Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



怪談


Category: 映画 か行   Tags: ---
ストーカーの起源

怪談

【Story】
煙草売りの新吉(尾上菊之助)は三味線の師匠、豊志賀(黒木瞳)の所に出入りするうちに、いつしか深い仲になる。しかし、2人の間には自分たちの知らない深い因果が隠されており、新吉の父親は20年前に豊志賀の父親を殺していた。年の差を超えた新吉と豊志賀の恋物語は、ふとした言い争いからほころび始め…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
歌舞役者はなぜか皆、海老蔵風に見えてしまう気が・・・。Ranking

~以降ややネタばれあり~


『リング』や『仄暗い水の底から』などの中田秀夫が、落語家である三遊亭円朝による怪談噺の『真景累ヶ淵』を原作に、運命的な恋に落ちた1組の男女と4人の女の愛憎を描いた本作。

このような古典的な怪談物語の基本形は、無念を抱いて死んでいく人物の最幸から奈落への転落をしっかり描き、そいつが恨めしや~あとは言いませんが、化け出でて恨みを果たすという王道のパターンです。この手のもので最も有名なのは、お岩さんの『四谷怪談』ではないでしょうか?

さてこのホラー(怪談)は、最近のスプラッターホラーや、理不尽なホラーと比べると、違った怖さを感じられます。そしてその恐怖を最大限に感じることのできる人間というのは、現在進行形で相手がいる人間、さらに言えば男(女)に誠心誠意尽くすタイプの男性(女性)といる人間に限定されるでしょう。

と最大限の恐怖は限定したものの、それに似つかわしい経験を踏んだことのある多くの人ならば、この作品の恐怖を十分味わえることは保証します。不幸の境遇を冒頭部できちんと描いた豊志賀(黒木瞳)幽霊が、エド・はるみ並にタイミング~良く出現してくれ、主人公新吉さん(尾上菊之助)に関わる女性は全員殺し(させ)、あれよあれよと彼を追い詰めて首を持ってのチェックメイト。

そのチェックメイトの過程は、流石日本のホラー代表・中田秀夫と言えます。怪談映画の定番と言える即物的な「いつ出るんだ?」という徐々に期待させる演出で、最大限まで期待を煽り、音響を使い、ここぞというところで驚かせる怪談的要素はきちんと押さえています。ただこの作品は、あくまでも時代劇ベースの愛憎劇なので、この作品に絶対的な恐怖を期待する人が多いようでしたがそれはややお門違い、現在でいうところのストーカーの怖さを期待した方が適切かもしれません。

2時間弱の長い上映時間ですが、中田秀夫の『リング』のオマージュなんかもあるので中田ファンは必見かつ、彼のファンでなくともここ最近ないこのようなホラー映画は観ても時間の無駄にはならないと思います。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

製作年度 2007年
製作国 日本
監督 中田秀夫
製作 松本輝起、北川淳一、稲田浩之、久松猛朗、千葉龍平、沼田宏樹、亀山慶二、中村邦彦、喜多埜裕明
製作総指揮 迫本淳一
原作 三遊亭円朝
脚本 奥寺佐渡子
編集 高橋信之
音楽 川井憲次
出演 尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香、津川雅彦、榎木孝明、六平直政、光石研、清水ゆみ、広田レオナ、西野妙子、柳ユーレイ、村上ショージ、一龍斎貞水
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

「怪談」(PG-12指定)は江戸時代を舞台にした出会ってはならない2人の愛し合った先に嫉妬の怨念が男を追い詰めるホラー映画である。夏といえばホラー映画のシーズンだが、今年はホラーな夏になりそうだ。
ロジャー・コーマンは、「5分に一回、裸と暴力を描け」と言うてましたが、 「5分に一回、裸とホラー」が見れそうやったのになぁ~・・・。、 「なんでそんなに綺麗な顔に生まれたの」と微妙な顔(コレ言うと道明寺が怒る)の井上真央に言われるタバコ売りのモテBOY新吉...
今週の平日休みの劇場鑑賞は2007/08/04公開の2本。 その1本目。 ひらりん、黒木瞳は大好きだし・・・。
最も怖かったのが、お寺の前に立っていたお累の母親が透けて見えたことかも・・・
「怪談」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2007年/松竹映画 *出演:尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香、他 *監督:中田秀夫 *主題歌:浜崎あゆみ「fated」 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラ...
友人の役者が主演女優を酷評。 別の友人は大絶賛。 興味ありますねー。 煙草売りの新吉は、 身持ちの硬く、美貌の富本の女師匠・豊志賀の所に出入りするうちに、 深い仲になる。 実は新吉の父親は、 20年前に豊志賀の父親を殺害したという因縁があるのだが 事情...
製作年 2007年 製作国 日本 時間 119分 公式サイト www.kaidan-movie.jp/ 公開日 2007-08-04~ 監督 中田秀夫 PG-12 出演 尾上菊之助 黒木瞳 井上真央 瀬戸朝香 麻生久美子 津川雅彦 木村多江 ストーリーはコチラ チャンネルNECOで視聴 何と言うか イイ男も..
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 過去最高に怖かった日本映画『リング』の監督、中田秀夫作品{/tankoro/} 部屋を暗くしてお盆に観た{/huririhi/} 落語家・三遊亭円朝の原作「真実景累ケ淵」

Comments


こちらにも、、、
ほんと、これ恐怖ってよりストーカー的な怖さ、ですね~

ラストカットはギャグみたいでわりと好きです(笑)
黒木瞳じゃなきゃもうちょっと怖さも演出出来た気がするんだけどな、、、
なーんか、私、キレイにしか撮られないわよって感じで^^
 

migさんへ

人間って怖いですよねw

ラストは笑い的に緩和させていた気もしますが
時代劇なんでこのくらいが調度いいのかもしれないですね。

黒木じゃなければもっと怖くなった気もしますね。
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。