Memoirs_of_dai

the movie's blog of the people,by the people,for the people…

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ヒッチャー


Category: 映画 は行   Tags: ---
A Slasher Film

The_Hitcher

【Story】
大学生のグレース(ソフィア・ブッシュ)とジム(ザカリー・ナイトン)は、ニューメキシコのハヴァス湖へドライブへ出掛けることに。その途中、土砂降りの雨に見舞われた2人はヒッチハイカー(ショーン・ビーン)に遭遇するが、走り去ってしまう。しかしその後、立ち寄ったガソリンスタンドで同じヒッチハイカーと再会し…。

評価 ★★☆☆☆(2.1P)

【感想】
議論の論点は“体は意外と簡単に分割されるのか否か”です。Ranking

~以降ややネタばれあり~


本作は1985年に製作されたスピルバーグの『激突!』を基本プロットとし作成された、不朽の名作として名高い『ヒッチャー』の同名リメイク作品です。
この作品の見どころと言えば、なによりもやはりジョン・ライダーという殺人鬼だと思います。このライダーのキャラクターは非常にミステリアスです。そのためキャラクター像を観ている各々に委ねているという点でなかなか興味深かいものでした。その委ねる点でもこのライダーは面白く、暴走を止めて欲しいと願いながらも、現実は残虐に殺戮を繰り返すという、相反する行動をとり、さらには状況判断の的確さで相手を陥れる罠を瞬時に張り、さらにさらにヘリをも撃ち落すという最強の戦闘スキルなんてものも持つというように、観ている者の想像をはるかに超える行動をとってくれるのです。そんなライダーをオリジナルではルトガー・ハウアーが、これでもかという存在感を画面いっぱいに出し演じていた記憶があります。そんな非常に難しい役を本作では、ショーン・ビーンが演じています。結果からいえば、決してショーンは悪くはなかったと思います。しかし、比較対象が悪すぎました。やはり、ルトガーと比べてしまうと、狡猾さや強靭な強さは弱く、ただの人というくらいにスケールダウンしているように思えました(ヘリシーンは健在ですが)。ただショーンを庇うわけではないですが、今の時代は、ただの人が平気で人を残虐に殺すので、見ようによってはOKかもしれません・・・。
The_Hitcher

ショーンはさておきここからは一気に愚弄していこうと思います。
百歩譲って、百歩譲ってですよ!ショーンが良くてもこれではダメ作品ですね。基本的にストーリーがいまいち練られていないんです。オリジナルと登場人物の設定(数など)を変えるのであれば、完全なリメイクではどうしょうもありません。オリジナルでは主人公や途中で道連れになった女の子はストーリー展開上逃げられなくても仕方がないという感じが見受けられましたが、本作はただのアホカップルなので逃げられるはずがありません。これでは逃げられないのは当たり前だろうというくらいの大ポカを終始やりまくります。何度も逃げ切るチャンスはあったのに、逆に逆に行動するんですね。これは観ていてかなりの苛立ちを覚えます。何度も「馬鹿じゃねぇ!何で逃げるんだよ!警察に連絡だろう!」と心の中で自分の怒りと戦いました。そして、無駄な伏線(携帯電話を落とすところなど)がさらに私の怒りを加速させました。
The_Hitcher

そして怒りの加速に伴ってさらに私の怒りに油を注いだのは、オリジナルとかけ離れるぐらいのスプラッター映画に仕上がっていることです。確かにオリジナルも、衝撃的な真っ二つシーンはありますが、その他のシーンでの流血シーンは殆ど描かれてなくて、ある意味そこが好感を持てました。しかし本作は、最近の風潮を知ってか知らずか、『キル・ビル』も真っ青なぐらいに血飛沫が吹き荒れます。オリジナルの良いところを潰しているようでは駄作になっても仕方がありませんね。
The_Hitcher

そんなこんなで散々愚弄したこの作品、このレベルのリメイクならリメイクをしない方がましでしたね。なぜリメイクしたのでしょう?皆目見当がつきません。

■ここまで読んでくれた方ありがとう!クリックしてランキングに協力お願いします!!
      ↓
人気blogランキング

原題 THE HITCHER
製作年度 2007年
製作国 アメリカ
上映時間 84分
監督 デイヴ・マイヤーズ
脚本 エリック・レッド 、ジェイク・ウェイド・ウォール 、エリック・バーント
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
出演 ショーン・ビーン 、ソフィア・ブッシュ 、ザッカリー・ナイトン 、ニール・マクドノー 、カイル・デイヴィス 、スキップ・オブライエン
テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Trackbacks

今回は、1980年代のサスペンス・ホラーを代表する「ヒッチャー」をマイケル・ベイプロデュースでリメイクした作品を鑑賞。 ブログを書くならBlogWrite

Comments

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
Advertisement
 
Electric Bulletin Board
 
Blog Ranking
映画情報や無料映画満載!!
軽くポチッと!.
 
Search for this blog
 
 
 
 
Article's Rankings
ブログパーツ
 
Monthly Archives
 
 
Mail Form
 
Link

 
Advertisement

 
 
QR Code
QR
 
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。