Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



西遊記


Category: 映画 さ行   Tags: ---
Money makes the movie.

西遊記

【Story】
旅の途中で草木の枯れた砂漠の町に立ち寄った三蔵法師一行は王宮に招かれ、魔法で醜い亀にされてしまった王様と王妃様を目の当たりにする。金角大王(鹿賀丈史)と銀角大王(岸谷五朗)の恐ろしい兄弟妖怪がこの国の緑とすべての財宝を奪い、王様たちに妖術をかけて去って行った歴史を聞いた一行は、王女玲美の懇願を受け、金角・銀角を倒す旅に出る…。

評価 ★★☆☆☆(2.4P)

【感想】
“なまか”と聞く度、反吐が出る!Ranking

~以降ややネタばれあり~


私はドラマシリーズから、この作品を一応観ておりました。その理由は後で話すとして、まず本作の位置付けと言うと、ドラマ版『西遊記』の劇場版で、時系列的に言うならば、テレビシリーズの第6話(森の国)と第7話(幽霊の国)の途中らしいです。TVシリーズでは、西遊記といったらという誰もが思い描くような物語がなぜか描かれていないことに違和感がありました。しかし、それを解決するためのこの映画だったのだと理解しました。まあその有名な話というのが本作の金角・銀角兄弟の話というわけです。

さて一通りは観たTVシリーズ。なぜ私がこのシリーズを観ていたのかという理由は、どんな駄作にも褒める点は存在するだろうという刹那な希望をもってのことです。しかし、そんな私の温情にも満ちたような期待は木っ端微塵にされてしまいました。このシリーズはストーリー、俳優の演技、衣装を含めた演出どれをとってもお粗末でしたね。そんな感じで期待を裏切られ続けたため泥沼にはまり、絶対駄作であるはずの本作をも観てしまったというわけです。

いやはや、映画というものは凄いですね。TVドラマ→映画という流れを踏むと、お金の掛け方が尋常ではありません。さらには天下のフジテレビが総指揮を執ったとなれば、駄馬のハルウララに武豊を乗せるようなものです。どんなに弱いものでも強く見せられるんです。ある意味、こういうのを日本の諺で“馬子にも衣装”とでもいうんでしょうかね。本当に見てくれはきちんとしたものになっていました。オープニングの永遠に続きそうな砂漠のシーンなんかには、今までのチープセットの差に驚愕しました。このぐらいのスケールでやってくれるのなら、学芸会衣装も少しは許せますね。

しかし、許せると思ったのも束の間、いつも同様の安セットに逆戻りするという違った意味で驚きの編集技術を見せつけられます。それにこの映画の売りでもある金・銀角とのアクションシーンも、日曜の朝方にやっているヒーローものとなんら変わらない出来でした。この程度のものなら、例えターゲットを子供にしたとしても、騙せるモノも騙せませんね。さらに、ストーリー自体も練っているのかというくらいの安易なものです。例えば銀角が自ら山頂まで太陽をなくす玉を取りにいけるのなら、王女と三蔵一行に玉を取りにいかせる理由がまったくないという矛盾なんかも生じています。しかも、無意味に山頂の雪景色に騒ぐ悟空と王女という無駄なカットは観ているこちらに余計な苛立ちを生じさせます。

まあ結局のところ、馬子にも衣装という感じで、TV版よりはマシですが、子供騙し以下になってしまっていたことは事実です。日本だけではなく、アジア中でも長く支持されている原作を、ここまでダメにしてしまうというところには、ある意味拍手してしまいます。しかも低予算、見たこともない俳優なら分かるのですが、かなりの予算、それなりの俳優でここまでのものにするとはどんな神経をしているのでしょうか?本当に疑問です。“なまか”、“なまか”なんて言って騒いでいる前に、本当に良いものを作れる“なかま”を集めるべきだったのではないでしょうか。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 120分
監督 澤田鎌作
製作 亀山千広
脚本 坂元裕二
撮影 松島孝助
音楽 武部聡志
出演 香取慎吾、深津絵里、沙悟浄、伊藤淳史、水川あさみ、大倉孝二、多部未華子、谷原章介、三谷幸喜、相築あきこ、南原清隆、草剛、猫ひろし 、倖田來未、小林稔侍、鹿賀丈史、岸谷五朗
テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

映画・西遊記ですが、映画館久々に行きました。最近の映画館は音響がすごいことになっている気がします。映画・西遊記は、ドラマのテイストを残していている感じで面白かったです。私はウンナンファンなので、ウッチャンナンチャン共演していますし、ウッチャンの出番も思...
本日7/17見てきましたぁ! 公開から観に行くまで、今までで最速(>ω<)b ネタバレなし。 少しありかもしれない^^;
TVドラマは滅多に観ないけど、慎吾ちゃんの『西遊記』は、子どもが好きだったので欠かさずに観ていましたぁ~「テンション高~い!!ウルサ~イ!!」とか思ったけど、SMAPの中で1番目を付けている慎吾ちゃんを密かに堪能。で・・・映画化が決まった時から我が家では楽し
□オフィシャルサイト 『西遊記』□監督 澤田鎌作 □脚本 坂元裕二 □キャスト 香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、多部未華子、岸谷五朗、鹿賀丈史、谷原章介、小林稔侍、水川あさみ ■鑑賞日 7月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (...
見やすくわかりやすく楽しい!!!!
【2007/07/14公開】07/14鑑賞製作国:日本監督:澤田鎌作製作:亀山千広出演:香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、水川あさみ、大倉孝二、多部未華子天竺を目指し、果てしなく続く砂漠を進む三蔵法師一行。やがて、彼らは砂漠の国“虎誠(フーチェン)”でその国の
 評価:凹    猿芝居度:85%  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ 廖Т僂舛磴い韻覆?  『あらすじ』 ...
TVのドラマが始まったとき、実は^^;あんまり観る気はなかったんですが(笑)たまたま途中からみて終盤にかけて無意識に観たときにあれ?なかなかちゃんとまとまってるし”なまか”(仲間のこと)の意味をしっかり伝えようとしてること共感できちゃったりして(あ、単...
貯まったポイントでタダで鑑賞! 常にハイテンションの孫悟空=慎吾ちゃんに、観ているこっちの喉まで疲れます。 確かに、TVでもこ...

Comments

Leave a Comment


03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

01

02


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。