がるし素晴らしい点なのだが、この作品に限っては、このリアルウォーというのが作品の質を低下させる大きな要因となってしまっていることが残念だ。見た目はリアルな戦争なのに、ナルニア国のリーダーがペベンシー4兄妹で、さらにはその部下の過半数が動物達という所がどうもビジュアル面で納得いかない。彼らは前作で王や王女になり、ナルニアを統治した経験があるため体裁はOKなのだろうが、観ているこちらからすると、いくら経験値があっても所詮は子供。そんな子供たちが、数千年面識がないテルマールの見ず知らずの大人達を平然と剣で斬ったり、弓で射ち殺したりするという、観ていて胸糞悪くなるような展開になっていく。勿論ディズニーなので、殺しには血しぶきなんてものはないのだが、現代の世の中が世の中だけに、このように平然と子供が大人を殺すというシーンを見せつけられるのはどうかと思ってしまう。

さて現代の闇的に平然と人殺しをしまくる兄弟についてもう少し話すと、彼らは前作同様に華がないというところが目立ってしまうのが残念だ。4兄弟の中でも末っ子のルーシーだけは、殺しもしないし、容姿もクリアーしているが、他の兄弟たちの容姿は少し問題だ。男2人は華がなく、長女のスーザンもカスピアンとの恋仲になる展開としては説得力に欠けてしまう。だいたい『スパイダーマン』でも、『ハリー・ポッター』でも、『ロード・オブ・ザリング』でも主役級の奴らは、回を増すごとに華が生まれ、頼もしさすら感じることができるのに、この作品に至ってはその部分が大いに欠落している。もう少し、俳優選びは将来性も考慮に入れて、慎重にやってほしかったものだ(まあ今回はカスピアン王子をメインにすることで彼らのルックスをカバーしたか?)。

とまあ、金がかかっているし、それなりには楽しめるが、どうも子供が動物を殺すことには躊躇するくせして、人は平然と殺してしまうという演出や、とって付けたようなカスピアン王子の恋愛など余計な部分が私の気分を害した作品だった。物語としては結局のところ、アスランさえいれば何にも問題ないということか。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします(マウスオーバーで文字が出ます)!!
      ↓
Please Push Me!

原題 THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN
作年度 2008年
製作国 アメリカ
上映時間 150分
監督 アンドリュー・アダムソン
製作 マーク・ジョンソン、アンドリュー・アダムソン、フィリップ・ステュアー
製作総指揮 ペリー・ムーア
原作 C・S・ルイス
脚本 アンドリュー・アダムソン、クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
編集 シム・エヴァン=ジョーンズ
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演 ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、ベン・バーンズ、ピーター・ディンクレイジ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、セルジオ・カステリット、ワーウィック・デイヴィス、コーネル・ジョン、ヴィンセント・グラス、ダミアン・アルカザール、シェーン・ランギ
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 『魔法vs人間──引き裂かれる心。』  コチラの「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」は、C・S・ルイス原作の全7章から成る「ナルニア国物語」の第2章の映画化で、5/21公開となったアドベンチャー・ファンタジーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  前
「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」は原作ナルニア国物語の第2章で前作第1章「ライオンと魔女」から1300年後のナルニアを舞台に滅びたナルニアを復興させるために再びナルニアの地を踏んだ4兄妹がナルニアのために国を追われた王子と共に戦うストーリ
戦争は大人になってから。
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN 監督 アンドリュー・アダムソン 出演 ジョージー・ヘンリ...
何故か日本では先週の水曜日に劇場公開された、ナルニアの第2章。 人気者タムナス(ジェームズ・マカヴォイ)が出てない代わりに、 カスピアン王子役にイケメン(ベン・バーンズ)をキャスティングしたのねーーーー。
前作に比べぐっと大人向けになったのは、王位継承争いや民族間の抗争など、もめ事が生々しいせいだろう。加えて、動物キャラが少ないことも理由の一つ。物語は、不思議な角笛に導かれて、1300年後のナルニアに戻った4兄妹の冒険だ。麗しいカスピアン王子が話題だが、彼は...
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 The Chronicles of Narnia: Prince Caspian 前回の第1章では、ぐたぐたの感想を書いていたこの私も (くう...
「ナルニア国物語第2章:カスピアン王子の角笛」を鑑賞してきましたもちろん字幕版を。C・S・ルイスの児童文学に基づくヒット・ファンタジーの第2弾。現実世界とは別の時を刻む魔法の国ナルニアを舞台に、大きな使命を背負う王子とペベンジー兄妹の冒険を描く。ストー...
ペベンシー四兄弟がナルニア国を救って1年。四兄弟は、角笛の導きによって再びナルニアに召喚される。そこで彼らを待っていたのは、人間の王国テルマールによって滅ぼされた1300年後のナルニアだった。そして、角笛で彼らを呼び寄せたのは、臣下によってテルマールを...
     『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』は、劇場で鑑賞したけれど、、、イマイチ好きになれず(汗)、その後もWOWOWで2度ほど観ても、、、やはり好きになれず(汗)、、、でも、第2章には期待をしていましたよ~だってカスピアン王子が素敵なんだもの~家族...
アゴも鼻の先も、割れています...セクスィーどうあがいても\"少女マンガ\"になってしまいました、うきゃあ~~ 第1作と違って今回は各紹介も終...
監督:アンドリュー・アダムソン  CAST:ベン・バーンズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップウェル 他 ナルニア国で白の魔女に...
ギリギリまで頑張ってー ギリギリまで踏ん張ってー♪ 公式サイト イギリスの文学者C・S・ルイスのファンタジー児童文学、『ナルニア国ものがたり』から、2006年に映画化された『第1章:ライオンと魔女』に続く、二年ぶりの映画化。 原作の大筋を再現しつつ、冒険よ...
パンチ力は弱くても, ファンタジーはじわっと効いてくる。  
イマイチ好き度のあがらないナルニア、今回の目玉はカスピアン王子である、と見せかけてドワーフであった。 > のはrukkiaだけか? 意固地な表情で何気に大活躍なトランプキン(ピーター・ディンクレイジ)、ずいぶん自然だなぁ、とおもったら、自然に背の小さい俳優さ...
【コメント】★★★★★★☆☆☆☆ 「ナルニア死す」。 前作「ライオンと魔女」から1,300年の歳月が流れたナルニア。角笛(前作でスーザンがサンタクロースから贈られた魔法の角笛)に呼ばれて四人兄弟が再びナルニアへ呼ばれる。だが、そこで四人が見たナルニアはかつて
映画館にて「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」 C・S・ルイスの児童文学を映画化した『ナルニア国物語』シリーズの第2章。 おはなし:ペベンシー4兄妹は、暴君ミラースからナルニア国を奪還するために、正当な王位継承者であるカスピアン王子(ベン・バーン...
本作品のキーワード : 『小さい彼らの力が、壮大な力と勇気を!』  【公   開】 2008年 【時   間】 150分 【製 作 国】...
ナルニア暦2303年__美しき魔法の国は人間に侵略されいまや滅亡を待つのみ。 暗黒のナルニアに残された最後の希望は、人間の王子の手に握られていた・・・。 舞台は、前作「ライオンと魔女」から1300年もの歳月が流れたナルニア国。かつては楽園だった魔法の国...
【監督】アンドリュー・アダムソン 【出演】ベン・バーンズ/ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージ...
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」見てきたよー!! アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ 正直、前作の話はライオンの名前はアスランってぐらいしか全然覚えてない!! カスピアン王子のイケメンぶりをチェックしてきた!!
C・S・ルイス原作の「ナルニア国物語」のシリーズ第二弾。 2006年に公開された「第1章:ライオンと魔女」に続く「第2章:カスピアン王子の角...
人気ブログランキングの順位は? そこは楽園のはずだった・・・ 1300年後のナルニア 魔法vs人間──引き裂かれる心。
C.S,ルイスの原作第2弾。ペベンシー家の4人きょうだいにイケメン王子が加わり、「魔法VS人間」というキャッチコピーまであって、CG全開でディズニーが繰り広げてくれます。4人の子どもたちの成長振りもうれしい。
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 - goo 映画 ?   本編が始まる直前、ディズニーで作られた映画なのでシンボルのお城に花火が上がる。さあいよいよ始まるんだな思いながら、ふと「ディズニー」の世界はやはり夢の世界なんだと想いが飛んだ。それは映画の...
今日{/hiyoko_cloud/}からまたまた夜勤です{/face_acha/} 月曜日は割と体力的にも余裕があるので{/face_ase2/}こうやってブログ更新をしております{/face_nika/} 昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}はブログ更新後、車{/cars_red/}の点検に。 最近ってガソリンスタンド
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』を観ましたC・S・ルイスの名作児童文学を壮大なスケールで映画化したファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第2弾です>>『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』関連原題: THECHRONICLESOFNARNIA:PRINCE...
魔法vs人間──引き裂かれる心。 【関連記事】 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 叔父に男児が誕生。王位継承を巡り カスピアン王子の命が狙われる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Chronicles o...

Comments


daiさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

前作ではCGに目を奪われてたのか、あまり注目していませんでしたが、本作では自分もニュージーランドの素晴らしい背景の方を結構注目してましたね♪ペベンシー兄妹がボートを漕いでる時の川の透明度とか凄かったですし、環境問題が騒がれてる昨今、あんな美しい自然美がまだ残ってると思うとなんかホッとしてしまいます(^^;)

今じゃオールCGで背景も美しく作る事が出来きますけど、敢えてリアル自然美を取り込んだ所も自分は評価に入れました♪
 

メビウスさんへ

CGと景色の境目は本当に分からないぐらいの巧さでしたね。ある意味、前作以上ではないでしょうか?

環境問題が世界規模で騒がれている中、あの景色の素晴らしさが残っているニュージーランドは素晴らしいことですね。まあそこら辺を子供に見せようとする姿勢もディズニーらしいっちゃらしいですねw
ですが私は評価には入れませんでした(笑)

 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。