Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



第65回ゴールデン・グローブ賞


Category: その他   Tags: ---
The 65th Golden Globe

28_weeks_later


アカデミー賞の前哨戦で、米映画賞レースの前半の山場となる第65回ゴールデン・グローブ賞の受賞式が13日、ビバリーヒルズのホテルで行われました。しかし今年は、米脚本家組合が続行中のストライキのため、華やかに着飾ったスターたちが出席して行われる授賞式は中止され、淡々とした記者会見のみの構成となりました。Ranking


【作品賞(ドラマ)】
つぐない
 『アメリカン・ギャングスター』
 『イースタン・プロミセズ』
 『The Great Debaters』
 『フィクサー』
 『ノーカントリー』
 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

【作品賞(ミュージカル/コメディ)】
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 『Across the Universe』
 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
 『ヘアスプレー
 『ジュノ』

【主演男優賞(ドラマ)】
ダニエル・デイ=ルイス 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
 ジョージ・クルーニー 『フィクサー』
 ジェームズ・マカヴォイ 『つぐない
 ヴィゴ・モーテンセン 『イースタン・プロミセズ』
 デンゼル・ワシントン 『アメリカン・ギャングスター』

【主演女優賞(ドラマ)】
ジュリー・クリスティ 『アウェイ・フロム・ハー』
 ケイト・ブランシェット 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
 ジョディ・フォスター 『ブレイブ ワン』
 アンジェリーナ・ジョリー 『マイティ・ハート/愛と絆』
 キーラ・ナイトレイ 『つぐない

【主演男優賞(ミュージカル/コメディ)】
ジョニー・デップ 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 ライアン・ゴズリング 『ラース・アンド・ザ・リアル・ガール』
 トム・ハンクス 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
 フィリップ・シーモア・ホフマン 『The Savages』
 ジョン・C・ライリー 『Walk Hard: The Dewey Cox Story』

【主演女優賞(ミュージカル/コメディ)】
マリオン・コティヤール 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』
 エイミー・アダムス 『魔法にかけられて』
 ニッキー・ブロンスキー 『ヘアスプレー
 ヘレナ・ボナム=カーター 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 エレン・ペイジ 『ジュノ』

【助演男優賞】
ハビエル・バルデム 『ノーカントリー』
 ケイシー・アフレック 『ジェシー・ジェームズの暗殺』
 フィリップ・シーモア・ホフマン 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
 ジョン・トラヴォルタ 『ヘアスプレー
 トム・ウィルキンソン 『フィクサー』

【助演女優賞】
ケイト・ブランシェット 『アイム・ノット・ゼア』
 ジュリア・ロバーツ 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
 シーアシャ・ローナン 『つぐない
 エイミー・ライアン 『Gone Baby Gone』
 ティルダ・スウィントン 『フィクサー』

【監督賞】
ジュリアン・シュナーベル  『潜水服は蝶の夢を見る』
 ティム・バートン 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 ジョエル&イーサン・コーエン 『ノーカントリー』
 リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』
 ジョー・ライト 『つぐない』

【脚本賞】
『ノーカントリー』
 『つぐない
 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
 『潜水服は蝶の夢を見る』
 『ジュノ』

【歌曲賞】
『イントゥ・ザ・ワイルド』
 『魔法にかけられて』
 『Grace Is Gone』
 『Love in the Time of Cholera』
 『Walk Hard: The Dewey Cox Story』

【音楽賞】
『つぐない』
 『イースタン・プロミセズ』
 『Grace Is Gone』
 『イントゥ・ザ・ワイルド』
 『君のためなら千回でも』

【長編アニメ賞】
レミーのおいしいレストラン
 『ビー・ムービー』
 『ザ・シンプソンズ MOVIE

【外国語映画賞】
『潜水服は蝶の夢を見る』
 『4ヶ月、3週と2日』
 『君のためなら千回でも』
 『ラスト、コーション』
 『ペルセポリス』

【感想】
作品賞は先日レビューをアップした『つぐない』が獲得しましたね。放送映画批評家協会賞では『ノーカントリー』だったのでどうかとは思いましたが、やはりいい映画だということですね。作品賞の中では『アメリカン・ギャングスター』と『イースタン・プロミセズ』(近々レビューをアップします)しか個人的には観ていないのですが、その3作品の中でも『つぐない』はずば抜けていました。おそらく個人的にも今一(今年一番)になると思われます。

その他で目立ったのは、主演男優賞(ミュージカル/コメディ)を獲得したジョニー・デップですね。彼のファンは狂喜乱舞したのではないでしょうか?

さて個人的に結果発表より気になったのがストによる影響ですね。同賞の半中止状態にともなり、例年ならロサンゼルス各地で行われる映画会社やテレビ局主催のパーティーも本年は中止となったところが多く、ロイター通信によると、ゴールデングローブ賞に関連したロサンゼルスでの経済効果は例年なら、7000-8000万ドル(約77-88億円)あるらしいのですが、本年はパアになったらしいですね。どれだけアメリカという国において、この賞が大事かを物語っていると思います。日本アカデミー賞が中止になってもこんなマイナスの経済効果はありませんしね。
どうかストライキが早く終わってアカデミー賞は開催されてほしいものです。

テーマ : ゴールデン・グローブ賞    ジャンル : 映画

Comments

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。