Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
Sukiyaki Is A Japanese Food

Sukiyaki_Western_Jango

【Story】
とある山奥の寒村、源義経率いる源氏ギャングと平清盛率いる平家ギャングが、村に言い伝えられるお宝をめぐって血なまぐさい抗争を繰り広げていた。そこへ、心に傷を負った流れ者のスゴ腕ガンマン(伊藤英明)が現れる。彼がどちらの用心棒につくのかそれぞれの思わくがぶつかり合う中、源平の戦いは、さらに激化してゆく…。

評価 ★★★☆☆(3.3P)

【感想】
闘い終えたら流すのは「修羅の花」でしょう。→Ranking

~以降ややネタばれあり~


「マカロニ・ウエスタン」というものを知っていますかね。まあ知らない人も多いと思うので軽く説明しておくと、マカロニ・ウエスタンというのは1960年代から1970年代にかけて、イタリアやスペインで量産された西部劇のことを指すんです。でもこれだけでは、何でマカロニなんだと思いますよね普通。まあその理由は、映画評論家の淀川長治がそう呼んだからなんですよ。外国自国ではこの手の映画を「スパゲッティ・ウェスタン」と呼んでいたんですが、スパゲッティでは細くて弱々しいという理由で彼がマカロニにしたんです。もちろん理由はそれだけではなくて、マカロニとスパゲッティというものの形状の違いと、この手の映画の内容を見比べれば自ずと答えは導かれます。そうマカロニ・ウエスタンというのは、小島義男じゃないですけど、内容なんか関係ねぇと言わんばかりに、アクションとキャラクターあり気で、「面白くなければテレビじゃない」なんていうフジテレビ的思考全開で作られた内容がない、当時の数百の西部劇映画達のことを指します。それとマカロニの空洞を皮肉って名付けたんですね。そんな何でもありの映画達を名前からも分かるようにインスパイヤして造られたのが本作『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』なんです。

物語の舞台は、源平合戦終焉から数百年後の日本のどこか。そこでは白組の源氏と紅組の平氏が宝を求め今なお闘っています。ある日、そこに流れ者のガンマン(伊藤英明)がやってきて、赤と白を壊滅させるというお話です。これってどこかで観たことあるなと思ったら完全な『荒野の用心棒』ですね。中国の石景山遊園地ほど劣悪であからさまではありませんが、良く言えばオマージュ、悪く言えばパクリというやつです。でも本作ではこれこそが、マカロニ・ウエスタン魂なんです。だいたい『荒野の用心棒』も黒澤明の『用心棒』のパクリですしね。

さて少し脱線しましたが、本作の表の設定は源平合戦です。でもそうなんですがこれもまた、そんなの関係ないと言わんばかりに、源氏が平氏より有利だったという設定と多少の登場人物の名前以外は全く考慮していませんね。だいたい、本作中で平清盛(佐藤浩市)は薔薇戦争の本を読み、そちらでは紅組が勝つことから「俺をヘンリーと呼べ」なんていう始末ですし、義経の右腕の弁慶はゲイになるという歴史の改ざんまでやってのけます。まあ結局のところ、こういう何でもアリを許してこそマカロニ・ウエスタンの日本風味であるスキヤキ・ウエスタンなんですね。

本作は登場人物(日本人)がなぜか、日本での設定にも関わらず全員英語でしゃべるという奇想天外さもありますし、所々で様々な映画のパクリ(例えばラストは『用心棒』と『キル・ビル』)が垣間見れますが、そういうものを全部ひっくるめたB級感の中、アクションやキャラクターの濃さを楽しめばいい映画だと感じました。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

製作国 日本
製作年度 2007年
上映時間 121分
監督 三池崇史
脚本 三池崇史、NAKA雅MURA
編集 島村泰司
音楽 遠藤浩二
出演 伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、香川照之、石橋貴明、安藤政信、木村佳乃、松重豊、塩見三省、石橋蓮司、堺雅人、田中要次、小栗旬、内田流果、クエンティン・タランティーノ、香取慎吾

テーマ : 邦画    ジャンル : 映画

Trackbacks

平家と源氏の争い。 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理…… 時代劇?? 西部劇?? そこにたどり着いたガンマン。 軽く楽しむつもりで行ってきました。 その結果、期待通り、 きっちり楽しんで来ました。 伊藤英明、伊勢谷友介...
 『生き残れるのは、一人だけ。』  コチラの「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」は、実は密かに、って別に隠してたワケではありませんが、めちゃめちゃ楽しみにしていたPG-12指定の和製ウェスタンです。9/15に公開されていたのですが、先週はお休みさせていただいており...
2007年/日本 監督:三池崇史 出演:伊藤英明(ガンマン)    佐藤浩市(平 清盛)     伊勢谷友介(源 義経)    安藤政信(与一)    石橋貴明(弁慶)    木村佳乃(静)    桃井かおり(ルリ子)    小栗 旬(アキラ)    香川
今週は3連休なので日曜深夜もナイトショウ開催中・・・ って事で、今週末公開の期待の本作を鑑賞。 なんてったって、予告編何度も見せられて、興味津々だったからね。
【監督】三池崇史 【出演】伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介/桃井かおり/木村佳乃/香川照之/安藤政信/石橋貴明/堺雅人/クエンティン・タランティーノ 【公開日】2007/9.15 【製...
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(PG-12指定)は奇才三池崇史監督が源平合戦を和製ウエスタン風に描いた異色の決闘ストーリーである。1185年の壇ノ浦の合戦から数百年後を舞台にして名前はそのままに平家対源氏の対決が描かれている。
今とは違う時代の日本、源氏と平家が雌雄を決した檀之浦の戦いから数百年。とある村に眠る埋蔵金を巡って二大勢力は再び対立していた。膠着状態が続いていた両者の戦いだったが、村に現れた凄腕の用心棒によって事態は動き出す。両陣営は用心棒を仲間に加えようと策を巡ら...
作品情報 タイトル:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 制作:2007年・日本 監督:三池崇史 出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、安藤政信、堺雅人、小栗旬、田中要次、石橋貴明、木村佳乃、香取慎吾、クエンティン・タランティーノ、香川照之、桃井かおり あらすじ:...

Comments


daiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

『サヨナラ♪』の淀川氏がマカロニの名付け親だったとは、自分は今初めて知って知恵+1なのですw映検とかで出そうなネタですね(笑

でも本作の和製英語は日本人だと真新しい感じがして新鮮にも映りますけど、海外だと多分苦笑いモノなんじゃないでしょうか?
正直な所、自分も最初『キルビル』のユマのカタコトを聞いて苦笑いしてしまいましたから逆もまた然り?石橋の英語聞いて、『メジャーリーグ2』知ってる人は『(英語)下手になったな~』とか思ってるかも?(汗
 

メビウスさんへ

コメントありがとうございます。
そうなんです、淀川発信の言葉なんですよ。意外に多くの方が知らないですよね。

本作のジャパングリッシュは海外では絶対に苦笑に違いありませんね。メビウスさんのおっしゃる通り、『キル・ビル』の日本語ですら結構な方が苦言を呈していましたからね。
 

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。