Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ミュンヘン


Category: 映画 ま行   Tags: ---
NONFICTION

MUNICH

【Story】
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中、パレスチナゲリラ “Black September(黒い9月)”によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。激怒したイスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成し報復を企てる…。

評価★★★★☆(4.3P)

【感想】
この映画はサスペンス映画のような心震える緊張感みたいなものを味合わせてくれる娯楽的な一面を持っていると同時にドキュメント映画独特の政治的な一面が持つシリアスさみたいなものをも体感できます。

【以降ネタバレあり】


最初は暗殺に慣れないアヴナーらメンバーだが徐々にコツを掴んでいき、人を殺すことに対して初め抱いていた 躊躇心 というものを感じなくなっていく…。しかし、彼らも人の子、電話機やベッドのマットレスに仕掛けられた爆弾で暗殺する等のことをしてきたことから、周り廻って“同様の恐怖”が自らに返ってくきます。人を殺すということは、自分への未来永劫の安らぎというものを捨てるといことだということを再確認させられました。

ミュンヘン・オリンピックの虐殺事件のシーンがアヴナーの回想として幾度となく出てくるのだが、全体的にセピア調のモノトーン色で銃撃戦を描写しており、アヴナーの回想のシーンでしか過ぎないのにかなりの臨場感を出しており、特に奥さんと『SEX』するシーンでの『虐』の回想シーンではこの2つのものの持つ固有のイメージである『生』と『死』の対比により、さらなる『テロリズム』の否めなさを感じさせてくれました。

ラストシーンでの世界貿易センタービル(ツインタワー)を背景に「平和なんて訪れない!」とアブナーに語らせたことにより『テロリズム』の悲痛さや『テロに対する報復』の物悲しさのすべてを物語ると同時にこの作品が“Fiction”ではなく“NonFiction”だということをも再確認させてくれます!

ユダヤ人であるスピルバーグはこの映画で実際に起こった真実のみを伝えようとしています。そしてその結果、この作品はユダヤ人、パレスチナ人双方から非難を浴びています。このことこそがどちらの立場に肩入れするわけでもなく、実際に起きた事件の多くの人間の感じた苦悩を描いた物的証拠になっているのではないでしょうか!

流石、スピルバーグと感じた作品でした。

憎しみは憎しみしか生まれないし、報復すれば報復される”戦いというものは輪廻転生同様に終わらない。

どちらかがどこかで止めなければ、本当の平和というものは訪れない!!

様々なものがこころに突き刺さった作品でした。

主演のエリック・バナの『戸惑い』、『愛』、『躊躇』、『恐怖』などこの映画で演じた感情の演技は非常に素晴らしかったです。このような作品こそ平和ボケしている日本人にはきちんと実感してほしい!!


■このブログを支えているのは画面の前のあなた・あなた・あなたです!応援よろしくお願いします♪
      ↓
人気blogランキング

【アヴナー達の暗殺の足跡】

1972/10/16 ワエル・ズワイテル(ローマ/アパート内で射殺)
             ↓
1972/12/8 アフムド・ハムシャリ(パリ/アパート内の電話へ仕掛けた爆弾で殺害)
             ↓
1973/1/24 フセイン・アバド・アッ・シル
(キプロスの首都ニコシア/ホテルのベッドに仕掛けた爆弾で殺害 )
             ↓
1973/4/6 アル・クバイシ博士(パリ/路上で射殺)
             ↓
1973/4/10 カマル・ナセル、ケマル・アドワン、アフムド・ユーセフ・ナジャール
(レバノンの首都ベイルート/アパート内で射殺:ベイルート特攻作戦)
             ↓
1973/4/13 ズアイド・ムシャシ (アテネ/ホテルの部屋に仕掛けた焼夷弾で殺害)
             ↓
1973/6/28 モハメド・ブーディア(パリ/車のシートに仕掛けた爆弾で殺害)
             ↓
1974/1/12 3人のアラブ青年(スイス領内の小さな町/教会内で射殺:グラールス事件)
             ↓
1974/8/20 ジャネット(オランダの港町ホーン/ハウスボート内で射殺)
             ↓
1974/11/8 アラブ少年(スペインの港町タリファ/パレスチナ・ゲリラの別荘の庭で射殺)

原題 MUNICH
製作年度 2005年
製作国 アメリカ
上映時間 164分
監督 スティーヴン・スピルバーグ
原作 ジョージ・ジョナス
脚本 トニー・クシュナー 、エリック・ロス
音楽 ジョン・ウィリアムズ
出演 エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

 『わたしは正しいのか?』  今日は2/4公開のコチラの映画を観てきました。1972年9月5日にパレスチナの武装テロ集団”ブラック・セプテンバー(黒い9月)”によるミュンヘンオリンピック事件に端を発した事実を基に描いた映画です。  コチラの事件は、全米に中継され...

Comments

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。