Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



僕の彼女はサイボーグ


Category: 映画 は行   Tags: ---
干物女よりハマってる

Bokuno_kanojyoha_saibougu

【Story】
21歳の“僕”(小出恵介)を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという最高にキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【感想】
サイボーグではなく“アンドロイド”という表記が正しいだろう。Ranking

~以降ややネタばれあり~


この映画は終始、監督クァク・ジェヨンが綾瀬はるかをサイボーグとして、可愛く撮ろうということだけに注力してできた作品であることは観た人の多くが感じるだろう。そのために、それ以上でもそれ以下でもない作品に仕上がっていることは確かだ。
Bokuno_kanojyoha_saibougu

この作品、出演者は日本人だが、監督がクァク・ジェヨンなので作りは韓国映画。韓国映画のコメディはたまにツボにはまる時もあるが、時代錯誤の純愛映画というジャンルは、得てして安易に感じて仕方がないことが残念だ。それを象徴するが如く、冒頭、綾瀬はるか演じる謎の美少女が、小出恵介演じる主人公ジローの前に現れ、彼女の破天荒振りで彼を散々振り回し、彼の人生に強烈な印象が残るような誕生日にするというところまでは、韓国コメディ要素満載てな感じで倫理的にはどうかと思うが十分楽しめた。そんな彼女が、その夜を機に消えた辺りから、物語は徐々に崩れだす。その後1年ぶりの“僕”の誕生日になんと、『ターミネーター』をまんまパクった登場シーンで、彼女が再来する(流石にではないが…)。この彼女は以前と容姿は同じなのだが、なんと“サイボーグ”だったのだ。それも“僕”の命を助けるために、未来のジローが送りつけたというのだから、とんでも展開フラグがビンビンに立ちまくりってなわけである。
Bokuno_kanojyoha_saibougu

まあここからは、『絶対彼氏』も真っ青な、“ジローとサイボーグの楽しい共同生活”が繰り広げられる。買い物に行ったり、大学の授業に一緒に出たり、ちょっとHなことをしようとしたりと、美男美女の微笑ましい映像をレッドカーペットの“中笑い”ぐらいの笑を交えながら流していく。特に買い物のシーンでは、綾瀬はるかのファッションショーなどを持ってきており、観ている男は絶対に「こんな彼女ほしい」と思うに違いない。

とまあここまでは百歩譲って許そう。だが中盤のジローの子供のころの村に一緒に行くあたりから、物語は総崩れだ。今どきの若者の故郷が昭和の初めのような田舎村だったという時空を捻じ曲げたかのような展開やロボットのロボットダンス。そしてその後には、まさかこの時期でのこの展開というように、なかなか笑えない展開が繰り広げられるのだ。もうこうなると、何が起こっても怖くないとんでも展開というものである。まあ結局のところ、この監督お得意の二転三転させることで泣かせようとするのだが、どうもタイムパラドックスなどの知識が邪魔をして泣かせてもらえない。まあ流石にこんなとんでも展開に仕上がっている作品である以上、タイムパラドックスなんていう話を持ち出すことは野暮な話か(笑)
Bokuno_kanojyoha_saibougu

まあ展開はお粗末極まりないのは事実だが、この作品を最底辺まで持っていかなかったのは、冒頭でも言った通り、綾瀬かるかの力の賜物だろう。2時間の半ば退屈なストーリー展開ではあるが、彼女の魅力が画面いっぱいに溢れているため最後まで観いってしまう。特に監督はまさに綾瀬はるかのどこを撮れば良いかをじゅうじゅう理解しているため、胸越しに小出を映すという不思議なアングルを持ってきたり、ベッドに倒れるシーンでの妙な揺れ具合などのサービスカットを多用してくるのだ。まさにスカーレットに恋したウッディ・アレンがスカーレット・ヨハンソンを綺麗に映したのと同じ現象が本作では、クァク・ジェヨンが綾瀬に恋をしたという形で再実行され、120点の綾瀬の表情、仕草、言葉などが映し出されたのである。

本当にこの綾瀬のキャスティングがこの作品を窮地から救ったと思う。まさに主人公のジローだけではなく、映画自体も救ったサイボーグ綾瀬はるかだった。綾瀬ファンは是非劇場へ向かわれたし!!

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします(マウスオーバーで文字が出ます)!!
      ↓
Please Push Me!


製作年度 2008年
製作国 日本
上映時間 120分
監督 クァク・ジェヨン
脚本 クァク・ジェヨン
撮影 林淳一郎
音楽 大坪直樹
出演 綾瀬はるか、小出恵介、桐谷健太、吉高由里子、斉藤歩、田口浩正、遠藤憲一、小日向文世、竹中直人、吉行和子
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

----『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨンが監督? でも出ているのはれっきとした日本人だよね。 「そう、小出恵介に綾瀬はるか」 ----タイトルからするとSFチックな感じだけど…。 「主人公は大学生ジロー。 毎年、自分で自分の誕生日を祝う悲し
韓国のみならず、日本でも大ヒットを記録した『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨン監督が、日本を舞台に日本の旬なキャストを主演に起用して、可憐だけどパ...
映画『僕の彼女はサイボーグ』を試写会で観て来ました~。観る前は「サイボーグ」って言ったってどうせ恋愛映画の要素が多いんだろうなと思っていたのですが、意外や意外、SF≧恋愛でした。
映画『僕の彼女はサイボーグ』を見たよぉ~ メディア 映画 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ) 初公開年月 2008/05/31 解説・・・ ひとりぼっちで、寂しく過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生・ジロー(小出恵介...
僕の彼女はサイボーグ (2008) Director : クァク・ジェヨン Cast : 綾瀬はるか, 小出恵介, 桐谷健太, 吉高由里子 Genre : ロマンス / コメディ Runtime : 120分 配給 : ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『僕の...
【僕の彼女はサイボーグ 】2008年5月31日(土)公開 監督 : クァク・ジェヨン ...
「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督による日本映画。 遠い未来からやってきたサイボーグの彼女と、ダメ男の...
どうしても綾瀬はるかさんの名前が覚えられない私です。f(^^;) はるか?はるな? テレビの予告編で観た彼女がなんだか良くて (サイボーグっぽくて) 興味を持ちました。(笑) 20歳の誕生日、 祝ってくれる友達もいないジローは 街で“彼女”と出会う。 最高に
レンタルで鑑賞―【story】21歳の“僕”(小出恵介)を救うために、未来の“僕”が現在の自分に送ったキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない
一昨日の記事で靴を買ったって書きましたが…(その日は娘の授業参観だったのですが、早めに切り上げて…15分ぐらいだけ授業見て…嫁さんのバックと私の靴を買いに行った我々夫婦…子供思いじゃないナァ{/face_ase2/}) …さてその靴なんですが、一昨日の時点ではまだ手
教育上よろしくない映画 なぜか猟奇的彼女の監督が日本の俳優を起用しての第三弾。 突然、主人公の前に現れた彼女は自分の誕生日を祝って...
ねぇ、ジロー。あなたと過ごした大切な一日。 私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。 製作年度 2008年 上映時間 120分 脚本・監督 クァク・ジェヨン 主題歌 MISIA 『約束の翼』 出演 綾瀬はるか/小出恵介/桐谷健太/佐藤めぐみ/田口浩正/遠藤憲一/小日向文世/竹...

Comments

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。