Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



13/ザメッティ


Category: 映画 さ行   Tags: ---
Extreme Feeling Of Strain

13/TZAMETI

【Story】
グルジア移民のセバスチャン(ギオルギ・バブルアニ)は、偶然手に入れた封筒の中に入っていたパリ行きの列車のチケットを使い、一攫千金をもくろむ。単身パリに向かった彼は謎めいた指示に導かれ、ある館にたどり着く…。

評価 ★★★☆☆(3.7P)

【感想】
金持ちの道楽は果てしないですね・・・。Ranking

~以降ややネタばれあり~


サブプライムローンに手を出すぐらいの下位層のグルジア移民であるセバスチャン(ギオルギ・バブルアニ)は、偶然手にした封筒のおかげで一気に、地獄とも呼べる空間に行ってしまいます。そう彼が訪れた地獄とは“ロシアン・ルーレット会場”だったのです。

集められたプレイヤーは13人。番号の書かれたTシャツを着て、手には1丁ずつの回転式6連発拳銃を握らされ円になり、シリンダーをよく回して撃鉄を引き起こし、円陣の中央のランプに明かりが付いた瞬間に自分の目の前にいる男の後頭部に向かって銃をぶっ放すのです。また彼らの周りでは、各々のプレイヤーの雇い主と、プレイヤーに大金を賭ける男たちがそのゲームを楽しんでいるのです。そして拳銃に入いる弾も1発、2発・・・と回が進むにつれて死んだ人数と共に増えていき、最後は6発中4発が大当たりの状況になるのです。

全編通してモノクロの演出は非常に良かったと思います。このモノクロの演出は緊張感を演出する点で秀逸でした。これがカラー映画だったら緊張感は弱まり、スプラッター色が強くなっていたと思います。

そんなこの映画、ロシアン・ルーレットを用いたアイデアは非常に良かったと思いますし、それにより伝わる緊張感も非常に良かったと思います。しかし最後に少し苦言を呈するのなら、ロシアン・ルーレットという最高の食材の“極限の緊張感”を表現するには少し勿体ない構成だった気がしました。製作側は前半の“平凡さ”と後半の“死”の対比を狙っていたのでしょうが、それにしても前半の“平凡さ”の方が後半の“死”より上回ってしまって勿体ない仕上がりでしたね。ここはどうにかしてほしかったです。緊張感が伝わらないわけではないですし、この映画の緊張感はここ最近では類を見ないと思います。しかし最高のアイデアだっただけに・・・勿体ないと感じました。なんでもこの作品、ハリウッドリメイクが決まったらしいのですが、その際にはここは十二分練り直してほしいです。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 13 TZAMETI
製作年度 2005年
製作国 フランス/グルジア
上映時間 93分
監督 ゲラ・バブルアニ
脚本 ゲラ・バブルアニ
音楽 イースト
出演 ギオルギ・バブルアニ 、パスカル・ボンガール 、オーレリアン・ルコワン 、フィリップ・パッソン 、オルガ・ルグラン 、フレッド・ユリス 、ニコラス・ピグノン 、ヴァニア・ヴィレール 、クリストフ・ヴァンデヴェルデ 、オーグスタン・ルグラン 、ジョー・プレスティア 、ジャック・ラフォリー 、セルジュ・シャンボン 、ディディエ・フェラーリ 、ゲラ・バブルアニ
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

モノクロ調の映像。見ず知らずの人たちが集められ、ロシアン・ルーレットによる殺人ゲームが始まり、怒涛や奇声とともに銃声がこだまする。・・・こんな予告を観ると、スリリングなサスペンスというイメージだけが印象づけられる。しかしいざ観ると、どうも違う。イメージと
■ シネセゾン渋谷にて鑑賞13 ザメッティ/13 TZAMETI 2005年/フランス・グルジア/93分監督: ゲラ・バブルアニ出演: ギオルギ・バブルアニ/パスカル・ボンガール/オーレリア...
魅惑のモノクロ映像、その空気感にしびれる13人のプレーヤーが輪になってロシアン・ルーレットをするなんてスリリングで衝撃的。これは単館ものの中ではしっかり宣伝がされていたようだし、面白そうな素材だと興味を惹かれた人も多かったもよう。ところが、どうも先に観た人
 『13人のロシアン・ルーレット ──それは、運命を狂わせる邪悪なゲーム。』  コチラの「13 ザメッティ」は、2005年のヴェネチア国際映画祭で新人監督賞を受賞し、2008年にはゲラ・バブルアニ監督自らによるハリウッドでのリメイクも決定してるクライム・サスペンス
貧乏で平凡な若者が内容も知らずに大金を稼ぎに行ったらとんでもない事に巻き込まれて逃げ出せなくなってしまったという作品。 13人が円形になってロシアン・ルーレットをする場面は緊張感に溢れており、また主人公の心情はモノクロだからこそはっきりとその表情から伝...

Comments

Leave a Comment


07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。