Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師


Category: 映画 さ行   Tags: ---
I Wanted To Love This Film With Characters

Sweeney_Todd

【Story】
19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振るい始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた男への復讐に燃えていた…。

評価 ★★★☆☆(3.9P)

【感想】
マクドナルドのアップルパイを食べつつ執筆完了。Ranking

~以降ややネタばれあり~


ジョニー・デップの殺人鬼作品は本作で2度目。1作目は言わずもがな『フロム・ヘル』で、切り裂きジャックを追う警部。そして今回2作目は、警部とは真逆の殺人鬼・スウィーニー・トッドとして登場します。“切り裂きジャック”が現実にあった事件をモチーフにしているのに対して、本作のスウィーニー・トッドは“都市伝説”をモチーフに描かれています。都市伝説と言えば、「ファストフード店のハンバーガーにはミミズや巨大な鼠の肉が使われている」なんていう、信じるか信じないかはあなた次第ですというやつ。身近で起こりそうなことから世間に広がった噂話です。因みにジョニー・デップが主演した映画の中に『スリーピー・ホロウ』なんていう、アメリカの都市伝説をモチーフにした作品もありました。
Sweeney_Todd

さてそんな都市伝説の中でも本作の話は、非常に長く継承されている都市伝説の中でも老舗中の老舗の話なんです。無差別に殺人を繰り返す理髪師と、彼の殺した人間をミートパイにして繁盛する食堂の物語で、ブロードウェイのミュージカル版は、トニー賞を8部門も受賞したという良作です。その出来上がっている作品を、ティム・バートンとジョニー・デップというゴールデンペアが映画にしようというのだから話題性は必至です。
Sweeney_Todd

そんな話題作でも、ジョニーの容姿は相変わらずかなり奇怪に仕上がっています。どうしても“ジョニー×ティム=ジョニーのおどろおどろしいメイク(色白顔)”となることが多いのです。初めての彼らの作品『シザーハンズ』では、ジョニーは両手がハサミの人造人間、最近では『チャーリーとチョコレート工場』での人間嫌い工場長ウィリー・ウォンカなどメイクに個性が光るキャラクターが彼らの作品のある意味持ち味となっています。しかし、今までの作品はそんな容姿が奇異なキャラクターにも拘らず、どこか愛すべき点が見受けられ、風変わりな容姿に反比例し、なんだかんだ作品を好きになってしまうのです。
Sweeney_Todd

それが本作では今までよりも、キャラクターを好きになるという感覚が弱くなったように思えます。スウィーニー・トッドという完成されたキャラクターなので、彼がなぜ殺人を犯すのかという設定は重々承知しているのですが、そのことがかえって「キャラクターごと作品を好きになる」という今までにあったものを邪魔してしまっていたのです。知っていたが故に、スウィーニーの設定が甘く、いつものような用意周到なまでの人物描写がなされていなかったのです。折角の良作、折角の名コンビなのでそこには注意を払ってほしかったです。
Sweeney_Todd

ただこのような発言は彼らの作品が好きだから故の発言であり、一見すれば非常に良くできている作品であると思います。血飛沫は出るんですが、人物やバックの色をダークにし、血の真紅を極端に目立たせることで『シン・シティ』のように残酷さよりも、映像美を際立たせることで、スプラッター映画であるにもかかわらず、他のスプラッター映画のような不快感を非常に軽減していました。この点だけを見ても、ティム・バートンの巧さを十分に伺えます。
また、ミュージカル映画なので大事な歌台詞なんですが、違和感という違和感は特になかったように思います。ゴールデン・グローブ賞受賞だけあってジョニーは非常に良かったですし、ヘレナやサシャも申し分なかったです。そしてトビー役のエドワード・サンダースが大人顔負けの演技でいい味をだしていました。実際のところ、このトビー役がダメ役者だと締まるところも締まらないですからね。

とまあミュージカル映画なので、好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思いますが、私としては及第点を十分上げられる出来だったと思います。ただ、もう少し人物描写をしっかりしてくれていればと思うと勿体ない作品でした。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 117分
監督 ティム・バートン
製作 リチャード・D・ザナック、ウォルター・パークス、ローリー・マクドナルド、ジョン・ローガン
製作総指揮 パトリック・マコーミック
原作 スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー
脚本 ジョン・ローガン
出演 ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ローラ・ミシェル・ケリー、ジェイン・ワイズナー
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

(原題:SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠であるスティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが手掛けた同名舞台を映画化。 19世紀のロンドン。フリート街で
ジョニデ、唄うのか! 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』1月19日公開。美しい妻と娘と暮らしていたベンジャミンは、その妻を見初めた悪徳判事の謀略により無実の罪で投獄される。15年後、脱獄した彼はスウィーニー・トッドと名乗り、かつてと同じ場所で...
【映画的カリスマ指数】★★★★★  届かぬ愛にあえぐ残酷美  
【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/サシャ・バロン・コーエン/ティモシー・...
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞してきましたティム・バートン監督が盟友ジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐...
SweeneyToddTheDemonBarberofFleetStreet白塗りのToddメイクでこんな風に凄んで見せても、お茶目で可愛い~~♪こんなメイクでこんな風に笑われても、どうしていいのかわからない~~♪あのダークな世界の撮影の合間に見せるこのお二人の満面の笑み~~♪バートン監督が描...
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】R-152008/01/19公開(01/19鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ティム・バートン原作:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007 アメリカ) 原題   SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET    監督   ティム・バートン    原作   スティーヴン・ソンドハイム ヒュー・ウィーラー    脚色   ジョン・ローガン...
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、他 *監督:ティム・バートン ...
刃物と血が、容赦なかったですね。 僕は痛いのや、血がたくさんのものは苦手なので、
ミュージカル大好き! ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターのミュージカルと聞けば、 監督がティム・バートンでも気になります。(笑) DVDで鑑賞。 19世紀。 ロンドンのフリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは 愛する妻と娘と幸せに暮らして
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニー...
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 2007年:アメリカ 原作:ヒュー・ウィーラー 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、アラン・リックマン、ヘレナ・ボナム・カーター、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン 19世紀のロンドン...
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。

Comments


ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!
 

スプラッターでミュージカルなんて
珍しいですよね。

俺はこのコンビが
好きなんで観に行こうと思います。

ランクリしていきます
 

サファイアさんへ

コメント有り難うございます☆
スプラッターを描いたミュージカルはなかなかないですし、ジョニー&バートンが好きなのなら十分楽しめると思います。

是非観たら、感想をお聞かせください♪
 

daiさんこんばんわ♪

昨今の『海賊映画』や『チャリチョコ』でジョニー・デップのファンになった方から観れば、このスウィーニー・トッドという存在はかなり異質に見えるかもしれませんね。エドワードやウォンカ同様個性が際立っていますけど、狂気と復讐の塊のようなトッドは果たして好きになれるかどうか・・(汗)
でも自分も初めて聞いた、ジョニーの低音ボイスで歌う姿は一見の価値アリかと思いますね。ゴールデン・グローブ賞を受賞しただけあって、やはり歌い方も上手かったんでしょうね。
 

daiさん、初めまして~♪
TB,ありがとうござました<(_ _)>
人物描写の点では今までの作品とは何かが違うような気もしますが、
あの時代背景の老舗ミュージカル映画としては良かったと思います。
殺人鬼というキャラクターだからこそ万人受けはないと思いますけど、
バートン×ジョニーの素晴らしい世界感に浸れて素晴らしかったと思います。
 

メビウスさんへ

コメント有り難うございました☆
ジョニーの低音ヴォイスは十二分に聞きごたえがありましたね。それにあの狂気に満ちた役柄はジョニー・デップファンの評価は上々っぽい気がします。ただ一般人の方は少し苦手意識があるかもしれませんね。
 

MAしゃまさんへ

コメント有り難うございました★
老舗の独特のミュージカルなので、明るく楽しいミュージカルに慣れた一般人には受けが悪いかもしれませんね。でもあの世界観は一見の価値があると思います。
 

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。