Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クワイエットルームにようこそ


Category: 映画 か行   Tags: ---
精神病は現代病

クワイエットルームにようこそ

【Story】
仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される。さまざまな問題を抱えた患者たちと出会う中、彼女は自身を見つめ直してゆく…。

評価 ★★★★☆(4.0P)

【感想】
ハリセンボンではなく、鳥居みゆきの方が…。Ranking

~以降ややネタばれあり~


精神病という病ほど、境界線を引くことが難しい病気はないような気がします。特に心因性精神病はストレスなどの心的要因によって起こるものであり、その人の耐性にもよりますが、大なり小なり誰もが抱えている病だと思ってしまいます。それを考えると私なんかも毎日がストレスで胸が一杯になってしまうぐらいですから、考えようによっては精神病になってしまう要因を所持していると言えるでしょう(またはなっているのかもw)。

そんな現代病治療のために、重度の精神病患者は閉鎖病棟へと隔離されるのです。本作でも、主人公の明日香(内田有紀)は酔って睡眠薬を大量に服用したことが原因で、医者の判断から“自殺する可能性大の精神病患者”として、閉鎖病棟に隔離されてしまうのです。その隔離された閉鎖病棟内の拒食症や過食症患者などが起こす奇異な行動を、明日香という一応は正常な視点を通して見せることで、言葉が悪いかもしれませんが非常にブラックよりにユニークに描いています。

ある意味この手のものは、日本においては様々なご意見が飛び交ってしまうためにタブー視されがちです。しかし、タブーをタブーのままにしておいてはパンドラの中にある希望の光という名の最良のものを拝むことは一生できないのです。その点でこのタブーに手を掛けた松尾スズキには拍手を送りたいです。そして、描かれたタブー自体も、ただの馬鹿にする笑いではなく、先日観た『燃えよ!ピンポン』に似た“コメディとシリアス”を同時に持つという手法をとることで、精神病自体をただ笑い飛ばすという低知能的なものにはせず、正面から向き合っている姿を観ているこちらに感じさせてくれました。

全体的にテーマがテーマだけに重くならないように仕上げてありましたが、やや後半からの明日香という私たち観ている側の代替の立場であった人物の崩壊により、ショッキングに仕上げていくという展開は、観る人によっては耐え難い展開だったかもしれません。この展開から私なんかは、どんな普通の人でも精神病患者に成りうるということを間接的に伝えているようで否めない気持ちになりましたが・・・そんな否めない気持ちも、内田有紀を含め俳優陣の崩壊っぷりが超越していたため、良質なコメディに仕上がっており、見応えのあった一本だと感じることができました(個人的には蒼井優がはまり役だった気がw)。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 118分
監督 松尾スズキ
原作 松尾スズキ
脚本 松尾スズキ
撮影 岡林昭宏
編集 上野聡一
音楽 門司肇、森敬
出演 内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、中村優子、高橋真唯、妻夫木聡、大竹しのぶ
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

映画館にて「クワイエットルームにようこそ」 松尾スズキが、芥川賞候補となった自身の同名小説を映画化。 おはなし:バツイチ28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉...
  Welcome to The Quiet Room ようこそ、この世界の果てのワンダーランドへ ? 10月30日、MOVX京都にて鑑賞。あの「大人計画」の主宰者、松尾スズキが、原作・脚本・監督を手がけた作品「クワイエットルームにようこそ」、主役には9年ぶりの長編映画に体当た...

Comments


みんな、やっぱり精神病を抱えているんですね。お医者さんに申告されていなくとも、やっぱり。
この作品、かなり興味があるんです。出演している俳優も豪華だし。特に、蒼井優が出演してるあたりなんかは、興味の根源。やっぱり今回も見事に演じてるんでしょうね。はまり役だった、ってdaiさんも言ってたし^^
松尾スズキってすごい人ですね。「東京タワー」を脚色して、アカデミー賞を獲っていたし。色んなジャンルに挑戦している姿勢はかっこいいと思うます。容姿は別としてwって悪く言ってるわけではないですよ。超個性的ですよねw
 

マキシさんへ

この作品は非常に上手く描かれているので、観て損はないと思いますよ。蒼井優は本当に必見ですw今までのイメージを一掃されますよw

松尾スズキは容姿は・・・マキシさんのおっしょる通り、超個性的ですが作品にかける意気込みというものは凄いと感じさせられます。
 

じゃあ、daiさんに騙された、と思ってw観てみようかなぁ。「クワイエットルームにようこそ」というタイトルの響きもいい。
蒼井優のイメージって何なんだろう。僕は「花とアリス」から始まって、「ハチミツとクローバー」、「亀は意外と早く泳ぐ」などと観てきましたが、どれも個性的な役柄。この作品では、どんな役柄を演じているのか、気になります。
本当に、松尾スズキってすごいですね。「イン・ザ・プール」の時に多分初めて観ましたが、衝撃的でしたwすごかった。
 

マキシさんへ

じゃあ、騙されたと思ってw鑑賞してみてくださいw
観終わったら感想教えて下さいね♪
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。