Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



モーテル


Category: 映画 ま行   Tags: ---
An Element Of The Good Old Horror

Vacancy

【Story】
車の故障で人里離れたモーテルに泊まることになったデビッド(ルーク・ウィルソン)とエイミー(ケイト・ベッキンセイル)夫妻。何気なく見始めたビデオには残忍な殺人シーンが映し出されており、その映像が自分たちが泊まっている部屋で撮影されたものだと気づく…。

評価 ★★☆☆☆(2.7P)

【感想】
ラブホで試写会?これを観た後そんな気なくすでしょう。Ranking

~以降ネタばれあり~


古くは『悪魔のいけにえ』、最近では『テキサス・チェーンソー』や『蝋人形の館』、そして本作、この手のものを観るとヒッチコックの偉大さを本当に思い知らされますね。映画好きな人なら分かると思いますが、これらの映画の共通点というのは“ドライブ”、“田舎町”、“死の恐怖”という3つのキーワードです。このキーワード=恐怖として初めて成立させたのがアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』なんです。

さてそんな流れを引き継いでいるこの作品、なんでもラブホで意図が分からない試写会があったらしいです。しかし本作、最近のホラーと比べて一線を画している印象を受けましたね。最近のホラーと言えば、私の今年ワースト候補である『ヒッチャー』を筆頭に、『ホステル』や『SAW』シリーズなんかもそうですが、“ホラー=スプラッター”みたいな公式が流行りのようです。いくら流行りでも、このグロテスクさでの恐怖というのは私としては、到底ホラーとは思えません。“気持ち悪い”をホラーと言ってしまうと、ヒッチコックの『サイコ』などの上質なホラーに非常に失礼ですね。その点本作は気持ち悪さの恐怖というよりはむしろ、モーテルという閉鎖空間の中で追い詰められていく人間の心理的な恐怖という本来の古き良きホラーの要素を描いていますので、この点はここ最近の作品の中では評価したいです。

そんなこの映画ですが“スナッフ・フィルム”というものが良質なホラー要素のために重要なアイテムとなっています。「“スナッフ・フィルム”とは何ぞや?」と思う方もいると思いますが、所謂“殺人ビデオ”のことです。これは「観たら何日で死ぬ」というものではなく、「殺人の様子が撮られている」方の殺人ビデオです。本作はこれを観たことから一気にジェットコースターホラーが始まります。

ただホラーの本来の要素は評価するのですが、その加点を帳消しにするぐらいの中途半端さでした。ビデオの詳細(『サイコ』のように今までの死体がどこに埋っている)をきちんと描いていないことや、逃げようと思えばいつでも逃げられたという主人公たちの馬鹿さ、ラストのどんでん返しもないあっさりとした終わり方などいくらでも直すところがでてきます。折角なんだからここら辺はきちんと練ってほしかったです。

まあこんな感じで、そこそこの恐怖はあるし、ホラーの要素もきちんと描かれているので、お手軽に楽しめるホラーではないでしょうか(*だからラブホで試写なのか?)。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 VACANCY
上映時間 85分
製作国 アメリカ
監督 ニムロッド・アーントル
製作 ハル・リーバーマン
製作総指揮 グレン・S・ゲイナー、ステイシー・コルカー・クレイマー、ブライアン・パスカル
脚本 マーク・L・スミス
撮影 アンジェイ・セクラ
編集 アルメン・ミナジャン
音楽 ポール・ハスリンジャー
出演 ケイト・ベッキンセイル、ルーク・ウィルソン、フランク・ホエーリー
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

Vacancy(モーテル)は車の故障でカップルが古びたモーテルに泊まるという古典的な展開のホラー映画。 その2人をLuke Wilson(ルーク・ウィルソン)とKate Beckinsale(ケイト・ベッキンセイル)が演じているので期待は高まりますが、興奮するのはそこまで。泊まったモーテ
GTF「モーテル」イイノホールで鑑賞今年も始まったGTFですが、昨年に引き続き大コケ。今年もこれ1本の鑑賞になりそうです。でも、これ1本って最低。こんな内容だとは全然知らず誘った友人に「怖いらしいから行かない」といわれ一人で行くことにしました。怖いってど
                                                                                             
 『宿泊料、イノチ。』  コチラの「モーテル」は、タイトルの通り「モーテル」を舞台に繰り広げられる恐怖を描いた11/17公開のPG-12指定のスリラーなのですが、こうゆう映画は苦手と言いつつも、わざわざ観に行っちゃいました(゚∇^*) テヘ♪  いやね、本当に苦手な
VACANCY 2007年:アメリカ 監督:ニムロッド・アーントル 出演:ケイト・ベッキンセール、ルーク・ウィルソン、フランク・ホエーリー 車の故障で人里離れたモーテルに1泊するハメになったデビッドとエイミーのフォックス夫妻。離婚が秒読み状態の2人は、陰湿な雰
『モーテル』を観ました寂れたモーテルを舞台に、残忍な殺人ビデオの標的にされてしまった夫婦の恐怖を描いたサスペンス・スリラーです>>『モーテル』関連原題: VACANCYジャンル: サスペンス/ホラー製作年・製作国: 2007年・アメリカ上映時間: 85分監督: ニム...

Comments


TBありがとうございました。
確かにホラー=スプラッターな近頃ですね。だから日本オリジナルがヒットするんでしょうか?
また遊びにきます!
 

yesquireさんへ

コメントありがとうございます!
そうなんですよね・・・最近のスプラッターには少し困っています。これがホラーというカテゴリーに入るというのは少し物悲しいです。
そういえば、言われて気づいたのですが日本のホラーはあまりスプラッターというものはありませんね。
 

こんにちは、daiさん!
TB&コメントありがとうございます~!
物語のキーワードとなるべき要素は、割といいと思うんですけど、ちょっと詰めが甘かったって印象でしたね。
ホラー初心者にはいい作品かもしれないけど、ホラー好きには物足りなかったですわん。
 

ともやさんへ

コメントありがとうございます♪
ホラー好きには本当に物足りない出来でしたね。
詰めの甘さは笑ってしまうほどでした。
 

daiさん☆

こんばんは♪
TBコメントありがとうございます☆

うーん、この作品 出だしは良かったんだけど、
だんだんと尻すぼみって感じでした、
色々なところでアラが目立つし、最終的にあのラストはなんなの~?と消化不良というか、、、、
海外で、DVDで観たので1500円払わなかったのは救いと思っちゃいました(笑)
 

migさんへ

コメントありがとうございます★
そうなんですよね・・・出だしは良かったんですよ!
でも段々段々中途半端になっていきましたね。
そしてあのラストは本当にいただけませんでした。
 

daiさん、こんばんは。

あ・・・スワロ、その3要素知りませんでした。
ホラーが好きとか言っておいて無知を露呈してしまいました。

確かに、最近は『SAW』シリーズに代表される
ソリッド・シチュエーション・ホラーが人気ですね。
類似作もあふれ食傷気味でもあります。
本作はオーソドックスなのが良かったですね。

オーソドックスなホラーといえば・・・
『デッド・サイレンス』はご覧になりましたか?
『SAW1』を手がけたスタッフが作ったのですが、
こちらもどの要素もかけておらず、しかもかなり質の高いクラシカルなホラーでしたよ!
 

swallow tailさんへ

こんばんは♪
無知だなんて関係ないですよ!
知識なんてただ知っているか知らないかだけですから・・・。

私も最近流行のグロいホラーには飽き飽きしていたので、
こういうオーソドックスなものは面白い面白くないは別として良かった点ではあります。

『デッド・サイレンス』ですかまだ観ていないですね・・・お勧めなら今度観てみますww
 

Leave a Comment


06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05

07


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。