Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



第78回アカデミー賞


Category: その他   Tags: ---
‘Crash’Pulls Off Upset,Wins Best Picture

米映画界最高の栄誉とされる第78回アカデミー賞の授賞式がハリウッド、コダックシアターで行われ、8部門のノミネートされた大本命の『ブロークバック・マウンテン』は最終的に『作曲賞』と『脚色賞』と『監督賞』の3部門の受賞に終わりました。

■最優秀作品賞
Crash
【受賞コメント】
プレゼンターのジャック・ニコルソンがタイトルを読みあげるとキャストやスタッフは総立ちで大喜び。代表で監督のポール・ハギスとプロデュサーのキャシー・シュルマンが登壇した。プロデュサーのキャシーは「ありがとうございます! 愛と真実を描いた作品です。この1年間はすばらしい年でした」と興奮ぎみに語り「ドン・チードルもこの会場にいればよかったのに」と出演者の1人で授賞式に出席していないドン・チードルを気遣っていた。

■最優秀監督賞
アン・リー 『ブロークバック・マウンテン』
【受賞コメント】
体中で喜びを表現しながら登壇したアン・リーは「イニスとジャックの2人に感謝したいですね。社会が批判するゲイをテーマにしていますが、何よりも『愛』を伝えたかったんです」と作品についてコメントした後、しんみりと「最近、父が亡くなりました。何よりも彼のために作った映画です」と父に捧げる作品だと強調した。また、台湾出身のアン・リー監督は「台湾、香港、中国の方たちにも感謝します」という言葉も忘れなかった。


■最優秀主演男優賞
フィリップ・シーモアホフマン『カポーティ』
【受賞コメント】
名前を呼ばれたフィリップは周りにいる人たちやメリル・ストリープにキスをして登壇。照れくさそうに何度もおでこに手をあてながら、感謝のコメントを述べるのだが、その手には自らの名前が書かれた封筒が握られ、影になって表情が読み取りにくい。しかし、時折のぞく表情は今にも泣きそうで「ほかのすばらしい男優たちと同じカテゴリーに入れて、とても光栄に思っています」と他の主演男優らに敬意を示していた。

【カポーティについて】
文学界に名を残す作家トルーマン・カポーティがノンフィクション小説の名作『冷血』を書き上げた6年間に迫るシリアスな伝記映画。

■最優秀主演女優賞
リース・ウィザースプーンウォーク・ザ・ライン/君につづく道
【受賞コメント】
名前を呼ばれたリース・ウィザースプーンは「OH!My God!」と席でつ呟き、夫のライアン・フィリップとキスを交わし、とても驚いた表情を浮かべた。登壇したリースは「この場にいることが信じられません!」とコメント。「この物語は本物の女性を描いています。カントリー・ミュージシャンというわたしの長年の夢をかなえてくれてありがとう。ホアキンとともに旅に出られたことを感謝します! そして、すばらしい夫と2人の子どもたちにも感謝しています」と心躍る様子でコメントした。最後に「祖母はわたしに決してあきらめるなと教えてくれました。わたしもそういう人生を歩んでいきたいと思います」と結んだ。夫のライアン・フィリップも惜しみない拍手を送っていた。

■最優秀助演男優賞
ジョージ・クルーニーシリアナ
【受賞コメント】
白いドレスを着たプレゼンターのニコール・キッドマンに名前を呼ばれたジョージ・クルーニーは舞台の上でニコールとキスを交わし、笑顔で登壇。ジョージはスピーチで「『シリアナ』も監督だったらよかったな。ノミネートされた役者はみんなすばらしい役者ばかり、同じ役を演じたらみんな僕よりすばらしかったはず。ハリウッドは世の中と少しずれているとは言われているけど、いままで社会情勢に合わせていろいろなトピックをとりあげてきた。僕のこの受賞も、とても意味のあることだと思う」と冗談を交えながら、最後は真剣にメッセージを述べた。

■最優秀助演女優賞
レイチェル・ワイズ ナイロビの蜂
【受賞コメント】
受賞の瞬間下を向いて目を閉じ、そっと微笑んだレイチェル・ワイズは隣の男性にキスをした。妊娠中でかなりおなかも大きくなっているためゆっくりと登壇。そして感激を隠せない様子で「光栄です。演技のパートナーや監督に感謝します。この『ナイロビの蜂』は実際のわたしよりもずっとりっぱな女性を描いた作品。自分を犠牲にしてまでも真実を求める男女の物語です」と物静かに力を込めてスピーチをした。

【その他の受賞】
■撮影賞  ディオン・ビーブ 『SAYURI』

■編集賞  ヒューズ・ウィンボーン『クラッシュ』

■脚本賞 『クラッシュ』 ポール・ハギス、ボビー・モレスコ

■脚色賞 『ブロークバック・マウンテン』ラリー・マクマートリー、ダイアナ・オサナ

■作曲賞  グスターボ・サンタオラヤ『ブロークバック・マウンテン』

■録音賞 『キング・コング』

■音響編集賞 『キング・コング』

■視覚効果賞 『キング・コング』

■衣装デザイン賞 コリーン・アトウッド 『SAYURI』

■美術賞 ジョン・マイヤー 『SAYURI』

■外国語映画賞 『ツォツィ』(南アフリカ)

■メイクアップ賞 『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』

■歌曲賞 『ハッスル&フロー』 “It's Hard Out Here for a Pimp”

■長編ドキュメンタリー賞 『皇帝ペンギン』

■短編ドキュメンタリー賞 『ア・ノート・オブ・トライアンフ』

■実写短編賞 『シックス・シューター』

■長編アニメ賞 『ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!』

■短編アニメ賞 『ザ・ムーン&ザ・サン』

■名誉賞 ロバート・アルトマン監督

【総評】
前哨戦のゴールデングローブ賞を総なめにして大本命とされていた『ブロークバック・マウンテン』。

この作品のテーマは“カウボーイ同士の禁断の愛”という同性愛をテーマにしたものだが、アメリカの保守的な多くの地域では社会問題となり、上映が見送られる現状だ。

「カーボーイ=男の象徴」というのがアメリカでは定説でありこのカーボーイが“同性愛”ということになることで生じる不条理な問題等から今回のアカデミー賞は『ブロークバック・マウンテン』ではなく人種差別を扱った社会派映画である『クラッシュ』が最優秀作品賞に選出されたと考えられる。

批評家が高く評価する作品でも、「同性愛映画は敬遠されて作品賞を取れない」というジンクスを覆せなかった。

その他の賞に関してはさほど驚く結果ではなくほとんど前哨戦のゴールデングローブ賞と同様の結果になった。

最優秀主演女優賞はReese Witherspoonが獲得したが逃したこの2人の今後にも期待したい!

Charlize theronKeira knightley

特にKeira knightleyはまだ20代前半と若く、作品に出る度に“演技力”、“魅力”とも向上していっているのでこれから良作に出演することで幾らでもチャンスがあると考えられる。今後に大いに期待したい。


テーマ : アカデミー賞/映画賞関連    ジャンル : 映画

Comments

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。