Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



フィクサー


Category: 映画 は行   Tags: ---
クルーニーは社会派がお好き。

Michael_Clayton

【Story】
大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護士アーサー(トム・ウィルキンソン)が精神に異常をきたす事態が発生。マイケルはその後始末をするため、アーサーの下へ向かう…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
王国と征服。Ranking

~以降ややネタばれあり~


“フィクサー”と聞くと、社会の裏で物事を動かすような黒幕をイメージしてしまいますが、本作のジョージ・クルーニーはそれとは意向が異なり、法律事務所に勤める、モメ事の後始末をするいわば“もみ消し屋(掃除屋)”なんです。どちらかと言えば本作では、ティルダ・ウィントン演じるカレンの方が私の中でのイメージのフィクサーでした。

本作を簡単にいえば、良心に目覚めたもみ消し屋VS法律事務所と巨大企業といった構図になっています。そんな構図の中でモチーフとなっているものは、日本でも種類は違えど、長く続いた事件があった、巨額の薬害訴訟です。まあこの手の訴訟問題は『ナイロビの蜂』や『エリン・ブロコビッチ』などで描かれているので、特に目新しいものではありませんでした。

フィクサーの構図を引き立てるために、時系列をずらし、冒頭に爆破シーンというジョージ・クルーニー演じるマイケルの決定的な場面を持ってくることで、マイケルがその爆破の経緯を追っていくという形のサスペンス映画のように描いているため、この物語は自ずとマイケルが中心的に描かれます。さらに爆破以降、特に目立つような派手なシーンが存在しないため、ジョージ・クルーニーが苦手な人(ジョージ作品も含め)にはやや退屈に感じられるかもしれません。

全体として淡々と描かれていましたが、ジョージ・クルーニーが演じるマイケルは十二分に見応えがあり、ジョージ・クルーニーの代表作になることは確かでしょう。ただストーリー的にマイケルが仕掛けた罠というのが余りにも単純過ぎて、無理やり話を終わらせるために押し込んだように感じ、考えてみれば『16ブロック』のラストと似た展開は少しこの作品のラスト(宣伝が過大過ぎたという理論もありますが)としては残念でしたが・・・。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 MICHAEL CLAYTON
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 120分
監督 トニー・ギルロイ
製作 シドニー・ポラック、ジェニファー・フォックス、スティーヴン・サミュエルズ、ケリー・オレント
製作総指揮 スティーヴン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニー、ジェームズ・ホルト、アンソニー・ミンゲラ
脚本 トニー・ギルロイ
編集 ジョン・ギルロイ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演 ジョージ・クルーニー、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック、マイケル・オキーフ、デニス・オヘア、ジュリー・ホワイト、オースティン・ウィリアムズ、ジェニファー・ファン・ダイク、メリット・ウェヴァー、ロバート・プレスコット、ケヴィン・ヘイガン、ショーン・カレン、デヴィッド・ランズベリー、ケン・ハワード、デヴィッド・ザヤス、テリー・セルピコ
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

弁護士事務所の影の仕事専門のリアリストでクールな弁護士をGeorge Clooney(ジョージ・クルーニー)が見事に演じた映画がMichael Clayton(フィクサー)。最近俳優として目立ってきたSydney Pollack(シドニー・ポラック)がロー・ファームのトップとして存在感を示し、
男は、完璧に罪を消せるはずだった・・・。 フィクサー・・・弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”ニューヨーク最大の法律事務所のフィクサーであるマイケル。彼が足を踏み入れてしまった巨大製薬会社の3,000億円訴訟をめぐる隠蔽工作。そこに隠された恐るべき....
【フィクサー】2008年4月12日(土)公開 監督 : トニー・ギルロイ ...
「ジェイソン・ボーン三部作」の脚本家として知られるトニー・ギルロイ、50歳での遅咲きの監督デビュー作である。 原題の「Michael Clayton」が「...
試写会で 観てきました。「フィクサー」公式サイトティルダ・スウィントンアカデミー賞受賞作。フィクサー=もみ消し屋のジョージ・クルーニーが問題をあざやかにもみ消していくのを想像してましたが・・ちょっと様子が違ってました。地味め デス。巨大製薬会社の薬害訴...
第80回アカデミー賞作品賞他7部門ノミネート、助演女優賞受賞作品―【story】大手法律事務所のフィクサーとして活躍するマイケル(ジョージ・クルーニー)。在職15年にして共同経営者への昇進もない彼が焦りと不安を感じる中、大企業の集団訴訟にかかわっていた同僚の弁護...
ラストのあの瞬間はやっぱり『ちょっとした』シーンになりそうだよね。 ぽちっとプリーズ。
Michael Clayton(2007/アメリカ)【DVD】 監督・脚本:トニー・ギルロイ 出演:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、シドニー・ポラック マイケル・クレイトン── 罪を消したければ、彼に頼め。 邦題のフィクサーとは“もみ消し屋
 『マイケル・クレイトン―― 罪を消したければ、彼に頼め。』  コチラの「フィクサー」は、本日4/12に公開された弁護士事務所の裏で暗躍するもみ消し屋<フィクサー>を描いたサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  2007年アカデミー賞で、ティルダ...
{/kaeru_fine/} 先程お仕事から帰ってきたピロEKです。 …今日職場は人が居ないから寒かったですわ{/face_hekomu/} 年末年始に出勤すると会社から寸志が出る{/ee_3/}と聞いて楽しみにしている{/up/}私ですが…{/face_nika/} 一説にはその金額って500円ってな話も…{...
「ひらりんアカデミー賞」の発表もしなくちゃいけないし・・・ 本家アカデミー賞の発表も近いので、 昨年の受賞作をもう1本観ておく事に。 オスカーは作品賞を含め7部門にノミネートされ、 ティルダ・スウィントンが助演女優賞を獲得してるのね。
『フィクサー』を観ました弁護士事務所に所属し、裏で暗躍するもみ消し屋“フィクサー”の苦悩と焦燥を描きながら、ある大企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇に迫る社会派サスペンスです>>『フィクサー』関連原題:MICHAELCLAYTONジャンル:スリラー/サスペンス上映時間:120...
【フィクサー】弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。
1 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2008/04/01(火) 22:55:13 ID:fi/FmT2v監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジョージ・クルーニー、ティルダ・スウィントン、トム・ウィルキンソン、シドニー・ポラ ...

Comments


daiさん、こんばんは!
そうなんですよ、ジョージ・クルーニーものは苦手でして・・・
ただもみ消し屋という稼業が興味あってみました。
『エリン・ブロコビッチ』に似てる気もしましたね。
今回のジョージ・クルーニーはかっこよくてよかった!
ピース・メーカー以来ですよ^^;
 

アイマックさんへ

こんばんは★
ジョージ・クルーニーが絡むとなぜか、政治色の強い説教臭い作品が多いんですよねwまあそこが魅力でもあり、マイナスでもあるのですが・・・。
そういう今までのものに比べると、本作は割と人物にきちんとフォーカスしていて、重みのある人間ドラマとして観れましたね。
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。