Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



そのときは彼によろしく


Category: 映画 さ行   Tags: ---
駄作なので彼(市川拓司)によろしく

そのときは彼によろしく

【Story】
ささやかながらも美しい水草の店を経営している遠山智史(山田孝之)の前に、ある日突然、スーパーモデルの森川鈴音(長澤まさみ)が現われる。実は鈴音は智史の幼なじみの滝川花梨で、ふたりは再会を喜びを分かち合う。二人はもう一人、親友で画家志望の五十嵐佑司(塚本高史)のもとへと向かうが…。

評価 ★★☆☆☆(2.4P)

【感想】
いい加減に飽きた意味不明な病。Ranking

~以降ややネタばれあり~


折角観たんで感想を書こうと思ったのですが、今年最後の映画の感想がこれで終わるかと思うと、なんだか物悲しいです。

ただ、君を愛してる』の市川拓司の作品なので少しは期待したのですが、彼の作品で良いものは『ただ、君を愛してる』だけですね。この作品で確信しました。本当に後は駄作です。

だいたい「泣かぬなら泣かせて見せようホトトギス」ではないですが、信長みたいに観ている人間をただ泣かせればいいみたいな無理矢理な手法はどうかと思います。聞いたことがないような病気を使って無理矢理ヒロインを病の床にふせさせ、お涙ちょうだいの展開にもっていくようなものでは現実身に欠けますし、観ているこちらとしても苛立ちます。ストーリー展開がもっときちんとしていたのならよいのですが・・・。

それに現実身という観点では、昔好きだった子と再会しても普通なら、「綺麗になったね」とか「カッコよくなったね」レベルで現実は終わるはずです。しかも、大人になった幼馴染を完全に忘れていたのならなおさらではないでしょうか。そんな状態で「ずっと好きだった!」なんていう調子のいい発言をされても、観ているこちらは何ら感情移入もできません。

そんな非現実的なダメストーリー、さらには長澤まさみのいつも同じ演技なんかがミックスされどうしょうもない駄作になっていました。まあ、こんなもの全く観る必要がない作品ですね。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

製作国 日本
製作年度 2007年
上映時間 114分
監督 平川雄一朗
製作 島谷能成
原作 市川拓司
脚本 いずみ吉紘
編集 今井剛
音楽 松谷卓
出演 長澤まさみ、山田孝之、塚本高史、国仲涼子、北川景子、黄川田将也、本多力、黒田凛、深澤嵐、桑代貴明、和久井映見、小日向文世
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 『どんなに離れていても ひかれあう強い力― 僕らはそれだけを信じていた。』  コチラの「そのときは彼によろしく」は、6/2公開になる\"プリズム・ラブストーリー\"?ラブ・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  「いま、会いにゆきます」
どんなに離れていてもひかれあう強い力──僕らはそれだけを信じていた。

Comments

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。