Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ライラの冒険 黄金の羅針盤


Category: 映画 ら行   Tags: ---
APPETIZER

THE_GOLDEN_COMPASS

【Story】
“オックスフォード”の寄宿生である12歳のライラ・ベラクア(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は、一心同体の守護精霊“ダイモン”という動物といつも行動をともにしていた。そんな不思議な世界で、謎の組織に子どもたちが誘拐される事件が続発、親友を誘拐されたライラは自ら捜索に乗り出す…。

評価 ★★☆☆☆(2.9P)

【感想】
最後の戦いは『ナルニア国物語』の夜バージョン?Ranking

~以降ややネタばれあり~


哲学的テーマを持ち、文学史上に残る傑作となったフィリップ・プルマンのライラの冒険三部作を映画化した冒険ファンタジー超大作第一弾。まあ第一弾なので、前菜といった感じの出来栄えでしたね。
THE_GOLDEN_COMPASS

だいたいファンタジーの1作目は、その物語の背景や登場人物の特徴など説明しなければならないことが多々あります。例え世界観が私たちの住む世界と似ているとは言っても、それは似て非なるものなので、そう易々と説明なしで理解するのは難しいものです。似たような物語で『ロード・オブ・ザ・リング』を観たときも、あの世界観を把握するのに大変苦労した覚えがあります。本作では冒頭で物語の設定を説明してくれているのですが、私なんかは人間にダイモンという名の動物がくっついて生活しており、色々わかってしまう金の羅針盤が邪魔になったからほとんど壊してしまったんだなということぐらいしか、頭に入ってこなかったです。『ロード・オブ・ザ・リング』を観たときも10時間一気見して、中盤(2)から後半(3)にかけてようやく全体像を把握したぐらいの低い理解力なので、原作ファンなどからは「ベースを理解して、一昨日来やがれ!」と怒られそうですが、もう少し説明がほしかったのは事実です。
THE_GOLDEN_COMPASS

さてそんな低理解度で観始めると、理解度をさらに低下させてくれるように、色々なキャラクターが登場してきてくれます。オーディションで15,000人以上の候補者の中から抜擢されたダコタ・ブルー・リチャーズ演じるライラ、コールター夫人(ニコール・キッドマン)、そしてライラの叔父で学者のアスリエル卿(ダニエル・クレイグ)。ボンドガールではなく魔女セラフィナ・ペカーラ(エヴァ・グリーン)と豪華な俳優陣がこの壮大な物語に華を添えてくれているのですが、キャラクター性を含めた関係性が非常にわかりづらく、特にコールター夫人の位置は悪役なんだろうけど、途中でライラを救ったりするため、悪と断定するには整合性がやや弱く、混乱分子の一つでした。勿論第一弾なのでこれから分かっていくのでしょうが、それにしてもこれでは予備知識ゼロの人は置いてきぼりを食らってしまうでしょう。
THE_GOLDEN_COMPASS

若干(一応若干にしておきます)、全体的に分かりにくいように出来上がっていますが、この物語のダイモンというものの設定は非常に巧いなと感心しました。因みにダイモンとは簡単にいえば人間の魂のことで、このライラのいるパラレルワールドでは、魂は肉体の外にすみ、生き物の形をしてその人間と生涯をともにするのです。そして子供のうちはその魂が不安定なので、感情によってダイモンも様々な姿に変わります。そんなダイモン(=魂)なので、ダイモンが死ねば己も死ぬというわけです。ただ単にペットとしてダイモンを用いるのではなく、死と直結して描くというところが面白い設定でした。
THE_GOLDEN_COMPASS

そんなダイモンは、実際にいる動物を使うわけにもいかないので、CGで描かれているのです。ダイモンもそうですが、本作でのCGの使用率はかなりのものでしょう。例えばコールター夫人のダイモンの猿一匹とってみても、毛艶や動きなんかは流石の技術と感心させられました。さらには、ラストの大戦争や熊同士の政権争いを描いたシーンなんかもかなりのCGを使って大迫力で描かれていました。やはりこの手のファンタジーには、CGがつきものなんだと再確認させられました。
THE_GOLDEN_COMPASS

まあこの手のものを評価するには、1作目を観ただけではいそうですかとは言いにくいものですが、基本的に設定が入り組んでいる割に説明不足という印象を受けました。もう少し、分かりやすく作ってくれるとい個人的にはよかったのですが・・・次に期待です。

因みに公式サイトで自分のダイモンをチェックできるようです。お暇だったらダイモンチェックしてみてはどうでしょうか?因みに私は↓でした・・・。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
   ↓
Elpis


原題 HIS DARK MATERIALS:THE GOLDEN COMPASS
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 112分
監督 クリス・ワイツ
製作 デボラ・フォート、ビル・カラッロ
製作総指揮 トビー・エメリッヒ、マーク・オーデスキー、アイリーン・メイセル、アンドリュー・ミアノ、ポール・ワイツ、ボブ・シェイ、マイケル・リン
原作 フィリップ・プルマン
脚本 クリス・ワイツ
編集 アン・V・コーツ
音楽 アレクサンドル・デプラ
出演 ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット、サイモン・マクバーニー、ジム・カーター、ベン・ウォーカー、トム・コートネイ、クリストファー・リー、ジャック・シェパード、マグダ・ズバンスキー、クレア・ヒギンズ、チャーリー・ロウ
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

とりあえず序章って感じ。『ライラの冒険 黄金の羅針盤』3月1日公開。人々のそばに「ダイモン」なる動物の姿をした精霊のつく世界。そこに暮らす、両親を亡くした生い立ちを感じさせないおてんば少女ライラ。学長から真実のみを指し示すとされる羅針盤を渡され、友人のロ
【ライラの冒険】2008年3月1日(土)公開 監督 ・ 脚本 : ...
ライラの冒険 黄金の羅針盤 199本目 2008-5 上映時間 1時間52分 監督 クリス・ワイツ 出演 ダコタ・ブルー・リチャーズ ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン サム・エリオット イアン・マッケラン フレディ・ハイモア クリストファ
2008/2/19、新橋、ヤクルトホールでの開催。 会場はほぼ満席。 予告は「ラフマニノフ ある愛の調べ」「ランボー 最後の戦場」 「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「NEXT」など。 クライマックスシーン
児童文学界のアカデミー賞である、カーネギー賞の 70年間の歴史の中でベスト1に選ばれたという「ライラの冒険」3部作の映画化! 原作も読んでないし、何も予備知識なく試写にて鑑賞してきました{/kaminari/} 最初の方に出てくるダイモンという言葉。 初めは\"大門\"?
 『その針は教えてくれる。』  コチラの「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、1995年の発売以来世界的なベストセラー、そして数多くの受賞をしているフィリップ・プルマンの「ライラの冒険」シリーズの1作目となる「黄金の羅針盤」を「ロード・オブ・ザ・リング」のニュー...

Comments


daiさん☆

こんにちは♪

同感ですね、やっぱり今ひとつでした。
原作ファンからもやっぱり不評なんですね~。
監督もこの本のファンだったと言ってたけど
だったらもっと脚本もなんとかして欲しかったですよね、
キャストが良かっただけにザンネンです。

そうそう、ダイモンという存在の設定面白いですよね~。
ニコール美しかった♪
 

migさんへ

キャストを完全に台無しにした作品ですね。言うなれば、良質な材料で中途半端な料理を作ったといった感じでしょうか?
 

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。