Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ジュノ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
生意気だけど愛すべき女子高生

Juno

【Story】
パンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)との興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは友だちのリア(オリヴィア・サールビー)に協力してもらい、養子を希望している夫婦を探すことに。理想的な夫婦を見つけ、会いに行ったジュノだったが…。

評価 ★★★★☆(4.1P)

【感想】
オタマジャクシ→シーモンキー→赤ちゃんという進化を辿るのか。Ranking

~以降ややネタばれあり~


日本で『14才の母』というドラマが昨年物議を醸し出したが、そのドラマと同じように未成年の妊娠をテーマとして作られたのが本作である。

本作の核心は『14才の母』と似ている。しかし決定的に異なるのは、生まれてくる子供の処置の仕方にある。『14才の母』は“育てる”という道を選ぶのに対して、本作は“里親に出す”という道を選ぶのだ。未成年の出産というモラルの欠如でおきた出来事において、どちらが良い選択かというのは決め難いことだが、その対応の仕方でも物語としての共感は異なってくるだろう。

まあどちらにせよ、こういう作品を成功させるのは何よりも大事なのが主人公のキャラクターなのだ。私自身が『14才の母』に共感できなかった最大の理由がここにある。勿論、全編通して重く作り、マスコミなんかもあからさまに登場させるという大袈裟な点や、どうにかして泣かせてみせようという“信長的演出”なんかにも反吐がでるような思いだったが、キャラクターの点が最たるものだと感じる。その点で本作の主人公ジュノ(エレン・ペイジ)は非常に魅力的に描かれているため、このようなモラルに反するテーマを扱うものに対し、観客の興味をひくという大事なポイントを押さえているのだ。

さてそのジュノだが、彼女の持つクールさが観客を引き込むのだろう。彼女は常に物事を客観的に見る感じでスマートに描かれ、その中にもウィットというかユーモアが冴えわたっている。例えば冒頭で書いたような、シーモンキーの下りなんかは思わず笑ってしまう。このように書くと、ただ小生意気な女子高生が何で魅力的なんだと思われてしまうかもしれないが、“自分では育てる事が出来ない”、“自分のしたことの過ちを認めている”などの彼女の女子高生という子供としてキャパシティーの狭さを素直に認めるという本質が根底にあるため、彼女のクールな発言も好意的に受け入れられてしまうのだろう。

ジュノは、自分のした過ちはきちんと認め、自分のキャパシティーを踏まえ、ぶれない一貫した考えをもとに、多くの大人や、仲間と共に成長して、本当に自分の必要なものを見つけていく。この彼女の姿は観ていて共感できるため、『14才の母』なんていう上っ面の物語に比べ、何百倍も良い出来であり、考えさせられる作品なのだ。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 JUNO
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 96分
監督 ジェイソン・ライトマン
製作 リアンヌ・ハルフォン、ジョン・マルコヴィッチ、メイソン・ノヴィック、ラッセル・スミス
製作総指揮 ジョー・ドレイク、ネイサン・カヘイン、ダニエル・ダビッキ
脚本 ディアブロ・コディ
撮影 エリック・スティールバーグ
音楽 マテオ・メッシーナ
出演 エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サールビー、J・K・シモンズ、アリソン・ジャネイ、レイン・ウィルソン


テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:Juno) ----これって確かアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品だよね。 確か『ハード キャンディ』 『XーMEN ファイナル デシジョン』のエレン・ペイジも 主演女優賞にノミネートされてなかった? 「うん。最終的には脚本賞を受賞。 この脚本家のディアブ...
今年のアカデミー賞作品賞ノミネートだった、日本公開では残すところ最後の1本! アメリカでは口コミで広がって大ヒットを記録した作品がついに日本にやってきた{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 6月公開を前に、試写にて鑑賞してきやした~。 お題は、10代の妊娠。 ...
ティーンエイジャーが妊娠、出産も養子にだすことも簡単に決めてしまうほのぼのした映画がJuno(ジュノ)でした。 嫁サン曰く大きな感動やドラマチックなシーンもなく淡々と進む作品ですが、賞をとったDiablo Cody(ディアブロ・コーディ)の脚本が優秀で、そのために作
 昨日は新大阪のメルパルクで試写会{/m_0058/}。  アメリカではわずか7館での公開から2448館に拡大し、ついに興収全米第2位へと大躍進、アカデミー賞4部門ノミネート(■作品賞■主演女優賞 ■監督賞 ■脚本賞)、そして見事脚本賞を受賞したという作品。 その脚本賞を...
有楽町マリオン11階、有楽町朝日ホールでの開催。 予告は「ドラゴンボール」(速報、2009/3公開らしい) 「ホートン 不思議な世界のダレダーレ」(小説は「象のホートン、人助け」) 「ベガスの恋に勝つルール」、あともう一つあったような気がしたが、、、 それから、...
◆プチレビュー◆10代の少女の望まない妊娠を、微塵の暗さもなく描く快作。里親制度も含め、日本との違いが面白い。 【85点】  興味本位のセックスで妊娠してしまった16歳のジュノ。中絶は思いとどまり、親友の力を借りて、養子を希望しているヴァネッサとマークとい
16歳での予期せぬ妊娠をしたジュノが中絶や養子縁組などに悩みながら成長する9ヶ月を描いた作品ということでテーマの重い映画と思っていましたが、いざ見てみると意外とあっさりと描いていることにちょっとびっくりでした。でもさすがはアカデミー脚本賞を受賞しただけあ...
すべてはピンクの+から始った。彼女はちょっと変わった高校生。16歳の秋、それは突然のちょっとしたアクシデントだった__。 16歳の女子高生ジュノ。いつもの退屈な午後、気取らないところが魅力的なクラスメイトのポーリーと関係を持ち、予定外の妊娠をしてしまう。...
 映画の事を記事にするのって何でしょうか?少し、考えてしまう映画でした。(6月1
ママになっちゃえ! 公式サイト 本作の監督ジェイソン・ライトマンは、前作にしてデビュー作『サンキュー・スモーキング』でも、ネガティブな印象で扱われがちな喫煙および煙草業界を、コミカルなアイロニーで軽妙に扱い、そのものは否定も肯定もしない、との押しつけ...
16歳で妊娠。
今回は、この作品で2008年アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているエレン・ペイジ主演の、妊娠した女子高校生の心の葛藤とその成長を描いた「ジュノ」。 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsLb4Ng7zQDb+OkinQmGDA2xS4P1czEhKQSALSdDsA=] ランキング...
 『あなたがまだその気なら、私もそのつもり』という言葉がとても心に残っています。一風変わったユーモアと、ありのまま思うがままを正直すぎるほど真っ直ぐにぶつける、ジュノらしい言葉だと思いました。本心からの言葉には、例えシンプルな表現でも(寧ろそれだからこ...
ロックの全盛期とはいつ?
 『そのつもり。』  コチラの「JUNO ジュノ」は、アメリカでわずか7館での公開から、女子高生のジュノ(エレン・ペイジ)の妊娠と同じように”予期せぬ”大ヒットとなり、ついにはインディペンデント映画としては最大の1億ドルヒット、全世界ではなんと2億ドルヒットと...
『JUNO/ジュノ』を観ました>>『JUNO/ジュノ』関連原題:JUNOジャンル:コメディ/ドラマ/青春上映時間:96分製作国:2007年・アメリカ監督:ジェイソン・ライトマン出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー【ストーリー】ごく普通の16歳の高校生...
「JUNO/ジュノ」 「ダイブ」 
ごく普通の16歳の高校生、ジュノ(エレン・ペイジ)。同級生のポーリー(マイケル・セラ)と興味 本位でしたただ1度のセックスで、思いがけず妊娠。動揺しつつも気丈に振る舞うジュノは、 親友のリア(オリヴィア・サールビー)と“ポーリーに妊娠を報告すると、両親には内緒...
JUNO(2007/アメリカ)【DVD】 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:エレン・ペイジ/マイケル・セラ/ジェニファー・ガーナー/ジェイソン・ベイトマン/アリソン・ジャネイ/J・K・シモンズ/オリヴィア・サールビー 初めての“大事件” みんなの心がつながった。
16歳の妊娠とか最近は 衝撃な事ではなくなった気が しますが、生んだ後、子犬ように 里親にあげちゃう!って 発想が日本ではちょっと 考えられないですよね~。 たぶん、日本では倫理的にも 公的にも無理だし、 アメリカらしいです。 パンクやホラーが好きな...
レンタルで鑑賞―【story】パンクとホラーが好きなクールな16才の女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは、友だちのリア(オリヴィア・サールビー)に協力しても
そのつもり。ジュノ16歳。いちばん大人。
あらすじパンクとホラーが好きなクールな女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)と興味本位にセックスをして妊娠してしまう。中絶を思いとどまったジュノは友だちのリア(オリヴィア・サールビー)に協力してもらい養子を希望している夫婦...
原宿の家に独り置いてきたねえね(19歳)が、電話をかけてもなかなかつかまらない。 どうやら彼氏の家に入りびたりらしい。 ・・・・・・・・・・・・・最近ロンドンも毎日雨ばかりだし、『JUNO』でも見るかぁ~ そういえば、アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した...
16歳の少女が予想外の妊娠を経験し、現実を受け止めながら成長していくさまを描いたヒューマンコメディー。監督はジェイソン・ライトマン、キャストはエレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー他。 <あらすじ> パンクとホラーが好きなクールな女子高生...

Comments


daiさん

観てきましたよん

期待してたけどやっぱり良かったですね♪
途中、里子に出す夫につっこみいれたくなったけど
ラストよかったなぁー
音楽も♪
 

migさんへ

期待通りという感じでしたね♪
あの里親たちを見ると、どっちが子供だよ!って突っ込みたくなりますがw
 

日本的倫理観からいえば「里親に出すなんて」と言われそうですが、仰るとおり自分のキャパシティーを弁えたうえでの行動と先に説明されているからこそ、すんなり受け入れることができましたね。
 

にゃむばななさんへ

コメントありがとうございます☆
日本倫理は意外に厳しいですからね・・・これも完全に構成の良さがあってこその成功に感じました。
 

こんにちは!
観る前の印象とちがってました。
ハートフルコメディで、なかなかよくできた映画でした。
毒舌のジュノのキャラが魅力的でしたね。彼女の正直で裏表のなさに好感がもてる。
10代の妊娠という問題よりも、別の意義があったように思うよね。
 

アイマックさんへ

こんばんは★
私も観る前後の印象は完全に変わりました。
本当にハートフルコメディで良くできていましたね。

>毒舌のジュノのキャラが魅力的でしたね。彼女の正直で裏表のなさに好感がもてる。

このような主人公の設定だから、憎めない感じでテーマがテーマにもかかわらず巧く作り上げることができたんでしょうね。こういう子は一人ぐらい友人にほしいかもと思いましたw
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。